挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
刻の守護者 〜乙女的大河絵巻〜 作者:いっちー

第八章

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

32/36

あまつ空なる、君を恋ふ(4)

「――――――木津あまね、感情面にやや心配はあるも極めて優秀、と。さすが暴走除霊車(ゴーストブラッシャー)。将来が楽しみだな」
 あまねが無事なのを遠目から確認してから、直愛は吹っ飛ばされ、河原の片隅で意識を失っていた、頼朝に憑いていた「犬神」に近付いた。それは、小さな白い犬だった。
「やあ。平家の怨霊よ」
 声をかけると、赤い目がぱっちりと開き、犬はしゃがみこんだ直愛を見た。
 続いて、逆毛を立てて、威嚇を始める。
「随分、引っかき回してくれたけど……もう、遊びはお終いだ。ゆっくり眠ろうね」
 直愛は、そっとその頭に右手を翳すと、呪を口ずさんだ。
「天切る、地切る、八方切る、天に八違、地に十の文字、秘音、一も十々、二も十々、三も十々、四も十々――」
 そして、左手で印を切った。
「ふっ切って放つ、さんぴらり」
 ジュッと音を立てて、犬神が消える。
 直愛は、フッと短い息を吐くと、立ち上がり、両手を天へと突きだすように伸びをした。
 そして、懐から黒塗りの手帳を取り出し中を覗き込む。
 マーブル状になっていた頁に、意味を成さない文字が次々浮き上がり……やがて、それらはきちんと整列して、歴史を紡いだ。
「時の流れは無事、未来に繋がった」
 直愛は、パタリと手帳を閉めた。
「これにて一件落着、っと」
 そう言って、彼は悠然と笑み、片目を閉じた。
お読み下さり、ありがとうございます!
更新は週2~3ほどです。宜しくお願いします。
linenovel.gif


感想や評価などいただけるととても励みになります。
よろしくお願いします!

web拍手 by FC2

cont_access.php?citi_cont_id=262038010&s

小説家になろう 勝手にランキング


素材お借りしました→  ふわふわ。り  はこ
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ