挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
ランドシン伝記  (アーカーシャ・ミソロジー) 作者:キール・アーカーシャ

 第1章  エストネア逃亡-編

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

30/66

第17話 護衛民

 第17話  護衛民

 聖騎士エリーの闘気に、周囲の白百合-騎士団の隊員達は
(おそ)れを感じていた。
クオーツ「それは、本気で言ってるのですか?」
 と、クオーツは困ったふうに言った。
エリー「はい。皇子殿下・・・・・・。なにとぞ、なにとぞ、
    反逆者と行動を共に、なさらないでください」
 と、エリーは剣を構えながら言うのだった。
ミリト「ま、待て、エリーッ!お前、自分が何をしているか」
エリー「分かっておりますッ!皇子殿下に剣を向けた時点で
    死を覚悟しております」
 そう言って、エリーは手首を斬った。
 エリーの左手からは-おびただしい血が、こぼれだした。
エリー「皇子殿下。皇子殿下が強い決意でククリ島へと
    (おもむ)かれようと-しているのは、分かります。
    ですが、皇国に忠誠を誓う聖騎士として、
    それは、それだけは絶対に、許す事が出来ません。
    故に、力づくで止めさせて頂きたく存じます」
クオーツ「・・・・・・聖騎士エリー。頼むから手当(てあて)をしてくれ。
     いや、何を言っても無駄か・・・・・・。分かった。
     決闘だ。その血が尽きる前に、君を倒し、俺は
     先を進むよ」
エリー「私の心配は-ご無用。この決闘の勝敗が-どうであれ、
    私は命を捧げる所存で御座(ござ)います」
クオーツ「・・・・・・重いな。それが、聖騎士の覚悟か。
     なら、俺も真剣に-かかろう。ヴィルさん、
     使わない方の剣を貸してください」
ヴィル「は、はい」
 そう言って、ヴィルは安物の剣をクオーツに渡した。
クオーツ「行きます」
 そして、クオーツは一気にエリーへと剣を振った。
 それに対し、エリーは-その大きな体に似合わず、俊敏(しゅんびん)
動きを見せ、次々とクオーツの剣を(はじ)いていった。
 その死闘を見て白百合-騎士団の面々は、唖然(あぜん)とした。
ミリト(馬鹿な・・・・・・。何て速さだ。これが、エリーの本当の
    実力?気付かなかった。これだけ離れて居ても、動き
    を目で捕らえきれない)
 と、ミリトは半ば放心しながら思うのだった。
 周囲を大量の火花が散っていった。
クオーツ「クッ・・・・・・」
 流石(さすが)のクオーツも一級の聖騎士-相手では、苦戦していた。
 すると、何かが白百合-騎士団の方へと飛んできた。
女騎士「何・・・・・・これ?」
 そして、頬を(ぬぐ)うと、それは血だった。
 エリーの血が周囲に-まき散っているのだった。
女騎士「ヒッ」
 と、女騎士は叫びをあげるのだった。
クオーツ(マズイ・・・・・・早く戦いを終わらせないと、エリー
     さんの体が・・・・・・仕方無いッ)
 そして、クオーツは一旦(いったん)、エリーから距離を取った。
 一方で、エリーは血を大量に流しながらも、唇を()み、
意識を(たも)っていた。
クオーツ「・・・・・・俺が甘かったです。本当の本気で行きます」
 そう言って、クオーツはヴィルからもらった剣を地面に-
突き立て、背中の自身の剣を抜き放ち、魔力を通すのだった。
 その剣は-あまりに神々しく、並の剣では無いと-その場の
誰もが感じた。
 対して、エリーは魔力を全開にして、最上級-剣技を構築した。
 それに対し、クオーツは-ただ、肉薄し、剣を振るった。
 次の瞬間、エリーの最上級-剣技と、その剣は砕けた。
エリー「ッ・・・・・・」
 エリーは自身の敗北を悟り、力なく両膝(りょうひざ)を地面に着いた。
 クオーツは-ゆっくりと剣を(さや)に収め、エリーの方を
向き直った。
 誰もが言葉を(はっ)せ無かった。
エリー「無念です。皇子殿下が死地に向かわれるのを見ている
    事しか出来ぬなど・・・・・・」
 と、言うのだった。地面には血だまりが出来つつあった。
 それを見て、クオーツは悲しげにエリーを見つめた。
クオーツ「・・・・・・分かりました。俺の負けです。ククリ島に
     行くのは諦めます。ヴィルさん、申しわけ-ありま
     せん。俺は、そっちには行けません」
 と、クオーツはヴィルに対し、言うのだった。
ヴィル「いえ。その優しさこそが皇子殿下の美徳です。確かに、
    皇子殿下が来て下されば、百人力どころでは無いで
    しょうが、我々も戦士です。自分達の力だけで、何とか
    やってみます」
クオーツ「旅の安全を願っています。ヴィルさん、それに
     ヒヨコ豆-団の皆さん」
 と言って、クオーツは胸に手を当て、敬礼した。
 それに対し、ヴィル達も敬礼を返すのだった。
クオーツ「ともかく、手当(てあて)を」
 そう言って、クオーツは包帯を取りだし、エリーの手首に
巻いた。
エリー「お、皇子(おうじ)殿下、お止め下さい」
 と、エリーは-うろたえるのだった。
 そして、騎士団の治癒(ちゆ)術士が駆けつけ、治療を開始した。
 それを軽く見届け、ヴィルは背を向けた。
ヴィル「さぁ、行こう。旅は-これからが本番だ」
 とのヴィルの言葉に、トッセ達は『オオッ!』と答えるのだ
った。
 その様子を聖騎士ミリトは見ている事しか出来なかった。
ミリト(負けた・・・・・・完全に私は負けた。私じゃ手の届かない
    領域の騎士達が、これ程まで存在するなんて。何より、
    エリー・・・・・・。お前、お前が-それ程、強かったなんて。
    滑稽(こっけい)だな。あぁ、滑稽(こっけい)だ、私は)
 と思い、ミリトは天を(あお)いだ。
ミリト「フフッ、フハハハハッ。アッハッハッハッハ!」
 と、乾いた笑いをあげるのだった。
エリー「ミリト様?」
 と、治療を終えたエリーが心配そうに声を()けた。
ミリト「エリー・・・・・・。聖騎士エリー。以後の指揮は-お前が
    とれ・・・・・・」
エリー「で、ですが・・・・・・」
ミリト「私は疲れた・・・・・・。ふ、フフフ」
 と、言うミリトの瞳には-どこか狂気が感じられた。
エリー「・・・・・・了解いたしました。カレーヌ分隊は、ミリト様の
    護衛の任につけ。伝令隊は急ぎ、状況を最寄りの-
    ケセラ支部へと伝えよ。残りは第3守護陣を皇子殿下
    を中心に展開。急げッ!」
 とのエリーの命令に、白百合-騎士団は迅速(じんそく)かつ規律正しく
従った。
 そして、クオーツを囲うような陣が出来上がった。
エリー「全体ッ、半歩で、前へ進めッ!」
 との号令で、騎士団は規則正しく、足を上げ、ゆっくりと
進むのだった。

 ・・・・・・・・・・
 夜の海を灯台からの光が照らしていた。
 その光は漁船や貨物船が座礁(ざしょう)しないように導いて
いるのだった。
 そして、その灯台の上に、一人の杖を持った女性が立っていた。
女性「風・・・・・・風の声が聞こえる。あの人が-やって来ると」
 と、(つぶや)くのだった。
 そして、女性は目を(つむ)った。
女性「ヴィルさん・・・・・・」
 との女性の-か細い声は、誰の耳にも届かぬまま、夜の海に
消えていった。

 ・・・・・・・・・・
 ヴィル達は夜の道を歩いていた。
トゥセ「団長・・・・・・しかし、なんか、パーティが-どんどん
    むさくなっていく気がするんすけど」
ヴィル「はは、まぁ、楽しくていいじゃないか」
トゥセ「でも、そろそろ女性も増えていいと、思うんす」
 すると、カシムが口を開いた。
カシム「そうだ。トゥセさんは知らないと思いますけど、
    ケシャさん-は女性ですよ」 
 と言って、カシムは茶猫のケシャを見た。
トゥセ「あ・・・・・・そうですか・・・・・・」
ケシャ「ちなみに、陛下も女性です」
 と、茶猫のケシャは口を開き説明した。
ヴィル「あ。ケット・シー陛下も女性だったんですか」
ケシャ「はい。とても-お美しいです」
 と、(うなず)いて言うのだった。
ギート「しかし、猫がしゃべるというのも、不思議なモン
    じゃな」
 と、ドワーフのギートは言うのだった。
ケシャ「普段は-しゃべらないように、しています。
    私が-ただの猫と思わせておいた方が、
    後々、役立つ事も-あるでしょう」
アーゼ「はぁ・・・・・・。良く考えているんですね」
トゥセ「ところで、団長。港町で漁船を-どうやって、調達
    するんです?」
ヴィル「実は港町クーリカに知り合いが居るんだ。風守(かざも)り-の」
アーゼ「風守(かざも)り-って船が無事に港に着くように、監視している
    ヒトですよね?」
ヴィル「ああ。獣魔-大戦の折り-に知り合ってな」
トゥセ「へぇ、まぁ、どうせ、ゴツイおっさん-なんでしょ?
    今までの流れから行くと」
ヴィル「いや、当時、15だったから、今は27か、そこらだと
    思うぞ」
トゥセ「あ、そうすか」
アーゼ「トゥセ。風守りって、ほとんど女性だぞ」
 とのアーゼの言葉に、トゥセは耳をピクつかせた。
トゥセ「団長ッ。なんすか、それ。おかしいですよね?
    そ、そんな知り合いが居るなんて。し、しかも
    出会いが、15?は、犯罪ですよ、これ」
 と、トゥセは全身を震わせながら、ヴィルに詰め寄った。
ヴィル「別に、お前が思ってるような事は、何も無いって」
トゥセ「嘘だッ。俺の第六感がビンビン反応してますよ。
    団長、実は結構、もててるんじゃないっすか?」
ヴィル「いやぁ、そんな事、無いと思うけどなぁ」
 すると、ドワーフのギートが口を開いた。
ギート「ふ。ヴィル殿はなぁ、我が祖国、ストルヘイブにては、
    大モテじゃったのだぞ」
トゥセ「うう。いいなぁ、団長・・・・・・」
ヴィル「い、いやぁ、まぁ、そういう事もあったけど」
トゥセ「どうせ、その風守りの女の子も、獣魔-大戦で格好良く
    現れた団長に、()れて、今もなお、団長を待ち続けて
    いる、とか-そういうオチなんすよ。かー、やってらん
    ないっすよ、ほんと」
ヴィル「・・・・・・トゥセ、お前の想像力は結構、すごいな」
トゥセ「あ、ども」
アーゼ「トゥセ、多分、()められて無いぞ・・・・・・」
トゥセ「うるせぇ、自覚させんな。しかし、団長、それ、
    やばいですって。絶対、俺達に協力して-くれま
    せんよ。ガチで」
ヴィル「どうしてだ?」
トゥセ「だって、憧れのヒトを、ククリ島なんて危険な所に
    行くのを見過ごす事なんて、きっと出来ませんよ」
アーゼ「確かに。トゥセ、お前、彼女居ない歴が実年齢の
    割に、女心が分かってるかもな」
トゥセ「うっせぇ!」
ケシャ「でも、恐らく、その可能性は-ありますね。その場合、
    むしろ、最大の敵となる可能性すら-ありますよ」
 と、茶猫のケシャの言葉に、ヴィルは頭をかいた。
ヴィル「いや、でもさ。12年前の話だし、そもそも、すごい
    綺麗な子でさ、そんな子が、そんな長い間、俺を好き
    でいるなんて、あり得ないと思うんだよなぁ。
    いや、そもそも、何で俺に()れてる設定なんだ?」
トゥセ「分かってない。分かってませんよ、団長ッ!俺には
    分かります。今でも、その風守り-ちゃんは団長を
    待ち続けてるんですよ、きっと」
アーゼ(彼女いないのに、妙な説得力があるんだよなぁ。
    まぁ、俺も彼女-居ないけど)
 と、思うのだった。
カシム「何か、泣けて来ますね」
ヴィル「いや、あのさ。お前ら、考え過ぎじゃないのか?」
トゥセ「でも、団長、安心してください。万一、戦う事になっても、
    団長が『一緒に来てくれ、愛してる』って言ってチュウす
    れば、絶対、付いてきますよ」
 それに対し、茶猫のケシャも大きく(うなず)いていた。
ヴィル「はいはい・・・・・・。ともかく、先を進むぞ。夜の(うち)にな」
 と、ヴィルは先導するのだった。
 すると、先に灯りが見えた。
ヴィル「止まれ・・・・・・」
 とのヴィルの言葉に、皆は立ち止まった。
ヴィル「トゥセは俺と一緒に偵察だ。他のみんなは-ここで待機
    しててくれ」
 との指示に全員が了解した。
 そして、ヴィルとトゥセは気配を殺し、様子を(うかが)いに
行くのだった。
 そこには護衛民の検問(けんもん)が存在した。
 護衛民とは自治組織であり、一種の警察機構のようなモノ
であった。ただし、その役割は、モンスターの掃討なども-
入っており、かなりの実力者も居るのだった。

トゥセ(うわ・・・・・・嘘だろ。あいつら、メチャクチャ、強い
    んじゃねぇの?ってか、マジでやばい。これ以上、
    近づいたら、ばれる。どんなに気配-隠してても
    ばれる・・・・・・)
 と、トゥセは背筋を凍らせながら思うのだった。
 そんなトゥセの心情と裏腹(うらはら)に、ヴィルは草むらから出て、
護衛民に近づいていった。
トゥセ(団長ーーーーッ!)
 と、内心、叫びをあげるも、トゥセは-その場で見ている事しか
出来なかった。
 護衛民もヴィルの存在に気付き、抜刀した。
 しかし、ヴィルが話し()けると、雰囲気(ふんいき)が変わり、彼らは
剣を(おさ)めた。
ヴィル「トゥセ、大丈夫だ。来ていいぞ」
 とのヴィルの言葉に、トゥセは『へ?』と、ポカンと口を
開けるのだった。
 しかし、ヴィルの言うとおり、トゥセも草むらから出てきた。
 そして、ヴィルとトゥセは護衛民にテントの中へと連れられて行く
のであった。

 ・・・・・・・・・・

+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ