挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
ブックマークする場合はログインしてください。

削除

作者:三川恵子
ごく一部の恵まれた人の説を多くの人が利用できるために

いてある。
これも3にあるように、些細な事にはあてはまるが、深刻な事にはそうはいかない。これも、3で言ったように、浅見はあえて触れなかったのだと思うが。
そりゃ、腹立つのは精神レベルが低い、と言われたら、余計エスカレートするわな。だから、これも腹立ちをもう、しょうがないものとして明らめて、なるべく早く腹立ちを治めるようにした方が現実的。そして腹立ちによる精神レベルの低下を防ぐのだ。
許す事は、大きなプラスのパワーだと言う。これまた、青学で、「右の頬を出されたら左の・・・。」と習ったのだと思うが、深刻な事にはムリだろう。イエスのような超人にはできるかもしれないが。
だから、ここは、我々凡人に出来る方法を考えてみよう。まず、腹立ちを、とにかく爆発させてから、嫌な事を忘れる為、建設的なことを行なうのである。私の場合は、怒りを静めるための儀式が、幾つかあって、それを行なってから、身の回りの事をしたり、仕事をしたりしている。それと、因果応報を信じているので、私だけが、やり逃げされたと思わないのである。小さい頃、ガキだと思って、心無い事していた大人が、大変な事になっている。別に遭わなくてもよい災難を蒙っている。
そのことを、たまに会う精神科医に言ったら、「という事は、あなただって、因果応報の中にいるのですよ。」と言う意味のことを言われた。なので、ますます、浅見の言う所の、プラスの行いの、信憑性を感じるようになり、行動を慎むとまでいかなくても、少し気にするようになった。
だから、やられっぱなしではないと思うと、少しは人を許せる。

31単調な毎日について
楽しい事を見つけよう、とある。私の見た例では、2で、永平寺の僧についてふれたが、彼らは、修行と一体化することで、「昨日できなかった事が、今日できる。」ということが、楽しいそうである。
また、浅見が、プラスのパワーを貯めるといいことがある、と言ったが、日々楽しいと思う事は、プラスのパワーを貯めることであろう。
私は、ちょっとした日常で感じられる楽しいことを増やしてゆくと、非日常の楽しい事が、生まれる事を体験する。

32行動に移せないことについて
考えすぎて行動に移せないなら考えない方がいいし、精神レベルが高ければ、それは成功するとある。
ここで、抜けてると思うのは、精神レベルが高かろうが、そうでなかろうが、自分に自信がないと、どちみち行動できない。だから、結果がどう出ようと、やってみよう、という、いい意味でのわりきりが必要だと思われる。そして、こういうときこそ、浅見の言う守ってくれる存在を信じる必要がある。すると、失敗したとしても、それがプラスになるような考えができるだろう。人は、失敗が怖くて、行動できないのだから。

あとがき
浅見帆帆子も含めて、ポジティブシンキング本はあふれている。本屋のそういうコーナーは人がつっかえて、新しい浅見の本を見つけるのも、横から割りおまねばならない。
しかし、こうやったらいいよ、と書いてあっても、最初の第一歩を踏み出すには、説明不足の教科書みたいなのが多い。
だから、パソコンの立ち上げから教えるような解説書を書いてみた。どんな人でも救えないと意味がない。
もし、これが浅見の目に止まって、彼女が文句を言いたくなったら、大阪まで来るといい。こうして、一度出した本は一人歩きするんだから。それとも、こんな精神レベルの低い話は、無視されるかな。






























評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
― 感想を書く ―
感想を書く場合はログインしてください。
― お薦めレビューを書く ―
レビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ