挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
刻の守護者 〜乙女的大河絵巻〜 作者:いっちー

第七章

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

26/36

思い出は、朝やけに滲んで(2)

 しんしんと降り積もる雪は、追跡から、あまねたちを隠した。
 一方で、彼らの歩みをも妨げた。
 頼朝の背を義平に譲り、あまねは熱を押して、歩いた。
 青墓に辿りつくには、不破の関――あまねには、もうそれが現代で言えば何処なのかなど、さっぱり分からなかった――を越えねばならない。しかしそこは、平家方が警護している様子だったので、更に三人は山奥へ割り入り、遠回りをせざるを得なかった。
 雪はますます高くなり、獣姿では歩けないほどだった。
 人に変じた彼は、背に義平を背負った。
 重い兄の身体を、彼は揺り上げ揺り上げしながら歩いた。あまねはせめても、と、彼の前を行き、雪を退かす。
 ……青墓など、この世の何処にもないかのようにあまねは感じていた。


「…………行ったか?」
 頼朝は前で辺りを見渡す、鵜飼いの男に問うた。
「へえ」と、男は頷くと、頼朝たちに出てくるよう手で拱いた。
 ――いつまでも山にいるわけにはいかない。
 厳しい冬の山では、食事にすらありつけない。義平の容態も気になる。――どうしても人里に下りる必要があった。
 けれど、人里に近付けば近付くほど、残党狩りの姿も多くなる……そんな中、気の良い鵜飼いの男に出会えたのは、幸いだった。
「おい、あまね。お前も、大丈夫か」
「……平気」
 熱で、朦朧とする意識の中、何とか答える。
 気を緩めた瞬間に、呼吸すらやめてしまいそうだった。
 立っていられるのが不思議だ、とあまねは思う。
 頼朝はあまねの髪を撫でると、義平を背負い直した。
「ささ。こっちで」
 鵜飼いの背を追う。
 あまねも、頼朝も、彼が味方か敵かはもう考えないようにしていた。もう二人には、運を信じるしかなかった。
「義平さん、もうちょっとですよ」
「んー」
 頼朝の背でぐったりする義平に、あまねは声をかけた。
 長い睫毛が揺れて、うっすらと義平が目を開く。そうして、澄んだ声が、吐息と共に唇から漏れ出た。
「悪いわねぇ、頼朝」
「……黙ってろ」
「あらあら。怖い怖い」
 義平は、返り血で染まった衣服を隠すため、見窄らしい御座のようなものを被っていたが、その左の肩口辺りは真っ赤に湿っていた。
 あまねは、命の流れ落ちる傷から無理矢理目を逸らして、油汗を浮かべる彼の額を、ハンカチで拭ってやる。
「…………なんだか、こんなにべったりくっつくのって、あなたが五歳くらいの時以来ねぇ。お姉ちゃん、大~好き! って。すっごく、可愛かったわあ」
「下ろすぞ」
「やーだあ」
 義平はクスクス笑って、頼朝の首に回す腕に力を込めようとした。
 が、逆にずり落ちるはめになり、弟は立ち止まり、兄を背負い直す。
 会話が途切れた。
 義平は、ややの間、弟のうなじに顔を埋めて、慈しむように鼻先を押しつけた。……やがて、口を開いた。
「でも、さ。あんなに小さい子が、こんなに大きくなってたのね。こんなにしっかりしちゃって……守らなきゃ、なんて思い続けてたなんて、どうかしてる」
 目を三日月型に細めて、彼は微笑んだ。
「もう、あたしたちが守らなくても、あなたはしっかりやってけんのよね。大人になっっちゃってさ…………なんか、ちょっと、寂しいね。ねぇ、朝長」
「だぁまってろ、っつの。本当に下ろすぞ」
 死んだ弟の名を呼び、小さく笑った義平は、再び、ズルリ、と背から滑り落ちそうになる。頼朝は不平と共に、兄を揺り上げた。
 ……見窄らしい小屋が見えてきた時、鵜飼いは目的地に着いたと、力付けるようにあまねたちに告げた。
「おい、義平。着いたぞ。……おい? 義平?」
 頼朝が兄に声をかける。
 けれど。
「旦那。ささ、急いで」
「――――――義平?」
 頼朝は背を振り返って、立ち尽くした。
 あまねは口を覆うと、身体を強ばらせた。
 おこりにかかったような、激しい震えに襲われる。くしゃり、と顔が歪んだ。
 唇を噛み、声を飲み込む。
 けれど、ショックは彼女の咽を突き破るようにして零れ出た。
 あまねは、顔を覆い、悲鳴を上げて泣いた。
 ……義平が瞼を持ち上げることは、二度と無かった。
お読み下さり、ありがとうございます。
更新滞ってて、本当にすいません。
週2更新予定ですが、今後は最後までもう少しなので頻繁に更新するかもしれません。宜しくお願いします。
linenovel.gif


感想や評価などいただけるととても励みになります。
よろしくお願いします!

web拍手 by FC2

cont_access.php?citi_cont_id=262038010&s

小説家になろう 勝手にランキング


素材お借りしました→  ふわふわ。り  はこ
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ