挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
ショコラのおかしなお茶会 作者:愛田美月
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

15/15

第十四話 噂話に花が咲く

 アンゼリカが昨夜夫と言い争いになった原因の、旦那の上司の奥様方とのお茶会を終えて、ショコラのもとへやってきたのは、日中で一番太陽が高く昇る頃合いだった。
 ショコラの好意で昼食をごちそうになったあと、二人はいつものようにお茶をする。
「あー、お茶が美味しい。本当に、癒されるわ」
 ほっと息をついたアンゼリカの正面のソファーに座るショコラは、労わるような笑顔をアンゼリカに向ける。
「お疲れさまでした。急に、旦那様の上司の奥さま方とお茶会だなんて、気疲れもするわ」
 ショコラの同情を受けて、アンゼリカは大きく頷く。
「そうよ。もっと早く教えておいてくれればいいのに、こっちにだって、心づもりがいるでしょう」
 昨夜突然、ブランの上司であるクラフィティ大尉の奥さまが明日アンゼを午前のお茶会に招待したいと言われているといいだしたのだ。
 ショコラの家に遊びに行くつもりだったアンゼリカは、もちろん夫に反論したが、これも付き合いだからと軽くいなされてしまった。
 妻としては、夫がつつがなく仕事できるように、助力しなければならない。
 しぶしぶ、外面と言う仮面をこれでもかと着けて、何とかかんとか、奥様方のお茶会を無事終えてきた。
 お茶会とはいえ、噂好きの女が集まる会であるから、お茶を楽しむよりもお喋りを楽しむようなものだった。
 たくさんの噂話を耳にしてきたアンゼリカは、そのうちのいくつかを、ショコラに披露することにした。
 ネコ好きのコモモ男爵が、白毛の美ネコに恋をしてこの子と結婚するといいだした話や、お菓子作りが上手いと評判のミント伯爵の奥方が、夫の浮気に腹を立てて、浮気相手そっくりの絵を描いたケーキを作って夫に食べさせた話。十五年前に誘拐されたプラム伯爵令嬢が、このほど見つかって、プラム伯爵家へ戻った話など。話題は尽きない。
「プラム伯爵家のお話でしたら、わたくしも聞いたことがありますわ。プラム伯爵家の子に代々現れるハート形の痣が決めてだったそうね」
「すごいわよね。十五年も捜し続けて、ようやくでしょう。でも、誘拐された彼女は下町でずっと育ってきたというし、いきなりあなたは伯爵令嬢なのよと言われても、すぐには信じられないでしょうね」
「ええ。きっと、戸惑うことも多いと思うわ」
 そう言って、ショコラはビスケットを手に取って口に運んだ。それを見て、アンゼリカもゼリービーンズをクッキーの間に挟んだ、ボヨンと言う名のお菓子を口に運んだ。塩味のきいたクッキーと甘いゼリービーンズの味が口の中で合わさる。軽い塩味と甘い味が合わさって喧嘩しそうな物だが、それぞれの味が引き立てあい、絶妙なハーモニーを奏でるのだ。これは最近コレオイシーで販売されたばかりで売り上げも上々なのだという。
 アンゼリカは、美味しいと、至福の言葉を漏らしたあと、ショコラに答えた。
「ええ。でも、戸惑ってばかりでもないようなのよ。話題の人だから、あちこちのパーティーへ呼ばれるそうなのだけれど、殆ど断ることなく、毎回出席しているそうなの。綺麗な方だそうだから、いつもたくさんの男性に囲まれているのですって。クラフィティ大尉の奥さまは、何度かパーティーでお会いしたそうなんだけれど、男性にばかり媚びを売って、嫌な感じ、っておっしゃっていたわ」
「まあ、そうなの。でも、会ってみないと本当の所は分からなと思うわ」
 ショコラの結論はあっさりとしていた。よくよく考えれば、ショコラも噂の被害にあった一人なのだ。噂話が真実であるとは限らない。むしろ、真実でないことの方が多いのかもしれない。
 安易に言いふらさないようにしようと、アンゼリカは反省した。
 そこでふと、ショコラに関する噂を聞いたのを思い出した。
「ねえ、ショコラ。あなた、占いができるの?」
「占い? アンゼ、何か悩みでもあるの?」
 心配そうな顔をされ、アンゼリカは慌てて首を横に振った。
「いいえ、そうじゃないの。今日聞いたのよ。ショコラ嬢が悩める人々を集めて、夜に秘密のお茶会を開いているって。そのお茶会で、ショコラが占いをしてくれるんですって。それがものすっごく当たるって評判らしいのよ」
 本当にそれほど当たるなら、ぜひとも自分も占ってもらいたい。期待の目でショコラを見ると、彼女は困ったような顔をした。
「いったいどこからそんな噂がでたのかしら。わたくし、占いはからっきしなのよ。我が家は占いを教養として身に着けるのだけれど、それは男子のみで、わたくしは一度も教わったことはないわ」
「そうなの。やっぱり噂ってあてにならないわね」
「ええ、本当ね。でも、もし何か占ってもらいたいことがあったら、言ってね。弟に頼んでみるから」
「ええ、その時はお願い」
 ふふっと二人で笑いあう。
 ショコラとアンゼの楽しいお茶会は、夕刻に差し掛かった頃、ブッシュが迎えにくるまで続いた。
一年以上も放置していたとは。。。
時が立つのは早いものですね。

こっそり、更新しておこうと思います。もう誰も見ていないとは思いますが。。。
最後まで、書ききりたいな~とは思っております。頑張ろう。うん。

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
― 感想を書く ―

1項目の入力から送信できます。
感想を書く場合の注意事項をご確認ください。

名前:

▼良い点
▼気になる点
▼一言
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

この小説をブックマークしている人はこんな小説も読んでいます!

騎士団付属のカフェテリアは、夜間営業をしておりません。

騎士団付属のカフェテリアでくいっぱぐれた騎士団長と、彼女を迎える料理長の物語。 ※双葉社Mノベルスから発売です。

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全16部分)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2015/05/18 00:00
公爵令嬢の嗜み

公爵令嬢に転生したものの、記憶を取り戻した時には既にエンディングを迎えてしまっていた…。私は婚約を破棄され、設定通りであれば教会に幽閉コース。私の明るい未来はど//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全265部分)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2017/09/03 21:29
悪役令嬢は王子を幸せにしたい

自分が乙女ゲームの悪役令嬢シェリルだと気づいた主人公が大好きな王子の為にあれこれ頑張り空回りする話。

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全9部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2016/03/15 20:51
沈黙の女神

 甘やかされ、我が儘で高慢に育った王女レイチェルは、沈黙の女神と人々に呼ばれている。  滅多に人々の前に姿を見せることもなければ、現れても挨拶さえ口にせず、一言//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全42部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2016/12/28 23:45
異世界でもふもふなでなでするためにがんばってます。

色々あって、神様から能力もらって異世界に転生しました!ハイスペックな家族に見守られつつ、平々凡々な私は異世界ライフを満喫してる。神様からもらった能力使って、ファ//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全76部分)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2017/09/22 19:24
こんな女に誰がした

王太子より婚約破棄を言い渡され、彼の思い人をいじめて危険にさらしたという罪で塔の牢に閉じ込められたアンジェリク。 世を儚んで、命を絶とうとして頭を打って前世を思//

  • ノンジャンル〔ノンジャンル〕
  • 連載(全7部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2015/04/28 02:07
未満の妻

夫の娼館通いに耐えられなかった妻と、妻が愛情を諦めた瞬間の表情に惚れた夫の、まさにそのとき。

  • ノンジャンル〔ノンジャンル〕
  • 短編
  • 2 user
  • 最終掲載日:2015/05/05 15:20
政略結婚の行方

ファストロ国のリュシールとエジェンス国のアレックスの政略結婚は、幼い頃から決まっていた。そして、今日この日二人は晴れて夫婦になる―――はずだった。なのに、なぜ新//

  • ノンジャンル〔ノンジャンル〕
  • 完結済(全3部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2012/07/16 09:00
私の気の毒な婚約者【連載】

短編「わたしの気の毒な婚約者」の続編です。そちらからお読みくださいませ。 伯爵令嬢クリスティナと第二王子レオンが結婚するまでの、国王一家のごたごたに巻き込まれる//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全41部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2016/05/11 19:00
私の命の使い方

政略結婚した夫を愛してしまった王妃様は、彼を守る為に命を使いました。これは正しい結末だったのでしょうか。そんな真面目そうでその実、不真面目なお話。

  • 異世界〔恋愛〕
  • 短編
  • 2 user
  • 最終掲載日:2012/07/28 20:56
超ビビりだけど悪役令嬢に転生しました。

死んだと思ったら転生してました。転生先は公爵家長女、エレアノーラ・サースヴェール。でも私めっちゃビビりでコミュ障なんで引きこもっててもいいですか?あ、ダメですか//

  • コメディー〔文芸〕
  • 短編
  • 2 user
  • 最終掲載日:2015/10/21 03:56
王太子様は語る

前作『私の命の使い方』補足。辛辣息子から見た両親について。

  • 異世界〔恋愛〕
  • 短編
  • 2 user
  • 最終掲載日:2012/07/30 00:21
二度目の人生を異世界で

唐突に現れた神様を名乗る幼女に告げられた一言。 「功刀 蓮弥さん、貴方はお亡くなりになりました!。」 これは、どうも前の人生はきっちり大往生したらしい主人公が、//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全377部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/10/18 12:00
嫁は勇者で夫は伝説の暗殺者!?

美少女を妻に持つハンク・トマソンはラレンヌ王国の辺境中の辺境に住む只の農民だ。12歳の時に同い年の妻であるリリーナと結婚して、貧しいながらも幸せに暮らしていた。//

  • ノンジャンル〔ノンジャンル〕
  • 連載(全12部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2015/08/18 00:00
御曹司×妹ばかり可愛がられたせいでコンプレックス持ち少女

露木朱音は自尊心が低めな高校生だ。それは両親が妹・琴音ばかり可愛がってきた事や、妹の自分に対する態度が原因。琴音は幼い頃からずっと朱音が大切にしているものばかり//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 連載(全81部分)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2017/10/08 22:00
悪役令嬢としてヒロインと婚約者をくっつけようと思うのですが、うまくいきません…。

前世で読みかけだった小説の世界に転生したと気づいた祀莉(まつり)。 自分の婚約者とヒロインがいい感じに……?婚約破棄?そんなの、どんとこいです! むしろ昔から何//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 連載(全93部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/09/11 00:17
勇者の嫁にされ――なりました。

「お話ししたい事があります」と、呼び出された放課後の屋上。扉を潜ったらそこは別の世界でした。 良くある異世界召喚だと思ったら、何かちょっと思っていたのと違ってま//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全10部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/05/27 23:00
ドロップ!

生死の境をさまよった3歳の時、コーデリアは自分が前世でプレイした乙女ゲームの悪役に転生している事に気付いてしまう。そして最悪な結末を避ける為に極力王子やヒロイン//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 短編
  • 2 user
  • 最終掲載日:2014/07/27 22:58
わたしの気の毒な婚約者

わたしの婚約者はこの国の第二王子で、文武両道、人望もあり、容姿端麗というとんでもない人なのに、婚約者がこのわたしという、気の毒な人です。 一迅社アイリスNEO様//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 短編
  • 2 user
  • 最終掲載日:2015/04/16 15:03
婚約者を寝取られましたが、案外平気です

義理の妹に婚約者を寝取られましたが、婚約破棄して正解だったかもしれません。 最強の父やちーとな人たちに囲まれているお話。

  • ノンジャンル〔ノンジャンル〕
  • 短編
  • 2 user
  • 最終掲載日:2015/04/13 14:30
ポーション頼みで生き延びます!

長瀬香(ながせかおる)は、会社からの帰りに謎の現象に巻き込まれて死亡した。その原因となった高次生命体がデグレードモードであるのをいいことにうまく言いくるめ、『思//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全82部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/10/12 00:00
僕は妃と話ができない【連載版】

大国の意図で政略結婚し夫婦となった、西域の小さなオアシス国家トルキアの王(十六歳~)と妃(四ヶ月~)の、話ができないほのぼの日常話。もしくは王の妃育て奮闘記。偶//

  • コメディー〔文芸〕
  • 完結済(全47部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2015/07/17 12:00
俺の婚約者が可愛すぎて動悸が止まらない

俺の婚約者は宇宙一可愛い!!そんな可愛い婚約者友里亜が突然変なことを言い出した。

  • ノンジャンル〔ノンジャンル〕
  • 短編
  • 2 user
  • 最終掲載日:2015/05/07 20:02
性分ではありません

華やかな舞踏会で婚約者に別れを切り出された侯爵令嬢のルディアは小さく身体を震わせていた。 その姿は周囲からは気丈に振舞っているようにようにも見えるだが、彼女は必//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全53部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2016/09/19 22:15
乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…

頭を石にぶつけた拍子に前世の記憶を取り戻した。私、カタリナ・クラエス公爵令嬢八歳。 高熱にうなされ、王子様の婚約者に決まり、ここが前世でやっていた乙女ゲームの世//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全46部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2016/08/17 19:18
義妹が勇者になりました。

 ある日突然、あたしは義理の妹に巻き込まれて異世界へ召喚された。第一声に「勇者さまは?」と訊かれ、即座に厄介事だと判断して迷いなく義妹を指さす。「このひとです」//

  • ノンジャンル〔ノンジャンル〕
  • 連載(全116部分)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2017/07/23 14:00
不憫陛下と恋の駆け引き

「結婚を考えている彼女の気持ちがわからない時、どうすればいいのだろうか………はっ!あ、あくまで友人の話だぞ?!私は友人から相談を受けただけなのだ!私のことではな//

  • ノンジャンル〔ノンジャンル〕
  • 連載(全7部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2015/05/01 08:24
転生したけど、王子(婚約者)は諦めようと思う

 ノイン王国宰相・ザリエル公爵には、一人娘がいる。  銀色の髪にアメジストのような澄んだ瞳を持つ美しい娘・クリスティーナだ。  彼女の幼い頃からの婚約者は、ノイ//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全21部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/01/05 22:00
私と結婚するつもりで婚約破棄をしたようですが私は貴方と結婚する気はありません

「クリスティーナ! 君との婚約を破棄させて貰う! 代わりに、アリシアとの婚約を結ばせて貰う!」そう叫ぶ金髪碧眼の貴公子と、叫びを受けて崩れ落ちる彼の婚約者。だけ//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 短編
  • 2 user
  • 最終掲載日:2015/11/11 11:02
そして少女は悪女の体を手に入れる

生まれつき体が弱かった私。17歳の人生が幕を閉じようとした時、笑顔がとっても可愛い天使さんが現れて、私に別の人の体をくれた。 どうやらその人は、自分で自分の人生//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 連載(全75部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/05/22 06:00
誰かこの状況を説明してください

貧乏貴族のヴィオラに突然名門貴族のフィサリス公爵家から縁談が舞い込んだ。平凡令嬢と美形公爵。何もかもが釣り合わないと首をかしげていたのだが、そこには公爵様自身の//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全179部分)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2017/08/11 22:19
ワーキングコンチェルト!

元日本人の転生者である、自称平凡な女魔法使いカナデ。剣と魔法の世界で裏口入学をしたり、魔王を倒したり、左遷されたりと彼女の人生は波乱万丈。そして無自覚チートを駆//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全108部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2016/06/25 16:22
君のために剣を取り……

敗戦のために敵国へ嫁いできた姫君の初夜のお話.……ただしラブコメ.+++本家サイト Silent Moon ~静かな夜だから~ http://www.eonet//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 短編
  • 2 user
  • 最終掲載日:2012/09/12 20:02
ヴェーザーマルシュの好日 - フェアリーテイルズ・オブ・エーデルワイス ep.3

封建制度が国々を支配していた時代。 交易都市ヴェーザーマルシュでは、先進的な市民議会による自治が行われていた。 繁栄を謳歌していた都市に、ある日突然、その命運を//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全3部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/02/25 19:49
ドロップ!! ~香りの令嬢物語~

**コミカライズ、スタートしました** 生死の境をさまよった3歳の時、コーデリアは自分が前世でプレイしたゲームに出てくる高飛車な令嬢に転生している事に気付いてし//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全75部分)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2017/09/12 00:00
3年目のセフレ

セフレというどうしようもない関係を続けて早3年。結婚を焦る年でもないが、セフレというどうしようもない関係の男を好きでいる以上できる気もしない。そんな中いつもとセ//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 短編
  • 2 user
  • 最終掲載日:2015/03/08 23:56
↑ページトップへ