挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
奇跡のように美しい人 作者:月宮永遠

1章:女神

7/42

5

 一ヵ月後。
 塔での暮らしにも、大分慣れた。
 朝は先ず入浴から始める。
 部屋に専用の浴室があり、青磁のタイルに猫脚の浴槽という、瀟洒な造りをしている。
 この国では、電気やガスの代わりに、霊気で生活基盤を支えている。様式に戸惑うこともあるが、不便はない。むしろ贅沢な暮らしをさせてもらっている。
 混乱に陥ることも、少しずつ減ってきた。穏やかな日々は居心地が良く、怠惰で、考える力を奪っていく。
 熱い湯を浴びて身体は目覚めても、夢の余韻がなかなか消えない。
 いつか、この不思議な世界から、本当に目覚める日はくるのだろうか?
 長椅子でぼんやりしていると、控えめに扉をノックする音が聞こえた。

「羽澄様、起きていらっしゃますか?」

「はーい」

 多忙な身でありながら、レインジールは朝晩に必ず、佳蓮のご機嫌伺いにやってくる。
 扉を開くと、一部の隙もない貴公子然とした天使が現れた。佳蓮を見て、美しい顔を更に輝かせる。

「お早うございます」

 背を伸ばし、踵を揃えて綺麗にお辞儀をしてみせる。容姿もさながら、一連の所作が美し過ぎて、佳蓮は今朝も見惚れてしまった。

「お早う」

 密かに賞賛しながら中へ招き入れると、レインジールは佳蓮のおろし髪に視線を留めて、ぼうっとなった。

「……羽澄様の黒髪は、夜闇を塗り込めた黒石英のようにお美しいですね」

 どこをどうしたら、そのような思考になるのだろう。佳蓮はしかめ面を作ると、美貌を正面から睨めつけた。

「そういうのはやめてって、いったでしょ」

「! すみません、つい」

「お世辞はやめて。レインにいわれても、ただの嫌味にしか聞こえないから」

「世辞ではありません! 羽澄様は本当にお美しいです」

 天然なのか演技なのか。全く、末恐ろしい少年だ。将来は、どんな女たらしになるやら……熱の籠った瞳を冷静に見返しているうちに、一泡吹かせてやりたい衝動に駆られた。

「……キスしてあげようか?」

「えっ」

 眼を瞠る少年を見て、佳蓮は意地の悪い笑みを浮かべた。

「褒めてくれたお礼」

 そういって、子供特有の柔らかな頬を両手で包み込んだ。レインジールは青い瞳を、これでもかと見開いている。
 昏い記憶が蘇る。
 小学生の頃、クラスの男子に身体を拘束され、罰ゲームと称して無理矢理キスをさせられたことがある。
 罰ゲームを受けるのは、佳蓮ではなく、相手の男子だ。心ない遊び感覚の罰ゲームに、佳蓮は利用された。

“やめてよ、離して!”

 佳蓮は全力で暴れたが、五人の男子に押さえつけられては敵わない。
 罰ゲームを受ける男子は、ゴキブリでも見るかのような瞳で佳蓮を見ていた。

“まじかよ! 気持ち悪ぃー。そんなブスと、キスなんてできるかよ”

 唇はくっついた途端に、離れた。男子は盛大に顔を顰めて、涙目で唇を拭っていた。

“うぇ、吐きそう”

“ぅ……ッ……うぇーん……ッ”

 佳蓮の心は、ずたずたに引き裂かれた。哀しくて、辛くて、消えてなくなりたかった。
 それなのに、泣いている佳蓮を見て、クラスメートは笑うのだ。
 無邪気の為せる業とは思えない。
 断言してもいい。あの時彼等は、佳蓮の心を玄関マットのように踏みにじることを、絶対に愉しんでいた。

 悪戯心の裏に、報復の熾火が揺れている。

 当然のように流れる沈黙を、愉快な気分で味わいながら、狼狽しているであろう少年を心の中で嗤う。
 調子に乗って人をからかおうとするから、こんな事態に陥るのだ。
 こんな真似をして、後で傷つくのは自分だと判っているのにやめられない。相変わらずの自傷行為だ。
 もっと、おどかしてやろうと顔を近付けると、レインジールは頬を染めた。
 その反応は、まるきり予想外だった。
 嫌悪して逃げ出すものと期待していたのに、真剣な眼をする少年は、十歳という年齢よりもずっと大人びて見えた。

「……戯れを。私を子供だと思って、そんな風にからかうなんて酷いです」

 佳蓮はむっと顔をしかめた。

「そっちが先にいったんでしょ」

「先? 何をです?」

「だから……」

「私は、何か羽澄様の気に障るようなことをいってしまったのでしょうか?」

「その畏まった口調も、どうにからないの? 子供の癖に、嫌味ったらしいよ」

 わざと冷たく吐き捨てると、レインジールは傷ついた顔をした。

「私の振る舞いが、貴方を苛立たせてしまったのなら、謝ります。どうか怒らないでください」

「別に怒ってない」

 言葉を遮るように応えると、反論を受けつけまいと更に言葉を続ける。

「美しいだの女神だの、褒めてくれるけどさ、本当は冴えない女と思っているんでしょ?」

「おっしゃる意味が判りません。貴方を冴えない女だなんて、思うわけがありません」

 顔を背ける佳蓮に向かって、憤ったようにレインジールはいった。

「そういうのがムカつくの。やめて」

「え?」

「レインには一生判らないだろうけど、私だって綺麗に生まれたかった。冗談でも、からかわれると傷つくんだよ」

「からかうだなんて、そんな」

「いいよ、もう」

「あ、あの! では、本当に口づけをいただいてもよろしいのでしょうか?」

「いいよ、無理しなくて」

「無理などしておりません!」

「私とキスするなんて、ゾッとしちゃうんでしょ?」

「違います!!」

「ふーん? そんなにキスして欲しいの?」

「は、はい」

「どうして?」

 苛々する。首を傾げて笑みかけると、レインジールは悩ましげに愁眉を寄せた。

「……羽澄様はとてもお美しいけれど、残酷です」

 表情を歪めても尚麗しい美貌を見下ろして、佳蓮は瞳に憎しみを浮かべた。

「よく知っているくせに。美しい者は皆、残酷だって」

「そのようにおっしゃるのは、私の所為ですよね……私が……から……お怒りに……」

 かすかな呟きは小さすぎて、全部は聞こえなかった。
 愁眉を寄せて、辛そうな表情を浮かべるレインジールに悪意は感じられない。それでも佳蓮は許せなかった。謝罪を跳ね除けるように背を向けて、部屋を出ていこうとする。

「羽澄様! お待ちください」

 追い駆けるように、レインジールは席を立つ。佳蓮は振り向くと、憎悪の眼差しでめつけた。

「レインは確かに綺麗だし、親切で優しいけど、無神経だよ」

 冷徹に告げる佳蓮を、レインジールは唖然と見上げている。針のような視線から逃げるように、哀しげに青い瞳を伏せた。

「……この姿ですから、自覚はしております。私を綺麗だなんて……子供と侮っているのは、羽澄様ではありませんか」

 少年の漂わせる悲壮感に、佳蓮はいくらか溜飲を下げた。
 絶世の美少年の儚げな風情は、腹を立てている佳蓮ですら、思わず抱き寄せて慰めてあげたくなるものがあった。

「……ごめん、いい過ぎた」

「羽澄様。お慕いしております。ですから、悪戯に口づけを与えるだなんて、いわないでください。お願いします」

 消え入りそうな声を聞いて、後悔の念が込み上げた。七つも年下の子供に、大人げない言動をしてしまった。
 俯いた小さな頭を撫でると、弾かれたようにレインジールは顔を上げた。
 まるで絹糸のような手触りに心を奪われ、無意識に指は何度か往復する。
 そうしている間、レインジールは感情を堪えるように唇を噛みしめていた。
 潤んだ瞳から、今にも涙が零れ落ちそうだ。
 海のような青い瞳には、痛めつけられた者が浮かべる哀切と、一途な愛が浮いていた。

「ごめんね」

 佳蓮が再び詫びると、レインジールは首を左右に振った。銀糸の髪が揺れ、透明な雫が散る。
 いたいけな姿に、途方もない罪悪感が込み上げた。
 昔は、もっと酷い中傷を浴びていたのに、どうして今更、あの程度の嫌味が勘に触ったのだろう?
 美しい泣き顔を見下ろしながら、遠い日の自分を抱きしめてあげたくなった。

(貴方は、ばい菌なんかじゃない。泣かなくていいんだよ)



cont_access.php?citi_cont_id=171048670&s

+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ