挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

ブックマークする場合はログインしてください。

hana*do-wa

マシュマロ

作者:花*
冬童話2017企画に捧げる…(乗り遅れたにも程がある)
これは、ちょっとだけ ちがうせかいの、ふゆの とある ふつうの1にちの おはなし。




『きょうは とても さむい1にちに なります』
テレビで てんきよほうの おねえさんが さむそうに ほっぺを あかくして いいました。

たしかに けさは おきるのが すっごく たいへんでした。

おねえさんは あかいかさを てにもって もちあげて まだはなしています。
『──おひるまえから ふるでしょう。かさをもって おでかけください……』

挿絵(By みてみん)

「やだわ。つもらなきゃ いいけど」
おかあさんが しんぱいそうに いいます。
「そうだな。でんしゃが おくれそうだから できれば はやめに しごとを きりあげて かえってきたいなあ」
おとうさんは そういうと おりたたみがさを かばんにいれて げんかんを でていきました。


さて、こどもたちといえば。

がっこうへむかう つうがくろでは みんな ながぐつを はいて かさを もっています。
あ、うんどうぐつのこも いますよ。
「いっぱい ふると いいね!」
「でも ちょっと あるきにくいんだよな」
「たべちゃだめって ママが いうしね」
「じめんに つもったのは きたないかも しれないから、ふってくるのを たべるのは?」
みんな てんきよほうに うきうき わくわく です。

挿絵(By みてみん)

さて、そんなふうに、みんなが みんな それぞれの おもいを かかえて すごしていると、


ふわり。


ふわり、ふわり。


「あっ! ふってきた!!」

きょうしつの まどから だれかが さけびました。

そらから ふわりふわり、ほろりほろりと おちてきたのは、まっしろな──




挿絵(By みてみん)
              マシュマロです。





「わーいわーい マシュマロ ふってきた!」
「せんせい、つもったら マシュマロがっせん していい?」
こどもたちは もう じゅぎょうどころでは ありません。
「あんまり つもると みんなが あるきまわって つぶれて ぐしゃぐしゃに なってしまうから、おひるやすみだけね。あと、なかに いしを いれては ダメよ」
「はーい。やったあ!」
挿絵(By みてみん)

ふわふわ、ふわふわ。


ねこが しっぽで ポーンと はじきます。

いぬは くちを あけて パクッ。

あかちゃんの ほっぺに ひたり。

挿絵(By みてみん)

ちいさいこどもと あるいている おかあさんは、こどもが じめんに おちている マシュマロを くちにいれようと するのを あわてて とめようと しています。

くるまは そろそろと すすみます。マシュマロは つぶれると、いがいと すべりますからね。


挿絵(By みてみん)


ふわふわ ふわふわ、マシュマロは つもります。

こどもたちは ぞんぶんに マシュマロがっせんを たのしみました。
おかあさんたちは いえのまえの マシュマロを マシュマロかきで どけています。

でんしゃは おくれなかったようですが、おとうさんは はやめに かえってきました。

「あしたもふってると いいなあ」

挿絵(By みてみん)

こどもは みんな そうおもうのですが、おとうさんや おかあさんは こっそり、はやくやんでくれ、とおもうのでした。



そうして、よなかには マシュマロはやんで……



あさには すっかり きえて しまいました。

挿絵(By みてみん)




つぎ ふるのは いつかなあ?



(きみの まちに もし マシュマロが ふってきたら、どうする?)






おしまい
このお話の折本(絵本)がセブンイレブンでプリントできます
詳細は活動報告もしくはTwitterをご覧ください

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ