挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
ランドシン伝記  (アーカーシャ・ミソロジー) 作者:キール・アーカーシャ

第0章  輪廻-編

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

6/66

  第Ω話  再誕 ⑥

 第Ω話  再誕 ⑥


 トゥセとアーゼが不死王アーバインに対し、無謀なる死闘を挑んでいる時、ウィルは竜ティアの背に乗り、魔王城の中心部へと入った。
 眼下には居住区が広がり、奇妙なる高層の建物が所狭(ところせま)しに突き出ていた。

 それらの高層の建物は、綺麗に四角柱で出来ており、壁面には無数の窓ガラスが規則正しく組みこまれていた。
 それが何なのか、この時代の人々には分からないだろうが、古代の叡智(えいち)(うかが)う事は出来ただろう。

 一つの高層なる建物、時計台の(ごと)きその上から異様なるオーラが発された。
 そこには目隠しをした女性、不死王テレ・ネアが待ち構えて居た。
 人外の(くら)美貌(びぼう)(たた)える彼女は、艶然(えんぜん)たる笑みを浮かべ、ウィル達を見据(みす)えていた。

「あれは・・・・・・」

 仙人術(せんにんじゅつ)の使い手なるカシムは、表情を(けわ)しくした。

『不死王テレ・ネア。不死王アーバインに続き二人目』

 そう茶猫のケシャも身を震わせ、(つぶや)くのだった。

 すると、不死王テレ・ネアは(くれない)(くちびる)を開いた。

『中々にしぶといわね。虫のよう。魔法でひねり(つぶ)したくなる』

 そして、テレ・ネアは竜ティアに向け、その手をかざした。

「ティアッ!」

 ウィルが叫ぶまで無く、ティアは横に回避行動をとっていた。
 次の瞬間、テレネアの()(ひら)から不可視の波動が放たれ、その波動はティアの一瞬前(いっしゅんまえ)に居た空間を通り過ぎ、背後の高層-建造物にぶつかった。

 すると、その高層なる建物は突如(とつじょ)として粘土(ねんど)のように(ゆが)()し、その全体で螺旋(らせん)を描き出した。
 数百メートルなる巨大な建造物が一瞬にして、前衛的(ぜんえいてき)な芸術品の(ごと)くにねじれてしまったのだ。
 これこそが不死(ふし)(おう)にして()(どう)(おう)なるテレ・ネアの底知れぬ実力であった。

 しかし、魔王のもとへ辿(たど)()くには、彼女を()()めねばならない。

「ここは私達でやりますッ!」

 そうカシムは叫び、浮遊術(ふゆうじゅつ)でテレ・ネアへと向かった。

『じゃあ、私も行って来ます』

 茶猫のケシャも、同じく浮遊術でそれに続くのだった。

「すまないッ・・・・・・」

 ウィルは断腸(だんちょう)(おも)いで遠ざかる二人を見送るのだった。
 再びウィルは予感した。
 もはや、二人と会う事は今生において無いであろうと。
 それでも前を進むしかないのだ。


 一方、不死王テレ・ネアは自身に立ち向かって来る二人に不満そうな顔を見せた。

『ああ、お前達では、役不足(やくぶそく)だというのが分からないの?私はね、私はカインズの末裔(まつえい)なるウィル・ザ・ハーケンスとの手合(てあ)わせを(のぞ)んで、ひたすらに(のぞ)んでいたのよ』

 そう(うた)うように告げながら、テレ・ネアは術式を一瞬で構築(こうちく)した。

 すると、どこからともなく無数の白球が出現した。
 薄い笑みを浮かべるテレ・ネアが指を綺麗(きれい)に鳴らすや、全ての白球からこれまた無数の(とげ)(しょう)じ、次々と伸び、(えだ)()かれし、カシムとケシャを(つらぬ)かんと(おそ)った。

 カシムとケシャの魔力と生命力を探知し、自動的に追尾してくるその攻撃を避けるすべなど、本来、あるはずも無かった。

 しかし、カシムとケシャは(おの)が存在を希薄(きはく)にし、自動追尾をなるべく無効化し、かつ、自動(じどう)回避(かいひ)(おこな)い、空中を()(つく)さんとする数多(あまた)(とげ)をかいくぐっていくのだった。
 これには、不死王テレ・ネアも驚きを(きん)()なかった。

『なる程。気の流れを読む自動回避か。面白いわ。でも・・・・・・避けようが無い時、どうするのかしら?』

 その嘲笑(あざわら)うような不死王の声色(こわいろ)と共に、周囲の空間は(ゆが)()し、魔術なる星空(ほしぞら)(またた)きだした。
 さらに、突如(とつじょ)として小さな精霊達が現れ、テレ・ネアを中心に()(おど)りだした。

『何あれ?』
『あれを殺すの?』
()()くすの?』
()やすの?』
(くだ)くの?』
(めっ)すの?』

 召喚された精霊達は口々に言うのだった。
 しかし、テレ・ネアは人差(ひとさ)し指をチッチと振り、彼らに(こた)えた。

『その全てを与えましょう』

 不死王たる(あるじ)の言葉に、精霊達は狂喜(きょうき)し、色とりどりの光を(はっ)しながら星空を()()うのだった。

(ろく)なる精霊の力、見せてあげるわ』

 そして、不死王テレ・ネアの無差別的な最上級-魔法が星空に構築されていくのであった。

 ・・・・・・・・・・

 ウィル達はついに魔王城の中枢部(ちゅうすうぶ)へと降りたっていた。
 ティアは(りゅう)形態(けいたい)から人型(ひとがた)形態(けいたい)へと、建物の中でも戦いやすいように、その姿を変えていた。
 元々、(りゅう)形態(けいたい)の姿からもその美しさは(うかが)えたが、人型となる事でその(たぐ)いまれなる美貌(びぼう)がよりはっきりと見て取れるのだった。

「ウィル。モロン。行きましょう」

 ティアはその長く(あで)やかな(えん)(ぱつ)をなびかせながら、痛みを押さえ言うのだった。

 しかし、彼らを(さえぎ)る大きな影があった。

『残念だが・・・・・・ここは通行止(つうこうど)めさ』

 との声が段差(だんさ)の上から()けられた。
 見上げれば、そこには大剣を軽々と手にした眼帯の男が(すわ)()んでいた。

「不死王レヴィストル・・・・・・」

 ウィルは()()(つぶや)いた。
 その言葉を聞き、レヴィストルは面倒(めんどう)()に立ち上がった。
 すると、その存在感が一気に増し、歴戦の勇士たるウィル達ですら一瞬、気圧(けお)されそうになった。

『不死王か。実に仰々(ぎょうぎょう)しい呼び名だな。(くだ)らない。単に大陸の四分の一を手にし、そして敗れただけだって言うのにな』

 と、自嘲気味(じちょうぎみ)にレヴィストルは言うのだった。

「そこをどいてくれ」

 と言うウィルをレヴィストルは鼻で笑った。

『無理だな。俺は女神が大嫌いなんだ。あいつらの望むままの世界が続くくらいなら、いっそ魔王に世界をくれてやった方がマシさ』

 そして、不死王レヴィストルは悠久(ゆうきゅう)の時を共にした()(けん)を構えるのだった。

『お前を見ると思い出す。俺達3人を倒しながら最も気弱でそして、最も(いくさ)を望まなかった王、カインズを』

 さらにレヴィストルは続けた。

『しかし、それも必然か。お前はカインズの末裔(まつえい)なのだから。ウィル・ザ・ハーケンス。本来ならば亜大陸ランドシンの王を名乗ってもおかしくない()(うつわ)(ちから)(ゆう)していながらも、一介(いっかい)の冒険者を演じ続ける。()しいな。いやしかし、だからこそあいつの血をひいていると言える。あの甘ったれのカインズの血をな・・・・・・』

 と告げる不死王からは、どこか追憶(ついおく)(なつ)かしむ様相(ようそう)(うかが)えた。
 しかし、ふいに顔を激しくしかめた。

『あいつの魂は今、何をしている?女神の(つく)りし天上の世界にて(たわむ)れているのか?女神の相手を毎晩しているのか?この世界がどんどんと狂っていくのを極楽(ごくらく)なる箱庭(はこにわ)で、のんびりと観賞(かんしょう)しているのか?まぁ、何だって良いさ。あいつは俺達に勝ち、神性水晶(クリスタル)を手にした。だが・・・・・・俺達は冥府(めいふ)より(よみがえ)った。(よみがえ)ったのだッ!今こそ再戦の時だ。だが、俺としてはまだ戦いの(かん)が戻りきっていない。故に、ウィル・ザ・ハーケンス。カインズとの()()いの前哨戦(ぜんしょうせん)として、お前と戦ってやろうッ!』

 そう言い放ち、レヴィストルは大剣をウィルに突きつけた。
 対して、ウィルは父の形見なる(あい)(けん)を引き抜く
のだった。

「ティア、モロン・・・・・・少し、下がっていてくれ」

 とのウィルの鬼気(きき)(せま)る言葉に、ティアとモロンは素直に距離を取るのだった。

 これより近づくだけで存在が蒸発する程の死闘が幕を開けるのだった。

『その背中に付けてる霊剣(れいけん)(かざ)りか?』

 と、レヴィストルは挑発をするも、ウィルは応じなかった。

「お前は霊剣を抜くべき相手ではない」

 そのウィルの言葉に、レヴィストルは獰猛(どうもう)()みを浮かべた。

『言うねぇ・・・・・・まぁ、いいさ。お互いにこれは前哨戦(ぜんしょうせん)なんだからな。俺はカインズ、お前は魔王アセルミア、そういう事だ。とはいえ、全てにおいて勝つのは俺だッ!』

そう王の貪欲(どんよく)さを(たた)えながら()え、レヴィストルはウィルに斬りかかった。
 神速(しんそく)(せま)る大剣を、ウィルは何とか(おの)が剣で受けるのだった。
 次の瞬間、両者の波動が吹き荒れ、周囲の空間を()()くしていくのであった。


 ・・・・・・・・・・


+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ