挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
ブックマークする場合はログインしてください。

おすすめ

留学生から送られてきたメールがおかしい。

作者:忍者の佐藤
元気一杯のアメリカ人留学生のジョンが日本からアメリカに帰って1ヶ月が経とうとしていた。
持ち前のテンションの高さで人気者だったジョンは、日本で1番仲良くなったマサキにメールを送ることにした。
ジョンはメールの中で「日本での生活を恋しく思うことや欲しいもの」についてジョークを交えてハイテンションに書いていた。
その内容は以下のようなものである。


#####


親愛なるマサキへ

ジョンより


お久しぶりマサキ!
元気にしてるかい!
それとも貝になったかい!
僕は元気だよ!
ああ!まだ1ヶ月だっていうのに日本の生活が恋しくて仕方ないよ!
日本での生活は僕にとって全てが新鮮だった。
まず日本車ばかり走っていること。
そして日本人ばかり歩いていること。
そしてなんとみんな日本語を喋っているんだよ!
本当に驚いたね。まるで日本みたいだなって思ったよ!HAHAHA!
今でもホームステイ先の山田さんが作ってくれた味噌汁(みそしる)が懐かしいね。あと牛丼に天ぷらにカレー!また食べたいよ!
みんなで行ったお祭りは今でも良い思い出だ。
金魚すくいに綿菓子(わたがし)にかき氷。
並び立つ屋台、賑わう人々、太鼓の音に咲く花火。
うーん、今思い出してもワクワクするね!

日本と言われてもう一つ思い出すのは満員電車だね。
あの窮屈(きゅうくつ)さが病み付きになったんだ!僕は男なのに何故か痴漢されてしまった事もあったなあ!
そうそうマサキ。例のアレは手に入りそうかい?
ほら、アレだよ。「魔法少女ペントンパー」の主題歌CDさ!
あの曲を聞くだけで僕の身体が(おど)り出してしまうんだ!
特にあのサビが良い!
「ポッピンポップンプリンプリン! ポッピンポップンプリンプリン!」
書いているだけで身体がホッピングしてしまうよ!
今度会ったらマサキも一緒に踊ろうね!
あ、でも日本のみんなには僕がペントンパーオタクだってことは内緒にしておいてよ!ヘンタイだと思われるからね!

そして今度はマサキがアメリカに来る番だよ!
待ってるからね!


ジョン

#####

一方そのころ、地球侵略担当を任されていたヌベードゥ星人のラールンは、上司であるブガラッド長官に『地球侵略のための攻撃を断行すべきだ』という内容のメールを送っていた。
しかし何の運命のいたずらか、コンピューターウイルスによってラールンの書いた文章と、留学生ジョンの書いたメールが混じり合う事態となってしまった。

そのためマサキに届いたジョンからのメールは少々奇妙なものになっていた。

***


★日本にて
マサキ「おっ。ジョンからメールが届いたぞ。アイツの事だから多少のジョークは交えてくるだろうなあ」


#####


無礼で無能なホモ野郎へ
≪いきなりぶっ飛ばしてきやがった!≫


地球より
《ジ・アース!?》


お久しぶりマサキ!
《っていってもまだ一か月じゃないか》


下等な人類どもを皆殺しにしてるかい!
≪地球さんお怒りなのか!?≫


それとも貝になったかい!
《選択肢の振り切れ方が激しすぎるわ!》


僕は元気だよ!
《元気なのは良いけど物騒(ぶっそう)すぎるって……》


ああ! まだ1ヶ月だっていうのにヌベードゥ星の生活が恋しくて仕方ないよ!
《あれ?日本は!?》


日本での生活は僕にとって全てが新鮮だった。
《あ、日本の話に戻るのね》


まず日本車ばかり走っていること。
《まあ日本だからな》


そして日本人ばかり歩いていること。
《そりゃ日本だからな》


そして日本語を喋っているとはどういうことですか!
《何にキレてんだよ!》


本当に(おどろ)いたね。まるでヌベードゥ星みたいだなって思ったよ!
《ヌベードゥ星って何なんだ!》


今すぐホームステイ先の山田さんを焼き尽くしたい。HAHAHA!
《笑いながら言う事か!?》


あと牛丼に天ぷらにカレーを焼き尽くしたい!
《それもう焼けてるだろ!》


また焼き尽くしたいよ!
《イフリートかお前は!》


みんなで行ったお祭りは今でも良い思い出とはどういうことですか?
《知らねえよ!》


金魚すくいに綿菓子にかき氷。
《まあ祭りの定番だよな》


並び立つホモ、(にぎ)わうホモども、太鼓の音に咲くホモホモ。
《ホモしかいねえ!》


うーん、今思い出してもワクワクするホモね!
《おい語尾!》


日本と言われてもう一つ思い出すのは満員電車だね。
《……嫌な予感がする》


あの窮屈(きゅうくつ)さが病み付きになったんだ!
《ええ……》


僕はホモなのに私はホモではありません。
《どっちなんだよ!》


そうそうマサキ。例のアレは手に入りそうかい? ほら、アレだよホモ。
《俺はホモじゃねえよ!》


「魔法少女ペントンパー」の主題歌CDさ!
《ああ。初回限定版はプレミアついてたけどなんとかゲットできたな》


あの曲を聞くだけで人類を皆殺しにしてしまうんだ!
《そんな物騒な歌じゃねえだろアレ!》


特にあのサビが良い!
《あのポッピンポップンっていう電波な部分ね》



(みじか)っ!!!》


書いているだけで首がホッピングしてしまうよ!
《首だけで!?》


今度会ったらマサキも一緒に踊ろうね!
《いや御通夜(おつや)みたいになるわ!》


あ、でも日本のみんなには僕が人類だってことは内緒にしておいてよ!
《みんな知ってるよ!》


サビサビヘンタイブガラット!
《何の呪文だ!》


そして今度はマサキが山田さんを焼き尽くす番だよ!
《嫌だよ!》


偽りの銀河系で待ってるからね!
《世界線どこだよ!》


ジョンの首
《胴体は!?》


#####


その後、電話で胴体が無事であると確認したマサキは、ジョンが行き過ぎたジョークを書いていたのだと思い、この件は忘れてしまった。

おわり
お読みいただきありがとうございました!

対になる物語↓

地球侵略担当の部下から送られてきたメールの内容がやっぱりおかしい。

http://ncode.syosetu.com/n3226ea/

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ