挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
ランドシン伝記  (アーカーシャ・ミソロジー) 作者:キール・アーカーシャ

第0章  輪廻-編

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

4/66

  第Ω話  再誕 ④

 第Ω話  再誕 ④


 古代龍グレゴリオ・エルトシアの壮絶(そうぜつ)なる最期(さいご)(いた)み、邪竜達は(なげ)きの声をあげていた。
 屈強なる邪竜の(ほほ)に透明なる(しずく)(つた)う。

 しかし、(かな)しみは(いか)りへと転じた。
 一匹が咆哮(ほうこう)をあげた。
 それは伝搬(でんぱん)し、邪竜達は魔王城に向け怒声を発するのだった。

 すなわち、偉大なる古代龍グレゴリオ・エルトシアの誇り高き死を汚した者、魔王アセルミアに対して邪竜達は激昂(げっこう)せずには居られなかったのだ。

 そして、邪竜達はウィル達に背を向けたまま、魔王城へと進軍していった。
 これにはウィル達も呆然(ぼうぜん)とした。

「何が起きてるんだ・・・・・・」

 思わずウィルは(つぶや)いた。

『あの(りゅう)(たち)は魔王に(いか)っているのよ。古代龍グレゴリオ・エルトシアの最期を踏みにじったと』

 とのティアの言葉に、ウィルは全てを理解した。

「でも、これは好機(こうき)だ。これだけの邪竜を相手じゃいくら魔王でも」

 そうウィルが言いかけた刹那(せつな)、滅びが天より()りてきたのだ。

 上空より無数の白光(はっこう)する柱が降り(そそ)いだ。
 それらは一つ一つが飛翔(ひしょう)(てい)()()む程の円柱であり、触れる全てを(ちり)とするのであった。

 邪竜達はこれを受け、次々と体を霧散(むさん)させていった。
 彼らは断末魔の悲鳴をあげる間もなく、死していったのだ。

「魔王城の防衛(ぼうえい)機構(きこう)か・・・・・・」

 狂戦士ローは竜マニマニの背で、(つぶや)いた。

 さらに、光の柱は消えずに場に(とど)まり、乱雑に移動しだした。
 これにより、さらに多くの邪竜が光の柱に飲まれていくのだった。

 今の所、飛翔艇や竜のマニマニとティアの所には、光の柱は直撃していなかったが、魔王城に近づくにつれ、光の柱の密集具合が増していった。

 しかも、飛翔艇は先程の戦闘により、著しく傷ついており、徐々に下降しているのだ。
 目の前に魔王城は見えていたが、このままでは光の柱が無くとも、高度が足りなかった。

「クゥッ、これだから空は(いや)なんじゃ!」

 ドワーフのギートは、そうぼやきながら飛翔艇を何とか浮上させようと苦心していた。

 その時、異端(いたん)の魔導士シーレイが前に進み出た。

『仕方ない・・・・・・』

 彼がそう(つぶや)くや、飛翔艇の全体を()方陣(ほうじん)(おお)った。
 次の瞬間、飛翔艇は時空転移し、数百メートル上方にワープしていた。
 これこそがシーレイの帝国最高の魔導士たる実力だった。

「す、すげッ」

 ダーク・エルフのトゥセも驚嘆せずにいられなかった。
 しかし、その時、シーレイは激しく()()み床に(かた)(ひざ)をついた。
 その口元からは血が(こぼ)れていた。

「お、おい。大丈夫か?」

 格闘家のアーゼは心配そうに声をかけた。

『これ程の大きさの物体を転移させたのは初めてで、体が付いて来ないだけだ。(あん)ずるな。あと4回は使える』

 そう答え、シーレイはローブを()()てた。
 彼の体には6つの()導核(どうかく)()()まれていた。
 半機械化されている体からは血と魔油(まゆ)がしたたり落ちていた。
さらに今回の転移の負荷(ふか)で、魔導核の(うち)の一つが砕けているのだった。

 さながら、シーレイは人型の()導器(どうき)と言えたかも知れない。
 そして、彼の動力源(どうりょくげん)が6つの魔導核であり、その一つを今回の転移で失ったのだ。

『一個の魔導核を消費すれば、一回は転移できる。故に(あと)4回だ』

 とのシーレイの声が甲板に響いた。

「お前・・・・・・その(コア)が全て砕けたら」

 そう言うウィルに対し、シーレイは鼻で笑った。

『死など私の怖れる所では無い。それよりも、今の下降スピードでは、5回、上方に転移しても、とてもあの城に辿(たど)()けんぞ』

 シーレイの言葉に、皆はハッとした。
 確かに、それは(まぎ)れもない事実であった。

 すると、ドワーフのギートは迷い無く、決断するのだった。

「総員ッ!不用な物を全て捨てていけッ!食料も物資も何も()らん。早くせんかッ!』

 とのギートの怒号(どごう)に、ドワーフ達は急ぎ甲板などから荷物を空に捨てていくのだった。

 すると、心なしか落下の勢いが弱まっているように思われた。
 しかし、これでも足りないのだった。

「届かない・・・・・・」

 トゥセは魔王城との距離を目視(もくし)で正確に(とら)え、そう結論づけた。

「クゥッ、砲塔を捨てろッ!砲弾もッ!もう必要ないわいッ!」

 そうギートは命じた。

「で、ですが、あれは古代文明の叡智(えいち)()まっており」

 と、部下のドワーフの言葉を、ギートは聞き入れ
なかった。

「このままでは宝の持ち腐れじゃ。いいから放り捨てんかい!」

 そして、虎の子の砲塔や砲弾が次々と眼下の海へと落とされていった。

「ティアッ!人員を少しでも乗せよう。出来るか?」

 とのウィルの言葉に、竜ティアは(うなず)いた。
 さらに、狂戦士ローと竜マニマニも協力し、大勢が2体の竜に乗りこむ事となった。

 とはいえ、ティアもマニマニも傷ついており、人員の全てを乗せきる事が出来なかった。
 飛翔(ひしょう)(てい)には合わせて百名程度のドワーフと騎士達が残されていた。

『こんなものか・・・・・・。なら行くぞッ!』

 そう叫び、魔導士シーレイは2回目の転移を行った。
 さらに、続けて3回目の転移を。
 これにより、飛翔艇は大幅に上昇する事に成功していた。

 しかし、シーレイへの負担はあまりに大きく、二つの核が無慈悲(むじひ)に砕け散った。
 残る核は二つ。
 それらが失われる時、シーレイの命の灯火(ともしび)()きるのだ。

 既にシーレイの体は変調をきたしており、その両目から血を流していた。
 しかし、彼に後悔は無く、薄い微笑みを(たた)えながら、4度目の転移を発動するのだった。

 莫大(ばくだい)な質量を持つ飛翔艇は、ここに(いた)りようやく魔王城と同じ高度に並び立つのだった。

「あと少し」

 祈るようなウィルの言葉が風に流されていった。
 すると、カシムが目を見開いた。

「待って下さいッ!魔王城の周域に結界が張られています」

 その言葉に、一同はざわめき立った。
 ダーク・エルフのトゥセがカードを投げつけて見るも、それは不可視の壁に弾かれ、散っていった。

「あれは、相当に硬いタイプだぜ・・・・・・」

 トゥセは(あせ)りを(にじ)ませ言うのだった。

「ティア。《共神(きょうしん)》を使おう」

 とのウィルの言葉をティアは了解した。
 すると、アーゼが血相(けっそう)を変えた。

「団長、駄目だ。それ以上、《共神(きょうしん)》を使ったら、二人(ふたり)の体が()たないッ」

 アーゼの言う事は、もっともだった。
 確かに《(とも)神(じん)》の技を使えば魔王城の結界は破壊できるかもしれなかったが、ティアとウィルの二人もただでは済まないだろう。

 もともと、二人の体は限界が来ていた。
 治癒術士が二人に治療(ちりょう)(ほどこ)しているが、外傷は治せても、《共神(きょうしん)》の代償である霊的(れいてき)な傷はどうする事も出来なかった。
次の一撃は、真に命懸(いのちが)けとなるだろう。
 アーゼが止めるのも当然だった。

 しかし、ウィルはゆっくりと首を横に振った。
 その(さま)からは、死への覚悟が見て取れた。

「大丈夫だ。シーレイも命を捨てるつもりで協力してくれている。俺達が命を()けないわけにも-いかないだろう?」

 ウィルの悲壮(ひそう)なる言葉に、アーゼは何も反論を口に
出来なかった。

 すると、竜マニマニが竜ティアの横に浮上して来た。

『マニュッ!』

「マニマニが今、そっちに乗っている者達を引き受ける。ウィル、こちらに移してくれ」

 そう狂戦士ローがマニマニの言葉を説明した。
 少しでもティアの負担を軽くしようと言うのだ。

「すまない。頼む!」

 ウィルは自分以外の者に、マニマニへ乗るよう命じた。

 そして、マニマニは巨大化の魔法で自身の体を(ふく)らませ、大勢の人が乗れるようにスペースを作るのだった。
 ティアの背からマニマニの背に、次々と人員が移動していった。

 だが、巨大化しても、その推進力などは同じのため、竜マニマニは搭乗(とうじょう)限界(げんかい)をとうに()えていると言えた。

 元々、マニマニは幼い竜であり、度重(たびかさ)なる戦闘の疲れも()えていなかった。

『ニュー・・・・・・』

 マニマニは(つら)そうな声を()らした。
 すると、ローはマニマニの背に手を当てた。

「マニマニ、ごめんな。あと少しだ。あと少しだけ頑張(がんば)ってくれ」

 そう優しく言い、ローはマニマニをそっと()でるの
だった

『マニュ・・・・・・』

 と、マニマニは嬉しそうに、か(ぼそ)(こえ)で答えるの
だった。

 そして、《共神(きょうしん)》が(おごそ)かに始まった。
 二人の命の波動が重なり、神話級の力を秘めた火球(かきゅう)が構築されていった。
 死力を()(しぼ)り、二人は神話の一撃を結界に向けて放った。

 その小さな火球は、ゆっくりとそれでいて着実に魔王城の結界に迫り、着弾(ちゃくだん)と同時に極大なる爆炎を振りまくのだった。

 さしもの結界も、この一撃によりヒビ割れていった。
 しかし、結界は徐々に自動的に再生しようとしており、ヒビも薄れていった。

「させはしないッ!()(つらぬ)け、魔刃(まじん)よッ!」

 そう叫び、狂戦士ローは我が身をも(むしば)む究極剣技を発動するのだった。
 水平線の彼方(かなた)まで(たっ)する力を(ゆう)した必殺の一撃が、正確に結界のヒビに()()まれていき、一瞬の後に結界は大きな音をたてて砕け散るのだった。

「おおッ、やったぞッ!」

 甲板でドワーフのギートが歓声をあげるも、一方で、ウィル達とローは魔王城に辿(たど)()く前だというのに、今にも力尽(ちからつ)きそうであった。
 特にウィルとティアは激しく()()み、口から血をしたたらせていた。

 この時、生き残った邪竜達が結界に()いた穴より一足先(ひとあしさき)に魔王城へと侵入しようとした。
 次の瞬間、一際(ひときわ)(おお)きな光の柱が天より()り、邪竜達を一気に()()んでいった。
 さらに、その光は飛翔(ひしょう)(てい)をも(ちり)()さんと迫って来た。

「いかんッ!」

 甲板でドワーフのギートは叫んだ。
 部下のドワーフ達も必死で(かじ)をとり、光の柱を(かわ)そうとするも、物理的に不可能な事が目に見えていた。

 その時であった。
 飛翔(ひしょう)(てい)が、あたかも今まで存在しなかったかに、フッと消えたのだ。

 もちろん、光の柱に飲まれたのでは無い。
 その横に瞬間移動したのだ。
シーレイの力だった。
 彼は飛翔(ひしょう)(てい)(なな)(まえ)に転移させたのだった。

 飛翔(ひしょう)(てい)は前進を続け、光の柱は後ろに遠のいていった。
 しかし、上方では無く横にワープしたため、飛翔艇の高度はほとんど()がらなかった。

 このままではギリギリの所で、魔王城に届かなかった。
 5回目の転移により、シーレイの最後の()導核(どうかく)は音をたてて割れていった。

 全ての(コア)を失い、彼は甲板に両膝(りょうひざ)をついた。
 彼の命が()きるのも時間の問題だった。

「おい、お(ぬし)。大丈夫かッ!」

 ドワーフのギートは駆けより、心配そうに声を
かけた。

『問題ない・・・・・・。それよりマズイな・・・・・・』

 シーレイの視線の先では、魔王城の結界がすさまじいスピードで再生されていた。

「馬鹿な」

 ギートは体をわななかせ(つぶや)いた。

「クッ、《共神》をもう一度・・・・・・」

 とウィルが言いかけた時、魔導士シーレイの念話が響き渡った。

『後は私がやる。お前達は、そこで指をくわえて見ているが良い』

 そして、念話は途切(とぎ)れた。
 次の瞬間、飛翔艇の船内や甲板に居た人員が次々と魔王城の結界の上に転移されていった。

「シーレイ、お(ぬし)ッ!」

 言葉を言い終える間もなく、ドワーフのギートも魔王城の上方に飛ばされていくのだった。
 さらに彼らはシーレイの魔力により、空中に浮遊していた。

 飛翔艇に自分以外の者が居ない事を、魔力探知で確認すると、魔導士シーレイは最期(さいご)の力を()(しぼ)り転移の術式を構築していった。

「馬鹿どもが。しかし、借りを返したどころか、恩まで売ってやったな・・・・・・。まぁ、死に場所としては悪く無い」

 そう(つぶや)くのだった。

 今、シーレイは飛翔艇を魔王城の結界の内へとワープさせようとしていた。
 そんな事をしても、上手く転移できるわけも無く、結界に激突するのは目に見えていたが、それこそがシーレイの狙いなのだった。
 彼は飛翔艇を結界に激突(げきとつ)させ破壊せんとしていたのだ。

 シーレイは胸の前で、()(ひら)(こぶし)を合わせ、(いの)(ささ)げていた。

陛下(へいか)・・・・・・それに皆。あまりに遅くなりましたが、今、(まい)ります」

 そして、シーレイは人前で決して見せたことの無い(おだ)やかな笑みを浮かべ、6度目の大規模-転移を行うのだった。

 次の瞬間、鋼鉄(こうてつ)()(どう)(かたまり)なる飛翔(ひしょう)(てい)は、魔王城の結界に激しく衝突(しょうとつ)し、(ゆが)み、ひしゃげ、わずかな時の(のち)に魔導の爆発を引き起こしていった。
 それは再生したばかりの結界を破壊するに十分であり、なおかつシーレイの体を天に(かえ)すのだった。

 結界はさも生きているかに鳴動し、さながら悲痛な断末魔をあげるかに、完全に砕け散っていった。
 今、シーレイの(とうと)犠牲(ぎせい)により血路(けつろ)が開かれた。

「行くぞッ!」

 とのウィルの(たましい)(ふる)わす叫びと共に、魔王城へと突入が開始されるのだった。


 ・・・・・・・・・・


+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ