挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
ランドシン伝記  (アーカーシャ・ミソロジー) 作者:キール・アーカーシャ

第0章  輪廻-編

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

8/66

   第Ω話  再誕 ⑧

 第Ω話  再誕 ⑧


 一方で、団長ウィルと不死王レヴィストルは周囲の高層-建造物を破壊しながら、戦いを続けていた。
彼らの剣がぶつかり合うたびに、熱と衝撃波が発生し、(あた)りの全てを溶かし、砕いた。

 そして現在、ウィルとレヴィストルは三角柱なる高層-建造物の壁面にて、高速で移動を(おこな)っていた。
 彼らは今、完全に重力を克服(こくふく)しているかのように壁面を駆け、剣撃を放ち合うのだった。
 それと共に、破壊の嵐が通り過ぎ、後には砕けたガラス(へん)()(そそ)ぐのだった。

 竜ティアと小人族のモロンは、少し離れた位置からウィルとレヴィストルによる死を振りまく決闘を見届けようとしていた。

 しかし、戦いは突如(とつじょ)として終わりを(むか)えた。
 ウィルの体に異変が訪れたのだ。
 度重(たびかさ)なる《共神(きょうしん)》の副作用が、ついにウィルの体に限界をもたらしたのだ。
 全身から血を流しながら、ウィルは糸の切れた人形のように、地表へと落下していった。

 それを壁面に(つか)まりながら、レヴィストルはつまらなそうに見下(みお)ろしていた。

『お互い、不本意(ふほんい)な終わり方だったな。だが、手は抜かないぜ。それが剣士というものだろう?』

 と(つぶや)き、レヴィストルは最大級の魔力を魔剣にこめ、力なく落ちるウィルに向かい、一気に放った。

 死の一撃がウィルに迫る。
 その剣撃(けんげき)はさながら(らい)(りゅう)(ごと)くに、ウィルを()らわんとした。

「駄目ッ!」

 ティアの悲痛な声が響く。
 次の瞬間、天をも(とどろ)かす衝撃波が吹き荒れた。
 高層(こうそう)-建造物(けんぞうぶつ)-(ぐん)は次々とドミノ倒しに崩れていき、嵐はティア達にも(たっ)した。

「ッ・・・・・・」

 ティアは結界を張り、押し寄せる灼熱(しゃくねつ)を何とか(ふせ)いだ。

 気づけば、衝撃の中心部はクレーターのようになっており、(むし)一匹(いっぴき)、生きていないのが分かった。

「そんな」

 ティアは両膝(りょうひざ)を地につけ、(うつ)ろに(つぶや)いた。

「団長・・・・・・?」

 モロンは現実を受け入れられないかに、声を()らした。

 しかし、崩壊した瓦礫(がれき)の最上部に(たたず)むレヴィストルの反応は違った。

「・・・・・・何者だ?」

 その響きには、弱冠(じゃっかん)戸惑(とまど)いが混じっていた。

 ティアが顔を上げると、一人の男が空から降りてきた。
 その端正(たんせい)顔立(かおた)ちの()男子(なんし)は、気絶するウィルを抱えていた。

「何とか()()いましたね」

 男は優しく微笑(ほほえ)み、ティアとモロンに言うのだった。

「シオネス、あなた・・・・・・」

 思わず、ティアは彼の名を口にした。

 彼こそ、剣聖シオンの息子にしてヒヨコ豆-団の一員であるシオネスだった。

「シオネス、それに団長!」

 そう言い、モロンは駆け寄った。
 対して、シオネスはウィルをソッと地面に()ろし、モロンに(うなず)いた後、レヴィストルに向き直った。

「悪いが、不死王。お前の相手は僕だ」

 それに対し、レヴィストルは苛立(いらだ)たしげに答えた。

『お前ごときに、俺の相手が(つと)まるとでも?』

 すると、レヴィストルの背後より声が()けられた。

『あまり、その子の実力を甘く見ない方が良い。その子は剣聖シオンの息子であり、聖女ミリトと同じく、騎士王アルカインの血脈をひいている、(けん)(てい)シオネスなのだから』

 そこには、小人族の(おんな)魔術師(まじゅつし)であるユークが浮遊していた。
彼女はかつて剣聖シオンのギルドに所属していた強者である。

『なる程・・・・・・。で、お前も俺と()()うのか?お前も並の者では無いのだろう?二対一ならば、丁度(ちょうど)いいやも知れない』

 しかし、その不死王の言葉にユークはフッと()みを見せた。

冗談(じょうだん)。私には別の仕事がある』

 そう言い残し、ユークはティア達のもとへ時空転移した。

治療(ちりょう)をする。ティア、あなたとウィルを』

 ユークの言葉に、ティアは黙って従った。

『それは看過(かんか)できないなッッッ!』

 と言い放ち、レヴィストルは瞬間移動にも(ひと)しい速さで、ユークに迫った。

 しかし、それをシオネスがたやすく剣で(はば)んだ。
 ここに(いた)り、レヴィストルはシオネスの実力を認め、獰猛(どうもう)()みを見せた。

『なる程、これは良い練習台になりそうだッ!』

「練習台?あんたは、ここで死ぬんだよ」

 そう冷たく告げ、シオネスは二刀目(にとうめ)を抜剣した。
 刹那(せつな)(ばっ)(けん)()が発動し、真空の(やいば)がレヴィストルを(おそ)った。

 とっさにレヴィストルは大きく跳躍(ちょうやく)して()けるも、一瞬でも遅れていれば体は両断されかねなかった。
 シオネスの一撃により倒壊した高層-建造物は、さらに崩れていった。

 一方、レヴィストルは(ゆる)やかに落下しながら、震える程の魔力を高めた。

『見せよう、最上(さいじょう)なる王の一撃をッ!』

 天地が鳴動し、レヴィストルの究極-剣技が今、構築されていった。

 これに対し、シオネスは柔和(にゅうわ)微笑(ほほえ)みを浮かべた。

「行こう、ターニャ。共に」

 そう最愛の者の名を口にし、シオネスは力を解放していった。
 炎の精霊ターニャが出現し、シオネスに優しく答える。

『ええ、共に・・・・・・』

精霊と()したターニャの加護がシオネスに()かり、今、シオネスの髪と瞳は(じゅん)なる(あか)に染まった。

 不死鳥の(ごと)き炎をその身と双剣(そうけん)(まと)い、シオネスは最上級-剣技《双滅炎(そうめつえん)》を発動するのだった。
 そして、不死王レヴィストルと剣帝シオネスによる至高(しこう)の剣技が炸裂(さくれつ)()うのだった。


 ・・・・・・・・・・

 その頃、ダーク・エルフのトゥセと格闘家のアーゼは不死王アーバインの一撃により瓦礫(がれき)の下に()()められていた。
 (さいわ)い、二人の周囲にはわずかな空間が存在し、()(つぶ)される事は無かったが、外に出る事は(かな)わなかった

 さらに、アーゼは右腕を不死王の攻撃により失っており、気絶していた。
 トゥセは暗闇の中、布でアーゼの血止(ちど)めをしていた。

「クソッ・・・・・・見えなかった。二方向から同時に攻撃を仕掛(しか)けたってのに。それも、たった一撃でッ」

 トゥセは布を縛りながら、(くや)しさを(にじ)ませた。

「ハァ・・・・・・ハァ・・・・・・血は止まったみたいだけど、どうやって、ここを出る?もう俺達2人にはあまり力が残されていない。瓦礫(がれき)をどけるのに無理に力を使っちまうと、奴に一撃を()らわす事が出来なくなっちまう」

 トゥセは焦燥(しょうそう)の中、(くちびる)()んだ。

 その時だった。
 突如(とつじょ)として、瓦礫(がれき)()(どう)(とびら)が浮かんだのだった。
 さらに扉は開き、中から一人の猫人族(ねこびとぞく)と見える可憐(かれん)な女が出てきた。

 首から上は(あい)くるしい猫、下は人間、そんな彼女こそヒヨコ豆-団の一員であるリーゼであった。

「リーゼ、お前・・・・・・」

 トゥセは目を(またた)かせた。
 あまりに唐突(とうとつ)な再会であった。

「はぁ・・・・・・生きてて良かった」

 リーゼはホッとして言うのだった。
 すると、トゥセが口を開いた。

「そりゃ、こっちの台詞(せりふ)だ。っていうか、今まで」

「私の話は長くなるから。それより、早く逃げよう。道を作ったから。トゥセもアーゼも十分、戦ったんでしょ?」

 しかし、トゥセは首を横に振った。

 それに対し、リーゼは悲痛な表情を浮かべた。

「なんでッ!あんな化け物-相手じゃ、本当に死んじゃうよッ」

 思わず、リーゼは声を(あら)げた。

 すると、トゥセはアーゼの左腕を(つか)み、彼を背負った。

「死なばもろともさ。奴を倒しさえ出来ればそれで良い」

その時、トゥセの(ほほ)にピシャリという音が響いた。
 リーゼの平手が、トゥセを打ったのだ。
 見れば、リーゼの両目は涙で(うる)んでいた。

「嫌なんだよ・・・・・・。もう、誰かが死ぬのはッ。ニョモちゃんも、レククも、ガインも・・・・・・。仲間が居なくなるのは嫌なんだよッ!」

 そのリーゼの想いを受け、トゥセは悲しげに目を閉じた。
 しかし、首を横に振り、ソッと目を開き、(せつ)なげに答えるのだった。

「すまねぇな、いつも。俺は馬鹿だからさ。心配ばっか()けちまって。分かるよ。俺だって、お前に死んで欲しく無いからよ。
だからさ、お前はどっかで隠れててくれ。な」

 そう(さび)しげに言い残し、トゥセはアーゼを引きずるように連れ、扉をくぐっていった。

 残されたリーゼは力なく両膝(りょうひざ)をついた。

「馬鹿ッ・・・・・・馬鹿トゥセッ!・・・・・・バカぁ。私の気持ちも知らないで」

 涙をポロポロとこぼしながら、リーゼはか細く声を振るわせるのだった。



トゥセは扉の(うち)に続く回廊(かいろう)を進んでいた。

「おい」

 すると、トゥセの背から相棒(あいぼう)の声が()けられた。

「起きてたのか、相棒(あいぼう)?」

 そうトゥセはアーゼに(たず)ねた。

「途中からな」

「そっか」

 トゥセは()()なく答えるのだった。
 しかし、その(ひとみ)の奥には涙が(にじ)んでいるのだった。

 アーゼが続けて問う。

「いいのか、あんな別れで?」

「さぁな。いつだって、後悔ばかりさ」

 うそぶく(よう)に言うトゥセの声は、(かす)かに別れの(かな)しみに震えていた。

「お前は本当にバカだ」

「違いない」

 そうトゥセは苦笑(くしょう)()じりに答え、アーゼと共に回廊(かいろう)を進み続けるのだった。


 ・・・・・・・・・・


+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ