挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
ライトノベル小説で学ぶ宅建士(宅地建物取引士、旧:宅地建物取引主任者)試験 過去問版 作者:大滝七夕

権利関係ステージ2

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

228/436

宅建士試験過去問 権利関係 相続 2-39 平成23年 解説


胡桃「まず、1から、混同って何かしら?」
建太郎「債務の弁済方法の一つだったよな」

第五款 混同
第五百二十条  債権及び債務が同一人に帰属したときは、その債権は、消滅する。ただし、その債権が第三者の権利の目的であるときは、この限りでない。

建太郎「例えば、債権者を債務者が相続したような場合に、混同によって、債権が消滅するんだよな」
胡桃「設問の場合はどう考えるべきかしら?」
建太郎「債権者と債務者が結婚したって、同一人になるわけじゃないから、債権・債務は消滅しないよな。民法にも夫婦の財産は別だとはっきり書かれているね」

(夫婦間における財産の帰属)
第七百六十二条  夫婦の一方が婚姻前から有する財産及び婚姻中自己の名で得た財産は、その特有財産(夫婦の一方が単独で有する財産をいう。)とする。
2  夫婦のいずれに属するか明らかでない財産は、その共有に属するものと推定する。

胡桃「そうよ。当然、私が建太郎に対して貸し付けているお金も、仮に私たちが結婚したとしても、消滅しないわ。常識でも分かるわね」
建太郎「うん。えっ?なになに?胡桃、俺と結婚してくれるの?」
胡桃「たとえ話よ!次、2にいくわよ!」
建太郎「養子縁組によって、養子縁組した者同士が他方の債務について、連帯債務者になるという規定はないよな。養子に限らず、実の親子同士でも、親の債務を子が連帯して責任を負うなんて言う話はない」
胡桃「そうね。どうしてこんな常識的なことを宅建試験に出題する気になったのかよく分からないわね。3はどうかしら?」
建太郎「遺産分割協議では、資産だけでなく、債務についても、誰が相続するかを決めるんだよな。選択肢3では、資産である不動産については、Dが相続することとしているけど、債務は誰が相続するかは決めていないと読める。だから、民法の原則通りになるんだよな」

(共同相続の効力)
第八百九十八条  相続人が数人あるときは、相続財産は、その共有に属する。
第八百九十九条  各共同相続人は、その相続分に応じて被相続人の権利義務を承継する。

建太郎「つまり、債務については、DとEがその相続分に応じて承継することになる」
胡桃「違うわよ!大きな勘違いをしているわよ!」
建太郎「えっ?違うの?」
胡桃「債務は遺産分割協議で分割できるわけではないのよ。債務の相続に関しては、次の判例を押さえておいてよね。
『債務者が死亡し、相続人が数人ある場合、被相続人の金銭その他の可分債務は、法律上当然に分割され、各共同相続人がその相続分に応じてこれを承継する』とされているわ」
建太郎「債務は遺産分割できないんだ?」
胡桃「そうよ。債務は自動的に、各共同相続人がその相続分に応じて承継することになるのよ。相続の基本よ。押さえておいてよね」
建太郎「でもさあ、そうすると、資産を相続していないEは、自分の財産の中から、Aの債務を弁済しなければならないことになりかねないよな?」
胡桃「そうよね。設問みたいに、Aの唯一の資産である不動産を相続したDが、債務についても、すべて、引き受けるという形にしたければ、債権者であるBと話し合いをすることになるのよ。『免責的債務引受』という契約ね。BがDのみを債務者とすることを認めれば、免責的債務引受が成立して、Eは債務を免れることになるわ」
建太郎「なるほど、免責的債務引受ってそういう場合に利用するんだな」
胡桃「理解できたかしら?」
建太郎「OK」
胡桃「それから、設問のような事例で、Eが債務を相続しないようにするためにはもうひとつ方法があるわ。何か分かるかしら?」
建太郎「どうせ資産を相続しないなら、いっそのこと、相続放棄をしてしまえということ?」

(相続の放棄の効力)
第九百三十九条  相続の放棄をした者は、その相続に関しては、初めから相続人とならなかったものとみなす。

建太郎「相続放棄すれば、債務を承継することもないよな。債権者であるBが承諾するかどうかも関係ない」
胡桃「そうよ。相続放棄に関しては、方式を押さえておいてね。単に相続分がないことの証明書に署名したとしても、意味がないのよ。家庭裁判所に申述しなければならないということね」

(相続の放棄の方式)
第九百三十八条  相続の放棄をしようとする者は、その旨を家庭裁判所に申述しなければならない。

建太郎「OK」
胡桃「4はどうかしら?」
建太郎「その通りでいいんじゃない。単純承認しているわけだから、資産のみならず、負債も相続することになる」

(単純承認の効力)
第九百二十条  相続人は、単純承認をしたときは、無限に被相続人の権利義務を承継する。

(相続の一般的効力)
第八百九十六条  相続人は、相続開始の時から、被相続人の財産に属した一切の権利義務を承継する。ただし、被相続人の一身に専属したものは、この限りでない。

胡桃「その通りだわ。解説するまでもないわね。というわけで答えは?」
建太郎「4だね」


●ライトノベル小説で学ぶ宅建士試験基本テキストとは?

 宅建士(宅地建物取引士)資格試験の基本テキストです。

 一般的な資格スクールのテキストとは違い、全文が小説形式で記されています。ライトノベル小説を読む感覚で、宅建士試験の勉強ができてしまうという画期的なテキストです。

 入門書ではありません。宅建士試験で問われる項目はすべて網羅しており、一部は、司法書士試験、不動産鑑定士試験レベルの内容も含んでいます。シリーズを全巻読破すれば、宅建士試験に楽々合格できるレベルの知識が身に付きます。
 初めて宅建の勉強をする方はもちろんのこと、一通り勉強した中上級者の方が、試験内容をサラッと再確認するのにも役立ちます。

 通勤時間や待機時間に、資格スクールのテキストをめくっても、集中できなくて、内容が頭に入ってこない。という悩みを抱えている方も多いと思います。
 でも、ライトノベル小説ならすんなりと読めるのでは?

 既にお持ちの資格スクールのテキストや過去問と併用してお読みいただくことで、より一層、内容を理解することができますよ。

●ライトノベル小説で学ぶ宅建士試験基本テキストシリーズは下記で公開しています

 ライトノベル小説で学ぶ宅建士試験基本テキスト 権利関係1
→ http://new.novelzidai.com/article/178327526.html

 ライトノベル小説で学ぶ宅建士試験基本テキスト 権利関係2
→ http://new.novelzidai.com/article/178911897.html

 ライトノベル小説で学ぶ宅建士試験基本テキスト 権利関係3
→ http://new.novelzidai.com/article/179151680.html

 ライトノベル小説で学ぶ宅建士試験基本テキスト 法令上の制限1
→ http://new.novelzidai.com/article/179682047.html

 ライトノベル小説で学ぶ宅建士試験基本テキスト 法令上の制限2
→ http://new.novelzidai.com/article/179997433.html
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ