挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
ライトノベル小説で学ぶ宅建士(宅地建物取引士、旧:宅地建物取引主任者)試験 過去問版 作者:宅建士試験ラノベ化プロジェクト

宅地建物取引業法 ステージ1

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

462/626

宅建士試験過去問 宅地建物取引業法 免許 1-1 平成17年 解説


「うーん。じゃねえぞ!コラッ!」
罵声と共に、頭に衝撃が走ったと思うと、目の前が真っ白になった。
「うわっ!」
と倒れこんだ建太郎。視界が元通りになるまで一分はかかった。
目を瞬かせて見上げれば、背の高いポニテールの髪形を若い女の子が仁王立ちしている。ジーパンにTシャツ姿で、勝気そうな眼差しをしている。一瞥して学生だろうと分かる子だ。
「お前か!なんでお前が出て来るんだ!」
女子大生の秋藤愛。武術の使い手で、並みの男が相手ならば、一撃で倒せるが、その拳は、建太郎に向けられるのがもっぱらである。
今は、宅建士試験の勉強をしながら、建太郎が設立した不動産会社や胡桃の事務所でアルバイトをしている。
「宅建業法は、満点を取る勢いでやらなきゃいけないんだよ。一つ間違えたら、げんこつ一発だ!スパルタ方式で行くからな!」
「マジかよ!っていうか、お前もまだ受験生じゃん!人様に教えられるのかよ!」
「お前と違って、私は、全範囲の勉強を終えているんだよ。後は本試験を待つばかりだ。待ち遠しいぜ」
「待ち遠しくなんかねえよ!」

愛「というわけで行くぞ!この問題が、何を問う問題かわかっているだろうな?」
建太郎「宅地建物取引業の定義を問う問題だろ」


(用語の定義)
第二条  この法律において次の各号に掲げる用語の意義は、それぞれ当該各号の定めるところによる。
一  宅地 建物の敷地に供せられる土地をいい、都市計画法 (昭和四十三年法律第百号)第八条第一項第一号 の用途地域内のその他の土地で、道路、公園、河川その他政令で定める公共の用に供する施設の用に供せられているもの以外のものを含むものとする。
二  宅地建物取引業 宅地若しくは建物(建物の一部を含む。以下同じ。)の売買若しくは交換又は宅地若しくは建物の売買、交換若しくは貸借の代理若しくは媒介をする行為で業として行うものをいう。
三  宅地建物取引業者 第三条第一項の免許を受けて宅地建物取引業を営む者をいう。
四  宅地建物取引士 第二十二条の二第一項の宅地建物取引士証の交付を受けた者をいう。

建太郎「宅地建物取引業とは、『宅地若しくは建物(建物の一部を含む。以下同じ。)の売買若しくは交換又は宅地若しくは建物の売買、交換若しくは貸借の代理若しくは媒介をする行為で業として行うものをいう。』この定義に当てはまるかどうかの問題なんだよな」
愛「一言でいえばどういうことかわかっているだろうな?」
建太郎「自分が所有する宅地・建物を貸借することは、宅地建物取引業に当たらない。つまり、賃貸マンションの大家さんは、宅建業の免許を持っていなくてもいい」
愛「そうだ。じゃあ、1はどうだ?」
建太郎「まさに、今、言った通りのことだ。自分が所有する宅地・建物を貸借することは、宅地建物取引業に当たらない」
愛「Aはそうだな。Bはどうだ?」
建太郎「転貸でも同じだよな」
愛「2はどうだ?」
建太郎「もちろん、宅建業の免許が必要だ。建築請負契約に付随すればいいというわけではない」
愛「3はどうだ?」
建太郎「共有会員制のリゾートクラブ会員権の売買は、建物の売買をしているのと同然だから、宅建業の免許が必要だ」
愛「4はどうだ?」
建太郎「個人が取得した宅建業の免許は、一身専属性を有するから、相続されない。当然、相続人であるFが宅地を分譲したければ、改めて、免許を取得する必要がある」
愛「というわけで答えはどれだ?」
建太郎「1だな」
愛「正解だ。とりあえず、グーで殴るのは、勘弁してやる」
建太郎「パーで殴るのも勘弁してくれよ」
愛「おらっ!甘ったれているんじゃねえぞ!次に行くぞ!」
建太郎「痛てえ!勘弁してくれ!宅建業の過去問が終わる前に俺の命が終わるよ!」


●ライトノベル小説で学ぶ宅建士試験基本テキストとは?

 宅建士(宅地建物取引士)資格試験の基本テキストです。

 一般的な資格スクールのテキストとは違い、全文が小説形式で記されています。ライトノベル小説を読む感覚で、宅建士試験の勉強ができてしまうという画期的なテキストです。

 入門書ではありません。宅建士試験で問われる項目はすべて網羅しており、一部は、司法書士試験、不動産鑑定士試験レベルの内容も含んでいます。シリーズを全巻読破すれば、宅建士試験に楽々合格できるレベルの知識が身に付きます。
 初めて宅建の勉強をする方はもちろんのこと、一通り勉強した中上級者の方が、試験内容をサラッと再確認するのにも役立ちます。

 通勤時間や待機時間に、資格スクールのテキストをめくっても、集中できなくて、内容が頭に入ってこない。という悩みを抱えている方も多いと思います。
 でも、ライトノベル小説ならすんなりと読めるのでは?

 既にお持ちの資格スクールのテキストや過去問と併用してお読みいただくことで、より一層、内容を理解することができますよ。

●ライトノベル小説で学ぶ宅建士試験基本テキストシリーズは下記で公開しています

 ライトノベル小説で学ぶ宅建士試験基本テキスト 権利関係1
→ http://new.novelzidai.com/article/178327526.html

 ライトノベル小説で学ぶ宅建士試験基本テキスト 権利関係2
→ http://new.novelzidai.com/article/178911897.html

 ライトノベル小説で学ぶ宅建士試験基本テキスト 権利関係3
→ http://new.novelzidai.com/article/179151680.html

 ライトノベル小説で学ぶ宅建士試験基本テキスト 法令上の制限1
→ http://new.novelzidai.com/article/179682047.html

 ライトノベル小説で学ぶ宅建士試験基本テキスト 法令上の制限2
→ http://new.novelzidai.com/article/179997433.html

 ライトノベル小説で学ぶ宅建士試験基本テキスト 宅建業法1
→ http://new.novelzidai.com/article/180313745.html

 ライトノベル小説で学ぶ宅建士試験基本テキスト 宅建業法2
→ http://new.novelzidai.com/article/180558425.html

 ライトノベル小説で学ぶ宅建士試験基本テキスト その他編
→ http://new.novelzidai.com/article/180937793.html



●ライトノベル小説で学ぶ宅建士試験 民法逐条解説

 宅建士試験の合否は条文の知識の量で決まる。絶対に合格したければ、すべての条文を頭に叩き込め!

 会話文形式で、民法の第一条から第千四十四条まですらすら読めて、司法書士試験入門レベルの知識が身につく画期的なテキストが登場!

 ライトノベル小説で学ぶ宅建士試験 民法逐条解説 民法総則編
→ http://new.novelzidai.com/article/181298291.html

+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ