挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
Doors~女神様の暇つぶし~ 作者:雪華

プロローグ

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

1/61

scene:1

 まだ昼間だと言うのに、てっぺんが見えないほど背の高い樹木が生い茂る熱帯雨林は、薄暗かった。木漏れ日は差すものの、地面までは届かない。そのせいだろうか、下草が少なく、移動しやすい地形と言えた。

 そんな森の中を、全力疾走する3人の影。

 一人は赤い短髪で、鎧をまとった背の高い青年。背中には大きな剣を携えていて、歴戦の戦士を思わせる。その後に続くのが、濃い茶色の髪に琥珀色の瞳をした少女。森を探検するには不都合の多そうな、フリルのたくさんついたスカートを翻して懸命に走る。時折後ろを振り返っては、派手な悲鳴を上げていた。
 その少女と並んで走るのは、いかにも魔法使いというような大袈裟なマントに身を包んだ、眼鏡をかけた青年だった。呼吸は乱れ、苦しそうに顔を歪めながらも暗い森を駆け抜ける。

 そしてその3人から少し遅れて、全身が不自然なほど真っ白な、二足歩行の大きなトカゲが姿を現した。180㎝以上はあるだろうか。背の高さなら鎧の青年といい勝負だ。大トカゲは3人を標的に定めたようで、執拗に追いまわし続ける。

「スライムだけ狩る筈だったのに……(つかさ)さん、地図間違えたでしょう!」

 眼鏡をかけた青年が、鎧の青年に向かって叫んだ。疲労からか、その声は上ずっていて少し怒りの色が滲む。

 一見すると、新米冒険者たちが狩りの途中でヘマをして、モンスターに追われているような光景なのだが、しかし、実際は違った。
数時間前までは、確かに彼らは地球という惑星の日本という国で、いつも通りに退屈で平和な日常を謳歌し、1日を終え眠りについたはずだったのだ。

 それがどうしてこんな目に逢っているのか。

「も……もう無理、走れません」
「俺も」

 少女と眼鏡の青年が、もう限界だと走る速度をガクッと落とした。足がもつれ、走るどころか、歩くのがやっとの状態だ。それに気づいた司と呼ばれた鎧の青年が、慌てて二人の元へ戻り、手を引いた。
 その間にも容赦なく迫りくる大トカゲは、みるみる距離を詰める。

「こうなったら、た、戦うしかっ……」
「司さん、無理ですってば!」
「やってみなきゃ、わかんないでしょ」

 すぐに追いつかれるだろうと観念した司は、背中の剣を抜いて構えたが、膝はガクガクと小刻みに震えるし、剣は予想以上に重たい。

「うわぁ、近くで見るとホント気持ち悪い! アルさん、あんたそんな魔術師みたいなカッコしてるんだから、何か魔法撃てないの?」

 司に問われた眼鏡の青年は、情けなく眉を下げ無言で首を横に振る。

「ネネは?」
「ゴメンナサイ、私も何もできません」

 いっそ清々しいほどに、お手上げのポーズを取った少女を見て、司は「ううう」と、悲しそうに唸った。そうこうしている間に、目前まで迫った大トカゲが、長い舌をチロチロさせながら両手を振り上げる。

「ぎゃぁぁぁ!」

 成す術もなく涙目で身を寄せ合う、3人の絶叫が森にこだました。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ