挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼メニューバー
×閉じる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

ブックマークする場合はログインしてください。
この連載小説は未完結のまま約1年以上の間、更新されていません。
今後、次話投稿されない可能性が高いです。予めご了承下さい。

あわせ鏡 改定版

作者:齋藤 一明
俺の名は松永(まつなが)勘太(かんた)、区役所の地域化に勤めている。俺には仲の良い幼馴染がいて、今年は皆で小旅行に出た。一人は前田琴音(ことね)、俺のパートナーだ。あと二人は遠山源太と、加藤 雅(みやび)で、この二人もパートナーだ。
初日は鹿児島に泊まり、翌日は串木野に泊まった。そして、甑島(こしきじま)でのバカンスが始まった。
一日目の夜のことだ。一日中泳いだ疲れが出て、夕食を終えた俺たちはそれぞれの部屋に引き上げた。とはいってもまだ十分に若い俺たちは、満天の星に見守られながら絡み合った。満足感と倦怠感に包まれて、俺たちは真っ暗な海を眺めていた。激しい地震が襲ったのはその直後だった。揺れの収まるのを待って身支度を整えた俺は、隣の源太の無事を確かめ、身支度を整えるよう言いつけたのだが、琴音の悲鳴で部屋へ戻った。すると、暗黒の海原に白い線が横いっぱいに延びていて、それが俺たちに向かって押し寄せてきた。
ところが、津波が岸を噛もうとした瞬間に異変がおこった。すべての出来事が逆転しているのだ。映像も、行動も、音声さえも。
俺は、そうして二ヶ月という時を遡ったのだ。

一番に味方になってくれたのは琴音だった。そして、俺が予言した事件をきっかけに源太と雅も味方になった。また、その縁で事情を調べに着た木下が味方になり、彼の説得で危機管理室が動き出した。というのも、俺が巨大地震と津波を予言したからだ。発生時刻も、およその震源域もズバリと示していたからだ。そうさせるに足る実績は、夢で見たことが次々に現実となっていることで十分だった。

国の機関に組み込まれた俺たちは、一人でも犠牲者を出さないよう奔走を始める。が、世間は俺たちの声に耳をかそうとしない。ジレンマを感じながらできるだけの措置を講じ、やがて運命の日を目前にする。

夢でみたとおりに物事が進み、そして決定的な場面に遭遇する。
発端
2016/03/08 12:45
逆転
2016/03/09 15:53
兆候
2016/03/10 15:12
理解者
2017/06/29 23:19
危機管理室
2016/03/11 17:39
地震学者
2016/03/16 17:42
沖縄トラフ
2016/03/17 11:13
津波のこわさ
2016/03/22 10:53
非常事態宣言
2016/09/18 16:15
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

この小説をブックマークしている人はこんな小説も読んでいます!

錯誤に生きる 自治会役員

 道端で雑草を抜く男がいた。真夏の昼下がりのこと、熱中症を心配した私は、その男に喫茶店へ誘われた。  そこで男は理不尽なことを言われたことを告げた。と、先に店に//

  • ヒューマンドラマ〔文芸〕
  • 短編
  • 4 user
  • 最終掲載日:2016/12/15 10:07
跳狐の庄吉

前作、『しじみ汁』の続編。 目を悪くした根付職人、庄吉は、盗賊改め方同心、高山新十郎の手助けで眼鏡を使えるようになる。その見返りに、人足寄場で細工物の作り方を教//

  • 歴史〔文芸〕
  • 連載(全7部分)
  • 6 user
  • 最終掲載日:2016/05/13 15:31
あわせ鏡

歯科医の遠山源太、銀行員の加藤 雅、看護師の前田琴音、そして地方公務員の松永勘太(おれ) この四人は、幼馴染であり、カップルなのだ。 俺たちは、短い夏の休暇を鹿//

  • 空想科学〔SF〕
  • 完結済(全3部分)
  • 5 user
  • 最終掲載日:2015/03/05 14:47
拾う人

丸二日間徹夜した末に始まった告別式。 あまりの眠気に、俺はひたすら早く終わることを願っていた。 火葬場に遺骸を運び、焼き上がるのを待っていた俺を、係員が呼び出//

  • ホラー〔文芸〕
  • 短編
  • 4 user
  • 最終掲載日:2016/03/07 22:30
どれが善

突然の揺れがおさまってすぐ、町から人々が逃げてきた。 厚手の防寒着はぐっしょりと水を吸い、人々はガタガタ震えている。 山手の中腹にある塗装工場に人々を収容した//

  • ヒューマンドラマ〔文芸〕
  • 短編
  • 5 user
  • 最終掲載日:2016/03/11 16:53
灼熱の恋

本作はオトメゴコロ企画のスピンオフと、後日談です。 愛を確認する日、その時に起きた出来事。 三人の少女が迎えた、バレンタインデー。 果たしてその結末は? そ//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 完結済(全5部分)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2016/03/31 20:58
たんぽぽの咲く土手

『サークル・シエスタ』第三回短編課題 「再会」  参加作の3 「タンポポの咲く土手」  意見交換会でいただいた助言を参考に、改稿しました。  全国から桜の便//

  • 純文学〔文芸〕
  • 短編
  • 5 user
  • 最終掲載日:2016/06/03 07:00
なろうファミリーの温泉旅行 PartⅡ

500作投稿記念作品です。 ボク、日下部良介が“なろう”で親しくさせていただいているユーザーさんたちと温泉旅行に行ったらどうなるかというお話です。 登場する//

  • ヒューマンドラマ〔文芸〕
  • 完結済(全50部分)
  • 5 user
  • 最終掲載日:2016/09/14 19:00
潮の香

第三回『サークル・シエスタ』短編課題 「再会」 参加作の1 『潮の香』 意見交換会や感想でいただいた助言をもとに、全面的に改稿しました。

  • 純文学〔文芸〕
  • 短編
  • 5 user
  • 最終掲載日:2016/06/01 07:00
しょこらてぃえ。

 中学二年の智詞(さとし)と、三年で幼なじみの詩奈(しいな)。  二人の距離が遠くなっていく年頃。ふとしたきっかけで、智詞は今までになかった、幼い頃とは違う感情//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 完結済(全18部分)
  • 5 user
  • 最終掲載日:2016/07/30 14:42
閻魔 急募!

村外れにある小さなお堂で出会った貧相な男。それが持ち込んだ求人ビラを見たことで、私の第二の人生が始まった。 高給と終生雇用という破格の待遇も魅力的ではあったが、//

  • 純文学〔文芸〕
  • 連載(全3部分)
  • 7 user
  • 最終掲載日:2016/09/17 22:20
通学路が一緒なだけだから

【文学フリマ短編小説賞参加作品】幼馴染の男女が偶然か必然か同じ高校に通うことになる。アカネは進学クラスで帰宅部、野球特待のユウキは部活で朝夕の練習があり、通学が//

  • 純文学〔文芸〕
  • 完結済(全35部分)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2016/06/17 08:31
固い遺志 その一

昨日の葬儀でおきた出来事を題材にしました。その一です。

  • その他〔その他〕
  • 短編
  • 4 user
  • 最終掲載日:2016/05/19 10:34
月刊標語

自らを鼓舞する、戒める、奮起する。 そんな意味の標語エッセイ。 ほぼ自分に言い聞かせるためですが、何かしらの一助になったら、幸せにございます。 毎月1日更新//

  • その他〔その他〕
  • 連載(全36部分)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2017/12/01 20:28
「あの日」について。

2011.3.11について、ゆっくり語ります。

  • エッセイ〔その他〕
  • 連載(全12部分)
  • 5 user
  • 最終掲載日:2016/07/06 21:33
喜怒哀泣

 もし、大金を拾ったらどうなるだろう。  ひなびた商店街で酒屋を営む齋藤は、配達の途中で腹具合が悪くなってしまった。  人目を避けて藪の中で用を足した彼は、そ//

  • ヒューマンドラマ〔文芸〕
  • 完結済(全2部分)
  • 5 user
  • 最終掲載日:2016/01/16 11:06
短編集「やわらかな浸食」

震災をテーマにした短編集です。 震災復興支援企画【スマイルジャパン2016】参加作品です。 大きな作品を仕上げることはできなかったので、震災をテーマにした小さな//

  • 純文学〔文芸〕
  • 完結済(全7部分)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2016/11/04 08:41
こけけ (ここへ来い)

あの日、俺は夜勤明けだった。 風呂に入って、晩酌やって、夕食食べたらすることがない。 真っ昼間からと嫌がる女房と一戦交えて眠ったのさ。 ダンダンダンダン、ガ//

  • ヒューマンドラマ〔文芸〕
  • 短編
  • 5 user
  • 最終掲載日:2016/03/14 13:37
タバコを吸わせて

大通りから一本入った裏通り。 川面を飾る柳の並木はまだ葉を落としたまま。 薄暗い一角で人待ち顔の男がイラついていた。 相手のことを知らぬまま人を待ち続けている//

  • ホラー〔文芸〕
  • 短編
  • 5 user
  • 最終掲載日:2016/04/02 22:30
しじみ汁

江戸、下町で根付を作って糧を得ている目の悪い若者がいた。 名を庄吉という。 幼馴染の源太は、いつも立ち寄る飯屋で働くおツネを彼の女房にしようと骨をおってやった。//

  • 純文学〔文芸〕
  • 完結済(全6部分)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2016/10/26 19:38
律儀者

震災がおきた翌日、俺は店を開けるかどうか迷っていた。 店には少なからず食べ物も飲み物もある。使い捨てカイロもある。 だって、俺の店はコンビニだから。 しかし、//

  • ヒューマンドラマ〔文芸〕
  • 短編
  • 5 user
  • 最終掲載日:2016/03/15 17:03
初雪 こころ やがて積もりて

主人公は家の都合で働き出した。 一方、片思いの幼馴染の彼は大学生になった。 好きでたまらない。叶わなくて苦しくて。でもこの「恋」をあきらめることをやめた。 そ//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 短編
  • 4 user
  • 最終掲載日:2016/12/09 15:09
はーれむ・きっちん~俺はこんなの望んでない!~

おんぼろアパートの苦学生。 ただ料理好きな彼は、ある日とんでもない現象に巻き込まれる。 食材と青年が巻き起こす、ドタバタコメディー。 はたして、どう転がってい//

  • コメディー〔文芸〕
  • 完結済(全35部分)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2016/03/27 21:12
失われつつある記憶

つい最近まで当たり前のようにあったものが姿を消しています。 世の中は便利になりました。しかし、その便利さは合理化でしかありません。 合理化に追いやられる仕組み、//

  • 歴史〔文芸〕
  • 完結済(全12部分)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2017/11/28 12:58
ペタルの下に

ペタルの下に広がる世界。 巨人が暴れまわった痕のような、手のつからない光景が広がる中に、救いを求める者の姿を探す。 完全に秩序を失った世界で、視認しにくい服//

  • ヒューマンドラマ〔文芸〕
  • 短編
  • 5 user
  • 最終掲載日:2016/03/13 06:29
砂村遺恨試合始末録

深川の料理茶屋を根城にしている日下部富三郎は、碁敵として知り合った午雲和尚を誘って大川の川開きに屋形船を繰り出した。船には贔屓の芸者と板前。も乗っていた。粋な都//

  • 歴史〔文芸〕
  • 完結済(全6部分)
  • 5 user
  • 最終掲載日:2015/12/13 09:22
一日一善の為なら何でもします!~結城瑞穂の独創ライフ~(200文字小説)

19才、OLの結城瑞穂の生き甲斐は何と一日一善! 特別な理由は一切無し! 善行を求めて今日も彼女は生きて行く! ※ジャスト200文字の連作小説です。

  • 純文学〔文芸〕
  • 完結済(全14部分)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2016/06/21 21:04
コンビニのハラダさん

駅前のコンビニエンスストア『スマイリーマート』。 毎日沢山の人が訪れるこの店には、一人のベテランパートがいた。彼女の名は『ハラダ』。 店内のことはもちろん、お客//

  • ヒューマンドラマ〔文芸〕
  • 連載(全5部分)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2016/10/11 09:00
嘘を教える番組

最近めっきり存在感を失った時代劇ドラマ。 話としては無難におさまっていた。しかし、開始当初に示された出来事がいけない。 時代劇ということで、現代人の知らない要素//

  • エッセイ〔その他〕
  • 短編
  • 4 user
  • 最終掲載日:2016/06/26 22:32
固い遺志 その二

昨日の葬儀にて こんなことがありました。

  • その他〔その他〕
  • 短編
  • 4 user
  • 最終掲載日:2016/05/19 15:15
今日は素直な自分になれた。

【オトメゴコロ企画】【matatakiシリーズ】マジメでお堅い女教師が生徒に初めて告白された。思いのほか心揺れる姿をよりにもよって好きな人に見られてしまう。不器//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 完結済(全6部分)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2016/02/14 16:00
いつかきっと

スマイルジャパン参加作品です。

  • ヒューマンドラマ〔文芸〕
  • 短編
  • 4 user
  • 最終掲載日:2016/03/08 20:00
固い遺志 その三

昨日の葬儀での出来事です。 大変貴重な教訓を得た出来事でした。

  • その他〔その他〕
  • 短編
  • 4 user
  • 最終掲載日:2016/05/19 21:59
刀を捨てた武士

年末のある日、日中外務次官による領土交渉が行われていた。 中国側の理不尽な要求を受け流していた日本は突然方針転換し、中国を挑発する姿勢を明確にした。外務次官は//

  • 歴史〔文芸〕
  • 完結済(全18部分)
  • 5 user
  • 最終掲載日:2014/04/11 19:00
先生 だっこ!

 オトメゴコロ企画参加作  私の学校には奇妙な伝統がある。正確には学校にあるのではなくて、演劇部がおかしいのだ。  なるべく距離をおこうとしていたのに、妙なこと//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 短編
  • 7 user
  • 最終掲載日:2016/02/14 08:55
恋愛ベタなオレたちは

はじまりは、居酒屋での恋愛談議。 イケメンな先輩と、彼女いない歴=年齢な後輩。 モテる男にもモテない男にもそれぞれ悩みがあった。 そしてお目当ての彼女にも、恋//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 連載(全19部分)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2017/12/16 19:03
↑ページトップへ