挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
ブックマークする場合はログインしてください。

原稿用紙十枚の文学系作品

塗り潰せたら



 土曜の朝、一人暮らしのマンションの部屋の隅に、口紅を見つけた。いつから転がっていたものか分からない。ふと手に取り、閃きに促されバスルームに向かう。

 取りに来るということはありえないし、わざわざ返しに行くこともありえない。捨ててしまおうかとも考えたが、折角なので昔からやりたかったことを実行した。

「るるるる~るるるるる、るるるるる~」

 口笛を吹くような心地で、るると口ずさむ。口紅のキャップを外した。こんな派手な色、つけてたことがあったかなぁと思いながら、赤い赤い色を覗き込む。

 金曜ロードショーでやっていた、魔女のアニメの映画。その中の挿入歌に、バスルームに口紅で伝言を残すという、有名なものがあった。思えば同棲を初めた当初にもやろうとしたことがあったが、その時はマジギレされて果たせなかった。

 それが、今なら出来る。

「る~る~る~るるるるる、るるるるる~~」

 口ずさみながら、さて何と書こうかと考える。そういえば歌では何と書き残したか、特に言及されていなかった。旦那の浮気について奥さんが書き殴った言葉。

 さようなら、だろうか。
 ばかやろう、だろうか。

 思いつくままに、口紅をバスルームの鏡に走らせる。書きにくいかと思ったが、色は案外上手く鏡に乗った。

 浮気してんなよ。
 訴えてやる。
 ふざけんな。

 いや、これだとあまりにも男らし過ぎるか。ふっと笑いながら、別に誰に見せるものでもないしと、書き進めていく。

 愛していた。
 好きだった。
 大切に、したかった。

 途中から、趣旨とは違う言葉が溢れてきた。そんな言葉が自分の胸から溢れてくるとは、酷く意外だった。それでも構わず、書き進めていく。

「る~る~る~るるるるる、るるるるる~~」

 徐々に徐々に、口紅は先端が潰れ始め、文字が書けなくなってくる。逆手に持ち変えると、文字を書くという当初の目的を忘れ、鏡をいかに赤く塗るかに腐心し始める。

「る~る~る~るるるるる、るるるるる~~」

 さようなら、が赤く潰れる。
 ばかやろう、も潰れる。

「る~る~る~るるるるる、るるるるる~~」

 浮気してんなよ。
 訴えてやる。
 ふざけんな。

 全部全部、潰れていく。
 だけど――

「る~る~る……」

 愛していた。
 好きだった。
 大切に、したかった。

 それらの言葉を赤く潰そうとして、自分の手が震えていることに、気が付いた。逆手に持った口紅を眺めれば、もう殆ど潰れて、使えやしない。

 何をどうしても、終わってしまったこと。
 笑おうとしたら失敗して、嗚咽に変わっていた。

 この口紅みたいに、彼女への想いも、早く潰れてしまえばいいのに……。大切だった想いも、文字を塗り潰すみたいに、簡単に、塗り潰せたらいいのに……。

 そう思って口紅を押し付けていたら、泣いても分からないくらいに、鏡は真っ赤になっていた。


評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ