挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
ブックマークする場合はログインしてください。

刹那

作者:星砂スバル
ここは戦場。毎日が地獄だ…
気を許したら、やられる。
俺はこの(きず)(うず)く度に、(うな)される自分を呪った。

「あと、もう少し早ければ…」

悔いを残す日々は積み重なり、
どうにかなってしまいそうな気持ちと向かい合いながら、
今日という日を迎えた。

常に実行する事を想定してから行動する癖が付くようになるまでに、
そう時間はかからなかった。

相手がこう動けば、こちらが一手先を読む。
相手はさらに動けば、こちらはニ手先を…というように。

そんな日々を繰り返してきた事で、
今の自分は支えられているのだと戒めてきた。

「勝負は一瞬で決まる。」
「言い訳に費やす時間は気休めにもならない。」
「勝利を掴んだ者のみが、勝者の弁を語ることが出来るのだ。」

過去に読んだ小説の、心に留め置かれていた一節一節が、立て続けに溢れてきた。

「…!!!」

遠くからヒタヒタと近づく足音が聞こえる。
耳を研ぎ澄まし、息を殺しつつも、この地に立つ俺がいた。

「(今日こそは…)」

心臓の鼓動が時を刻む。
鼓動は近づく足音とシンクロし、そのボリュームを上げる。
生きている実感が身体の隅々へと伝わって行く。

腰を低く落とし、身を構える。
目線を下げつつも、周囲への警戒は怠らない。

脳裏には無機質なセグメント表示のデジタル数字が、
時限爆弾のタイマーのように、静かなカウントダウンを始めていた。

「5…4…3…2…1…」

タイマーが「0」を刻むが早いかどうかのタイミングで、
俺は起死回生の一撃を放っていた!


『ぼっ、僕と…つ、付き合ってください!』


一瞬、驚いた表情を見せ、その後すぐに、
泣きながら走り去る赤いランドセルを背負った小学生の姿を呆然と見送った後、
その光景を遠巻きにして、通り過ぎていく彼女(ターゲット)

「…は、早すぎたんだ…」

高鳴り続ける鼓動音。
指先から伝わるピリピリとした震え。
それらの刺激に耐えながら、
言わずにはいられなかった俺がいた。

ふと、空を見上げ、呟いた。


「明日から、通学路変えよう…」

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ