挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
奇跡のように美しい人 作者:月宮永遠

1章:女神

11/42

9

 ファジアル・リュ・シアン城。
 マロニエ並木の奥にある、シンデレラ城のように優雅な帝国の宮殿だ。照明に照らされて、蜂蜜色の石灰岩ライムストーンが煌めいている。
 荘厳な扉の前で足を止めると、両開きの扉が、衛兵の手で左右に開かれた。
 零れる、光の洪水。
 宝石箱のようなグレート・ホールに入ると、途端に金管のファンファーレが鳴り響いた。

「うぉ、びっくったぁ!」

 素で驚く佳蓮を見て、レインジールは小さく笑う。
 贅を尽くした、瀟洒な広間。天井から吊るされた大きなシャンデリアに、無数の照明。壁に飾られた、色とりどりの薔薇の花冠。
 二種類の美しい大理石で造られた螺旋階段には、天鵞絨びろうどの赤絨緞が敷かれている。階下にひしめく人を見て、佳蓮は怯んだ。

「大丈夫ですよ」

 腕に添えていた手を、小さな手に優しく撫でられた。レインジールの方が、佳蓮よりよほど落ち着いている。

「女神だ!」

 螺旋階段の踊り場まで進むと、誰かが叫んだ。
 感極まった叫びが次々と上がり、割れるような拍手と歓迎の声がどよもした。
 麗しいレインジールを連れているので覚悟はしていたが、想像以上だ。そこら中から視線を浴びる。
 お美しい……そんな溜息混じりの声が、至るところから聞こえてきた。幸いにして、悪意の声は表立っては聞こえてこない。
 レインジールは、佳蓮が思う以上に身分が高いようで、貫禄ある貴顕きけんも、彼とすれ違う時には道を譲り、恭しく頭を下げた。
 人が左右に割れて、豪奢な白貂しろてんを羽織った皇太子がやってきた。見知らぬ女性をエスコートしている。

「あの女性は?」

 レインジールにそっと耳打ちすると、

「皇太子殿下の婚約者、キララ・アンネ・マクランタ嬢です」

 ごく小さな声で教えてくれた。

「へぇ……」

 地味な女性だ。真紅の巻髪と灰紫の瞳は美しいが、顔の造りは、名前ほどに輝いていない。佳蓮ほどでないにしろ、体型も肥満気味だ。しかし、扇を操る手つきや、泣き黒子のある流し目はコケティッシュで、不思議な魅力を醸していた。

「お美しい我等が流星の女神。ようこそいらっしゃいました」

「こんばんは、シリウス皇子」

 ぎこちなく膝を折る佳蓮を、シリウスは眼を細めて見つめた。

「彼女は、キララ・A・マクランタ嬢です。良ければ、あちらでお話ししませんか?」

 シリウスの腕に手を絡めているキララは、扇子で上品に口元を隠しながら、佳蓮の全身に眼を走らせた。

「すみません。早くも人に酔ってしまって。端によって、静かにしていようかと……」

 しどろもどろに応えると、シリウスは残念そうにしながらも許してくれた。キララと共に、歓談の輪へ消えてゆく。
 これ以上見知った顔に出くわさぬうちに、先ほどから大人しいレインジールの手を引いて、部屋の隅に逃げた。

「私と、並んで歩いてくれるのですか?」

 二人になると、レインジールは信じられない、といった風に佳蓮を仰いだ。

「え? うん。レインしか知っている人いないし、一人にされたら困る。傍にいてよ」

 そっけない声でいったが、内心ではびくびくしていた。そっと横目で様子を窺うと、驚いたことに、レインジールは瞳を潤ませていた。

「え? 泣いてるの?」

「泣いておりません」

 呆気に取られている佳蓮の手を、白く小さな手が恭しく持ち上げた。物語に登場する騎士のように、手の甲に唇を落とす。

「嬉しいです」

 周囲の視線など眼もくれず、レインジールは佳蓮だけを見つめて微笑んだ。
 全幅の信頼と敬愛を捧げる瞳が眩し過ぎて、佳蓮は視線を彷徨わせた。

「レインはよく王宮にくるの?」

「そうでもありません。社交は苦手ですし、仕事や宮廷行事で呼ばれた時くらいです」

「ふぅん」

 小声で雑談しながら道を進んでいると、第二皇子のアズラピスがやってきた。
 彼は、帝国の憧れの的、近衛の花形である白薔薇騎士団の団長でもあり、今宵は凛々しい騎士の礼装に身を包んでいた。

「こんばんは、流星の女神」

 にこやかに挨拶する青年を、佳蓮はしみじみと眺めた。筆で引いたような一重、低めの鼻、印象の薄い地味な顔。以前にも思ったことだが、この国の皇子達は至って平凡な顔をしている。

「こんばんは、アズラピス皇子」

「今宵は一段とお美しい。空にあまねく星よりも、ハスミ様の方が眩い」

「あ、ありがとうございます……」

 芝居がかった台詞に、頬が引きつりそうになった。

「神秘的な黒水晶の瞳に映っていられるのなら、私も喜んで命を差し出すでしょう」

 東洋風の顔立ちをしているが、彼の賞賛ぶりはレインジールに引けを取らない。女性を立てる言動は、この国の文化なのだろうか?

「一曲、踊っていただけますか?」

 差し伸べられた手を断ろうとする前に、レインジールに腕を引かれた。

「アズラピス様。羽澄様は、これから休憩するところなのです。またの機会にしていただけますか?」

「おや、そうでしたか……」

 少年の顔に眼を注ぎ、アズラピスは柔らかい笑みを浮かべた。

「それでは、残念ですがまたの機会にしましょう。引き留めてすみません」

「いえ、こちらこそ」

 軽く会釈すると、礼儀正しいレインジールにしてはいささか無愛想に皇子の横を通り過ぎた。
 言葉少なく回廊を進み、休憩用に整えられた客室に入る。お互いに疲れ切っていて、長椅子に並んで座った後は、しばらく口を噤んでいた。
 足の疲れが引いてくると、佳蓮はそっと横目で隣を窺った。レインジールは何やら深刻そうな顔をしている。

「ねぇ、どうしたの?」

 問いかけると、青い瞳が佳蓮を仰ぐ。

「どう、とは?」

「アズラピスさんと仲悪いの?」

「……彼が気になりますか?」

「いや、別に?」

「彼は、血筋に関係なく、実力で白薔薇騎士団の団長に若くして抜擢された軍事天才です。シリウス皇子と共に、帝国の碧玉と謳われる英雄ですよ」

 唐突な説明に、佳蓮は眼を瞬いた。

「へぇ、すごいね。レインだって、まだ一〇歳なのに、公的機関の長官なんでしょ?」

「彼と比べないでください」

「何それ。嫌味?」

 ムッとする佳蓮を見て、レインジールも器用に片眉を上げてみせる。陶人形のように端正な顔が不機嫌を滲ませると、十歳と侮れない雰囲気が漂う。
 情けなくも佳蓮の方から視線を逸らすと、レインジールは小さく息を吐いた。

「すみません」

「いや、私も……」

 ぎこちなく謝罪すると、レインジールは元の穏やかな表情に戻り、優しい手つきで佳蓮の手の甲を撫でた。伏せた睫毛が、神秘的な陰翳を目元に落としている。
 幽玄的な美しさに見惚れてしまい、佳蓮は意識して視線を逸らした。
 相手は十歳、相手は十歳、相手は十歳……呪文のように心で唱えながら、戻ろう、とレインジールの手を引いた。



cont_access.php?citi_cont_id=171048670&s

+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ