挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
結界師への転生 作者:片岡直太郎

第四章 ニザ公国編

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

102/262

第百二話   真夏の夜の夢

「そういえば、リノスはもうすぐ20歳になるのですわね?」

8月も終わろうとしていたある日、夕食を食べながらリコがつぶやいた。

「そうだな。俺ももうすぐ20歳だ。20代はいい10年間にしたいな」

前世の俺にとっての20代は暗黒の時代だ。仕事はない、ようやくありついた仕事は激務。家に帰れない、休めない、倒れられないという日々。女にはフラれ、気が付けば30代という流れだった。ああ・・・思い出したくない。

「ニザの農地復興は既に収穫を待つのみだし、ここは一丁、俺の誕生日パーティといくか?」

「またパーティーでありますかー」

「ゴンは嫌か?」

「もちろん、賛成でありますー」

「私も賛成です!今度は私も料理します!」

「そうだな。今度はフェリスがコック長でやってみるか?」

「ええー私、食べられないじゃないですかー」

ダイニングが爆笑に包まれる。じゃあ俺が買い物に行って・・・などと、ああでもない、こうでもないとパーティの話で盛り上がる。

「リノスに一つ、お願いがありますわ。みんなも聞いておいてください」

突然リコが静かに話し始めた。

「どうした、リコ?何だい、お願いって?」

「リノスにもう一人、二人でもいいですわ。新たに妻を迎えてほしいのです」

「え?どういうこと?」
「リコ殿・・・」

「リコ姉さま!」

メイは涙ぐんでいる。しかし、リコの表情は変わらない。落ち着き払った態度で再び口を開く。

「これは・・・メイとも話をしていたことなのですが、リノスと結婚して三年。私もメイも・・・子供を授かることができませんでした。これから先もこのままではいけないと思います。そこで、新しい妻を迎えてほしいのです」

「結婚してまだ三年だろ?なにもそう急がなくても・・・」

「私はもう、26歳です」

前世ならば全く問題ない年齢だが、この世界での平均寿命は50歳である。もしリコに子供が授かったとしても、かなりの高齢出産になることは間違いなかった。

「王族や貴族は、妻を迎えて三年経って子供が授からなければ、新しい妻や妾を考えるのが普通ですわ」

「俺は、新しい妻を迎えるつもりはない」

「ご主人・・・」

皆がホッとしたような表情をする。

「リノス。この家は名誉侯爵家です。それにヒーデータ帝国皇帝の義弟に当たる家なのです。後継者の問題は、大切ですわ」

「いや、俺は貴族の家の問題に興味はない。俺はリコとメイ、そして、みんなが居れば十分だ。何の不満もない。十分幸せだ。これ以上を俺は望まない。子供ができないのならできなくていい。このままみんなで年を重ね・・・」

「リノス!!!!!!!!」

驚くような大声でリコが叫ぶ。水を打ったようにダイニングが静まり返る。

「貴方はバーサーム夫人に、そのご家族に、恩を感じているのでしょう?その恩に報いるのは、バーサーム家を存続させることではなくて?貴方を養子にしようとしたのは、家名の存続を考えておられたのではないのですか?」

「確かに俺はバーサーム家に養子に入ることが決まっていた。それは摂政殿下のご命令で、俺が宮廷結界師として仕官するための方策だよ」

「グレモント宰相に送られた、バーサーム様からの書簡には、家名が存続出来てうれしいと書かれてあったそうです」

「・・・」

「貴族にとって、先祖から受け継いだ家名を後の世に伝えたいというのは、当然の願いです」

「わかった。では、俺が死ぬときに、養子を迎えればいい。そうすれば家名は残るだろう」

「リノス・・・」

「子供ができないのはリコのせいでも、メイのせいでもない。もしかしたら、俺に原因があるのかもしれない。だからリコ、メイ、二人とも自分を責めるのはお願いだからやめてくれ」

完全に場がシラけてしまった。皆、後片付けをして無言で自分の部屋に引き上げていく。メイは研究室へ、リコも自分の部屋に引き上げてしまった。

俺は久しぶりに一人で風呂に入り、一人、広いベッドで眠った。いつも誰かが傍に居てくれて、リコかメイの美しい姿が隣にあったのだが、今日は右を向いても左を向いても誰もいない。俺はなかなか寝付くことができなかった。


朝になっても、リコとメイとは気まずいままだ。皆も、そんな俺たちに気を使って腫れ物に触るような扱い方だ。

試しに、ジェネハと、隣にいるイリモにリコのことを相談してみる。二人とも、新しい嫁を迎えることには肯定的だ。子供が出来なければ、新しい嫁を迎える。魔物の中ではこれが当然の常識のようだ。

ふと他の人の意見も聞いてみたくなり、俺は貢物と酒を持って、おひいさまの元・・・ではなく、サンディーユに面会に行く。彼は俺を・・・というより、酒と肴を見て、喜んで別の一室に案内してくれた。老狐と酒を酌み交わしながら、先ほどの相談をする。

「フム。儂から言えば、奥方は見上げた御方じゃな。なかなか言えることではない」

「そうですか・・・」

「しかし、そなたも変わっておるな。普通の男であれば、頼まれなくとも外に妾を作ろうとするものなのだがな」

「俺は今のところ嫁に対して何の不満もないですから」

「察するところそなたは儂に、新しい嫁を迎える必要はないと言うてほしいのじゃろうが、儂がそう言ったところで、何にも解決にはなるまい」

「まあ、それはそうですが・・・」

「リノス殿、おひいさまがお呼びです」

部屋の外から女官の千枝の声がする。さすがは狐神。俺の来訪を悟ったようだ。バレては仕方がないので、サンディーユに促される形で、俺はおひいさまの下に向かう。


「話は聞いた。なぜ妾に相談に来んのじゃ。水臭いのう」

「おひいさまには、解決方法がおありなのですか?」

「馬鹿者。解決するのはそなたじゃ。妾は奥方の気持ちがよくわかる故に、そなたに伝えようと思ぅたまでじゃ。奥方の気持ちが分からぬによって、そなたは悩んでおるのじゃろう?」

「はあ・・・」

「奥方は相当の覚悟を持っておる。考えてみよ。誰が好き好んで己の亭主に他の女をあてがうことなどしようぞ?それでも他の女を娶れというのは、何としてもそなたの子孫を残したいと思ぅておるからじゃ。その意思を覆すのは難しいわぇ。その覚悟と気持ちを斟酌したうえで奥方と話さねば、距離は縮まらぬぞよ」

「難しいですね・・・」

「そなたと奥方に子が授かれば、問題ないのじゃがな」

「おひいさまにはその神通力は・・・?」

「ない!」

即答かい!

「子授けならば、犬神じゃの?あやつはどこにおるかの?」

「ブランシュですな」

「それはまた遠いのう」

「どのあたりですか?」

「そなたの屋敷からは・・・馬で半年くらいじゃ」

「それは無理ですね」

「ともあれ、奥方の気持ちを汲んでやることが一番じゃ」

「はい、ありがとうございます」


わかったようなわからないような思いを抱えて、屋敷に帰ってきた。

リコとメイは相変わらずだ。丸二日喋らないのは、今までなかったことだ。二人とも俺を避けるようにして部屋に入ってしまう。そしてまた、俺は一人で風呂に入り、一人でベッドに入った。


そしてその夜、夢を見た。


誰かが俺を怒っている。エリルだ。久しぶりだな、エリル。何だ?何を怒っているんだ?まあまあ待ってくださいお嬢様。そんなに怒られてもわかりません。理由をおっしゃってください・・・。

俺は必死で話しかけるが、彼女の怒りは収まらない。左手を腰に当て、右手で俺を指さしながら怒っている。これは俺に論破された時に逆ギレしているスタイルだ。

エリルの声は何故か聞こえない。いつものエリルなら木刀を抜いて俺に斬りかかってくるものだが、なぜかずっと怒り続けている。

怒った顔のまま、エリルはビシッと真横の方向を指さした。それは一体何?そっちの方向には何もないよ?そっちは森だよ?エリル??おーい、エリル―

エリルは両手を腰に当て、俺を睨んでいる。おいエリル、何だ?どうしたんだ?


・・・目が覚めた。エリルは一体何が言いたかったのだろうか?森の中を指さしていた?何かあるのか・・・?一度、森の中に行ってみるかと思いつつ、俺はリコとメイの覚悟と気持ちを考える。

リコは独占欲の強い女だ。そんな女がメイを嫁にするだけでも、相当な覚悟がいったはずだ。そこに来てさらに新たな嫁、というのは、リコにとって自分の存在を否定するようなものだろう。それでもあえて、というのは・・・。

ベッドで寝がえりを打ちながら考えても、やっぱり答えは出ない。既に夜が白み始めている。

「・・・そうか。考えるんじゃなくて、感じるままに行動しろ、か。エリルの口癖だったな。ならば、敢えて俺がどうこうするべきではないな」

俺はベッドを出て、リコの部屋に向かう。部屋からは薄明かりが漏れていた。

ドアをノックする。返事はない。

「リコ、起きてる?入るぞ?」

静かにドアを開けて部屋に入る。リコはベッドに入ったまま、俺に背を向けている。

「リコ、考えたんだけど・・・俺は、リコの思うようにすればいいと思う」

「・・・」

「ただし、俺からは新しい嫁は選べない。リコのことが大好きだからだ。だから、新しい嫁はリコとメイが選んでくれ。二人が納得した嫁なら、俺は受け入れるよ」

「・・・」

「・・・リコ?」

リコの肩がかすかに震えている。

「・・・残酷ですわ」

「・・・」

「私にはそんなことはできません・・・。あなた様が好きな女性をお選びくださいませ。私にはとても・・・」

リコは涙声で、必死に言葉を振り絞る。

「リコじゃ選べないって?だからいいんだよ。しばらくは、リコとメイと一緒に居られるじゃないか。男はいくつになっても子供を作ることが出来る。別に今すぐじゃなくていいじゃないか。俺はむしろ、人に選んでもらった方がいい」

「どういう・・・ことですの?」

リコは起き上がってまじまじと俺の顔を見る。涙で目を真っ赤にしている。

「だってリコは皇帝陛下からの紹介、メイはリコが妻に迎えるように勧めてくれた。俺には結婚する気はなかったんだが、二人に勧められて、こんなに素敵な奥さんを持てている。だから、新しい妻も、リコとメイが選んでくれ。じっくり選んでくれ。二人の眼鏡にかなった人なら、俺は受け入れるよ」

「リノス~」

俺の胸に顔をうずめて、リコは号泣している。俺はリコをそっと抱きしめる。

「新しい妻の件、お願いしていいかな?」

リコは無言で頷いた。

「じゃあメイにもお願いしに行くか」

メイの所にはリコも一緒に行くという。俺はリコと手を繋いて一階の研究室に向かった。

メイは、机に突っ伏して寝ていた。俺とリコの足跡が聞こえたのか、俺たちが部屋に入るとスッと体を起こした。俺はリコと同じことを伝え、メイにもリコに協力してほしいとお願いした。

・・・メイも泣いていた。リコと同じように号泣していた。そして、泣きながら「承知しました」と言ってくれた。

「ところでお前たち、この二日間風呂はどうしてたんだ?」

「私は・・・お湯で体を拭いていましたわ」

「私は・・・浄化の魔法で済ませました」

「・・・じゃあ、今から風呂に入る?」

「「・・・ハイ」」

そうして、朝食までの数時間、俺は燃えに燃えた。二人を抱きしめながら二人への愛情を体中で表現しまくった。お蔭で三人とも汗だくで、髪の毛まで汗だくになってしまってもう一度、風呂に入り直すハメになったのは、ペーリスたちにはナイショである。


収穫の季節が、すぐそこまで迫っていた。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ