挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
結界師への転生 作者:片岡直太郎

第一章 ジュカ王国編

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

1/277

第一話  プロローグ

助けてくれ、助けてくれ、助けてくれ―。

俺は久保たもつ。34歳。ここはトイレの個室。今の俺はヤバイ状況にある。マジでヤバイ。

俺はプログラマーをやっている。いわゆるIT戦士というやつだ。この仕事、ラクじゃない。

ある程度仕事ができるようになると、いくつものプロジェクトを掛け持ちさせられ、納期に追われる毎日。余裕のあるスケジュールが引かれる(もっとも、余裕のあるように見せているのだが)ことはなく、ひたすら残業と徹夜を繰り返して作業に没頭する。そんな業界だ。

今日も俺は火だるまになったプロジェクトに苦しめられている。そして、デスクの電話が鳴る。

「久保さん、僕は限界です。辞めさせてください」

退職を電話一本で済まそうとする行為はどうよ?と思われるが、意外とそんなヤツは多い。しかし今はマズい。抱えているプロジェクトの納期が明日なのだ。電話の彼はメインプログラマー。彼なくしては最早、明日の納期は完全に間に合わない。

有効な打開策はない。ここは一旦、心を落ち着けなければならない。俺はフラフラとトイレの個室に入り、大きなため息をつく。

一体なんでこんなことになるんだ?どうすんだよ?あー休みてぇ。ゆっくり休んだのはいつ以来だ?定時に帰宅したのはいつだ?休みたい、とにかく休みたい。女子とデートしてぇ。IT業界は女にモテるんじゃなかったのか?全く寄り付かん。社内の女どもはみんな死んだような眼をしてるじゃねぇか。一体何なんだ?本当にもう誰か、助けてくれ、助けてくれ、助けてくれ―。

ゆっくりと、俺の意識が遠くなっていく。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ