挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
野生の電子レンジが襲ってくる世界にきました -天才ハッカーのハッキング無双ライフ- 作者:じいま

ナナとウォーリー編

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

30/202

狙撃

「もうそろそろッスよ・・・オレの情報によれば、このあたりが人型ロボットの群れがよくいる狩場ッス。」

運転席のガイが、ハンドルを操作しながら言った。俺たちは今、ハルの家のジープに乗って、町から20キロほど行ったところにある山岳地帯に来ている。周囲は相変わらず草の1本も生えていない荒野である。山岳地帯と言っても巨大な岩山が左右にそびえ立っているだけで、茶色く乾燥した風景なのは荒野と変わらない。岩山の間を通り抜けるように走っているのでとても見通しが悪く、いきなりナマモノが飛び出してくるんじゃないかと不安になる。

助手席の俺がなんとなく振り返ると、いつものように座席に立って周りを警戒しているハルと、車のふちに頭を乗せて景色を眺めるナナとクロが見える。2人とも車が新鮮なのか、飽きずに黙って車外の退屈な景色を眺めていた。

「なんにもないところだね・・・?ホントに、このあたりに人型ロボットの群れがいるの?」

いつものボロマントを風にはためかせながら、ハルが言う。

「間違いないッス。ほら、この端末を見てください。」

ガイは右手でハンドルを握りながら、左手でタブレット型の端末を掲げた。地図が表示されていて、設定されていた目的地がこの周辺であることがわかる。

「これ、ハンターの友達から貸してもらった端末ッス。この端末のとおりに行けば、必ず人型のロボットの群れを見つけられると言われてます。」

ハンターが仕事で使っていた端末だろうか。狩場の情報が入った端末なんて、ハンターにとってはお金に変えられないほど大切なものに違いない。そんな大事なものを貸してくれるなんて、よほどガイは信用があるらしい。見直したぞ。

「それはすごいな。そのハンターの友達とガイは、付き合い長いのか?」

大事な仕事道具をポンと貸してくれる相手だ。きっとガイと長い付き合いの親友なんだろうな。

「いえ、酒場で3回ぐらいカードをやったことがあるだけですね。名前もよく覚えてないッス。」

「「えっ?」」

俺とハルの声が重なる。

「・・・じゃあ、どうやってその端末、貸してもらったんだ?」

俺の質問に、ガイは得意になって答えた。

「簡単ッスよ!ヤツはオレにカードで負けまくったせいで、払いきれないぐらい借金があるんです!その話をチラつかせたら、すぐ貸してくれましたよ!」

なんだか急激にゲンナリしてきたぞ。嫌な予感がプンプンする。振り返ると、ハルがさっきよりも熱心に周りを警戒しているのが見えた。

「どうしたんスか、2人とも・・・なんだか静かになっちまって。おっと、急なカーブッスね。」

見通しの悪いカーブに差しかかり、車が大きく減速した。次の瞬間。チュンッ!と風をきる音がしたかと思うと、運転席のガイの頭の上に、いつの間にか後部座席にいたはずのナナが乗っていた。ガイの目の前に手を伸ばし、何かをつまむようなポーズのまま止まっている。

・・・ナナの指先をよく見れば、うっすら白煙を上げる弾丸がつかみとられている。

「えへへー!だんがんキャッチしちゃった!」

ナナが得意気に笑い、マキちゃんのよく通る声が響いた。

「ナナが狙撃を妨害しました。皆様、頭を低くしてください。」

何者かによる突然の狙撃。それは極めて正確で、冷静な攻撃だった。1発目を妨害されたと理解するが早いか、すぐに2発目が発射され、ジープが大きく傾く。タイヤを撃たれたのだ。カーブ中にバランスを崩した車体は遠心力に従い、カーブの外側に向かって横転する。

だが、ナナの方も負けてはいない。ボディガード用アンドロイドとして作られたナナは、このような状況でこそ真価を発揮するのだろう。車がまさにひっくり返る瞬間、その小さな手でハルとガイを左右に抱え上げてジープを飛び出した。おとーさん、ごめんね、という呟きを残して。物理法則に従って、俺の身体は車外に投げ出される。シートベルトって大事だよなぁ。スローモーションに見える視界。クロが自立兵器らしい滑らかな動作でジープを脱出しているのが見えた。

マキちゃん・・・やっぱり保護優先順位・・・おかしくない・・・?身体が岩山にぶつかる衝撃。視界が暗転する。

「ご主人様、受け身くらいとってくださいな。」
新作の連載をはじめました。こちらもよろしくお願いします。
勇者様はロボットが直撃して死にました
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ