挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
野生の電子レンジが襲ってくる世界にきました -天才ハッカーのハッキング無双ライフ- 作者:じいま

モノリス遺跡編

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

23/202

詐欺ハック

「貴様、いツの間に!イつからそこにいた⁉︎」

グレートウォールが驚き振り返ると、そこにいたのは光学迷彩を解き、姿を現したクールな天才ハッカー。つまり俺だ。ヤツは右腕でガイを狙ったまま、左腕の銃口を俺に向ける。前後を俺とガイに挟まれる形だ。油断なく頭を動かし、俺とガイを交互に見ている。ガイは腰を抜かして床に座り込み、床に黄色い水たまりを作った。

『ご主人様、一体どういうおつもりですか⁉︎作戦成功率が0.0000003パーセントに低下しました。大急ぎで遺書をしたためることをオススメいたします。』

本当に俺はどういうつもりなんだろう。身体が勝手に動いたとしか言いようがない。その証拠に今、激しい後悔に襲われている。泣きたい。だがその反面、頭では冷静に次の一手を考えていた。

「ようグレートウォール、初めまして。俺はお前の新しい管理者だ。よろしくな。」

なるべく平静に、クールに、ポーカーフェイスで。

「ナニヲ言ってる?不法侵入者と断定、攻撃スル。」

「まぁ待て、お前はかなり深刻な不具合を起こしてるんだ。マキちゃん、俺のIDを表示して。」

マキちゃんがホログラムで表示したのは、俺がこのビルの最高管理者であるという電子証明書だ。ご丁寧にも、さっき管理者になったばかりなのに表示上の着任時期は1年前になっている。さすがマキちゃん、芸が細かい。証明書のデータを検証されればすぐにバレるだろうが、グレートウォールはハッキングを警戒して電子的な通信インタフェースを持っていないらしいので平気だろう。

「このビルのルート権限保持者・・・ダト・・・?それ二、ワタシに不具合・・・?内部エラーは確認できナイ。そんなコトはアリエナイ。」

よしよし、揺さぶられてるな。とりあえず問答無用で消し炭にされなくてよかった。それだけで第一関門突破と言っていい。

「なにがアリエナイって?実際に、俺が声をかけるまで、お前さんは俺の存在を検知できなかったじゃないか。これが不具合の証拠じゃないとしたら、なんだっていうんだ?」

「ヌ・・・ヌヌヌ・・・。」

不具合じゃなくて俺の努力の成果だな。大変だったんだぞ。

「シカシ・・・我には管理者変更の通達ハ届いてイナイ・・・ソレは間違いナイ。オマエはビルの管理者かもしれないガ、ワタシは独立したシステムでアリ、ビルの管理者権限にはシタガウ義務もナイ。」

「あのな・・・最後にお前にこの倉庫の防衛命令が下ったのはいつだ?」

「・・・3500年マエ、デアル。」

衝撃の回答に、思わず驚きが顔に出そうになる。3500年⁉︎せいぜい数百年だと思ってたのに、3500年?コイツは少なくとも俺の知ってる文明の遺物だろうから、俺も同じような期間眠っていたということだろうか。色々と聞きたくなるが、今はその時ではない。まだ死の危険が去ったわけではないのだから。

「そ・・・そうだ、3500年だよ。その間、1度もお前のメンテナンスは行われてない。そうだな?」

「ソウダ・・・誰も、来なイ・・・不法侵入者以外ハ・・・誰モ・・・。」

「違う。それは違うぞ。たくさんの技術者がお前を修理しようとやってきていたんだ。だが、お前はバグでその人たちに攻撃してしまった。それがあの通路の死体の山なんだ。」

「!!!!・・・そんナ、そんナバカな!ウソダ!」

そこで死んでる不法侵入者のみなさん、利用してごめんね。

「信じたくない気持ちもわかる。だが冷静に考えてみろ。3500年もこの貴重品倉庫が放っておかれるわけがないだろう。実際にはそんなに経ってないんだ。不具合のせいで、長い時間が経過したと思い込んでいるんだよ。お前は悪くない。ただ、お前の中の深刻な不具合が悪いんだ。だから俺に、お前を直させてくれ。」

「ア・・・ア・・・。シカシ、ココを守ル・・・それが命令デアル・・・。」

効いてる効いてる。やはりいきなり背後に出現したのが功を奏したな。自分に不具合があると疑わせるのに十分な演出だったはずだ。わざわざ自分から存在を主張したのも効果的だったろう。敵だったら、わざわざ発見されるようなことはしないからな。ここでダメ押しだ。

「バカ野郎!!」

「!!!」

かなり大きなロボットであるグレートウォールが、ちっぽけな俺の大声でビクッと身体を揺らす。なんだか楽しくなってきたぞ。

「なんのためにお前にAIが搭載されていると思ってんだ!!自分で考えて、柔軟に判断するためだろうがっ!!ただ守るだけなら、固定砲台でも置いときゃいいんだよッ!!!違うかっ!!!!」

「ソ・・・その通りダ・・・!!ダガ・・・ダガシカシ・・・。」

俺はふっと表情を緩め、先ほどとはうって変わって優しい声色で語りかける。

「お前はよくがんばった・・・だが、少しだけ修理が必要なんだ。俺に修理させてくれよ、なぁ『ウォーリー』?」

効果はばつぐんだ。グレートウォールは俺とガイを狙っていた武器を下ろし、カタカタと震えはじめた。そのままググッと俺の方に顔を近づけてくる。

「なゼ・・・ナゼ、我の愛称を知っていル・・・⁉︎製作者と管理者のふたりしカ、知らなイはずなノに・・・!!」

「お前の管理者とは、遠い親戚でな・・・。いつもお前のことは聞いていたよ。『ちょっとマジメすぎるけど、とってもいいヤツで、家族みたいに思ってる、ってな・・・。フッ。」

やべっちょっと笑いそうになってフッとか言っちゃった。本当は、コネクタカバーの脇に落書きで「I LOVE WALLY」って書いてあるのを見つけただけなんだ。製作者か管理者のイタズラ書きだな。なんていうか、すごくごめんよ。

「イワれてみれバ・・・お前のカオ、確カに、面影が、あル・・・。オオ・・・オオオ・・・!!!」

いや、他人だから面影はないと思うよ。なんかものすごく悪いことをしてる気がしてきた。グレートウォール、いやウォーリーは、頬をすり寄せるように、俺の顔に頭部を押し付けてきた。もうどこからどう見ても完全に落ちている。こいつに涙腺があったら号泣してるだろう。

「さぁウォーリー、メンテナンス用のコネクタを見せてくれ。さっそく修理しよう。」

「ま・・・マテ。待ってくレ。」

おっと、まだなにかあるのか?もうこっちには切れるカードが残っていないので、ちょっと焦る。

「我は・・・我はまた、何かを守ルことができルのだろうカ?人ノ役に、立てルだろうカ?」

「もちろんだ。修理が終わったら、今度は俺のために働いてくれ。お前は地上最強の番人なんだ。頼りにしてるぞ。」

ウォーリーは小さくうなづくと、消え入りそうな声で「お願いしマす」と言った。それから俺に背中を向けて、脱力する。今度は休止状態ではなく、メンテナンスのために完全に機能を停止したようだ。

・・・終わった。行き当たりばったりだったが、グレートウォールを機能停止させることに成功しのだ。大きく息を吐く。ちょっと膝がガクガクする。さすがに管理者の親戚とか言いすぎた。すげー調子こいた。ボロが出なくて本当によかった。

「よっしゃマキちゃん、コネクタカバーを外すから、ハックしてウォーリーの主人を俺に書き換えてくれ。」

今のままでも大丈夫そうだが、いちおう安心しておきたい。今度はコソコソせず、堂々とドライバーを使ってネジを回す。外れたネジはその辺に放り投げる。呼吸だって吸い放題、吐き放題だ。

「マキちゃん、マキちゃん、どうした?聞いてる?」

「ああいえ、はい、承りましたわ・・・。誰も死なず、対話だけでグレートウォールを無効化した手腕もお見事です。しかし・・・」

「え?なに?かっこよかった?」

「やり口の汚さに軽くげんなりしたというか・・・完全に詐欺師でしたわね。クソ詐欺師クソ野郎のご主人様。」
感想いただけると超励みになります。ありがとうございます。
新作の連載をはじめました。こちらもよろしくお願いします。
勇者様はロボットが直撃して死にました
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ