挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

ブックマークする場合はログインしてください。
<R15> 15歳未満の方は移動してください。
この作品には 〔残酷描写〕 が含まれています。

純文系の短編集

自殺なんてのは、バカがやることだ

作者:佐々雪
「自殺なんてのは、バカがやることだ」

 茉莉は缶チューハイを飲んで機嫌が良くなると、たびたびそんな話をした。そう言ってしまえば、身もふたもない話ではあった。

 でも茉莉のそんな話を聞くと、いつも気持ちが少しだけ晴れた。何の勝機もないくせに生き続ける自分が、まるですこし偉いように錯覚できたから。

「世界にはさ、百万通りもの逃げ道が用意されている。もし人が死にたいと思ったのならね、自分の美的感覚に照らし合わせて、一番好きな逃げ道を選べばいい。それだけのことなんだよ」

 茉莉の意見に反対はなかった。けれども僕は茉莉の話をもっと聞きたくて、あえてこんな質問してみたことがある。

「美的感覚がなくなってしまったときには、人はどうすればいい?」

 茉莉は聡明な眉の下に満足そうな笑みを浮かべ、缶チューハイを飲み干す。

「そういうときはさ、何もしないんだよ。自分が必要だと思うことを、すべてやめてしまえばいい」

 茉莉の言葉に、僕は何度救われたことだろう。

**************************

 土曜日の昼下がり。
 僕は公園のベンチに座っている。小動物のように聡明な茉莉の横顔を思い出しながら。

 ここは今日のデートの待ち合わせ場所のはずだった。

 スマホの時計を見る。お昼の12時。
 約束の時間を一時間も過ぎてる。

「茉莉さんはこっなっいー!もうこっなっいー!」

 そんな歌を歌うと、鳩が逃げていく。
 鳩だって、不審者は不審なのだ。

 カバンの中には、茉莉さんと公園で食べようと思ったスナック菓子と、2本のペットボトルのジュースがある。

 試しにスナック菓子の入った袋をゆらしてみる。ガサガサと音がする。まだちゃんと入っている。あたりまえか。でもジュースに触ると、もうぬるくなってしまっている。

「かっとばせー、まっつっり!まっつっり!まっつっり!」

 と叫んでみて、はぁ、とため息が自然にでる。僕はなにをやっているんだろうって。

 だって、こうして待っていても、茉莉は絶対に来るはずがないのだった。

 というのも、実のところ、さっき連絡があったのだ。
 『今、家で寝ているから早く来い』って。でも僕は、彼女の家に向かう気にはなれなかった。

 まず僕は今日のデートをとても楽しみにしていたし、茉莉がきたらサンモールでお好み焼きを食べて、それから路面電車で宮島に行って、宮島の旅館に一緒にとまって、おいしいあなご飯食べるつもりだった。

「さっみっしっいっなー!」

 楽しそうにふくらんだスナック菓子と、不安そうにしている2本のペットボトル。彼らに何と説明すればいいのか分からなかった。

 それに、突然家に来いって言われても困る。
 僕は茉莉の両親と話すのは初めてだった。だから電話もすごい緊張して声がふるえた。
 向こうは泣いていたけど、突然のことすぎて、涙すらでなかった。

 ・・・・・・・・・・・・・・・・
 正直にいうと、まだ実感が持てない。

「僕は茉莉に助けてもらってばっかりだったなー。僕が頼ってばっかりだったから、きっと茉莉は僕に頼れなかったんだよね。百万あった逃げ道を、僕が全部潰してしまったのかなあ」

 僕は茉莉の家にいくべきなのだろう。でも謝る言葉が見つからなかった。茉莉の目を見て(彼女は僕の目を見てくれるだろうか)、きちんと謝れる自信もなかった。

 空高く浮かぶ太陽が、じりじりと僕の肌を焼きつけている。太陽は、まるで静かに僕に怒っているみたいだった。

 空には一本の飛行機雲が太陽に向かって伸びていて、他には何も見えなかった。

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ