挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
奇跡のように美しい人 作者:月宮永遠

4章:聖杯

42/42

40

 十年経った今も、あの夜を忘れられない。
 上位次元アストラルに還る前に、佳蓮はレインジールに宝物のような記憶を授けてくれた。
 佳蓮との短い逢瀬は、幼いレインジールの心に火を灯した。
 遠い記憶は不死の霊魂となり、時が過ぎても翳ることなく、レインジールの中で今も生き続けている。
 そうして二十歳を迎えた。
 約束した通り、紅茶庭園を築いた。佳蓮が特に愛した、ルルーシュナ紅茶庭園もその一つだ。
 時間を見つけては庭園に通い、佳蓮を想う。記憶の中の佳蓮は、ここでレインジールと紅茶を楽しんでいた。
 あずかり知らぬ記憶の欠片に、恋焦がれている。
 長い間、星に訊ねても想い人の顕現けんげんを詠めなかったが、成長すると共に、少しずつ佳蓮の姿を見るようになった。
 星詠みの限りでは、今宵は最もその可能性が高い。
 星明かりに照らされたルルーシュナ紅茶庭園。
 祈るような気持ちで空を仰いでいると、空から光の柱が降りた。清涼な霊気が辺りに満ちる。光の奔流の中から、瑞々しい女神が現れた。

「レイン」

 夢にまで見た女神に名を呼ばれ、笑みかけられる。
 あぁ……どれほど、この時を待ち望んでいただろう――感極まったレインジールは、危うくくずおれそうになった。
 差し伸べられた手を、恭しく取る。アストラルの残照を払いおとし、佳蓮は確固たる肉体で地に足を降ろした。

「お待ちしておりました」

「……お待たせ」

 眩い笑みに眩暈がする。尊さに跪きたい一方で、きつく抱きしめたい、相反する衝動が同時に身の内に起こった。
 逡巡し、素足を眼にして抱き上げた。甘い匂いに頭がくらくらする。
 錯覚ではなく、記憶の中の佳蓮が、目の前に蘇ったのだ。圧倒的な存在感に、レインジールの心は嵐のように揺さぶられた。

「レイン?」

 はにかむ佳蓮は、心臓を打ち抜かれそうなほどかわいらしかった。

「ようやく、お会いできましたね。本当に、お待ちしておりました。私の女神様……」

「ただいま……? レイン」

 頬に触れる柔らかな手。暖かな体温。潤んだ黒曜の瞳。月光のような微笑。夢にまで見た美しい黒髪。信じられない。こんな奇跡があるのだろうか?

「お帰りなさい、佳蓮」

 重ねた唇から多幸感に包まれて、涙が溢れそうになる。ようやくめぐり逢えた恋人を、レインジールはきつく抱きしめた。

 一ヵ月後――

 二人はあらためて、ルルーシュナ紅茶庭園を訪れた。
 遠い宇宙を旅してきた佳蓮の身体は衰弱しており、現実世界に降り立った後、倒れてしまったのだ。
 紅茶を飲む間もなく時計塔に戻り、六十二階の懐かしい私室で、療養生活を余儀なくされた。
 遠い地球での暮らしや、星幽アストラル界での記憶は殆ど残っていないが、レインジールとの記憶は、彼と話をするほどに蘇った。
 今こうして存在している佳蓮は、地球で暮した佳蓮であり、アディールで過ごした流星の女神であり、或いは全く別の存在であるようにも思う。
 今にも消えそうな朧な意識を引き留めたのは、切なくなるような恋心だった。

“この円環を絶やさないで”

“貴方を想い、紅茶庭園を創りましょう。いつまでも、私は、お待ちしていますッ”

 耳に残る切実なねがい……
 強い想いに引き寄せられ、淡い思念は物質エーテル界に顕現したのだと思う。
 十日も経てば、佳蓮はすっかり元気を取り戻したが、レインジールはなかなか佳蓮を部屋から出そうとしなかった。

「いい香り……」

 かぐわしい紅茶の香りに、佳蓮は笑みを浮かべた。

「季節の茶葉ですよ」

 熱い湯の中で、葉がじっくりと広がっていく。何でも器用にこなすレインジールは、紅茶を煎れるのもとても上手だ。

「薔薇も綺麗」

 カップに添えられた可憐な花びら。見ているだけで、幸せな気持ちになる。

「でしょう? 庭園に咲いていた薔薇です」

「この一時のために、生きてるわー」

 しみじみと呟くと、レインジールも静かにほほえんだ。

「もう元気になったし、今度オルガノさんに会いにいこうよ」

「ええ。そうですね。師も喜ぶでしょう」

「リグレットさんとジランも誘おうよ」

 明るく佳蓮がいうと、レインジールは少々ムッとしたような顔をした。

「どうして他の男を誘いたいなんていうのですか?」

「嫌? 皆もオルガノさんに会いたいんじゃないかと思って」

「……私は、どこへもいかず、佳蓮と二人きりで過ごしたい」

 嫉妬の滲んだ言葉に、佳蓮はくすぐったいような、甘い気持ちにさせられた。無言をどう受け取ったのか、レインジールは続ける。

「心が狭いと呆れるかもしれませんが、私は、できることなら、佳蓮を誰の瞳にも触れさせたくないのです」

「えっと……」

「今の佳蓮にいっても仕方ありませんが、私は貴方の奔放さに、ずっと苦しんでいました。いつだって、貴方を一人占めしたくてたまらなかったのです」

 熱烈な告白に、佳蓮は俯いた。顔から火が出そうだ。
 時を越えて再会を果たしてから、レインジールはずっとこんな調子だ。記憶にあるよりも独占欲が強く、感情を真っ直ぐに伝えてくるように思う。
 同じように、佳蓮も言葉にできたらいいのだが、どうも照れ臭さが先立つ。
 美しい顔を見つめて、膝に視線を落とす。再び視線を上向けると、悟られぬよう、すき、と小さく唇を動かした。

「……もう一度いってください」

「え?」

「よく聞こえませんでした。どうか、もう一度」

「な、なんで判ったの?」

 狼狽する佳蓮を見て、レインジールは甘く微笑んだ。

「佳蓮。いって?」

 差し伸べられる手を取ると、暖かな胸の中に抱き寄せられた。押し当てた頬に、少し速い鼓動が伝わってくる。

「……貴方に触れられて、とても平静ではいられません」

 いい訳めいた台詞に、思わず笑みが零れた。上目遣いに仰ぐと、レインジールは表情を消した。

「……貴方は、とても魅力的だから」

 形の良い長い指が、佳蓮の耳の輪郭をなぞる。背筋をぞくぞくさせながら、佳蓮は笑った。

「レインもとっても素敵だよ」

 面映ゆそうにレインジールは笑った。

「ありがとうございます」

「ううん……」

「佳蓮。聖杯を満たしたのは、私を想ってくださったからだと思っていいですか?」

「聖杯……」

 胸に手を当てながら、そういえば、と佳蓮は気がついた。
 かつてさいなまれた心のうろは、完全に失せている。暖かな光が、身の内から溢れているようだ。

「万の星詠みも、佳蓮の起こす奇跡に敵いませんね」

 暖かな手で、頬を撫でられた。長い指は頬を滑り、零れた黒髪を耳にかける。そのまま離れていかず、耳の輪郭をなぞる。おかしな声が出そうで、佳蓮はきつく唇を噛みしめた。

「私を想って、聖杯を満たしてくれたのでしょう? お願いです。もう一度、聞かせて……」

 甘く請われれて、佳蓮の胸は破裂しそうなほど震えた。

「……好き」

 小さな声で呟くと、抱きしめる腕の力が強くなった。
 頬を大きな手に包まれて、上向かされる。絡んだ視線が唇に落ちると、胸の奥をぎゅうっと掴まれたような甘い痺れが全身に走った。
 そっと唇が重なる。触れるだけの、優しいキス。世界で一番幸せなキスだ。
 少しだけ顔を離すと、どちらからともなく笑みが零れた。ふと、レインジールは何かに気付いたように、瞳を細めた。

「佳蓮、前髪を切ってさしあげましょうか?」

 不思議そうに眼を瞬く佳蓮を見て、レインジールは幸せそうに微笑んだ。

「少し、髪が伸びましたね」

 その言葉の意味を理解して、佳蓮の胸に、ゆっくりと喜びが込み上げた。表情を綻ばせる佳蓮を、レインジールは優しく見つめている。

 止まっていた時が、コトリ、音を立てて進み始めた。




 - Fin -



cont_access.php?citi_cont_id=171048670&s


評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
※感想 レビュー は受け付けておりません。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

この小説をブックマークしている人はこんな小説も読んでいます!

復讐を誓った白猫は竜王の膝の上で惰眠をむさぼる

大学へ向かう途中、突然地面が光り中学の同級生と共に異世界へ召喚されてしまった瑠璃。 国に繁栄をもたらす巫女姫を召喚したつもりが、巻き込まれたそうな。 幸い衣食住//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全77部)
  • 183 user
  • 最終掲載日:2017/06/27 18:17
令嬢はまったりをご所望。

【アルファポリスに移行します。暫く二章まで残します】 悪役令嬢の役を終えたあと、ローニャは国の隅の街で喫茶店の生活をスタート。まったりを求めたが、言い寄る客ばか//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全55部)
  • 155 user
  • 最終掲載日:2017/02/23 10:26
乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…

頭を石にぶつけた拍子に前世の記憶を取り戻した。私、カタリナ・クラエス公爵令嬢八歳。 高熱にうなされ、王子様の婚約者に決まり、ここが前世でやっていた乙女ゲームの世//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全46部)
  • 202 user
  • 最終掲載日:2016/08/17 19:18
私、能力は平均値でって言ったよね!

アスカム子爵家長女、アデル・フォン・アスカムは、10歳になったある日、強烈な頭痛と共に全てを思い出した。  自分が以前、栗原海里(くりはらみさと)という名の18//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全203部)
  • 158 user
  • 最終掲載日:2017/06/27 00:00
異世界出戻り奮闘記

 かつて私は異世界に召喚されたことがある。異界からの巫女として一年余りを過ごした私は、役目を果たし、元の世界へ帰ることとなった。そして護衛騎士に秘めた思いを告白//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全78部)
  • 168 user
  • 最終掲載日:2016/01/03 18:00
転生したけど、王子(婚約者)は諦めようと思う

 ノイン王国宰相・ザリエル公爵には、一人娘がいる。  銀色の髪にアメジストのような澄んだ瞳を持つ美しい娘・クリスティーナだ。  彼女の幼い頃からの婚約者は、ノイ//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全21部)
  • 170 user
  • 最終掲載日:2017/01/05 22:00
ひざまずく騎士に、彼女は冷たい

突然異世界に堕とされ、劣悪な環境に放り込まれた女子高生・思苑(シオン)。心ならずもその原因となった騎士オルセードが彼女を救い出した時には、彼女の心は凍り付いてい//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全21部)
  • 155 user
  • 最終掲載日:2017/01/16 22:00
転生してヤンデレ攻略対象キャラと主従関係になった結果

七歳にして初めて魔法を使ったセシル・オールディントンはその日、前世での記憶を取り戻した。華の女子高生だったにも関わらず交通事故で亡くなった元日本人の彼女は、どう//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全43部)
  • 165 user
  • 最終掲載日:2015/03/12 23:55
わたしはふたつめの人生をあるく!

 フィーはデーマンという田舎国家の第一王女だった。  このたび、大国オーストルの国王で容姿端麗、政治手腕完璧、ただひとつ女性に対して冷たいのをのぞけば完璧な氷の//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全180部)
  • 166 user
  • 最終掲載日:2017/06/16 16:33
ドロップ!! ~香りの令嬢物語~

生死の境をさまよった3歳の時、コーデリアは自分が前世でプレイしたゲームに出てくる高飛車な令嬢に転生している事に気付いてしまう。王子に恋する令嬢になれば暗い未来が//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全63部)
  • 168 user
  • 最終掲載日:2017/05/13 21:00
公爵令嬢の嗜み

公爵令嬢に転生したものの、記憶を取り戻した時には既にエンディングを迎えてしまっていた…。私は婚約を破棄され、設定通りであれば教会に幽閉コース。私の明るい未来はど//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全217部)
  • 195 user
  • 最終掲載日:2017/06/02 21:07
悪役令嬢は隣国の王太子に溺愛される

婚約破棄を言い渡され、国外追放されるはずだったティアラローズ。 「ここって、私がプレイしていた乙女ゲームだ!」そう思い出したのは、物語エンディングの前日だった―//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全60部)
  • 170 user
  • 最終掲載日:2017/06/15 07:00
魔法使いの婚約者

剣と魔法の世界に転生したこの私。復活した魔王、聖剣に選ばれた勇者―――――そんな王道ファンタジーが繰り広げられる中で、与えられたポジションは魔法使いの婚約者。(//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全40部)
  • 205 user
  • 最終掲載日:2016/05/27 08:04
竜の子を産んだら離縁されたので森で隠居することにしました

タイトルまんまに進む予定。 宝島社さまより書籍化 11/4発売

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全70部)
  • 151 user
  • 最終掲載日:2017/01/25 23:28
平凡なる皇帝

ハルはとある領主の元で下女として働く、普通の少女だ。しかし亡くなった母親が遺した指輪に使われている宝石が、竜の国でしか採れない希少なものだと分かってから状況が変//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全93部)
  • 151 user
  • 最終掲載日:2017/05/28 21:00
聖女の魔力は万能です

二十代のOL、小鳥遊 聖は【聖女召喚の儀】により異世界に召喚された。 だがしかし、彼女は【聖女】とは認識されなかった。 召喚された部屋に現れた第一王子は、聖と一//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全41部)
  • 186 user
  • 最終掲載日:2017/06/18 20:00
子豚ちゃんな私は、この世界では超美少女らしいです。

私(♀)には、日本という国で女として生きていた前世の記憶がある。どうやら転生者というやつらしい。転生先のこの世界と地球には、当然多くの違いがあるけれど、最大の違//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全27部)
  • 220 user
  • 最終掲載日:2016/08/05 23:08
私はおとなしく消え去ることにします

私は転生した。転生したのは国の防衛を担う武の公爵家だった。先視の才を持つ私は断片的な未来を見る。そして知った。私には戦う力がない。それを持つのは弟だと。そのこと//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全63部)
  • 155 user
  • 最終掲載日:2017/05/21 05:00
乙女ゲーム六周目、オートモードが切れました。

気が付けばそこは、乙女ゲームの世界でした。ハッピーでもバッドでもエンディングは破滅までまっしぐら、家柄容姿は最高なのに性格最悪の悪役令嬢『マリアベル・テンペスト//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全86部)
  • 165 user
  • 最終掲載日:2017/06/22 12:00
謙虚、堅実をモットーに生きております!

小学校お受験を控えたある日の事。私はここが前世に愛読していた少女マンガ『君は僕のdolce』の世界で、私はその中の登場人物になっている事に気が付いた。 私に割り//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 連載(全292部)
  • 223 user
  • 最終掲載日:2017/06/19 10:00
転生王女は今日も旗を叩き折る。

 前世の記憶を持ったまま生まれ変わった先は、乙女ゲームの世界の王女様。 え、ヒロインのライバル役?冗談じゃない。あんな残念過ぎる人達に恋するつもりは、毛頭無い!//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全103部)
  • 197 user
  • 最終掲載日:2017/06/26 00:00
ヤンデレ系乙女ゲーの世界に転生してしまったようです

 リコリスは奇妙な既視感に悩まされる大人びた子供だ。ある日父親から自分の婚約者について聞かされたリコリスは、それが前世でプレイした乙女ゲームのキャラクターである//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全69部)
  • 169 user
  • 最終掲載日:2016/02/10 22:51
もう、いいでしょう。

 周囲から虐げられてきた皇女が、幼馴染であり、婚約者でもある騎士に『惚れた女に子供が出来たから、お前から婚約破棄を申し出てくれ!』と暴言を吐かれて、国を捨てる覚//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全12部)
  • 156 user
  • 最終掲載日:2017/05/05 23:00
婚約者は、私の妹に恋をする

ああ、またか。私の可愛い妹を見つめる、私の婚約者。その冷たい目に灯る僅かな熱量を確かに見たとき、私は既視感に襲われた。かつての人生でも、私の婚約者は私の妹に恋を//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全38部)
  • 166 user
  • 最終掲載日:2017/06/27 23:22
男爵令嬢は、薔薇色の人生を歩みたい

継母に疎まれ命を落とした精霊術師の王女は、500年後、同じ国にセンゲル男爵の娘フェリシアとして生まれ変わった。今度は前世のような最期を迎えないように、良い子の仮//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全135部)
  • 159 user
  • 最終掲載日:2017/05/23 12:18
ドラゴンさんは友達が欲しい

ぼっち女子大生の”わたし”はぼっちを克服すべく新歓コンパに行く途中、 バナナの皮ですっ転がって死にまして、なぜかぼっち万歳最強種族ドラゴンに転生しましたとさ。 //

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全106部)
  • 152 user
  • 最終掲載日:2017/06/24 20:00
そして少女は悪女の体を手に入れる

生まれつき体が弱かった私。17歳の人生が幕を閉じようとした時、笑顔がとっても可愛い天使さんが現れて、私に別の人の体をくれた。 どうやらその人は、自分で自分の人生//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 連載(全75部)
  • 168 user
  • 最終掲載日:2017/05/22 06:00
北の砦にて

前世は日本人女子。今世は雪の精霊の子ギツネ。そんな主人公と、北の砦の屈強な騎士たちとのほのぼの交流譚。【宝島社様より一巻~三巻が発売中です】

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全117部)
  • 183 user
  • 最終掲載日:2016/11/20 13:00
リングリング

三年前、大学生の詩織は、異世界トリップして日本に来てしまった騎士の男をかくまった。彼は無事に元の世界に戻れたのだが、なぜか今度は詩織が彼の世界へトリップ。頼れる//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全36部)
  • 169 user
  • 最終掲載日:2014/08/20 00:00
転生したので次こそは幸せな人生を掴んでみせましょう

車に轢かれるという残念な結末を迎えたと思ったら、気付いたら赤ん坊に。しかもファンタジーな世界の住人になっていました。マジですか。  というかよくよく考えれば、//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全184部)
  • 155 user
  • 最終掲載日:2017/05/19 21:15
狼領主のお嬢様

自らの贅沢の為に、悪逆の限りを尽くした前領主一家。その一人娘だった私は、使用人であり恋人の彼が、領主の尻尾を掴もうと潜り込んでいた間者だと知った。 そして、領民//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全20部)
  • 207 user
  • 最終掲載日:2016/06/19 06:34
↑ページトップへ