挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
奇跡のように美しい人 作者:月宮永遠

1章:女神

8/42

6

 三ヵ月後。
 うららかな春が訪れ、中庭では見事な満点星どうてんの木が花盛りだ。
 時計塔の私室で、普段はあまり見ないようにしている鏡の前に立ち、佳蓮は首を捻っていた。
 ここへきてから、気付いたことがある。
 髪が、少しも伸びないのだ。更にいえば、生理もこない。
 今更何が起きても驚きやしないが、己の身体に疑問を覚える。結局、生きているのか死んでいるのか……

「羽澄様? お目覚めでしょうか?」

 鏡の前でしかめ面をしていると、いつものように、レインジールがご機嫌伺いにやってきた。
 部屋へ招き入れると、佳蓮はしみじみと美貌の少年に視線を注いだ。

「羽澄様?」

 じっと見つめられて、レインジールはそわそわしている。
 大人顔負けで仕事をこなす少年だが、純情な一面もあって、こうして佳蓮が見つめていると、大抵は頬を染めて恥ずかしそうに俯いてしまう。

「ねぇ、髪に触ってもいい?」

「えっ? あ、はい。どうぞ……」

 戸惑いつつ、レインジールは快諾した。佳蓮が手を伸ばす様子を、緊張気味に見守っている。前髪に触れると、レインジールは瞳をきゅっと閉じた。
 腰まで届く長く艶やかな銀糸の髪は、とても滑らかだ。指で梳けば、からまることなく滑り落ちる。出会った時よりも、少しだけ伸びたようだ。

「……綺麗な髪だね」

 手を離すと、レインジールはそろりと瞳を開けた。

「ありがとうございます。羽澄様は、本当にお優しいですね」

「本当に綺麗だもん。よく言われるでしょ?」

「まさか! こんな風に優しく触れてくださるのは、羽澄様だけです」

 まだ幼い少年の言葉にしては切な過ぎて、佳蓮の表情は沈んだ。
 彼は、既に親兄弟と死別している。こういう寂しげな表情を見ると、同情すると共に後ろめたい気持ちになる。
 家族のことは、正直考えたくない。
 ここでは尊い献身と讃えられるが、そんな大層なものではないのだ。辛いことから眼を背けて、逃げただけなのだから。

「あの……」

 レインジールは上目遣いに呟いた。

「ん?」

「いえ、何でもありません」

「何?」

「いえ……」

「?」

 珍しく歯切れの悪い少年を見下ろして、佳蓮は怪訝そうに首を捻った。
 じっと見つめて言葉の先を促すと、レインジールはもじもじと手を胸の前で組んだ。

「あの、私も羽澄様の髪に触れても良いでしょうか……?」

 少々面を食らったものの、佳蓮は気安く返事をして、長椅子に腰を下ろした。
 遠慮がちにレインジールも隣に座る。慎重に伸ばされた小さな手が、そっと黒髪の一房を摘んだ。

「わぁ、綺麗……」

「普通だよ。でも、ここへきてから髪が綺麗になった気がする。皆がよくしてくれるおかげかな?」

「本当に、豊かで綺麗な黒髪ですね」

 感極まったように、レインジールは呟いた。
 彼の大袈裟な言動を最初は疎んじていたが、最近はもう慣れてしまった。
 不思議で仕方ないが、天使と見紛う美貌をそなえているレインジールは、時に自分をどうしようもないほど卑下する。佳蓮を盲目的に女神と慕うあたり、相当変わっていることは確かだ。
 それは、彼に限った話ではなかった。
 塔の人間は、レインジールを筆頭に誰もが佳蓮を褒めそやす。
 お伽噺のような世界で、蝶よ花よと傅かれていると、本当に女神にでもなったような気がしてくるから恐ろしい。調子に乗らないよう自分を律していても、感覚が麻痺してしまいそうだ。

「羽澄様」

 不意に、レインジールは沈んだ声を出した。
 視線だけで先を促すと、少年は形の良い眉を下げて、何かを恐れるように唇を開いた。

「実は、皇太子殿下から昼食会の招待状をいただいております」

「えぇ?」

 嫌そうに佳蓮が返事すると、なぜかレインジールの愁眉は僅かに晴れた。

「お嫌でしたら、招待を断ることもできます。いかがいたしましょう?」

「断っていいの?」

「いかな権威であろうと、羽澄様の意に沿わぬことを強要できません」

「……へぇ、すごいね。私って何様? 女神様?」

 おどけて佳蓮がいうと、レインジールは微笑みを浮かべて頷いた。

「世界で一番、お美しい女神様です。私の女神様……」

 全力で肯定されてしまった。
 伸びてきた繊手に黒髪の一房を取られる。ゆっくりと、端正な顔が傾いていく。レインジールの行動はアンバランスだ。視線が合うだけで照れるくせに、たまにこうして大人びた仕草をする。
 そっと黒髪に口づけるレインジールは、絵画のように美しかった。
 幼い色香に誘われて、つい白い頬に手が伸びる。まろやかな頬を撫でると、レインジールは青い瞳を細めて、蕩けるような笑みを浮かべた。幸せそうに瞼を伏せて、佳蓮の手に頬擦りをする。

「あぁ、幸せです……」

 もう、レインジールのこうした言動を、演技とは思えなくなってきている。
 信じられないが、レインジールの瞳には、佳蓮が絶世の美女、麗しの女神に映っているらしいのだ。
 美的感覚が死んでいるのかもしれない。
 しかし、彼の管理している塔は隅々まで設備が行き届いており、内装も瀟洒だ。そちこちに趣味の良さが窺える。
 佳蓮が毎日のように通っている塔内の資料館や、美しい庭園もレインジールが管理しているという。
 考えれば考えるほど、どこまでも佳蓮に都合の良い世界だ。
 どうして、こんなにも恵まれた生活を享受できるのだろう?
 天の思し召し?
 苦痛に満ちた生前を憐れんで、天が慈悲を与えてくれた?
 どこにも居場所がなかったのに、ここでは、いるだけでいいといってもらえる。

“人は、誰もが咎を負って生まれる……”

 レインジールはそう話していた。
 咎――佳蓮の場合は決定的だ。自殺をした。償いが必要だとしたら、蘇ったこの都合の良い世界で、どうあがなえばいいのだろう?



cont_access.php?citi_cont_id=171048670&s

+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ