挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
結界師への転生 作者:片岡直太郎

第六章 アガルタ国編

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

166/263

第百六十六話 転ばぬ先の杖

フェアリードラゴンのサダキチ達をラマロンに偵察に出してから、次々に俺の下に報告が寄せられた。どうやら奴らは、皇都の北西にあるレイニーという都市に駐留して、各地の軍を吸収しているようだ。そして、全員が騎馬隊であり、その総勢は五万を超えるという。しかも国境に近い街や都市には、それなりの数の軍勢が配置されているが、それ以外の街は最低限の兵士しか残していないことも分かった。

「これで、ダイタス村の討伐の可能性は消えたな」

地図を見ながら呟くのはマトカルだ。俺たちは昨日開いた会議の内容を確認しつつ、次々に寄せられる報告を分析していた。お陰で俺は、昨日の夜から執務室に泊まり込んでいた。本来ならば、アリリアをメイと二人で風呂に入れ、そのままアリリアの寝顔を見ながら、メイを抱きしめて寝る予定だったのだ。俺の楽しみを奪うラマロンには、鉄槌を下さねばならない。

「そうだな。あの標高の高い山を馬で登るのは困難だ。狙いはダイタス村ではなく、アガルタかヒーデータだろうが、ほぼ確実にアガルタだな」

ラファイエンスが笑みを浮かべながら頷いている。また、戦闘に参加できそうなので、うれしくて仕方がないらしい。

そんな話をしている最中に、サダキチが現れた。

『ご主人様。敵の一部が動き始めました。数は多くないようです。山の方に真っすぐ向かっています』

『ご苦労』

俺は、サダキチからの報告を皆に共有する。

「それはダイタス村への牽制だな」

「間違いない」

マトカルとラファイエンスが夫婦漫才のように、間の合った受け答えをしている。ネタ合わせでもしているのだろうか?

「と、いうことは、奴らの狙いはアガルタってことか・・・?」

「先ほどのリノス様からのお話によると、全軍が騎馬隊だという。おそらく、国境まで兵を進めて、そこから一気に騎馬隊の機動力を活かしてアガルタの街、もしかすると、都を一気に突いてくるのかもしれないな」

「マト、ラマロンは新しい装備を開発してたりはしないのか?」

「いいや・・・。魔法をレジストする鎧を開発することに全力を挙げていた。他の装備を開発する余裕はなかったはずだ。それに、一年やそこらで、五万人分の新装備を用意するなど不可能だ」

「はあああ・・・。と、なると、ラマロンの司令官は、何も知らないんだな」

「どういうことだ、リノス様?」

俺はマトカルやラファイエンス、そしてそこに集まった者たちに視線を移していく。そして、気が付いた。

「ああ・・・。マトや将軍・・・そしてクノゲンは、ジュカの人間じゃなかったな。わからないのも仕方がないかな。おい、セオダルやウェルネたちは・・・わかるよな?」

セオダル達、ジュカ王国出身の者たちは、苦笑いを浮かべている。

「リノス様、すまないが、私にもわかるように説明してくれないか?」

マトカルが目を白黒させている。

「結構大変なんだよ、この時期にアガルタに攻め込もうとすると」

「ああ、そうか!これは私としたことが!そうだそうだ。確かにラマロンがアガルタを攻めることは難しいな」

苦笑いを浮かべながら、悔しそうに話しているのは、ラファイエンスだ。その様子を隣のクノゲンは不思議そうな顔をしてみている。

「将軍。私にもわかりかねます。どういうことでしょう?」

「クノゲンは、ジュカとの戦いに参加したことは・・・なるほど。若い頃に一度だけか。しかも、小競り合いだな。それではわからんだろうな」

ラファイエンスは満足そうに頷いている。マトカルやクノゲンはよくわからないような顔をしている。

「マトとクノゲンは後で将軍に教えてもらえ。ところで、ラマロン軍が国境に着くのは何日後かな?」

「明日出発するとして・・・おそらく、早くて明後日、遅くとも明明後日には到着するだろう」

「なるほど・・・。じゃ、明日の昼、出撃するぞ。準備を整えておいてくれ」

「リノス様は、夜のうちに国境付近の森に兵を潜ませて、皇国軍を迎え討とうと言うのか?」

マトカルが、それやめた方がいいんじゃない?という顔で俺と見つめている。

「いや、俺たちの目標は国境ではない」

「えっ・・・?皇国軍を迎え討つのではないのか?」

マトカルは目を見開いて驚いている。

「ああそうだ。俺たちはラマロンの裏をかく。これはアガルタの都にいる全兵力をもってあたる」

「何をしようとしているのかわからないが、リノス様、全兵力はまずい。せめて守備隊を・・・」

俺はマトカルに皆まで言わせず、言葉を遮る。

「それじゃマト、都の守備隊はお前に任せる。今すぐ、腕の立つ者100名を選抜しろ。よし、本日の会議はこれまでだ。将軍、クノゲンは残ってくれ。明日の打ち合わせをしよう」

「私は・・・」

「守備隊を指揮するには、優れた司令官でないとダメだ。今回は、指揮能力が一番高いマトが担当してくれ」

マトカルは納得いかない顔のまま、他の者と一緒に部屋を後にした。そして俺たちは、明日からの作戦の打ち合わせを始めた。

その夜は一日ぶりに屋敷に帰った。相変わらずエリルとアリリアは泣いているか、寝ているかのどちらかだ。そして、夕食前に明日の昼から出撃すること、夜は帰れないかもしれないことを家族に伝えた。

夕食後は、俺はペーリスとキッチンのことについて色々と相談する。家族が増えたことと、作る料理の種類が増えたので、食器と器具が増えてきた。そこで、水屋(食器棚)を増やそうということになり、どのようなものにするのかを打ち合わせたのだ。既にリコなど、料理をする主だった者たちから意見の吸い上げは終わっており、俺はそれを聞きながら自分の希望を伝えつつ、話を詰めていった。

その間に、リコとメイは二人でそれぞれの子供を抱えて風呂に入ってしまい、その他の者も、自分の部屋に帰るなどして、思い思いの時間を過ごしている。

水屋の打ち合わせを終え、リコとメイが風呂から上がって来たので、俺も風呂に入る。今日はコンシディーと一緒に入る日だ。彼女は俺と風呂に入る日は何故か、食事が終わるとすぐに部屋に帰ってしまう。俺も不思議に思っていたので、そのことを聞いてみることにした。

「・・・その・・・準備を・・・」

「準備?」

シディーは湯船の中に体育すわりをしながら、恥ずかしそうに話をしている。

「だって・・・。リノス様の背中をどうやって洗うとか・・・。あと、髪を整える薬も・・・」

シディーは一見、ストレートの髪質に見えるが、実は髪の量が多く剛毛である。これはドワーフの特徴らしいのだが、シディーはサラサラストレートヘアに憧れており、特製のコンディショナーを使用している。それをわざわざ、俺と風呂に入る前には必ず、準備していたのだという。

「作りたての時が、一番いい香りがするので・・・」

普段のシディーからは想像もつかない、奥ゆかしいことを言う。その時、風呂のドアが静かに開いた。その瞬間、シディーは湯船の深くに体を沈めてしまった。口から下が完全に湯船に隠れてしまっている。

「・・・一緒に、入っていいか?」

遠慮がちに風呂に入ってきたのはマトカルだった。シディーに大丈夫かと聞いてみたら小さく頷いていたので、一緒に入ることにする。マトカルは素早く体を洗い、風呂に入ってくる。

「珍しいな、マトが入ってくるなんて」

「いや・・・遠慮しようとは思っていたのだが・・・」

マトカルはちらりとシディーを見る。シディーは元の体育すわりに戻っていた。マトカルは大丈夫のようだ。

「今日の昼にリノス様が言っていた、皇国がアガルタに攻め込めない理由を・・・教えてほしいのだ」

「うん?ラファイエンスに教えてもらったんじゃなかったのか?」

「それは聞いたのだが・・・。将軍は・・・その・・・ベッドの中で教えてもらえと」

「エロジジイめ・・・」

「ただ、その・・・今日はシディー殿となので・・・それで・・・」

「風呂で聞こうと思ったのか?飯食っている時でもよかったじゃないか?」

「計画段階での戦術や作戦は、なるべく秘匿するものだ」

「ああ、うん。わかった。なに、簡単なことだ。春になるとジュカ山脈やルノア山脈の雪が解ける。それが雪解け水になって流れてくるんだ。で、アガルタの川は春になると増水する。その川の水は、イルベジ川に注いている。だから国境地帯は、春になると増水して川幅がかなり広くなるんだ」

「川が増水することは知っていたが、まさか行軍が困難になるほどとは・・・」

「ラマロンもヒーデータも、イルベジ川が増水したところでほとんど被害はないから、あまり気にしないのだろう。ただ、川の深さが増し、流れがいつもより急になるから、あそこを馬で渡ろうとすると、かなり苦労すると思うぞ?ラマロンは、事前の準備を怠ったな」

そんな話をしている中、シディーがゆっくりと立ち上がった。膨らみかけたような胸や、体が露になる。

「シディーどうした?」

「のぼせそうです・・・。あがりませんか?」

俺とマトカルは苦笑いしながら、風呂からあがろうとする。

「シディー殿はうらやましいな」

「どうして?」

「きれいな体をしているではないか」

「きれい?私の体が?」

「ああ。リコ様には及ばないが、私のように傷があるわけではなし、ソレイユ殿のように体のあちこちにホクロがあるわけでない。整った、きれいな体をしているぞ?」

「・・・ありがとう」

この日以来、シディーは俺と風呂に入る時は、恥ずかしがりはするものの、極端に体を隠すようなことはなくなったのだった。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ