挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

ブックマークする場合はログインしてください。

掌編

ボクが猫になった日

作者:AQ
 それはとても寒い、雪が降りしきる日の朝のこと。
 ボクが目を覚ますと、枕もとにはいつも通りお母さんが立っていた。
 絵本に出てくる魔女そっくりな黒いワンピース。緑色のひっつめ髪。やせた頬と青い唇。
 命を持たない人形みたいな緑色の瞳で、冷たくボクを見下ろしている。
 ボクは水差しの水を一口飲んで、ひゅうひゅうと音を立てる喉を潤してから、いつも通りのあいさつをした。

「おはよう、お母さん」
「おはよう、ピット。朝ごはんを食べて、このお薬を飲みなさい」
「はい」

 ボクはサイドテーブルに置かれた食器へ手を伸ばす。
 かたい黒パンを野菜のスープにひたして、時間をかけながら少しずつ食べる。そして小瓶に詰まった緑色の苦い薬を飲む。
 お母さんはそれを見届けることもせず、すぐに部屋を出て行ってしまう。
 一人きりになったボクは、小さなため息をついた。
 お母さんの言うことは、いつも一緒だ。

『朝ごはんを食べて、このお薬を飲みなさい』
『昼ごはんを食べて、このお薬を飲みなさい』
『夕ごはんを食べて、このお薬を飲みなさい』

 こうなってしまったのは、全部ボクのせい。
 生まれつき身体が弱かったボクは、三年前ついに起き上がれなくなってしまった。そのときは街中のお医者さんが「この子の命は一年もたないだろう」とさじを投げた。
 それでもお母さんは笑顔を浮かべて、ボクにこう言った。

『大丈夫よ、ピット。お母さんがあなたの病気をぜったいに治してあげるわ。そうだ、遠い北国には〝奇跡〟が起きるといわれる、美しい森があるらしいの。そこに移り住みましょう』

 そうして、森の家で暮らしはじめてから三年が経ち……ボクはまだ生きている。
 それはお母さんが待ち望んだ〝奇跡〟のはずだった。
 なのにお母さんは、ちっとも笑ってくれない。毎日ごはんと薬を運んでくるだけの、心のない人形になってしまった。
 だんだんボクも、お母さんに似てきた気がする。

「いったいボクは、何のために生きてるんだろう……?」

 そんなことを呟いてしまい、ボクはぶるぶると首を横に振った。
 重たい身体をなんとか持ち上げて、ベッドの脇へ立つ。そして分厚いガラス窓を両手でぐいっと押し開く。
 スキマからひゅうっと入り込む、冷たい雪のカケラ。
 部屋の中がキンと冷えて、頭がずきずき痛くなるけれど、ボクは窓を開けたままガマンする。
 人形になりかけのボクにとって、食事の後のこの時間は、かけがえのない大切なものだった。

「おいで、クロ、おいで」
「ニャア」

 風の中にかすかな、でもいきいきとした声が混じった。
 鳥のように軽やかに、ふわりと舞い込んでくる小さな黒いかたまり。雪とは正反対の、とても温かい生き物。
 この森に住む一匹の黒猫が、ボクの唯一の友だちだった。

 ☆☆☆☆

 クロはとても不思議な猫だ。
 ボクの体調が悪いときに、クロは必ずやってくる。
 その黒くてつやつやした毛をなでているうちに、いつの間にか頭のずきずきが消えて、身体もぽかぽか温まっている。
 不思議なことは、それだけじゃない。
 クロはとても頭が良くて、ボクの話すことをちゃんと分かってくれるのだ。

「クロ、今日は寒いだろ? ボクの家に泊まっていきなよ」
「ニャーア」

 イヤだよ、というように、クロの尻尾がヨコに振られた。ボクはめげずにもう一度誘う。

「じゃあお昼ごはんの後に、またここへ遊びに来てくれる?」
「ニャア」

 今度は尻尾がタテに振られた。
 クロの真ん丸な瞳が、『ごはん』という言葉に反応して、キラキラと輝く。
 クロはお母さんの作るごはんが大好物で、毎日かかさず食べにくる。ボクの部屋へ遊びにくるのはそのついでだ。
 ピンと立った三角形の耳に顔を近づけて、ボクはそっと尋ねた。

「クロは、うちのお母さんのことが好き?」
「ニャア」
「それは、ごはんをくれるから?」
「ニャーア」
「違うんだね。じゃあ……優しいから?」
「ニャア」

 ぶんぶんとタテに振られた尻尾を見て、ボクは思わず苦笑する。
 たしかに昔のお母さんは優しかった。いつも笑顔で、ボクの頭をなでて、ギュッと抱きしめてくれた。
 でも今のお母さんは、ちっとも優しくない。
 そんな風に変わってしまったのは……全部ボクのせい。
 ボクが病気になんてなったから。
 きっとお母さんは、ボクを看病することに疲れてしまったんだ。

「お母さんは、ボクのことがキライになったのかな……」

 気づけばボクの瞳から、ポロリと涙が零れていた。
 クロはボクの胸へ飛びついて、涙で濡れた頬をペロリと舐めた。
 そのとき。

『キミはそんなことを考えていたのか、バカだなぁ』

 どこからか不思議な声がした。ボクと同い年くらいの男の子の声だ。
 でもそんなはずがない。この部屋にいるのはクロだけなのに。

「もしかして……クロ?」
『うん、そうだよ』

 突然二本の足で立ち上がったクロが、尻尾をぶるんぶるんと得意げに振り回した。

『黙ってるつもりだったけど、しょうがないから教えてあげよう。僕は猫じゃなくて、本当は人間なんだ』

 ボクはあまりにもびっくりして、息が止まりそうになった。
 そんなボクの頬を、自由になった前足でぺちぺちと叩きながら、クロが呟く。

『まあ正しくは、猫に取りついた〝魂〟なんだけどね。今も魔法でキミに話しかけてるってわけさ』
「魔法……?」
『そう、僕の名前はダーク。魔法使いのダークっていうんだ』
「ダーク……その名前知ってる。小さい頃に読んだ絵本に出てたよ。三百年前に魔王を倒した、世界一の魔法使いだって」
『ご名答、それが僕のことさ! ……といっても、今はちっぽけな猫だけどね。あのとき魔王に魂を飛ばされて、気づいたら猫になってたんだ』

 まるで夢みたいな話だった。
 ボクは胸がドキドキして、頬が熱くなって……ベッドにぱたんと倒れてしまった。

 ☆☆☆

 それからダークさんは、ボクにいろいろな話をしてくれた。
 ダークさんの冒険は、本で読むよりずっとずっと面白くて、ボクはすっかり夢中になっていた。

『この三百年、僕は人間に戻る方法を探しながら、世界中を旅してきたんだ。でも猫の身体じゃどうしても魔力が足りなくてね。しょうがないから、馬車に忍び込んだり誰かの飼い猫になったり……まあ大変な旅だったよ』

 ダークさんは広い大陸を南から北へと進んで、ちょうど十年前に、北の果てにあるこの森へ辿り着いた。
 しばらくのんびり暮らしながら、今度は西へ行こうか東へ行こうかと迷っているとき、たまたま傷ついた旅人を見つけて、こっそり魔法を使って傷を治してあげた。
 似たようなことが何度かあって、だんだんと噂が広まり、この森は〝奇跡の森〟と呼ばれるようになった、とのこと。
 その話を聴くと同時、ボクは叫んでいた。

「ダークさん、お願いです! ボクの病気を治してください!」

 そうすれば、きっとお母さんは喜んでくれる!
 そして、お父さんとの思い出が詰まった、元の街へ帰るんだ……!
 ボクが必死の思いで伝えると、ダークさんは寂しそうに尻尾をヨコに振って。

『残念ながら、猫の僕にはそこまでの力がないんだ。せいぜい痛みを和らげてあげることくらいしかできない』
「そうですか……でも、それだけで充分です。ありがとうございます」

 ボクは、嘘のない心からの笑顔で告げた。
 本当ならとっくに息絶えているはずのボクが、こうして生きていられるのは、たぶんダークさんのおかげだ。
 世界一の魔法使いがそばにいてくれる。それだけで、なんだか勇気が湧いてくる。
 ダークさんのことを、お母さんにも伝えたい。そうすればお母さんも少しは安心してくれるはず……。
 そんな希望を告げてみたところ、やはりダークさんは尻尾をヨコに振って。

『ゴメン。キミのお母さんには、内緒にしていてくれないか? ちょっと、その……都合が悪いんだ』
「分かりました……何度もわがままを言ってすみません」
『いや、こっちこそゴメン。正直なところ、今は猫の身体を維持するだけでせいいっぱいでね。この程度で世界一の魔法使いだなんて、期待外れもいいところだよね……』
「そんなことないです、ボクは話を聴かせてもらえるだけで嬉しいし! もしよければ、これからもうちに遊びに来てくれませんか? また旅に出るまでの間だけで構いませんから」
『うん、分かった。毎日遊びに来てあげるよ』

 そうして、ボクはダークさんと本物の友だちになった。

 ☆☆

 あっという間に一年が過ぎ、また寒い冬がやってきた。
 相変わらずお母さんは冷たくて、用事が終わるとさっさと部屋を出ていってしまう。だけどボクは前みたいに悲しい気持ちになったりしなかった。
 お母さんがいなくなると、入れ代わりでダークさんが遊びに来てくれる。
 何よりもその時間が待ち遠しかった。

『やあ、ピット君。おはよう』

 ボクが窓を開けなくても、魔法の力でガラスをすり抜けて、勝手に部屋へ入ってくるダークさん。
 ベッドの上にぴょんと飛び乗るや、全身をぶるりと震わせて雪のカケラを弾き飛ばす。冷たい水滴が頬に当たって、ボクの目を覚ましてくれる。
 ボクは「おはようございます」と笑顔で迎えようと思ったのに。

「ケホッ……コホッ」

 ボクの口から出てきたのはあいさつじゃなく、久しぶりの咳だった。
 苦くてまずい液体が、お腹の奥からこみあげてくる。ついさっき飲み干した薬が、口からあふれそうになる。

『ピット君、しっかりして! その薬は吐いちゃダメだ!』

 ダークさんに励まされても、ボクの身体は言うことをきいてくれない。
 苦しさのあまり涙が出てくる。それと同時に、意識がふうっと薄れていく。
 もしかしたら、ボクはこのまま死んでしまうのかもしれない……そう思ったとき。

『しょうがない、その涙をもらって、魔法使うよ!』

 ダークさんはボクの胸に手をついて、頬を伝う涙をペロリと舐めた。
 そしてニャムニャムと不思議な呪文を唱えて、ボクの口の中に小さな緑色のカケラを押しこんだ。
 いつも飲んでいる薬の何倍も苦いそのキャンディーは、ボクの舌をビリビリしびれさせた後、喉をするんと通ってお腹の奥へ落ちていった。
 すると。

「あれ、苦しいのが、止まった……?」
『ふぅ、危ない危ない。キミはあの薬をちゃんと飲まないと、生きていけないんだよ』
「えっと、どういうことですか?」
『実はあの薬も、僕が作った〝魔法の薬〟だったのさ』
「そうだったんですか……やっぱりダークさんは、ボクの命の恩人なんですね。ありがとうございます」
『礼を言うのはまだ早いよ、ピット君。どうやらキミの身体は、僕の魔法が追いつかないくらい弱ってしまったみたいだ』

 そう言われて、あらためてボクは自分の身体を見やった。
 骨と皮だけの、枯れ枝みたいな腕。どんなに頑張っても立ち上がることができないほど細くなった足。最近は頭がぼんやりして、ダークさんがいないときはずっと眠り続けていた。
 ボクは大きく息を吸い込み、覚悟を決めて問いかけた。

「ダークさん、どうしても、この病気を治すことはできないんですか……?」
『ごめん、今の僕には力が足りない。あの薬で、時間を先延ばしにすることしかできないんだ』
「そう、ですか……」

 自然と声が震えて、瞳から涙があふれてしまう。
 ダークさんは「ああ、もったいない」と呟きながら、その涙を一つ残らず舐めていく。

『人の流す涙には、大きな魔力がこもっているんだ。猫の僕が生み出せる、何倍もの魔力がね』
「じゃあ、ボクがこうして泣いていたら、もっと良い薬が作れるってことですか……?」
『確かに薬は作れるよ。だけど、辛いだろう? 毎日死の不安におびえて涙を流すなんて、普通の人間じゃ耐えられない。身体より先にキミの心がまいってしまうよ。なのにキミの母さんは……いや、なんでもない』

 ふいに言葉を途切れさせ、ダークさんは俯いてしまった。
 ボクはそのとき、ようやく気がついた。
 お母さんのついていた、小さな嘘に。

「お母さんは、ダークさんのこと、最初から知ってたんですね……」

 それだけじゃない。
 この森へ来てからずっと――お母さんは毎日泣いていたんだ。
 わざとボクに冷たくして、寂しくて辛くて、一人で泣いていた。
 その涙を苦い薬に代えて、ボクに〝奇跡〟を起こしてくれていた。
 なのにボクは、ちっとも気づかなかった……。

「お母さん……ごめんなさい、お母さん……ッ」
『ああ、泣かないでピット君。涙の魔力は溜めておけないんだよ。こんなにたくさん飲ませてもらっても、使い切らなきゃすぐに消えてしまう。薬にしようにも、キミの身体に強すぎる薬はかえって毒になるし……困ったなぁ』

 ざらざらした猫の舌が、何度も何度もボクの頬に触れる。
 一生分の涙を流した後、ボクはパジャマの袖で目をゴシゴシこすりながら、こう尋ねた。

「ダークさん、もし大きな魔法が使えるなら……ボクの願いを叶えてもらえませんか?」
『うん、言ってごらん?』
「実はボク、外で思い切り遊んだことがなかったんです。だから――」

 ☆

 靴をはかずに踏みしめた足元の雪は、凍えるほど冷たいはずなのに、どこか温かく感じた。
 一生分の涙と引き換えに、ダークさんに〝願い〟を叶えてもらったボクは――

『うわぁ、すごい! 猫の身体ってすごいよ!』

 ボクの叫び声は「ニャア」という可愛らしい声になり、雪原に響きわたる。
 ぴょん、と軽くジャンプしてみると、羽が生えたようにふわりと身体が浮く。
 これはダークさんがかけてくれた魔法のおかげだ。この魔法がきいている間は、普通の猫より何倍も身体が軽くなる。
 ただし、猫の身体に入れ代われる時間はそれほど長くない。ちょうどお母さんがお昼ごはんを持ってくる頃には、魔力が切れてしまう。
 もし魔力が切れたら、この小さな身体はあっという間に壊れてしまうらしい。
 だから、あまりのんびりしている暇はない。
 四本の足を交互に動かして、ボクはそろりそろりと歩きだす。コツがつかめたら、その勢いをぐんぐん増して、真っ白な庭に自分の足跡をぺたぺた押しつけていく。
 そのまま大きな木の脇を突っ切って、ずっと窓から眺めていただけの森の奥へ……。

「おーい、ピット君! 無理しないでねー!」

 遠くから、ニンゲンのボクになったダークさんの声がする。
 三角形の耳が、不安そうな呼び声をキャッチしたけれど、猫の身体は止まらない。

『こんなに早く走ったの、生まれて初めてだ! 最高に気持ちいい!』

 走って、走って、ときどき木に上って休んで、また走って。
 澄み切った空気に包まれた、どこまでも続く静かな森の中を、ボクは王様みたいに堂々と駆け回った。
 そして最後は、森の入口にあたる丘の上へ辿りついた。
 丘を下ったはるか向こうには、人の暮らす街がある。
 この特別な猫の目は、うんと遠くまで見渡せる。レンガ造りの家がずらりと立ち並び、分厚い毛皮を着込んだ人々が、にぎやかな通りを歩いているのが分かる。
 あの街のもっともっと向こうに、ボクが生まれた街がある。
 そこには、お父さんのお墓がある。

『ピット、お母さんのことを頼んだぞ……』

 お父さんが最後に呟いた声が、ふっと胸の中によみがえる。
 白く煙る街並みを眺めながら、ボクは小さく頷いた。そしてくるんと身体を反転させ、元来た道を駆け戻る。
 目印なんてつけなくても、敏感な耳と鼻が、住み慣れた森の家へとまっすぐに導いてくれる。

「おーい、ピット君ー!」

 森を抜ける手前で、そんな声が聴こえた。
 木々の向こうに目をこらすと、冷たい雪にさらされるのも構わず、窓から身を乗り出して叫ぶ男の子の姿が見えた。
 お母さんと同じ、緑の髪に緑の瞳。お母さんよりずっとやせた頬に、青い唇。
 だけど本物のボクは、あんな風に起き上がれない。
 あんなに大きな声も出せない。

「ピット君、早くここへ戻っておいで! もうすぐ魔法が切れてしまうよ!」

 予言のとおり、四本あるボクの足が少しずつ力を失っていく。ピンと立てていた尻尾がゆるりと垂れさがる。
 ダークさんのかけてくれた魔法――奇跡の力が消えていくのがわかる。
 だからボクは、ことさらゆっくりと歩いた。
 直接踏みしめる雪の感触を、心にしっかり刻みつけるように。
 そして、窓から手が届かない庭の隅で立ち止まり、できる限り大きな声で呼びかけた。

『ダークさん! ボクの最後のわがままをきいてください!』

 胸が苦しかった。今にも涙が出そうだった。
 だけど、猫の瞳はけっして涙を流さない。代わりに男の子の表情をくっきりと映し出す。
 緑色の瞳が、何かに気づいたかのように、大きく見開かれる。

「ピット君……?」
『ごめんなさい、ダークさん! ボクは、この猫の身体がすごく気に入ってしまったんです! だからあなたにお返ししたくありません!』
「ダメだよ! そんなことをしたら、キミは……ッ」
『代わりにその身体をあげます! 今はポンコツだけど、ダークさんなら治せるはずです!』

 少しだけ、息が切れた。
 でも咳は出ない。代わりに尻尾がぶるりと震えた。
 まだ倒れるわけにはいかない。最後にどうしても言わなきゃいけないことがあったから。
 ボクにとって一番大事な、最後の願いを。

『どうか、お母さんのことを頼みます……!』

 もう人形のマネなんてさせないで欲しい。
 悲しい涙を流させないで欲しい。
 ボクがボクじゃなくなったとしても、そのことを隠して、小さな嘘をつき続けて欲しい。
 お母さんが神に召されるその日まで、ずっと傍に寄り添っていて欲しい。
 残念だけど、これはボクじゃできない。どんなに苦い薬を飲んでも、ボクはもう長く生きられない。
 だけど、ダークさんなら、きっと……。

「ピット君、ピット君――」

 その声は、途中から掠れて聴こえなくなってしまった。
 ぐらり、と小さな身体が傾く。柔らかくて温かな雪の上に崩れ落ちる。
 魔力が、ついに切れたのだ。
 自然の力に逆らって、三百年もの時を生きてきたこの身体から、魔力が抜ければどうなるか……そのくらい、たった十二年しか生きていないボクにも分かった。
 あと少しで、ボクは雪のように溶けてしまうんだろう。
 だけどボクは、幸せだった。

 ★

 暗くかすんでいく景色の中、黒いワンピースを着た女の人が、やせ細った男の子を抱きしめて泣いている姿が見えた。
 それはとても嬉しそうな、くしゃくしゃの泣き笑いで……ボクもすごく嬉しくなった。
 ボクは猫の声で「ニャア」と小さく鳴いて、重たくなったまぶたを閉じた。
初めて書いた童話です。普段のクセで、どうも児童小説というかラノベっぽくなってしまいましたが……。ご意見ご感想などお待ちしております!
cont_access.php?citi_cont_id=735038092&s

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ