挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
ライトノベル小説で学ぶ宅建士(宅地建物取引士、旧:宅地建物取引主任者)試験 過去問版 作者:大滝七夕

権利関係ステージ1

102/172

宅建士試験過去問 権利関係 相続 1-51 平成16年 解説


建太郎「いきなりつまずくんだよね。どう考えればいいのかさっぱり分からない。とりあえず、常識からして、間違いだろうなというのは分かるけどさあ」
胡桃「民法の問題は民法の条文と判例に則って解くものよ。一般常識で判断していたら、民法の問題ではなくなるわ。まず、相続人が複数いる場合は、相続財産の権利関係はどうなるかしら?」
建太郎「もちろん共有になるんだろ?」

(共同相続の効力)
第八百九十八条  相続人が数人あるときは、相続財産は、その共有に属する。

第八百九十九条  各共同相続人は、その相続分に応じて被相続人の権利義務を承継する。

胡桃「そう、共有よ。共有の場合、建物を使用できるのは誰かしら?」
建太郎「もちろん、共有者全員だろ。持ち分に応じて使用できるんだっけ?」

(共有物の使用)
第二百四十九条  各共有者は、共有物の全部について、その持分に応じた使用をすることができる。

胡桃「持ち分に応じて使用するの意味を勘違いしないでね。持ち分に応じて部屋割りをしなければならないという意味ではないのよ。共有者一人一人が、共有物の全部に対して権利行使ができるということよ。だから、共有者の一人だけが独占的に住んでいる状態でも全く問題ないということよ」
建太郎「ということは、設問のBさんは一人で住んでいても問題ないと?」
胡桃「もちろんよ。CやDに明け渡しを求められても応じる必要はないのよ」
建太郎「でも、一人の人が独占的に住んでいるならば、他の共有者に持ち分に応じた賃料相当額を支払うべきじゃないの?」
胡桃「一般的にはそういうことになるわね。そうすべきじゃないかと問うのが選択肢2だわ。どう考えるべきかしら?」
建太郎「うーん。常識的に考えて、遺産分割前は、従前の状態を維持するのが筋なんじゃない?遺産分割が終わっていないのに、法定相続分の賃料を支払えと要求するのは、非常識なんじゃないかな?」
胡桃「分からなければ、常識で判断するというのは最終手段ね。とりあえず、これは判例なのよ」
建太郎「うん?」
胡桃「設問みたいに、共同相続人の一人が被相続人と同居していた場合は、遺産分割が確定するまでは、引き続き、同居の共同相続人が無償で住み続けることができるとしているのよ。その法律関係は、被相続人の地位を承継した他の相続人が貸主となり、同居の相続人を借主とする使用貸借契約が存続するという形になるとされているわ。使用貸借の意味はOKよね?」
建太郎「無償で使用させることができる貸借関係だよな。一般の賃貸借は賃料の支払いが要件となっているけど、使用貸借は無償の契約になる」

(賃貸借)
第六百一条  賃貸借は、当事者の一方がある物の使用及び収益を相手方にさせることを約し、相手方がこれに対してその賃料を支払うことを約することによって、その効力を生ずる。

(使用貸借)
第五百九十三条  使用貸借は、当事者の一方が無償で使用及び収益をした後に返還をすることを約して相手方からある物を受け取ることによって、その効力を生ずる。

建太郎「使用貸借契約が存在するものという扱いになるならば、遺産分割が終わるまでは、Bさんは無償で住み続けられるわけだ」
胡桃「そうよ。設問みたいな事例は、相続に際して問題になることが多いの。子供が親のことを追い出して、家を売却して遺産分けしてしまうと、親の行き場所が無くなってしまうでしょ。住み慣れた家を離れて、肩身の狭い思いをしながら子供の家を転々と渡り歩かなければならなかったりするのよ」
建太郎「困った話だよな」
胡桃「そこで、配偶者を相続に際して優遇して、家を売却しなくても済むようにしようという方向で民法の法改正が検討されているわ。改正が行われたら、この辺りの事が問われるはずだから、チェックしておいてね」
建太郎「OK」
胡桃「次、3はどうかしら?」
建太郎「これは基本だよね。胎児は相続に関しては生まれたものとみなす」

(相続に関する胎児の権利能力)
第八百八十六条  胎児は、相続については、既に生まれたものとみなす。
2  前項の規定は、胎児が死体で生まれたときは、適用しない。

建太郎「だから、子供が三人になるわけで、子供の法定相続分は、それぞれ六分の一ずつになる」

(法定相続分)
第九百条  同順位の相続人が数人あるときは、その相続分は、次の各号の定めるところによる。
一  子及び配偶者が相続人であるときは、子の相続分及び配偶者の相続分は、各二分の一とする。
二  配偶者及び直系尊属が相続人であるときは、配偶者の相続分は、三分の二とし、直系尊属の相続分は、三分の一とする。
三  配偶者及び兄弟姉妹が相続人であるときは、配偶者の相続分は、四分の三とし、兄弟姉妹の相続分は、四分の一とする。
四  子、直系尊属又は兄弟姉妹が数人あるときは、各自の相続分は、相等しいものとする。ただし、父母の一方のみを同じくする兄弟姉妹の相続分は、父母の双方を同じくする兄弟姉妹の相続分の二分の一とする。

胡桃「そうね。次、4はどうかしら?」
建太郎「これも基本だね。遺言書の偽造は相続人の欠格事由に該当する」

(相続人の欠格事由)
第八百九十一条  次に掲げる者は、相続人となることができない。
一  故意に被相続人又は相続について先順位若しくは同順位にある者を死亡するに至らせ、又は至らせようとしたために、刑に処せられた者
二  被相続人の殺害されたことを知って、これを告発せず、又は告訴しなかった者。ただし、その者に是非の弁別がないとき、又は殺害者が自己の配偶者若しくは直系血族であったときは、この限りでない。
三  詐欺又は強迫によって、被相続人が相続に関する遺言をし、撤回し、取り消し、又は変更することを妨げた者
四  詐欺又は強迫によって、被相続人に相続に関する遺言をさせ、撤回させ、取り消させ、又は変更させた者
五  相続に関する被相続人の遺言書を偽造し、変造し、破棄し、又は隠匿した者

建太郎「ただ、選択肢4では、偽造しているのはCの子F。Fは今回の相続で相続人にはならないから、欠格事由もなにもない」
胡桃「そうね。たとえ、子供が偽造したとしても親が欠格事由に該当するわけではないということね。もちろん、親子で共謀していた場合は、欠格事由に該当するわけだけど、選択肢を読む限りではそのような記述は読み取れないわね」
建太郎「そうだな」
胡桃「というわけで答えは?」
建太郎「3だね」

●ライトノベル小説で学ぶ宅建士試験基本テキストとは?

 宅建士(宅地建物取引士)資格試験の基本テキストです。

 一般的な資格スクールのテキストとは違い、全文が小説形式で記されています。ライトノベル小説を読む感覚で、宅建士試験の勉強ができてしまうという画期的なテキストです。

 入門書ではありません。宅建士試験で問われる項目はすべて網羅しており、一部は、司法書士試験、不動産鑑定士試験レベルの内容も含んでいます。シリーズを全巻読破すれば、宅建士試験に楽々合格できるレベルの知識が身に付きます。
 初めて宅建の勉強をする方はもちろんのこと、一通り勉強した中上級者の方が、試験内容をサラッと再確認するのにも役立ちます。

 通勤時間や待機時間に、資格スクールのテキストをめくっても、集中できなくて、内容が頭に入ってこない。という悩みを抱えている方も多いと思います。
 でも、ライトノベル小説ならすんなりと読めるのでは?

 既にお持ちの資格スクールのテキストや過去問と併用してお読みいただくことで、より一層、内容を理解することができますよ。

●ライトノベル小説で学ぶ宅建士試験基本テキストシリーズは下記で公開しています

 ライトノベル小説で学ぶ宅建士試験基本テキスト 権利関係1
→ http://new.novelzidai.com/article/178327526.html

 ライトノベル小説で学ぶ宅建士試験基本テキスト 権利関係2
→ http://new.novelzidai.com/article/178911897.html

 ライトノベル小説で学ぶ宅建士試験基本テキスト 権利関係3
→ http://new.novelzidai.com/article/179151680.html
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ