挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
ランドシン伝記  (アーカーシャ・ミソロジー) 作者:キール・アーカーシャ

第2章  プロローグ、 魔王の系譜-編

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

53/66

オマケ?

 オマケ?

 そこには、二人の男が椅子に座っていた。
細身の男「どうも、細身の男です。一応、このランドシン伝記の主人公を
     してます」
大男「いきなり、大嘘を()くな。全く、お前は。
   というか、言ってて(むな)しくならないか?
   あ、一応、自己紹介をしておくと、俺とこいつは、
   剣聖シオンのギルド・メンバーだ」
細身「なぁ、大男はん」
大男「なんだ?細身の男」
細身「前から、ずっと、ずっと、言いたかった事があるんや
けど・・・・・・」
大男「ああ、察しはついてるが、言ってみると良い」
細身「ワイら、なんで名前、出てこんのやッッッ!」
 そして、場を沈黙が支配した。
大男「・・・・・・まぁ、シオンのギルドは人数が多いからな。
   俺達の名前まで出てきたら、誰が誰か、分からなく
   なるんじゃないか?」
細身「分かる。きっと、分かってくだはる。
   だから、名前、名前だしてもええんや」
大男「うーん。よし、じゃあ、ここで名前を言ってしまおう」
細身「おおッ!じゃあ、ワイの名前は×××やッ!」
大男「・・・・・・すまん、聞こえなかった」
細身「え?じゃあ、もう一度。ワイの名前は×××や、
   ええ名前やろ?」
大男「・・・・・・細身の男、諦めろ。どうも、名前を出す事は
   出来ないらしい」
細身「何でやッ!何で、名前を言う事すら出来へんのや!」
 そして、細身の男は泣き出した。
大男「まぁ、そう泣くな。もしかしたら、
このオマケ・コーナーを進めていけば
名乗れるように-なるかも知れない」
細身「ほんまかいなッ!よっしゃ、なら、頑張っていきまひょ!
   大男はん!」
大男「ああ、細身の男」
細身「・・・・・・何か、その呼び方、すごく悲しくなるんやけど。
   でも、考えてもしょうがあらへん。よっしゃ、なら、
作品の解説をさせてもらうわ」
大男「ほう、確かに、ランドシン伝記は設定が分かりづらい所
   が-あるからな」
細身「そうなんや。ワイも、この国に来た時は苦労したで。
   じゃあ、まずはワイらの居るエストネア皇国(おうこく)
   説明させてもらうわ。この国は、エルフと人間が(おも)
   住んでるんや」
大男「そして、王家や貴族はエルフ、官僚(かんりょう)庶民(しょみん)
   人間という、区別が付けられている」
細身「そうなんや。とはいえ、人間がエルフより劣った生活を
   しているか、と言われれば、必ずしも-そうでは無いんや。
   人間の商人や高級官僚は下手な貴族より金持ちやし、
   エルフの貴族の中でも結構、貧乏貴族は多いんや。
   とはいえ、それでも、エルフに対し、鬱屈(うっくつ)した感情を
   持った人間も少なく無いんや。
   そして、この事が、後の《第3章・エストネア動乱-編》
   にて語られる予定なんや」
大男「相当、先になりそうだがな。しかし・・・・・・」
細身「どうしたんや、大男はん?そないな深刻な顔して」
大男「いや、俺達、そこまで生き残れるのかと思ってな」
細身「え?」
大男「いや、今度のククリ島での戦いは、熾烈(しれつ)を極めそうだし、
   嫌な予感が-するんだ」
細身「そんなッ!いやや、ワイは死にとうないッ!」
大男「お前も素直な奴だなぁ・・・・・・。だったら、付いて来なくても
   良いんだぞ」
細身「いややッ!一人ぼっちは、もっと嫌やッ!」
大男「なんか、段々と、お前のキャラが分からなくなってきた」
細身「そんな事、言われても困るわ!まぁ、ええわ。
   (はなし)、戻そ。えぇと、とはいえ、貴族の全てがエルフという
   ワケでも無いんや」
大男「そう、たとえば、狂戦士ロータ・コーヨ・・・・・・じゃなかった、
   ロー・コヨータさんも、男爵だけど人間だ。
   ただし、領地も狭く、爵位も低いが」
細身「まぁ、そこら辺に差別は-あるんや」
大男「ちなみに、爵位の前には、その領地の名前が付く。
   ロー・コヨータさんの場合、エスネルという土地を
   (おさ)めているから、エスネル男爵というワケだ。
   だから、コヨータ家のエスネル男爵って事だ」
細身「ちなみに、《アルカナ・ドラグーン》の魔導アルマの
   機体のエスネル系列とは多分、関係ないんで気にせん
といてや」
大男「また、マイナーな話を。それで、話を戻すと、
   聖騎士団が人間、王立-騎士団がエルフ、
   元老院が人間、王宮内に存在する枢密院(すうみついん)がエルフ。
   という感じで区分されているんだ。
   もっとも、わずかな例外も存在して居て、たとえば、
   聖騎士団の中でも、エルフの聖騎士は数名、存在する
   んだ」
細身「とはいえ、色々とあって、エルフの聖騎士の立場は
   非常に悪いんやけどな」
大男「まぁ、それの詳細は本編に回すとして、次に移ろう」
細身「おう。ほな、ルーテス家の説明をさせてもらうわ。
   この家は、比較的、新しい家なんやけど、爵位を
    一気に高めていったんや。そして、今や公爵家や。
    いやぁ、大出世やなぁ」
大男「しかし、彼等(かれら)は純血を(たっと)び、一族の中での結婚を
   良しとする。そのせいか、近親などの行為も、多く
   みられ、現に、王妃(おうひ)陛下(へいか)とカレギエ公爵(こうしゃく)は   腹違いの兄妹であるが不義(ふぎ)密通(みっつう)の関係にある」
細身「ちなみに、カレギエ公爵には一人娘が-おられての、
   それがセレス姫なんや」
大男「そして、王妃陛下の一人息子、すなわち第1王子
   エギルフィア殿下と、セレス姫は婚約の関係にある。
   つまり、二人は従兄弟(いとこ)という事になる」
細身「いやぁ、結構、真面目に説明したわぁ。
   そろそろ、ワイの名を紹介してもええんとちゃうか?」
大男「ああ。そろそろ、いいだろうな」
細身「よっしゃ!ワイの名は×××や!よろしくな!」
大男「待て、細身の男、まだ、聞こえてないぞ」
細身「そんな・・・・・・何でや、ワイが何をしたんやッ!
   確かに、若い頃は悪さもしたもんや。
   畑から野菜を盗んでポリポリと食べたもんや」
大男「お前は、一度、きちんと農家の皆さんに謝れ」
細身「え・・・・・・うん。農家の皆さん、申しワケありませんでした。
   つい、出来心やったんですぅ!」
 と、頭をテーブルに-こすりつけながら言うのだった。
大男「やれやれ」
細身「しかし、昔、匍匐(ほふく)前進(ぜんしん)で野菜を盗みに
   行ったら、蛇と遭遇して、()まれた事が有ったわ」
大男「自業自得としか言いようがないな」
細身「よい子のみんなは、野菜を盗む時は匍匐(ほふく)前進(ぜんしん)
   しちゃあかんで」
大男「よい子は、そもそも野菜を盗まない気もするが・・・・・・。
   ところで、前から気になっていたんだが」
細身「なんや?大男はん?」
大男「お前の-その方言は何だ?何か色々とごっちゃになって
   ないか?」
細身「う・・・・・・とうとう突っ込まれる日が来てしもうたか。
   これは、ワイの故郷の方言に、色々と違う方言を混ぜた、
   言わばミックス(べん)やな」
大男「ミックス弁って・・・・・・。何かミックス弁当みたいで
   おいしそうだな」
細身「その発想は無かったわぁ。まぁ、ワイは一応、共通語を
   話してたんやけど、どうもエストネアでは、すごくなまって
   聞こえるらしいんや。あ、これ、ワイがエストネア
   に来たばっかの時の話やで」
大男「分かってるから、続けてくれ」
細身「それで、ワイは考えたんや。都会の言葉に合せると
   ワイのアイデンティティが崩れてまう。しかし、
   なまってると思われるのは嫌や」
大男「なる程。それで、新たななまりを作ったのか」
細身「せや。まぁ、そういうワケや。さて、そろそろ、
   ワイも名前を語れるやろ。ワイの名前は×××や」
大男「駄目だな」
細身「何でやッ・・・・・・何で名前すら言えないんや」
 と、半泣きになりながら細身の男は言うのだった。
大男「そう泣くな。大体、お前は、《神無(カンナ)・エクステンション》
   でも、初登場にして泣いてたな」
細身「違う!あれはオメガたんが悪いんや!
   あ、ちなみにワイ、神無(カンナ)の第20話に出てくるんや。
   役は不良や。硬派な不良や」
大男「硬派な不良は、女の子をよってたかって囲んだりは
   しないと思うが。あ、付け加えておくと、鼻血を出して、
   泣き出す不良が、こいつだ」
細身「そんな紹介、せんどいてッ!」
大男「しかし、お前も若い頃はアホな事をしてたんだな」
細身「黒歴史や・・・・・・」
大男「まぁ、でもカンナの方に出てこれただけ良いじゃ
   ないか。俺は出番、まだ無いしな」
細身「あ、そうや。一応、言っておかな。
   孤島で医者をしていた夫婦、ロイスはんとリコリスはん、
   この二人は、実は、実はぁッ!」
大男「カンナ・エクステンションの主人公ユウトの義理の両親
   だな。ユウト(ママ)とユウト(パパ)として出ている」
細身「なんで言っちゃうんや!ワイが今、まさに言わんとしてたのにッ!」
大男「す、すまん・・・・・・」
細身「まぁ、ええわ。ふふ、でも、あの二人もワイらと同じで、
   名前が出てきとらんからな。なんか、親近感を持てる
   わぁ」
大男「あ、ちなみに、前世がリコリスさんのユウト母の
   名前は如月(きさらぎ) リエ。前世がロイスさんのユウト父の
   名前は如月 ヨシハル、だ」
細身「って、普通に言えとるやん!なんや、これ!
   しかも、ランドシン伝記で名前、出しても、
   しょうがあらへんッ!」
大男「いやぁ、言ってみるモンだな」
細身「ちっくしょう!ワイの名前は、×××、×××、
   ×××なんやぁぁぁぁぁ!」
 そして、細身の男は-さめざめと泣き出した。
 それから、細身の男は-ゆらりと顔を上げて、鞄の中から、
ノート・パソコンを取りだした。
大男「お前、それは・・・・・・」
細身「世界観とか、知った事やあらへん!
   ワイもエレナはんみたいに、このアカシック・レコードに
   接続して、名前を出すんや!」
 そして、パソコンを起動しだした。
大男「おい・・・・・・それって、以降の展開が書かれてるんじゃ」
細身「構わへんッ!ネタバレとか、知った事やあらへんッ!
   全部、ぶちまけてやるわぁぁぁぁぁッ!」
大男「おいッ!なんか、逆恨(さかうら)み-みたいになってるぞ」
細身「ええんやッ!うおおおおッ!」
 そして、細身の男はデータとして保管されている文書を
読み出した。
細身「おおッ、ランドシン伝記は全×部-予定。
   何て事や。第×部では、何と×××に行く事に。
   しかも、シオンはんの子供が成人して出て来るや
   あらしまへんかッ!」
大男「ほう・・・・・・。しかし、その時、俺達は生きてるのか?」
細身「う・・・・・・それは重要や。もうちょっと、探してみよ」
 そして、細身は、さらに情報を探るのだった。
 すると、一人の男が部屋に駆け込んできた。
 彼こそは、狂戦士ロー・コヨータだった。
ロー「こら、ネタバレは、私が許さん!」
細身「くぅ、主役級のあんたには分からへんのやッ!
   ワイらの気持ちなんてッ!というか、
   《アルカナ・ドラグーン》では、あんさん、
   主役やないかッ!」
ロー「それとこれとは関係ないだろう。えいッ!」
 そして、ローはパソコンに水をかけた。
 それと共に、パソコンは白い煙をあげて、止まった。
細身「ああっ!何て事、するんやッ!
   許さへんッ、もう絶対、許さへんッ!」
 そして、細身の男は全身の魔力を高めた。
大男「オオッ、これ程の迫力、恐らく、作中でも無いぞッ!」
細身「悲しい事、言わんどいてッ!くらえ、狂戦士ローよッ!
   我が最上級-剣技をッッッ!」
 すると、ローは両手を広げた。
ロー「やめるんだ。ナックッ!」
 とのローの言葉に、細身の男は、魔力を解いた。
細身「い、今、何て・・・・・・。もう一回、言ってや」
ロー「ああ、ナック。それが-お前の名だ。
   私は、お前の名を告げたぞ」
 すると、細身の男ことナックは涙を流し出した。
ナック「ローはん・・・・・・あんたって人はッ。
    襲いかかろうとしたワイを救ってくだはるなんて。
    うおおおおおぉぉぉんッ!」
 と、泣きながらローに抱きついた。
ロー「はい、よしよし。あと、鼻水を付けるのは()めような」
大男「おお・・・・・・流石(さすが)に主役を任せられる人はクオリティが
   違う・・・・・・」
ロー「レギンも。むしろ、君のクオリティこそ高いぞ」
 と、大男レギンの名を言うのだった。
レギン「おおッ、俺にも-ついに名前がッ!」
ナック「流石(さすが)やッ!ローはん、これからは、ローの兄貴と
    呼ばせてくださいッ!」
レギン「俺も。一生、付いて行かせて下さいッ!」
ロー「いやぁ、照れるね。まぁ、来るモノ(こば)まずだから、
   好きにすると良いよ」
ナック「よっしゃあああッ!ワイも騎士になるでッ!」
レギン「ああ、俺も、ローの兄貴のように、騎士を
    目指(めざ)そう」
ロー「そ、そうか、よし、なら、今日は私のオゴリだッ!」
ナック「よっしゃぁぁぁッ!流石、ローの兄貴やッ!」
レギン「ああ、この(ふところ)の太さ、やはり違うな」
 すると、剣聖シオンは入って来た。
シオン「待ってくれ。二人とも、俺のギルドは-どうなるんだ」
ナック「・・・・・・シオンはん、なんで水を差すような事、
    言いなはるんや」
レギン「それに、俺達が居なくても、エレナ達が
    居るじゃないか。むしろ、よりハーレム
が濃くなって良いんじゃないのか?」
シオン「そんな事、言わないでくれよ。二人の力が
必要なんだよ」
ナック「クゥ。こういう時だけ、引きとめるなんて。
    大体、シオンはん、あんたの未来、少し見させて
    もらったでッ!正直、幻滅やッ!あんさん、何て
    事、しはるんやッ!」
シオン「え?俺、何かするの?」
ロー「まぁ、その話は置いといて。二人とも、シオンが
   可哀相(かわいそう)だから、やっぱり、シオンのギルドに居て
   あげたら、どうだい?」
 との言葉に、ナックとレギンは感動の面持(おもも)ちを
浮かべた。
ナック「流石(さすが)やわ・・・・・・。他人をこうも気遣(きづか)えるなんて」
レギン「ああ。シオンとは大違いだ」
シオン「待ってくれッ!あんまし、俺をいじめないでくれッ!」
ロー「いやぁ、シオンは-いじめたくなるんだよ」
シオン「そんな・・・・・・。くぅ、じゃあ、みんな、今日は俺の
    おごりだ!」
ナック「うわ・・・・・・飯で釣ろうとしてきたわ・・・・・・」
レギン「ちょっと、(ふところ)の狭さが見て取れるな」
シオン「待ってくれ。何で俺、そんなに責められなくちゃ
    いけないんだ?」
ナック「うっさい!植物族のリステスともヤルくせにッ!」
シオン「え?そうなのッ?」
ロー「こらこら、ネタバレは、あんまし」
ナック「あ、すんまへん、ローの兄貴。もう、口はチャックに
    しときますわ」
ロー「いや、別にそこまでしなくても、まぁ、でも、そろそろ
   食事にするか。シオンのおごりでね」
シオン「え?俺、ロー先輩にもおごるんですか?」
ロー「当然だろう。じゃあ、See You Next Time」
シオン「・・・・・・今月、財布(さいふ)がピンチだな。ハァ」
 と、ため息を吐くのだった。

 ・・・・・・・・・・

+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ