挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
ランドシン伝記  (アーカーシャ・ミソロジー) 作者:キール・アーカーシャ

 第1章  エストネア逃亡-編

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

33/66

第20話 風守り

 第20話  風守(かざも)

 雨は次第(しだい)に勢いを増し続け、暴風雨と化していた。
 そんな中、ヴィル達は護衛民のザンフの案内で、
港町クーリカ-への潜入に成功していた。
 今、ヴィル達は廃屋(はいおく)と化した宿屋に、(ひそ)んでいた。
ザンフ「もう少し、嵐が弱まったら、漁船を奪います」
ヴィル「分かった。船の操舵(そうだ)なら俺が出来るから、そこで
    別れよう」
ザンフ「はい・・・・・・」
 そして、ヴィル達は時を待ち続けるのだった。

 ・・・・・・・・・・
 一方で、護衛民のレイヴン達のもとには、黒い仮面を付けた
騎士達が訪れていた。
レイヴン「これは、これは憲兵さん-がた。どうなされましたか?」
 すると、憲兵の隊長格が前に出た。
憲兵「昨夜、重大な反逆行為が行われた恐れがある。何か、
   話しておく事は無いか?」
 との憲兵の鋭い言葉に、レイヴンは-ひるむ事なく、
口を開いた。
レイヴン「そりゃあ、どういう意味ですか?俺達は普通に
     任務を遂行していましたよ」
 それに対し、憲兵は無言でレイヴンを見据(みす)えた。
レイヴン(チッ・・・・・・嫌な連中だぜ。仮面をしているから、
     表情が読めねぇ・・・・・・)
 と、レイヴンは思うのだった。
憲兵「ドルフェ殿。この者達の心を」
 すると、影のように一人の魔導士が進み出た。
レイヴン(チッ。魔導士か。だが、ヒトの心を読む程の力を
     持ってるハズが無い。それは神話級の使い手か、
     もしくは読まれる(がわ)に油断があるかだ・・・・・・)
 とは思うものの、ドルフェの魔力を見るに、あながち、
本当に心を読まれるのでは無いかと言う恐怖も感じずには
居られなかった。
 しかし、歴戦の衛士(えいし)である彼ら-は、そんな事を-おくびにも
出さず、ただ、黙ってドルフェの魔術を見据(みす)えるだけだった。
 そして、長い長い数分がたち、ドルフェは術式を解いた。
憲兵「ドルフェ殿。結果は-いかに?」
ドルフェ「・・・・・・この者達、何やら心に秘めているモノが
     ありまする」
レイヴン「おいおい。そんなん誰にだって-あるだろ?なぁ、
     お前ら」
 とのレイヴンの言葉に部下達は笑った。
 それを見て、憲兵は抜剣した。
レイヴン「穏やかじゃないな・・・・・・。茶化した事は謝るぜ」
憲兵「お前は・・・・・・上手く-ごまかしているつもり-なのだろうな。
   だが、本当にシロな者は-そのような態度は取らないのだ。
   もっと、(おび)え、震えるか、もしくは-つまらぬ疑いをかけ
   られた事に(いきどお)るか。いずれにせよ、お前達の反応は
   演技が見える」
レイヴン「・・・・・・・意味が分からないな」
憲兵「我々を()めるな・・・・・・。違うのだ。お前達の行動は
   違うのだよ。無実な者と・・・・・・。今まで、多くの
   犯罪者を捕らえてきた。犯罪者は息をするように
   嘘を()く。だが、犯罪者の演技とは過剰なのだ。
   演技をしている分、自然さが失われる。
   お前達は落ち着きすぎだ・・・・・・。抜剣」
 との言葉に、他の憲兵も剣を抜いた。
レイヴン「やれやれ・・・・・・良く分からねぇが、やるっつー
     なら、相手をしてやるぜ。ただし、後悔はする
     なよ」
憲兵「その態度も不自然だと、気付かないのか?
   一つ教えてやろう。犯罪者は-こちらが信じて
いるかどうかを知るため、こちらの表情を-
(うかが)って来る。もっとも、そのための仮面なの-
だがな。いずれにせよ、貴様ら-は、こちらの
顔を(のぞ)きすぎだ」
レイヴン「チッ・・・・・・。何でもいいぜッ、かかって来いよッ!
     知った事かッ!お前達には分かるまいッ!
     あいつらの可能性を。
     あいつらは希望だッ!この世界の希望だッ!
     誰もが魔族を憎んだ。誰もが魔族を殺すのを
     当たり前と思ってきた。それをあいつらは否定
     した。分かるか?その意味が。
     それは今は、誰にも理解されないかもしれない。
     しかし、いずれ誰もが、彼らの思想を知る。
     誰もが、彼らの意思を知る。
     たとえ、その名が歴史に残らずとも、彼らの(おこな)いは
     残り続けるだろう。
     その()をこんな所で、(つぶ)されてたまるかッ!」
 と叫び、レイヴンは抜剣した。
 それに、レイヴンの部下達は続いた。
憲兵「気を付けろ・・・・・・。この男、聖騎士でこそ無かったモノの、
   (もと)-教導-騎士団だ」
レイヴン「はっ。教導-騎士団っつっても、聖騎士とか呼ばれて、
     自分達が選ばれた存在だと勘違いしちまった馬鹿共
     の-伸びきった鼻を、叩き直してやるだけの、簡単な
     仕事だがな」
憲兵「なるべく、生かしたまま捕らえろ」
レイヴン「ああ。そうして-やるよ」
憲兵「・・・・・・かかれ」
 との命令を合図に、両陣営は-ぶつかりあった。

 ・・・・・・・・・・
 雷鳴が港町に、なり響いた。
 そして、黒い甲冑(かっちゅう)に身を包んだ騎士達が周囲を捜索して
いた。
ヴィル(マズイ・・・・・・。この様子だと包囲網が形成されて
    いる。しかも、これはプロだ。今までの追っ手と
    違い、簡単には逃げられない・・・・・・)
 すると、護衛民のザンフがヴィルに近寄った。
ザンフ「俺が(おとり)に・・・・・・なりましょう」
ヴィル「しかし・・・・・・」
その言葉に対し、ザンフは答えず、ゴブリンのレククの
もとへ歩いて行った。
 その巨漢にレククは思わず、(おび)えてしまった。
ザンフ「君は・・・・・・ゴブリンの姫・・・・・・なのか?」
 とのザンフの言葉を黒猫に憑いたトフクが訳した。
 そして、レククは-こくりと(うなず)いた。
ザンフ「俺の妹はゴブリンに殺された。(むご)たらしい殺され
    (かた)だった・・・・・・。妹は・・・・・・俺と違い、母に似て
    美しく・・・・・・自慢の妹だったッ」
 と言って、ザンフは言葉を区切った。
ザンフ「・・・・・・母は・・・・・・心を狂わせ・・・・・・病気で死んだ。
    父は、怒り、義勇軍に参加し、戻らなかった。
    俺は村を守るために、残り、生き残った。
    俺は・・・・・・ゴブリンを許せない。絶対に」
 そう言って、ザンフは大剣を抜いた。
トゥセ「おいッ!」
ヴィル「待て・・・・・・」
 ヴィルはトゥセを制した。
ザンフ「答えろ・・・・・・。お前は、ヒトを殺すか?ヒトを殺す-
よう(めい)じるか?どうだ・・・・・・?」
 との言葉をトフクは訳した。
レクク「ごめん・・・・・・なさい・・・・・・。ごめん・・・・・・なさい」
 と、レククは泣きながら謝るのだった。
 それに対し、ザンフは-ため息を()き、大剣を背に戻した。
ザンフ「怖がらせて・・・・・・すまなかった・・・・・・。その言葉で、
    俺は戦える・・・・・・。ヴィルさん、後は任せます」
 と言って、ザンフは強面をほころばせた。
ヴィル「ああ。任せてくれ」
 そして、ヴィルとザンフは互いに敬礼を(かわ)した。
ザンフ「では・・・・・・」
 そう言い残し、ザンフは音も無く、その場を後にした。
 しばらくし、遠くから怒声と金属音が聞こえた。
ヴィル「行くぞッ!」
 とのヴィルの言葉に、ヒヨコ豆-団は、答えるのだった。

 ・・・・・・・・・
 雨の中、騎士達を相手に、ザンフは鬼神の(ごと)くに挑んでいた。
 そして、ザンフは大剣を鞘に入れたまま振るっており、
(いま)だ騎士達に一人も死者は出ていなかった。
 しかし、ザンフの一振りで、また騎士達が吹き飛んで行った。
騎士A「ば、化け物かッ・・・・・・」
隊長「ええい、囲め、囲めッ!背には、目は付いておらん」
 との騎士の隊長の言葉に、騎士達はザンフを囲みだした。
ザンフ「オオオオオッッッ!」
 とのザンフの叫び声で、周囲の大気は震えた。
 しかし、騎士達も(ひる)まず、果敢(かかん)に立ち向かうのだった。
 それに対し、ザンフは巨体に似合わず俊敏(しゅんびん)な動きで、次々と
騎士達を倒していくのだった。
 すると、屋根の上から何かが降ってきた。
 ザンフは-とっさに大剣で、それを防いだ。
 見れば、黒の軽装備に身を包んだアサシン(忍び)がザンフに対し、
次々と攻撃を加えていた。
ザンフ(こいつッ・・・・・・暗部(あんぶ)かッ・・・・・・)
 と、ザンフは確信した。
 そして、ついにザンフの鎧のつなぎ目に、アサシンの短剣が
突き刺さった。
 しかし、ザンフはアサシンを蹴り飛ばし、距離を(たも)った。
 すると、ザンフは体の異変を感じた。
ザンフ(これは・・・・・・麻痺(まひ)?・・・・・・毒では無いだけ、マシか)
 と思い直し、大剣を構えるのだった。
 一方で、アサシンは新たな短剣を抜き、仮面越()しに無表情に
ザンフを見据(みす)えるのだった。

 ・・・・・・・・・・
 一方、ヴィル達は漁船を奪いに駆けていた。
 見れば、嵐の中、漁師達が、船が流れていかないように、
係留索(けいりゅうさく)を増していた。
ヴィル「あれを取るぞッ!」
 そして、ヴィル達は一番-大きな漁船に乗り込んだ。
漁師(りょうし)「おいッ!何すんじゃ、ワレッ!」
 と、漁師は怒鳴(どな)るも、ヴィルの大剣が向けられると、
大人しくなった。
ヴィル「これで、許してください」
 そう言って、ヴィルはクオーツからもらっていた金貨の袋を
置き、係留索を斬った。
 そして、漁船はヴィル達を乗せて、嵐の中、流されていった。
漁師「ワシの船・・・・・・」
 と、漁師はポカンと(つぶや)くのだった。
 すると、漁師の見習いである-乗り子が叫んだ。
乗り子「お、親方(おやかた)ッ!」
漁師「な、何じゃ?今、それどころじゃ」
 しかし、その目も-乗り子の持つ金貨の袋に吸い寄せられた。
 漁師はバッと金貨の袋を奪い、(あた)りをキョロキョロ見渡した。
漁師「よし・・・・・・盗難-届けを出そうかの。グフフ、これで、
   損失金が返ってくれば、大もうけ-じゃないか。
   お前達、今、見た事を内緒だぞ。内緒。グッフッフ」
 と言って、漁師の親方は高笑いをあげるのだった。
 しかし、彼は知らない。
 後に-それがばれ、詐欺(さぎ)として捕まる事を・・・・・・。

 ・・・・・・・・・・
 ザンフは動きを鈍らせながらも、必死に剣を振るっていた。
 その視界は(かす)み、全身は小刻みに震え、冷たい汗が流れた。
 それでも、懸命にザンフは戦い続けた。
 そんな中、ザンフの意識は朦朧(もうろう)としていった。
 そして、過去の情景、燃えさかる村の姿が脳裏に蘇った。
ザンフ(俺は・・・・・・逃げてしまった。あの日、ゴブリンが攻めて
    来た時、戦えなかった。アンネが、妹が奴らに連れ
    去られて行くのを見ている事しか出来なかった。
    この大きな体は何のために、あるのか・・・・・・。
    大切なヒトを守るためじゃ無いのか・・・・・・。
    だが、俺は・・・・・・。
    いや、だからこそ、俺は、今度こそ、誰かを
    守りたい。たとえ、それがゴブリンの少女
    だったとしても・・・・・・)
 と、決意を固め、ザンフは雄叫びをあげ、大剣を振るうのだ
った。

 いつしか、ザンフの意識は穏やかな日差しの中にあった。
 そこでは麦わら帽子をかぶった美しい少女の姿が-あった。
 それはザンフの妹-アンネのかつての姿だった。
ザンフ「アンネ・・・・・・?」
アンネ『お兄ちゃん、私は大丈夫だよ。お父さんと、お母さんと、
    こっちに居るよ』
 とのアンネの言葉と共に、ザンフの父と母も現れた。
 そして、アンネ達の姿は薄れていった。
ザンフ「待ってくれッ!俺は・・・・・・俺は・・・・・・謝りたいんだ。
    俺は逃げたんだ。逃げてしまったんだ」
 と、ザンフは涙ながらに言うのだった。
 すると、母が口を開いた。
母『でも、あなたは立派に戦っているでしょう、ザンフ?今、
  あなたは-とても立派な(おこな)いをしているのよ・・・・・・。
  今、あなたのした行いは、きっと-あなたを救うわ』
 すると、リンと(しゃく)(じょう)の鳴る音がした。
父『ザンフ・・・・・・。大丈夫だ。お前は大丈夫だ。
  だから、そう泣くな』
ザンフ「俺は・・・・・・俺は・・・・・・ッ、許されたいんだ。
    許されたい・・・・・・」
アンネ『お兄ちゃん、私は、お兄ちゃんを恨んでないよ。
    本当だよ。だから、自分を許してあげて・・・・・・』
ザンフ「自分を許す・・・・・・」
アンネ「うん。ああ、もう時間みたい。お兄ちゃん、元気でね」
 そして、アンネ達の姿は完全に消えていった。
父『お前に、ミロクの加護が-あらん事を・・・・・・』
 との父の言葉が最後に聞こえた気がした。

 雨がザンフの血を流していた。
 ザンフは意識を失ったまま立ち尽くしていた。
 それを騎士達やアサシンは囲んでいた。
 すると、ザンフは笑い出した。
アサシン「狂ったか・・・・・・」
 とアサシンは、ぼそりと(つぶや)いた。
ザンフ「お前達・・・・・・お前達には分かるまい・・・・・・。俺は今、
    許された。許されたのだ・・・・・・。これが、俺にとり、
    どれ程の意味があるか、分かるまいッ・・・・・・。
    やっと、やっと、俺は自身を許す事が出来たんだ。
    感謝しよう。ヴィルさん、ゴブリンの少女よ。
    あなた達の-おかげで、俺の魂は(くさび)から解き放たれた」
 そう言い、ザンフは再び、大剣をゆっくりと構えた。
アサシン「お前達は見ていろ。私が-やる」
 そう言って、アサシンは魔力を高めた。
 一方で、ザンフは大剣に残る魔力を通すのだった。
 雨の音のみが辺りに満ちた。
 そして、アサシンが暗殺技を放ち、それをザンフが迎え撃った。
 次の瞬間、アサシンは吹き飛ばされ、騎士達にぶつかり、
地面を転がった。
アサシン「あ・・・・・・ガッ・・・・・・」
 と、(つぶや)き、アサシンは倒れた。
ザンフ「安心しろ・・・・・・。急所は外してある・・・・・・」
 と、ザンフは(つぶや)くのだった。
 しかし、一方で、ザンフの(みぎ)(ひじ)には、短剣が
刺さっており、ザンフの右腕は-もう動かなかった。
 そして、ザンフは大剣を地面に落とした。
隊長「か、かかれッ!」
 との隊長の言葉に、騎士達は一斉(いっせい)に襲いかかった。
 それをザンフは拳で殴りつけるも、次第に、残った-わずかな
体力も失われていった。
ザンフ(ヴィルさん・・・・・・どうか、ご無事で・・・・・・)
 そして、ザンフは意識を失うのだった。

 ・・・・・・・・・・
 ヴィル達は大時化(おおしけ)の中、必死に船が転覆(てんぷく)しないように
働いていた。
トゥセ「やべぇ、これはマジで、やばいって!
    カシム、結界とか張れないのかよッ」
 と、トゥセは叫んだ。
カシム「ッ、(すで)に張ってます。ただ、長時間、これだけ大きな
    船にかけるとなると、どうしても微弱な結界になって
    しまうんです」
 と、カシムは叫び返した。
ケシャ「・・・・・・マズイですね。来ます」
 と、茶猫のケシャが(つぶや)いた。
 すると、嵐の中を何かが近づいて来た。
トゥセ「おいッ。う、嘘だろ・・・・・・」
 と、トゥセは唖然(あぜん)としながら言った。
アーゼ「風守(かざも)り・・・・・・」
 とのアーゼの(つぶや)きと共に、風守(かざも)りのサリアは
船へと降り立った。
ヴィル「・・・・・・サリア・・・・・・なのか?」
 とのヴィルの言葉に、サリアは悲しげに告げるのだった。
サリア「ヴィルさん、貴方(あなた)をククリ島へと()かせるワケには
    いきません」
 と。

 ・・・・・・・・・

+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ