挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
ランドシン伝記  (アーカーシャ・ミソロジー) 作者:キール・アーカーシャ

第0章  輪廻-編

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

5/66

  第Ω話  再誕 ⑤

 第Ω話  再誕 ⑤


 魔王城には異形の軍勢が待ち構えて居た。
 その名はフリークス。
 魔族とも魔物とも違う存在であり、生命の循環(じゅんかん)から外れた異分子である。
 そんな異形(フリークス)達に対し、ウィル達は全く(ひる)むこと無く、戦いを挑むのだった。

 さらにその頃、上空に飛ばされたドワーフのギート達は魔導士シーレイによる浮遊術が解け、魔王城へと墜落(ついらく)していくのだった。

 地面にてギチギチと鋭い歯を打ち鳴らす異形(フリークス)が、相対的にすさまじい速度で近づいて来る。
 その外見は個体ごとに異なっており、共通しているのは白い体に赤い眼だけだ。

 ギート達は落下の最中にもかかわらず、冷静に渾身(こんしん)の魔力を下方(かほう)に向け展開していった。
 そして着地と同時に、その魔力を炸裂(さくれつ)させるのであった。
 生じた衝撃波により、異形(フリークス)達は成すすべも無く肉片と白い血をまき散らしながら吹き飛んで行った。

「シーレイよ。そなたの犠牲、無駄にはせんぞッ!かつての敵ながら、あっぱれじゃった!」

 そう叫び、ギートは戦斧(せんぷ)(ひる)んだ異形(フリークス)達に打ちつけるのだった。
 さらに部下のドワーフや、狂戦士ローの配下の騎士達も次々に群がる異形(フリークス)達を(ほふ)っていった。
 出だしとしては最高と言えただろう。

「背を向けるなッ!二人一組で後ろをかばい合い、
戦えいッ!」

 ギートに言われるまでも無く、ドワーフや騎士達はそうしていた。
 とはいえ、あまりの混戦に孤立する者も出始め、ギートはそんな者のもとへ、いち早く駆けつけ、共に戦うのだった。
 そして、ドワーフや騎士達は雄叫(おたけ)びをあげながら、斧と剣を振るうのだった。


 一方、竜ティアとマニマニは、それぞれ黒と赤のレーザーを放ち、異形(フリークス)達を焼いていった。
 二人の体は限界であったが、最後の気力を()(しぼ)っているのだった。

 すると、地上の異形(フリークス)達から反撃の魔弾が放たれていった。
 ティアとマニマニは回避行動に移るも、その魔弾の数は膨大(ぼうだい)であり、いつまでも避け続けられない事が目に見えていた。

『ウィル!お前達はこのまま魔王のもとへとッ!』

 と狂戦士ローが叫んだ。

『分かった。後は任せるッ!トゥセ、アーゼ、モロン、カシム、ケシャ。こっちに移ってくれ!』

 そのウィルの言葉に、マニマニに乗っていたトゥセ達はティアの背に移動するのだった。

「じゃあな・・・・・・」

 そう別れの予感を(たた)えさせながら、狂戦士ローは竜マニマニと共に、魔王城に高速移動するのだった。
 竜マニマニの激突により、異形(フリークス)達は再び吹き飛ばされていった。
 さらに、降り立ったローや騎士達の参戦で、異形(フリークス)達は上空のティア達を攻撃する余裕を失った。

 狂戦士ローは壮絶(そうぜつ)な笑みを浮かべ、異形(フリークス)達に魔刃を振るっていた。
 今、最後の戦いが(まく)を開けたのだ。


 竜ティアとウィル達は着実に魔王城の中枢へと着実に近づいていた。
 魔王城はティアから逃げるように空中を移動しているため、すぐに辿(たど)()くというわけにはいかないのだった。

 飛行型の異形(フリークス)が途中、襲いかかって来るが、ダーク・エルフのトゥセのカードにより、次々と撃退(げきたい)されていた。
 魔王城の中心である闇の塔がはっきりと見えてきたその時、不死王の声が響いた。

『これ以上、行かせはしまい』

 霊気(れいき)がウィル達を包むと共に、突如、空中に半透明なる巨大な手が出現した。
 その手は竜ティアの数倍もあり、ティアを(にぎ)(つぶ)さんと迫って来た。

 この時、トゥセは竜ティアより飛び出しており、地面に降り立とうとしていた。
 彼の目指す先は、地上に(たたず)む不死王アーバインであった。

 不死王アーバインの鍛え上げられた長躯(ちょうく)がそびえる。
 魔王の配下たる最強の敵に、トゥセは果敢(かかん)
立ち向かうのだった。

 トゥセは落下しながら高速でカードを次々と不死王アーバイン目がけ、撃ちだしていった。
 しかし、それらのカードが不死王に届く事は無かった。
 カードは不死王アーバインにまさに命中せんとするその時、突如として停止し、灰と化して散っていった。

 一方、霊なる巨大な手は竜ティアを(おお)わんとしていた。
 その時、格闘家のアーゼが全身の魔力を解放し、跳躍(ちょうやく)し、思い切り巨大な手を殴りつけた。

「オオオオオオッッッ!」

 アーゼは自身の体を(はる)かに凌駕(りょうが)する大きさの霊なる手を、(はじ)()ばすのだった。

「団長!ここは、俺とトゥセで食い止めます!」

 ティアの背に着地したアーゼはそう告げ、(ひる)んだ霊なる巨大な手に飛びかかっていった。

「任せたぞッ!お前等(まえら)ッ!」

 ウィルは永遠の別れを予感しながら、そう叫ぶ事しか出来なかった。

 その声は地上のトゥセにも届いていた。
 トゥセはニヤリとして、カードを放っていった。
 だが、それらのカードは不死王アーバインの前では、(はい)()すだけだった。
 しかも、アーバインは先程より一歩たりとも動いていなかった。
 歴然(れきぜん)たる実力差が、そこには存在した。
 それでもトゥセはひたすらに、カードを放ち続けるのだった。
 全ての攻撃を無効化し、アーバインは冷たくトゥセを見据(みす)えた。

『無駄だと言う事が分からんのか?どうせ、以前のようにカードが尽きるだけだ』

 との不死王の言葉に対し、トゥセは不敵(ふてき)な笑みを見せ、空中にカードを召喚するのだった。
 これにより、トゥセの魔力が尽きない限り、カードを無限に生み出せる事となる。
 実質的に(たま)()れが無くなったのだ。

 これに対し、不死王アーバインは興味深(きょうみぶか)げに目を細めた。

『ほう・・・・・・。カードの召喚術を身に付けたか。だてに再戦を(のぞ)んでは居ないわけだ』

 不死王アーバインは微動(びどう)だにせず、尊大(そんだい)に告げるのだった。

「あったり前だ!まず、テメーをそこから一歩でも動かしてやるぜッ!」

 そう高らかに叫び、トゥセは神速(しんそく)でカードを放つのだった。

 次の瞬間、不死王アーバインの(ほほ)をトゥセのカードがかすっていった。
 このカードはそのまま背後の建物を次々と貫通していき、一つの塔に突き刺さり、灰と化して消えていった。

 アーバインの頬からは一筋(ひとすじ)の血が(つた)っていた。

『なる程。どうやら、あなどっていたようだな』

流れる血を指ですくい、アーバインはそう口にした。
そして、彼は一歩、大きく前に()()すのだった。

 一方、アーゼの格闘技が霊なる巨大な手に炸裂(さくれつ)し、アーゼの波動を受け巨大な手は虚空(こくう)に散っていった。
 さらに、アーゼは華麗(かれい)に着地を決め、アーバインに拳を向けた。

『ほう、我が霊手(れいしゅ)をも砕くか。面白い。少しは本気を出せそうだ』

 そう(つぶや)き、不死王アーバインは絶対なる守備と攻撃を()(そな)えた無極(むきょく)(かま)えを示すのだった。

 対して、トゥセとアーゼは(おそ)れる事なく、同時に攻撃を仕掛(しか)けるのだった。

 ・・・・・・・・・・


+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ