挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
ライトノベル小説で学ぶ宅建士(宅地建物取引士、旧:宅地建物取引主任者)試験 過去問版 作者:大滝七夕

権利関係ステージ1

74/208

宅建士試験過去問 権利関係 相隣関係 1-37 平成16年 解説


胡桃「条文を確認するだけだけども、相隣関係の考え方について確認しておくわ。民法で、相隣関係の規定を置いているのはどうしてかしら?」
建太郎「お互いさまの精神の表れじゃないかな。所有者と言えども、好き勝手にしていいわけじゃない。隣の人に迷惑をかけるべきではないということだろう」
胡桃「そうね。そのことを踏まえて選択肢を読んで行けば、条文を度忘れしたとしても正答を導くことは、難しくないわ。まず1から」
建太郎「自然に流れているのを遮るべきではないということだよね。もしも、水の流れを遮ったら、隣の敷地がダムになってしまうから」

(自然水流に対する妨害の禁止)
第二百十四条  土地の所有者は、隣地から水が自然に流れて来るのを妨げてはならない。

胡桃「そうね。ただ、自然に流れて来るものではない水流は遮ることができるとされている。例えば、雨水を隣の敷地に逃がすような工事をしてはいけないとされているわ」

(雨水を隣地に注ぐ工作物の設置の禁止)
第二百十八条  土地の所有者は、直接に雨水を隣地に注ぐ構造の屋根その他の工作物を設けてはならない。

建太郎「そりゃそうだよな。常識で考えれば分かることだよな」
胡桃「次、2はどうかしら?」
建太郎「境界の設置は共同の費用でできるんだよね。有名な規定だね」

(境界標の設置)
第二百二十三条  土地の所有者は、隣地の所有者と共同の費用で、境界標を設けることができる。

胡桃「そうね。じゃあ、3と4は?」
建太郎「これも有名な規定だね」

(竹木の枝の切除及び根の切取り)
第二百三十三条  隣地の竹木の枝が境界線を越えるときは、その竹木の所有者に、その枝を切除させることができる。
2  隣地の竹木の根が境界線を越えるときは、その根を切り取ることができる。

建太郎「枝は隣の人に切らせるべきだけど、根っこは自分で取ってよい。タケノコで考えれば分かるんだったよね。自分の土地にタケノコが生えてきたら、自分で収穫していいのは当たり前だと」
胡桃「そうね。それから、もう一つの理由は緊急性ね。根っこが生えてきたということは自分の土地まで竹林になりかねないということよ。隣の人に切らせるなんて悠長なことをしていられない。だから、自分に切ってしまっていいということね。というわけで、答えはどれかしら?」
建太郎「3だね」

●ライトノベル小説で学ぶ宅建士試験基本テキストとは?

 宅建士(宅地建物取引士)資格試験の基本テキストです。

 一般的な資格スクールのテキストとは違い、全文が小説形式で記されています。ライトノベル小説を読む感覚で、宅建士試験の勉強ができてしまうという画期的なテキストです。

 入門書ではありません。宅建士試験で問われる項目はすべて網羅しており、一部は、司法書士試験、不動産鑑定士試験レベルの内容も含んでいます。シリーズを全巻読破すれば、宅建士試験に楽々合格できるレベルの知識が身に付きます。
 初めて宅建の勉強をする方はもちろんのこと、一通り勉強した中上級者の方が、試験内容をサラッと再確認するのにも役立ちます。

 通勤時間や待機時間に、資格スクールのテキストをめくっても、集中できなくて、内容が頭に入ってこない。という悩みを抱えている方も多いと思います。
 でも、ライトノベル小説ならすんなりと読めるのでは?

 既にお持ちの資格スクールのテキストや過去問と併用してお読みいただくことで、より一層、内容を理解することができますよ。

●ライトノベル小説で学ぶ宅建士試験基本テキストシリーズは下記で公開しています

 ライトノベル小説で学ぶ宅建士試験基本テキスト 権利関係1
→ http://new.novelzidai.com/article/178327526.html

 ライトノベル小説で学ぶ宅建士試験基本テキスト 権利関係2
→ http://new.novelzidai.com/article/178911897.html

 ライトノベル小説で学ぶ宅建士試験基本テキスト 権利関係3
→ http://new.novelzidai.com/article/179151680.html
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ