挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
ランドシン伝記  (アーカーシャ・ミソロジー) 作者:キール・アーカーシャ

 第1章  エストネア逃亡-編

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

31/66

第18話 聖女  《イラスト追加》

 第18話  聖女

 ヴィルとトゥセはテントの中で護衛民の隊長であるレイヴン
と向き合っていた。
ヴィル「・・・・・・お久しぶりです。教官」
 とのヴィルの声にレイヴンは精悍(せいかん)な顔をほころばせた。
レイヴン「教官か。懐かしいな。とはいえ、お前やローの面倒を
     見たのも、せいぜい、半年くらいだろう?」
ヴィル「はい。そうでした・・・・・・」
レイヴン「しかし、お前達は本当に優秀だったよ。特に-お前は
     最年少で聖騎士の資格を得た。いや・・・・・・剣聖を-
     除いてだが」
ヴィル「運が良かっただけです」
レイヴン「運だけで聖騎士になど-なれるモノか。もっとも、
     最近では、コネさえあれば簡単に聖騎士になれる
     ようだがな・・・・・・。嘆かわしい事だ」
トゥセ「あ、あのー・・・・・・」
 と、トゥセは-おずおずと声を出した。
レイヴン「ん?何だ?」
トゥセ「ええと。何で助けてくれるんですか?」
レイヴン「はは、単刀直入だな。だが、戦場では必要な事だ。
     まぁ、単純に言えば、昔のよしみかな。それにだ。
     俺はヴィルに大きな借りがある。こいつは俺の-
     故郷を守ってくれた。港町のクーリカを」
トゥセ「な、なる程・・・・・・」
レイヴン「しかし、良く俺達が味方だと分かったな」
ヴィル「いえ。遠目から、あれが教官の部隊だと分かりました。
    ただ、もし、教官が本気で俺達を捕まえようとする
    なら、(あか)りなど()けるワケが無いと思ったんです」
レイヴン「なる程。確かに、その通りだ。まぁ、ともかく、
     簡潔に事情を話してくれ。そっちのダーク・エルフは
     他の仲間達に-その場で待機するよう伝えておくと良い」
ヴィル「トゥセ。そうしてくれ」
トゥセ「あ、はい」
 そして、トゥセはヴィルの指示に従い、テントを出て行った。
レイヴン「さて、話してくれ。お前が何を思い、反逆者と
     なったかを」
ヴィル「はい。実は・・・・・・」
 そして、ヴィルは事情を全て説明した。
 それに対し、レイヴンは真剣に聞き入り、(うなず)いていた。
ヴィル「というワケなんです」
レイヴン「なる程。大体の事情は把握した。フッ、しかし、
     お前は-いつも、変な道を()くな、ヴィルよ」
 とのレイヴンの言葉に、ヴィルは罰が悪そうに頭をかいた。
ヴィル「すみません・・・・・・」
レイヴン「いや、()めているんだ。お前の理念は俺も(うなず)ける。
     まぁ、ゴブリンどもが憎くないかと言われれば、
     憎いとしか言いようも無いが。しかし-だ。
     確かに交戦規定は守るべきだ。そう、たとえ相手が
     ゴブリンであろうと、非戦闘員を攻撃するのは良くない。
     何故なら、もし、それをすれば、ゴブリン達も発狂して、
     反撃してくるだろうからな」
ヴィル「はい・・・・・・」
レイヴン「俺は正直、皇国とゴブリンが仲良くしている未来を
     思い描く事は出来ない。しかし-だ。戦争が最も効率
     の悪い外交であるとは認識している。いたずらに、
     ゴブリンを殺し、憎しみの種をまき、新たな戦争を
     巻き起こすのは、皇国にとりも、良くない。
     俺は-そう思うよ」
ヴィル「はい・・・・・・」
レイヴン「もし、お前の言う事が正しければ、ゴブリンの姫は
     人間やエルフを憎む事は無いだろう。彼女が生きて
     いる内くらいは、戦争が起きづらくなるかも知れない。
     もっとも、ククリ島への侵攻の結果しだいでは
     あるがな」
ヴィル「はい・・・・・・」
レイヴン「そう暗い顔をするな。俺だって素直に、ゴブリンと
     ヒトが仲良くするのは良い事だとは思う。
     頭の中じゃ分かってるんだ。しかし、腹の底には
     落ちてかない。やはり、仲間がゴブリンに殺され
     ているしな。とはいえ、だ。それでも、それが、
     正しいとは思うワケだ。だから、お前達に協力を
     しよう」
ヴィル「ありがとう-ございます」
レイヴン「いや、いいんだ。さっきも言ったが、お前には借りが
     ある。大きな借りがな。少しは借りを返させろ」
ヴィル「すみません・・・・・・」
レイヴン「謝るな。ともかく、時間を稼いでやる。それと、
     部隊から一人、信用できる男を貸してやる。
     ただし、そいつはククリ島へは連れて行かないで
     くれよ。俺の右腕なんだ」
ヴィル「分かりました」
レイヴン「良し、なら早速、とりかかろう。善は急げだ」
 そう言って、レイヴンは部下を呼びに行くのだった。

 そして、レイヴンは一人のガタイのいい男を連れてきた。
レイヴン「こいつはザンフだ。寡黙(かもく)だが、良いヤツだぞ。
     こいつに道案内と船の手配をさせよう」
ヴィル「ありがとう-ございます」
レイヴン「しかし、ヴィルよ。お前も運が無いな。
     あの獣道、主な道は一本だが、少し外れれば
複雑に入り組み、追う事は出来なくなる」
ヴィル「もう少し、早く道を外れているべきでした」
レイヴン「だが、裏目に出てしまったな。あの道を聖騎士の
     お嬢さんに教えたのは俺なんだ。ずいぶんと、まぁ、
     あっさりと信じてくれたよ」
ヴィル「聖騎士ミリトの事ですか?」
レイヴン「ああ。もっとも、あれを聖騎士とは呼びたく無い-
     がな。まぁ、才能は-あるから後、十年ほど鍛えれば
     少しは-まっとうになるだろうが」
ヴィル「相変わらず、手厳しいですね」
レイヴン「それが仕事だったからな。特に、お前やローを
     育てた後では-なおさらだ」
ヴィル「そ、そうですか・・・・・・」
レイヴン「フッ。しかし、聖騎士ミリトか。あれは(あや)ういな」
ヴィル「と言いますと?」
レイヴン「生真面目(きまじめ)すぎる。ああいう手合(てあ)いは、戦場ですぐに
     壊れるぞ。もしくは正義に(じゅん)じ、クーデターでも
     起こすようなタイプだ」
ヴィル「まさか」
レイヴン「いや、俺の勘は当たるぞ。もしかしたら、彼女は
     いずれ世に名を残すかもな。しかし、それは偶像
     としてだろう。たとえば、聖女として、とかな」
ヴィル「はぁ・・・・・・?」
レイヴン「まぁいい。まぁ、戦術書でも言うだろう?
     有能な(なま)け者は指揮官に、無能な働き者は
最前列に出せと。お前は前者だな」
ヴィル「そ、それは光栄です」
レイヴン「まぁいい。とはいえ、辛口になってしまったが、
     俺としても聖騎士ミリアは嫌いでは無いんだぞ。
     むしろ、可愛(かわい)らしいと思うがな」
ヴィル「教官の好みですか?」
レイヴン「どうかな?ただ、放っておけない(はかな)さが-あるな。
     ただ、あれはジイさん-うけするだろうなぁ。
     聖騎士のジイさん達の好みだろうさ」
ヴィル「はは。かもしれませんね」
レイヴン「まぁ、悪い子じゃ無いんだろうさ。悪い子では。
     だからこそ、タチが悪いんだがな・・・・・・。
     さて、つい長話になってしまったな。
     名残(なごり)は惜しいが、お別れだ。
     生きろよ、ヴィル」
ヴィル「はい。教官こそ、お気を付けて」
レイヴン「誰にモノを言ってる。まぁ、いいさ。ザンフ、
     任せたぞ」
 との言葉に、ザンフは無言で(うなず)いた。
ヴィル「では。行って参ります」
レイヴン「ああ」
 そして、ヴィルとザンフはテントを出るのだった。
レイヴン「フッ。しかし、何も変わってないな、あいつは。
     とはいえ、俺の運命も-どうなってしまう事やら」
 すると、レイヴンの胸が不自然に高まった。
 そして、レイヴンの脳裏にビジョンが浮かんだ。
 それは白銀の鎧をまとい、(いつわ)りの聖十字をかかげ、人々を
導く-壮麗(そうれい)なミリトの姿だった。
 その後ろをレイヴンと部下達が、誇り高く付き従っていくの
だった。
 しかし、その道の先は髑髏(どくろ)と血にまみれており、骨の山と-
血の池の中、冷たく、暗い霊気が立ちこめるのだった。
 さらに、景観は一転し、美しい泉の前でレイヴンは血まみれ
のミリトの肢体(したい)を抱きかかえていた。
 泉の底へ、(いく)(せん)灯火(ともしび)にも(まさ)る輝きを放つ-精霊より(たまわ)りし-
宝剣が帰っていく情景。
 その果てに、レイヴンの意識は現実に戻った。
レイヴン(今・・・・・・のは。俺の婆さん-は(まじな)い士で先読みの力
     を持っていたが、まさか・・・・・・な)
 と、レイヴンは不思議な予感の中、思うのだった。

 ・・・・・・・・・・

 挿絵(By みてみん)



 《左、聖女ミリト。右、聖騎士レイヴン》

+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ