挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
奇跡のように美しい人 作者:月宮永遠

2章:謳歌

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

13/42

11

 新星歴一九九二年。
 うららかな春。眩いばかりの陽光が降り注ぐ、王都ヘカテル。

 時計塔を囲む森林は、可憐なブルーベルに一面を覆われている。資料館に続く空中庭園では、黄金色のポピーや満点星どうてんの木が花盛りだ。
 窓を開けていると、オリーヴの木々を渡ってくる風が、爽やかな香りを運んでくる。
 美しい庭園の四阿あずまやで、佳蓮は寛いでいた。
 瞼を伏せた穏やかな表情に、かつての卑屈さや、悲壮さは欠片もない。
 二年前。
 初めての舞踏会。あの甘美な夜に、美醜の価値観を理解してから、佳蓮は変わった。
 美しさは武器だ。
 人は外見でないというけれど、それは勝者に許された台詞であり、佳蓮に言わせれば、一〇〇パーセント外見である。人は出会った瞬間の〇・コンマの間に、この先も社交を続けるに値するか、冷徹に判別するのだ。
 外見が好みにそぐわなければ、それだけで興味を失くし、声をかけようとすら思わないことだってある。
 そして、自分と比較する。
 人は、醜い者を前にした時、少なからず見下した感情を抱く。ご愁傷様。この人よりはマシ、自分を慰めて安堵するのだ。
 少なくとも、佳蓮の知っている美しい人間は皆そうだった。
 いつだって、佳蓮は第一印象で切り捨てられてきた。
 でも、今は違う。
 この世界でなら、佳蓮は全肯定される。完全なる勝者でいられる。
 佳蓮を欲しがらない男はいない。
 どんな男も、佳蓮と眼が合った瞬間に恋に落ちる。雷に打たれたように立ち尽くし、強烈な感情を抱くのだ。かわいい恋人がいたって、佳蓮を前にすれば抗えない。実際、破局を迎えた憐れな恋人は、一組二組ではなかった。
 上流貴族、力ある大富豪、華の近衛騎士、果ては異国の皇子までもが佳蓮の前に跪き、愛を囁いた。

 絶世の美女。流星の女神。豊穣の女神……

 流星雨のように賞賛を浴びるうちに、佳蓮の卑屈さはなりを潜め、天真爛漫さを身につけた。時に打算めいた媚態であったが、恋は人を盲目にさせるものだ。
 微笑み一つで、誰もが佳蓮の虜になる。
 今となっては、苦痛にまみれた十七年間を馬鹿馬鹿しく感じる。
 あの頃、日々は苦痛でしかなく、息苦しさに喘いでいた。なんと味気なく幸薄い生だったのだろう。
 ここでは違う。
 美醜の優劣で傷つくことはない。
 賞賛を欲しいままにしているが、佳蓮が人を外見で見下したり、奢ったりすることはなかった。ここでは不器量とされる人達こそが、真に美しいと思っているからだ。
 価値観の違いによるものだが、佳蓮のそうした振る舞いは、人々の眼には慎ましく映るらしい。
 外見のみならず、内面までも美しい女神として、佳蓮はその名をアディール帝国に留まらず、海の波濤はとうを越えてまで知らしめていた。

「佳蓮。お早うございます」

 涼しげなアルトの声に、佳蓮は眼を開けた。
 星詠機関の長官服を纏った、凛々しく美しい少年を見て笑みかける。

「お早う、レイン」

 出会った頃と比べて、目線の大分近くなったレインジールは、相変わらず天使のように美しい。穏やかで礼儀正しく、今でもこうして、朝と夜にご機嫌窺いにやってきてくれる。

「今日もお美しい。佳蓮にお会いできて、とても嬉しいです」

 世にも麗しい少年に、憧憬の眼差しで見つめられて、佳蓮は慈母のように微笑んだ。

「ありがとう、レイン。これから仕事?」

「はい。戻るのが少し遅くなるかもしれませんが、夜にお伺いしてもよろしいでしょうか?」

「うん。待ってるね」

「ありがとうございます!」

「ねぇ、レイン」

 手を伸ばして腕に触れると、レインはたちまち身体を強張らせた。
 あらゆる人間を魅了している佳蓮だが、今のところ、レインジールの反応を見るのが一番楽しい。

「今度、私もついていってもいい?」

「星詠機関にですか?」

「うん」

「ですが……」

 レインジールは案じるように愁眉を寄せた。
 実は、前にも一度、星詠機関へいこうとしたことがある。ところが、揃いの制服を着た学生を見た途端に、足が竦んで一歩も動けなくなってしまったのだ。
 その後のことは、よく覚えていない。
 例の発作を起こして、しばらく臥せっていたらしい。
 レインジールがいうには、精神と肉体の乖離かいりから生じる、高次元アストラルの干渉とかなんとか……ユングでいうところの集団的無意識に還っていたようだ。
 心の問題であることは、なんとなく判る。
 学校は、世界で一番嫌いな場所だった。
 仔細しさいを話してはいないが、レインジールも学校が鬼門であることは薄々気付いているようで、あれ以来、星詠機関に佳蓮を連れていこうとはしなくなった。

「駄目?」

 渋るレインジールを見つめて、佳蓮は首を倒した。恥ずかしそうに眼を泳がせる少年の、柔らかそうな頬を指でつつく。

「佳蓮っ」

「柔らかーい」

 かわいらしい反応をもっと見たくて、頬を何度もつついてしまう。

「もう、からかうのはおやめください!」

「あはは」

 かわいらしく拗ねる姿に笑みを誘われる。
 弾む会話に、出会った頃の堅苦しさはない。流星の女神とそのしもべというより、今では仲の良い姉弟のような関係になっていた。

「レインがよく話している工房を見てみたいの。時間に余裕のある時でいいから、連れていってよ」

 思案気にもくす少年の、案じる瞳を見つめて佳蓮は微笑んだ。

「今度はきっと大丈夫だから」

 艶やかな銀糸に指を滑らせ、愛でるように指で梳くと、レインジールは頬を染めて小さく頷いた。



cont_access.php?citi_cont_id=171048670&s

+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ