挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
ショコラのおかしなお茶会 作者:愛田美月
15/15

第十四話 噂話に花が咲く

 アンゼリカが昨夜夫と言い争いになった原因の、旦那の上司の奥様方とのお茶会を終えて、ショコラのもとへやってきたのは、日中で一番太陽が高く昇る頃合いだった。
 ショコラの好意で昼食をごちそうになったあと、二人はいつものようにお茶をする。
「あー、お茶が美味しい。本当に、癒されるわ」
 ほっと息をついたアンゼリカの正面のソファーに座るショコラは、労わるような笑顔をアンゼリカに向ける。
「お疲れさまでした。急に、旦那様の上司の奥さま方とお茶会だなんて、気疲れもするわ」
 ショコラの同情を受けて、アンゼリカは大きく頷く。
「そうよ。もっと早く教えておいてくれればいいのに、こっちにだって、心づもりがいるでしょう」
 昨夜突然、ブランの上司であるクラフィティ大尉の奥さまが明日アンゼを午前のお茶会に招待したいと言われているといいだしたのだ。
 ショコラの家に遊びに行くつもりだったアンゼリカは、もちろん夫に反論したが、これも付き合いだからと軽くいなされてしまった。
 妻としては、夫がつつがなく仕事できるように、助力しなければならない。
 しぶしぶ、外面と言う仮面をこれでもかと着けて、何とかかんとか、奥様方のお茶会を無事終えてきた。
 お茶会とはいえ、噂好きの女が集まる会であるから、お茶を楽しむよりもお喋りを楽しむようなものだった。
 たくさんの噂話を耳にしてきたアンゼリカは、そのうちのいくつかを、ショコラに披露することにした。
 ネコ好きのコモモ男爵が、白毛の美ネコに恋をしてこの子と結婚するといいだした話や、お菓子作りが上手いと評判のミント伯爵の奥方が、夫の浮気に腹を立てて、浮気相手そっくりの絵を描いたケーキを作って夫に食べさせた話。十五年前に誘拐されたプラム伯爵令嬢が、このほど見つかって、プラム伯爵家へ戻った話など。話題は尽きない。
「プラム伯爵家のお話でしたら、わたくしも聞いたことがありますわ。プラム伯爵家の子に代々現れるハート形の痣が決めてだったそうね」
「すごいわよね。十五年も捜し続けて、ようやくでしょう。でも、誘拐された彼女は下町でずっと育ってきたというし、いきなりあなたは伯爵令嬢なのよと言われても、すぐには信じられないでしょうね」
「ええ。きっと、戸惑うことも多いと思うわ」
 そう言って、ショコラはビスケットを手に取って口に運んだ。それを見て、アンゼリカもゼリービーンズをクッキーの間に挟んだ、ボヨンと言う名のお菓子を口に運んだ。塩味のきいたクッキーと甘いゼリービーンズの味が口の中で合わさる。軽い塩味と甘い味が合わさって喧嘩しそうな物だが、それぞれの味が引き立てあい、絶妙なハーモニーを奏でるのだ。これは最近コレオイシーで販売されたばかりで売り上げも上々なのだという。
 アンゼリカは、美味しいと、至福の言葉を漏らしたあと、ショコラに答えた。
「ええ。でも、戸惑ってばかりでもないようなのよ。話題の人だから、あちこちのパーティーへ呼ばれるそうなのだけれど、殆ど断ることなく、毎回出席しているそうなの。綺麗な方だそうだから、いつもたくさんの男性に囲まれているのですって。クラフィティ大尉の奥さまは、何度かパーティーでお会いしたそうなんだけれど、男性にばかり媚びを売って、嫌な感じ、っておっしゃっていたわ」
「まあ、そうなの。でも、会ってみないと本当の所は分からなと思うわ」
 ショコラの結論はあっさりとしていた。よくよく考えれば、ショコラも噂の被害にあった一人なのだ。噂話が真実であるとは限らない。むしろ、真実でないことの方が多いのかもしれない。
 安易に言いふらさないようにしようと、アンゼリカは反省した。
 そこでふと、ショコラに関する噂を聞いたのを思い出した。
「ねえ、ショコラ。あなた、占いができるの?」
「占い? アンゼ、何か悩みでもあるの?」
 心配そうな顔をされ、アンゼリカは慌てて首を横に振った。
「いいえ、そうじゃないの。今日聞いたのよ。ショコラ嬢が悩める人々を集めて、夜に秘密のお茶会を開いているって。そのお茶会で、ショコラが占いをしてくれるんですって。それがものすっごく当たるって評判らしいのよ」
 本当にそれほど当たるなら、ぜひとも自分も占ってもらいたい。期待の目でショコラを見ると、彼女は困ったような顔をした。
「いったいどこからそんな噂がでたのかしら。わたくし、占いはからっきしなのよ。我が家は占いを教養として身に着けるのだけれど、それは男子のみで、わたくしは一度も教わったことはないわ」
「そうなの。やっぱり噂ってあてにならないわね」
「ええ、本当ね。でも、もし何か占ってもらいたいことがあったら、言ってね。弟に頼んでみるから」
「ええ、その時はお願い」
 ふふっと二人で笑いあう。
 ショコラとアンゼの楽しいお茶会は、夕刻に差し掛かった頃、ブッシュが迎えにくるまで続いた。
一年以上も放置していたとは。。。
時が立つのは早いものですね。

こっそり、更新しておこうと思います。もう誰も見ていないとは思いますが。。。
最後まで、書ききりたいな~とは思っております。頑張ろう。うん。

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
― 感想を書く ―

1項目の入力から送信できます。
感想を書く場合の注意事項をご確認ください。

名前:

▼良い点
▼気になる点
▼一言
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

この小説をブックマークしている人はこんな小説も読んでいます!

転生憑依の後始末

嫌われ者の伯爵令嬢・アリーシャ。彼女は魔法学院付属ダンジョンで魔物に襲われ、意識を失った。 次に目を覚ましたのは三年後。どうやらアリーシャの記憶のない三年間の間//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全15部)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2015/06/14 20:23
異世界でもふもふなでなでするためにがんばってます。

色々あって、神様から能力もらって異世界に転生しました!ハイスペックな家族に見守られつつ、平々凡々な私は異世界ライフを満喫してる。神様からもらった能力使って、ファ//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全75部)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2017/07/21 12:25
聖女様になんて、渡しません!

わたし、思い出してしまいました。この世界は乙女ゲームであることを。旦那さまが攻略対象であることを。でも、わたしの旦那さまは絶対渡しませんからね!

  • ノンジャンル〔ノンジャンル〕
  • 短編
  • 2 user
  • 最終掲載日:2014/05/07 02:42
宝くじで40億当たったんだけど異世界に移住する

試しに買ってみた宝くじで40億円の高額当選を引き当てた一良。 どこからか金の臭いを嗅ぎつけたハイエナ共から逃げるため、一良は先祖代々から伝わる古い屋敷に避難する//

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全162部)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/07/24 06:00
うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない 。

彼は、ひとりの少女と出会った。--罪人の烙印を押された幼い少女。それが全てのはじまりだった-- 「やべぇ、うちの娘可愛い」そんな親バカ保護者と養い子になった//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全213部)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/08/12 08:00
婚約破棄?ーー宜しい。ならば、復讐だ!

ありがちな、婚約破棄モノ。 .....のつもりです。 チート、転生、悪役令嬢要素がチラリと散りばめられてたりします。 ざまあ系は初めて書いたのですが、もの//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全41部)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2015/10/15 00:00
破壊の王子と平凡な私

異世界トリップした私と親友のレイちゃん。ヘボン村で仲良くスローライフを楽しんで三年。この生活もそう悪くないと思っていたある日突然、この国の王子の婚約者を探してい//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全49部)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2016/03/20 23:08
旦那様に好きな方ができたと聞いたので、別れ話を切り出してみました

勘違い娘とワケありの旦那様。 じれったい二人が、離婚騒動でようやくくっつく話。 ※息抜きに、前書いてたものを改稿して投稿しました。

  • 異世界〔恋愛〕
  • 短編
  • 2 user
  • 最終掲載日:2014/08/13 01:08
御曹司×妹ばかり可愛がられたせいでコンプレックス持ち少女

露木朱音は自尊心が低めな高校生だ。それは両親が妹・琴音ばかり可愛がってきた事や、妹の自分に対する態度が原因。琴音は幼い頃からずっと朱音が大切にしているものばかり//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 連載(全76部)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2017/08/16 22:00
婚約破棄する代わりに、家とは縁を切らせていただきます。

セネット公爵家の令嬢、リューシア・セネットは、王立魔術学園の卒業記念パーティーの真っ最中に、婚約者で第二王子のレアンドルに婚約破棄を宣言された。  リューシアは//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全2部)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2015/08/24 14:13
ドロップ!! ~香りの令嬢物語~

**コミカライズ、スタートしました** 生死の境をさまよった3歳の時、コーデリアは自分が前世でプレイしたゲームに出てくる高飛車な令嬢に転生している事に気付いてし//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全65部)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2017/08/02 21:00
唯一の妃

大いなる敵国の王妃となった娘と、人使いが荒い夫の甘そうで甘くない日々。 「意図せぬ復讐」のその後のお話。作者の感覚では後日談。文章量的には続編と言うべきかもしれ//

  • ノンジャンル〔ノンジャンル〕
  • 連載(全6部)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2015/09/10 00:00
公爵令嬢の嗜み

公爵令嬢に転生したものの、記憶を取り戻した時には既にエンディングを迎えてしまっていた…。私は婚約を破棄され、設定通りであれば教会に幽閉コース。私の明るい未来はど//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全235部)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2017/08/12 23:02
伯爵令嬢は結婚したくない?

どうやらわたくしの婚約者が浮気をしているようです。なのでわたくしは彼と婚約破棄して自分の夢を叶えます!!と、勝手に盛り上がっている伯爵令嬢と婚約破棄されそうな公//

  • ノンジャンル〔ノンジャンル〕
  • 短編
  • 2 user
  • 最終掲載日:2015/08/21 23:23
俺のペットは聖女さま

 夢を見た。  まるで聖女のような綺麗な女性が、一心不乱に祈りを捧げる夢を。  自分以外の家族を事故で失った。残された最後の家族であるペットのオカメインコもまた//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全169部)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2016/10/24 00:00
義妹が勇者になりました。

 ある日突然、あたしは義理の妹に巻き込まれて異世界へ召喚された。第一声に「勇者さまは?」と訊かれ、即座に厄介事だと判断して迷いなく義妹を指さす。「このひとです」//

  • ノンジャンル〔ノンジャンル〕
  • 連載(全116部)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2017/07/23 14:00
どちらと結婚するのですか・直後

「どちらと結婚するのですか」の、直後のお話です。前作を読んでいないと、分からないと思います。削除した部分を復活させ、設定大放出~の、蛇足的お話です。前作でお気に//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 短編
  • 2 user
  • 最終掲載日:2015/08/16 00:26
第三王子は発光ブツにつき、直視注意!

相手のオーラが見える貧乏伯爵令嬢のリナは、ある日王宮に行くことになる。そこで出会ったのは、あまりにも眩しすぎるオーラを持った第三王子のジルベルトだった。直視でき//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全51部)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/08/04 12:00
誰かこの状況を説明してください

貧乏貴族のヴィオラに突然名門貴族のフィサリス公爵家から縁談が舞い込んだ。平凡令嬢と美形公爵。何もかもが釣り合わないと首をかしげていたのだが、そこには公爵様自身の//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全179部)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2017/08/11 22:19
マリエル・クララックの婚約

地味でもてない目立たない、冴えない社交界の壁の花。そんなマリエルにも縁談がやってきた。婚約者はなんと今をときめく近衛騎士のシメオン様! なぜあの方が、あんな娘に//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全4部)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/02/24 13:10
騎士団付属のカフェテリアは、夜間営業をしておりません。

騎士団付属のカフェテリアでくいっぱぐれた騎士団長と、彼女を迎える料理長の物語。 ※双葉社Mノベルスから発売です。

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全16部)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2015/05/18 00:00
異世界居酒屋「のぶ」

古都の路地裏に一風変わった店がある。 居酒屋「のぶ」 これは、一軒の居酒屋を巡る、小さな物語である。

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全147部)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/06/18 23:00
蒼黒の竜騎士

転生したら、人と竜が共存するファンタジーな異世界でした。 目指せ!前世では出来なかったおしとやかで可愛い乙女ライフ!……って、何か全然違う方向に向かってない? //

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全52部)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2016/04/08 00:00
婚約破棄の次は偽装婚約。さて、その次は……。

伯爵の娘であるアナベルは、父伯爵が亡くなった途端、従兄から不貞を理由に婚約を破棄される。それはまったくの濡れ衣であるが、アナベルも従兄が嫌いだったので、婚約破棄//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全109部)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/08/16 23:54
ご主人様のお目覚め係

バゼーヌ公爵邸にある離れには、公爵家の三男で魔法技師のシリル=ラムゼン=バゼーヌが住んでいる。 侍女ジゼルの仕事は、この寝ぼけ癖のあるご主人様の、目覚めの見張り//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全112部)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2016/03/04 17:00
私、能力は平均値でって言ったよね!

アスカム子爵家長女、アデル・フォン・アスカムは、10歳になったある日、強烈な頭痛と共に全てを思い出した。  自分が以前、栗原海里(くりはらみさと)という名の18//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全216部)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/08/11 00:00
王妃の伝言

朝食をとる若き王の下に、王妃からの伝言が――『愛する女性を側妃になど、お考えになりませぬよう』

  • 異世界〔恋愛〕
  • 短編
  • 2 user
  • 最終掲載日:2014/08/11 00:47
幼馴染みで悪魔な騎士は、私のことが大嫌い

「俺はあんな女、好きじゃない。むしろ嫌いだ。大嫌いだ」――――大好きな幼馴染・レイスのそんな発言を偶々聞いてしまったスーリアの初恋は、木端微塵に砕け散った。泣き//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全53部)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/03/10 20:50
契約結婚は始まらない

シェルマにはずっと憧れていた男がいた。けれど男は結婚に興味がない。 だったら愛がなくていい。隣にいられるだけでいい。 だから彼女は男に契約結婚を持ちかけることに//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全4部)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2016/01/02 12:00
あんな人だと思わなかった

「意図せぬ復讐」番外編、カトルディ侯爵視点。

  • ノンジャンル〔ノンジャンル〕
  • 短編
  • 2 user
  • 最終掲載日:2015/08/16 00:00
とある公爵の奮闘?(伯爵令嬢は結婚したくない?)

伯爵令嬢は結婚したくない?の続編。今回は婚約者ヒューブリック視点です。彼がいつミッシェルと出会い婚約者として名乗りをあげたのか、「破棄」という言葉を聞いてどんな//

  • ノンジャンル〔ノンジャンル〕
  • 短編
  • 2 user
  • 最終掲載日:2015/08/23 14:37
三年目のイリス

後宮に入って三年目、幸運にも王の寵愛を得られなかったイリスは、規則により家に帰される事となった。 しかし荷造り中に偶然王と会ってしまい・・・。 「折角ブサイクに//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全74部)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2011/07/05 09:04
乙女ゲーム六周目、オートモードが切れました。

気が付けばそこは、乙女ゲームの世界でした。ハッピーでもバッドでもエンディングは破滅までまっしぐら、家柄容姿は最高なのに性格最悪の悪役令嬢『マリアベル・テンペスト//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全88部)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/07/10 12:00
勇者様のお師匠様

 両親を失いながらも騎士に憧れ、自らを鍛錬する貧しい少年ウィン・バード。しかし、騎士になるには絶望的なまでに魔力が少ない彼は、騎士試験を突破できず『万年騎士候補//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全152部)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/03/12 00:00
旦那様の評判が良好だったので、家出しようと思います。

 エイダの夫は、非常に優秀な領主様である。その旨を直筆の報告書にまとめたエイダは満足感を刺激する結果に、ふへへ、と笑った。  そして、エイダは家出した。 『ユ//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全6部)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2015/06/30 18:14
政略結婚の末

アミルメルはルクスフィルトという美男子と、政略結婚を果たした。お陰で平凡顔の彼女は、ありとあらゆる令嬢から妬みの視線を送られる。 このふたりの政略結婚の行く末は//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 短編
  • 2 user
  • 最終掲載日:2014/12/27 00:16
↑ページトップへ