挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼メニューバー
×閉じる
ブックマークする場合はログインしてください。

佐久間警部の決断

十七年前の真実 〜佐久間警部の記憶〜

作者:佐久間元三
ある日、佐久間警部の自宅に昔の上官が
顔を出した。

定年退職を迎えた、老刑事は佐久間に
十七年前の事件を回想しながら、
佐久間に将来の夢と自分の想いを伝え
安心して帰って行った。

数ヶ月後、突然茨城県土浦市内の橋下で
変わり果てた上官と再び再会することと
なる佐久間は、上官の死を解決に導けるのか?

時を同じくして、JR特急ひたち二十九号で毒物による殺人事件が発生する。

上官殺人と毒物殺人を佐久間警部と山川刑事で時刻ダイヤトリックを暴きながら
紐解いていく。

数奇な殺人事件は、過去迷宮入りした事件と複雑に混ざり合い、全ての謎を解明した時、佐久間警部が犯人にかけた言葉とは?
プロローグ
突然の訪問
2017/03/17 22:46
JR常磐線 特急ひたち二十九号
2017/03/18 14:29
七夕の訃報
2017/03/18 15:52
二つの殺人
土浦
2017/03/18 20:19
被害者確認
2017/03/18 22:23
合同捜査
2017/03/19 19:33
アリバイ
新田商事へ
2017/03/19 22:03
喫茶店での攻防
2017/03/20 00:58
証言
2017/03/20 11:07
推理の検証
新たな事実
2017/03/20 12:55
トリックを暴け
2017/03/20 16:19
十六分間
2017/03/20 17:18
真実を辿れ
新展開
2017/03/20 18:49
新田俊介の逮捕
2017/03/20 20:32
エピローグ
家族の行く末
2017/03/20 21:20
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ