挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
ランドシン伝記  (アーカーシャ・ミソロジー) 作者:キール・アーカーシャ

第0章  輪廻-編

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

7/66

   第Ω話  再誕 ⑦

 第Ω話  再誕 ⑦


 カシムと茶猫のケシャは不死王テレ・ネアの古代精霊魔法をひたすらに避け続けていた。
 それは薄氷(はくひょう)()むような道程であり、一歩でも間違えれば即座(そくざ)に死が訪れた。

 二人は(ひる)むこと無く、不死王テレ・ネアに果敢(かかん)に立ち向かってはいたが、悲しいかな、絶対的に攻撃力が不足していた。
 テレ・ネアの周囲には強固な結界が張り巡らされており、カシムとケシャの放つ波動は全く内側に届かないのであった。

 一方で、触れたら死を意味する滅びの魔法が、カシムとケシャに襲いかかる。
 どうみても、二人には勝ち目は無かった。
 しかし、それでも構わないと、カシム達は思っていた。

 時間(じかん)(かせ)ぎで十分なのである。
 ウィルとティアが魔王アセルミアのもとへと辿(たど)()くまで、不死王を(あし)()め出来れば、それで良いのだ。

 とはいえ、どうしても切望(せつぼう)してしまう。
(せめて、もう少しこちらに火力があれば・・・・・・)
と。

 一方で、不死王テレ・ネアはカシム達の意図(いと)気付(きづ)き、つまらなそうに舌打(したう)ちをした。

(くだ)らない。これなら戦う必要すら無いわね』

 と、テレ・ネアは地面に()()ち、(つぶや)いた。
 もはや、テレ・ネアはカシム達の攻撃を()ける素振(そぶ)りすら見せなかった。
 そして、不死王テレ・ネアがカシム達を無視し魔王のもとへと飛び立とうとしたとき、地響(じひび)きがなった。

 遠方(えんぽう)より何かが(せま)って来るのだ。
 それは()(くび)なる犬型の巨獣(きょじゅう)と、上に乗る一人の大男だった。

「あれはッ」

 カシムは思わず目を見開いた。

『ポポン・・・・・・』

 一方、茶猫のケシャは喜んで良いのか悲しんで良いのか分からず、複雑な表情を示した。

 その大男の名はポポン。
 ヒヨコ豆-団の一員であり、聖女ミリトの義理の弟である。

「はいよぅ!はいらぁッ!たらっしゃあッッッ!」

 と叫びながら、ポポンは不死王テレ・ネアに対し巨獣ごと体当たりを試みた。
 しかし次の瞬間、見えない何かが巨獣を(はる)か上空へと吹き飛ばしていった。
 もちろん、不死王テレ・ネアの魔術である。

『ガウーーーーーーーッッッ!』

 との巨獣の悲痛な声が遠ざかっていった。

(くだ)らない・・・・・・』

 そうテレ・ネアは、()()てるかに言った。
 しかし、彼女の背後からは、何と丸太(まるた)を手にしたポポンが迫っていた。
 飛んでいったのは巨獣だけであり、ポポンは隠れるよう上手(うま)く攻撃を避けていたのだ。

「ドッセェェェェェェイッ!」

 と叫びながら、ポポンは愛用の武器である丸太をテレ・ネアに向け振るった。
 その刹那(せつな)、魔法による反射が起き、ポポンの体は今度こそ丸太と共に()()んで、建物に激突した。

『それで奇襲(きしゅう)のつもり・・・・・・』

 そう言いかけ、テレ・ネアは驚愕(きょうがく)した。
 彼女を(つつ)む絶対であるはずの結界に、(かす)かではあるがヒビが入っていたのだった。

『まさか、お前なの?その丸太は・・・・・・、まさか神話級の武具だと言うの?』

 とのテレ・ネアに対し、起き上がったポポンはキッパリと首を横に振った。

「いいや、違うさ。これは・・・・・・ただの丸太だ!」

 ポポンは妙に誇らしそうに、それでいて高らかに告げるのだった。

 一方、テレ・ネアは不快を(あらわ)にしていた。

『ただの丸太・・・・・・。そう、確かにそのようね。だとすると、お前は虚無の力を有しているというの?その究極(きゅうきょく)とも言える力を』

 とのテレ・ネアの言葉に、ポポンは首をキョトンと(かし)げた。

しかし、ポポンは頭をブルブルと振り、口を開いた。

「そんな事より、よくも(とも)であるケルベロ(くん)を吹き飛ばしてくれたなッ!(めずら)しく俺は今、怒っているんだぞッ!」

 ポポンはテレ・ネアに丸太を突きつけ、
叫ぶのだった。

『やれやれ・・・・・・少しは退屈しないで()みそうね』

 と、妖艶(ようえん)な笑みを浮かべ、不死王テレ・ネアは周囲を埋め尽くす程の色とりどりなる魔弾を延々(えんえん)と放っていくのであった。

 ・・・・・・・・・・

一方で、狂戦士ローとドワーフのギート達は(むら)がり襲いかかる異形(フリークス)の軍勢に対し、死闘を()(ひろ)げていた。
 しかし、物量差(ぶつりょうさ)の壁は厳然とそびえ、一人、また一人と部下達が命を散らしていった。

『鳴けッ、魔刃(まじん)よッ!』

 全身から血をこぼしながらローは異形(フリークス)達を一刀両断していった。
 だが、何もかもが限界だった。

 それなのに倒しても倒しても、次なる軍勢が現れるのである。
 しかもその時、さらなる脅威(きょうい)が上空から出現した。
 それはトゥセとアーゼと戦っていたはずの不死王アーバインであった。
 彼が下方に腕を突き出すや、霊体なる巨大な手が湧出(ゆうしゅつ)し、狂戦士ローを()(つぶ)さんと(せま)った。

「クッ」

 ローはとっさに横に回避行動を取り、(かわ)すも、(となり)で戦っている部下達は嫌な音をたてて(つぶ)れていった。

「不死王アーバインッ・・・・・・」

 ローは(いか)りで奥歯(おくば)()みしめた。

 それに対し、不死王は空中で(すず)やかな顔にて返した。

『あのカード使いと格闘家。瓦礫(がれき)のどこかに埋もれてしまった。次はお前達に相手(あいて)-(ねが)おう』

 その言葉にローは愕然(がくぜん)とした。
 どう考えても、それはトゥセとアーゼの事であった。
 ヒヨコ豆-団の中でも、ウィルの右腕と左腕と言える二人が、これ程の短時間で敗れ去った事を意味する。
 ドワーフのギートも呆然(ぼうぜん)とし、しかし取り直したように叫んだ。

「嘘をつけッ!あ奴らが負けるはずなどあるものかッ!()りてこい、この卑怯者(ひきょうもの)めッ!」

 叫ばねば、ギートは最低限の冷静さを(たも)っていられなかった。

『ならば()りよう』

 次の瞬間、いつの間にかギートの背後にて不死王アーバインが構えを()していた。
 刹那(せつな)、死の波動がギートに(たた)()まれんとした。
 ギートはとっさに斧で不死王の掌底(しょうてい)(ふせ)ぐも衝撃までは殺しきれず、吹き飛ばされたギートは空中で血を吐いた。

 さらに、不死王は容赦(ようしゃ)なく霊なる手をギートに向け放った。
 これを避ける事は、着地し体勢と(ととの)えたばかりのギートには不可能だった。
 今、ギートの眼前(がんぜん)には霊体なる巨大な手が迫っていた。

 しかし、その霊なる手を狂戦士ローの魔刃(まじん)がギリギリの所で(ふせ)いでいた。
 魔刃(まじん)に斬り裂かれ、霊なる手は消滅していった。

「すまんッ」

 ギートはローに(こえ)(はっ)した。
 対して、ローは(けわ)しい顔のまま無言で(うなず)いた。

 すると、不死王アーバインは自身の手を(するど)見据(みす)えた。
 その手からは黒い()が伝っていた。
 霊体の手が斬られた事によるフィード・バック(はね返り)が起きたのだ。
 とはいえ、通常の攻撃を霊体の手が受けようと、不死王アーバインにダメージがいく事は無い。

『その呪われし(やいば)の力か。厄介(やっかい)だな・・・・・・。まぁいい。ならば、直接に(こぶし)(たた)()むまでだ』

 と告げ、不死王アーバインは先程(さきほど)トゥセとアーゼを打ち倒した《(せい)(どう)(かま)え》を、再び示すのだった。


 ・・・・・・・・・・


+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ