挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

ブックマークする場合はログインしてください。

海に咲く花

作者:朱鷺水 彗
 今宵は月も早々に眠ってしまいました。
 こんな夜には、こんな話はいかがでしょう。

 青いあおい海の中、深いふかい海の底。
 真昼の光も届かない、季節の移ろいも忘れている、そんな静かな海の底。
 きれいなお花畑がありました。
 広いひろいお花畑は、けれど時折かすめる魚の影よりほかに訪ねるもののない、とても静かなところでした。
 そこには無数の小さな花が、きらきらと咲いておりました。
 真夏の海よりなお青く、満月よりもなお白く、水晶魚より透きとおり、そのため息よりなお(はかな)い。
 小さなちいさな花でした。小さくかがやく花でした。
 ひっそり海に咲く花は、誰も知らない花でした。見るもののない花でした。

 そんな深い海の底でも、月の光は届くのでしょうか。
 潮の満ち干を知るのでしょうか。
 白いまあるい月夜になると、お花畑の花たちが、ふうわり風に吹かれたように、ゆらりゆらりと旅立っていくのです。
 無数の小さな花たちが、あたたかく穏やかな潮の流れに乗って、ちかちかきらきら輝きながら、海の底から浮かび上がってくるのです。
 青いあおい月光に誘われて、深いふかい海の底から、長いながい旅をしてくるのです。

 けれど。

 海の底のお花畑は、とてもとても深いところにあるのでした。
 花たちが海面に着く頃には、満月はやせ細って消えてしまい、そこには新月の暗い海が広がっているだけなのです。
 海の底に咲く花は、波間に結んだ泡のようです。
 月の光を夢みながら海面に辿り着いた花たちは、長いながい旅路の果てに、黒い波に砕け散り、小さなしぶきになって消えてしまうのでした。
 それでも。
 夜空を映した暗い海に一瞬、小さく星屑のようにきらめいて、わたしは咲いていたのだと(ささや)くように歌うのでした。
 歌が海を渡る風に解けても、その輝きは天に昇っていくのでした。

 ですから。

 こんな夜に、波間に光を見たならば。
 それは海に咲く花なのです。
 深いふかい海の底から訪れた、海に咲く花の夢なのです。

                              〈Fin.〉
ふと浮かんだイメージが、夜光虫を見に行ったときのことだと思い出しました。
連れて行ってくれた先輩方に感謝です。

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ