挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
アイムトリッパ 作者:亜牙憲志

第1部

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

2/48

目覚め

第一話 目覚め

 ディスプレイに古いテレビゲームのUI、メッセージ枠の様な画面が写しだされている。チカチカとカーソルが点滅し文字が浮かぶ。

『目の前はブルー。
水中に漂う幼い海月。』


『光さす源、その水面へ
少年は手を伸ばす。』

 聴覚に心地よい揺れを感じた、女性の声が遥か彼方から聞こえてくる。

 「さあつかめ! ヒーロー。君の新たな希望を!」

挿絵(By みてみん)


 青年はゆっくりと目を開けた。
 おもむろに上半身を起こそうとするが、どうも体が重い。「ふぅ~」と深いため息をひとつつき、仕方なくまた、ふんわり包まれるようにベッドに身をゆだねた。
 見えるのは藍色のレース、美しい蔓草模様。天蓋付ベッドで目覚めた。

 「ここ……は…どこ?」

 靄がかかって、体以上に重たく感じる脳がやっとギクギクと回り出した。血液とシナプスの歯車だ。

 「ここどこだ? いったい……」

 もう一度体を起こし、腹部まで掛かっているスベスベした肌触りのシルクのシーツを剥ぎ、体の動かし方を思い出すかのように、ぎこちない動作でベッドサイドから足を下ろした。

 (おいおい、いつも寝ている安アパートは?)

 (こすれて所々ざらざら、それでも足裏に暖かい――馴染みの畳はどこへ行った)

 石の冷たさを感じながら高く薄暗い天井に目をやる。
 木目柄がプリントされた見なれた合板や、汚れた薄い漆喰壁は無く、様々な草花を模した彫刻だろうか?タイルなのだろうか? 映画や写真でしか見たことがない建築物の内装ディテールの数々。
 レースのカーテン越しに見えるのは、まさに貴族の寝室といった広すぎる一室だった。

 一時、あ然呆然としたまま動かない青年。体内の脈動、かすかな風の音、ごぉーーというこもった耳鳴り。神経を研ぎ澄ませ心の底で理解する。信じがたいがこれは『現実』なのだ、夢ではない。

 前に進むために最後の記憶、目覚める前の自分の行動を思い出そうとする。
 混乱ゆえか頭の中の思考がつぶやきに出てしまう。

「そうだ、いつものように早朝の新聞配達……確かに行った…そうだ、行った……その後は、うん、うん、当然学校へ。学校?高校??いや違う大学生だよ。最寄り駅まで自転車こいで……」

 一人うなずきながら、いつもの変わらぬ当たり前だった日常の記憶を反芻する。


 「ああぁっ?!」

 青年は思わず声を上げてしまう。かすかな不安が眼のドームを覆い、痛むほどではない締め付けが胸を刺す。
 未来を映す天秤、絶望の皿に不確かな恐怖、磐石だと思っていたものが揺らぐ恐怖が重りを足した。


 「自分の名前が……思い…出せない」
一話を読んでくださってありがとう!!
少年漫画のような次回がワクワクする作品にしたい思います。
スローペースで話が進むことになりそうです。

イメージが分かりにくい所、ぜひ教えてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ