挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
ブックマークする場合はログインしてください。

【詩集】Shangri-La

暗い夜よ

作者:野鶴善明

 暗い夜よ
 大きく開け
 悲しみの星よ
 砕け散れ

 夜露に濡れた草
 立ち尽くし
 時がとまったように
 ただ立ち尽くし
 悪い夢をじっとこらえる

 語る言葉が
 見つからない痛々しさ
 だれもがみな
 神様に愛されて
 この世に
 生を享けたはずなのに

 流れる星に
 悲しみをよせても
 言うに言えない想いは
 風に渦巻き
 からからとまわるだけ

 人が人を苦しめる
 この世の定め
 苦しめる人もまた
 神様に見送られて
 この世へ
 生まれ落ちたはずなのに

 なぜ
 夜を渡る月に
 そう問いかけても
 消えそうにもない沈黙が
 さやかな光を
 のみこんでしまう

 暗い夜よ
 大きく開け
 悲しみの星よ
 砕け散ってしまえ


評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ