挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
ランドシン伝記  (アーカーシャ・ミソロジー) 作者:キール・アーカーシャ

第0章  輪廻-編

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

3/66

 第Ω話  再誕 ③

 第Ω話  再誕  ③


 神話時代の力を取り戻した古代竜との死闘が今、始まった。
 通常の空中戦では互いに背後を取り合い、敵の背に攻撃を撃ちこむのが常である。
 しかし、今回においては、その常識は全く通用しなかった。

 古代龍は大空をあたかも地上を駆けるが(ごと)くに進み、縦横無尽(じゅうおうむじん)にそれでいて不可視の高速にて、ティア達に襲いかかった。

『マニュッ!』

 と竜マニマニは叫び、ティアと自分の分身をいくつも作り出した。
 それを見て、古代龍は余裕からなのか顔をほころばせた。

《ほう、幼いながら分身の秘術(ひじゅつ)を使うか。()しい事だ。あと数百も年を重ねれば、我に匹敵(ひってき)しうる力を(ゆう)したやもしれん。だがッ、ここで散れ!》

 最後には-そう冷酷(れいこく)に告げ、古代龍は次々と分身をその(つめ)と尾で斬り裂いていった。
 (またた)()に分身達はその数を減らしていき、マニマニは『マニュッ』と(あせ)りの声をあげた。

 その時だった。
 飛翔(ひしょう)(てい)から古代龍にめがけ、砲台が発射されたのだった。
 これらのいくつかは古代龍に直撃したが、ほとんど損傷を与える事は出来なかった。

 とはいえ、それなりの衝撃は受けたようであり、《こしゃくなッ!》と苛立(いらだ)ちの声をあげ、飛翔艇に向け灼熱(しゃくねつ)のブレスを放った。

 その炎のブレスは飛翔艇の左舷(さげん)に襲いかかり、触れる全てを()()くさんとしていった。
 しかし、カシムと茶猫のケシャが、とっさに結界を張り、炎のブレスは勢いを弱めた。

 とはいえ、所詮(しょせん)は勢いを殺しただけであり、飛翔艇の(いた)(ところ)より火があがり出すのだった。
 それと共に動力系が熱でやられたのか、飛翔艇は高度をさらに落としていくのだった。

『よくもッ!』

 と竜ティアは叫び、強大なる炎弾を古代龍に向け放った。
 しかし、古代龍が咆哮(ほうこう)をあげるや、生じた音波により炎弾は()()されていった。

『嘘・・・・・・』

 ティアは思わず息をのんだ。
 その時、ウィルはティアの背に触れた。

「ティア、あれをやるぞッ!」

 とのウィルの言葉に、ティアは『分かったわ』と(うなず)くのだった。

 それらのやり取りを古代龍は聞いており、『ほう、何を見せてくれるのか?うら若き赤竜よ』と、興味深(きょうみぶか)げに言うのだった。
 今、誇り高き古代龍はティア達の実力を認め、好敵手たらんと見なしていた。

 それ故、ティアとウィルによる必殺の一撃を邪魔せずに、()(こう)から打ち砕かんとしていたのだ。

《共神(きょうしん)ッ!》

 ウィルとティアの言葉が重なり、二人の波動が共鳴しだした。
 今、二つの波動は重なり融合し、新たな波を生み出していた。
 そして、ティアとウィルの前には一つの火球(かきゅう)が出現し、一気に放たれた。

 しかし、その大きさはあまりに小さく、さらにその速度も遅く、さながら赤児(あかご)()うようにヨチヨチと古代龍に向かって進むのだった。

 これに対し古代龍は落胆(らくたん)し、怒りの色を見せた。

『何だ、その炎はッ!戦いを愚弄(ぐろう)するか、小童共(こわっぱども)めがッ!』

 そう叫び、古代龍は火球に向けて飛翔し、右の爪で斬り裂かんとした。
 しかし、火球に爪が触れた瞬間、その炎の(うち)より神話級(しんわきゅう)灼熱(しゃくねつ)が古代龍めがけ吹き荒れたのだ。

 あまりの爆音に、全てが静寂(せいじゃく)(つつ)まれたかであった。
 遠方にて邪竜達は空中に静止し、(おさ)たる古代龍の安否(あんぴ)(あん)ずるのだった。
 それ程までに、生じた爆炎の規模は広大なのであった。

『ガァァァァッァッ!』

 との咆哮(ほうこう)爆煙(ばくえん)をかき消し、中から古代龍が姿を見せた。
 邪竜達は一瞬-安堵(あんど)するも、古代龍の右腕が完全に失われている事に気付(きづ)き、身を震わせるのだった。

『認めよう・・・・・・認めよう。(あか)(りゅう)とその契約者なる竜騎兵よ。我は貴様(きさま)()の力を認め、(たた)えようぞッ!』

 古代龍は今、こみあげる奇妙で爽快(そうかい)な感情のままに叫び、さらに言葉を続けた。

『だが、()しいかな。その極大にして極小なる火球はその威力(いりょく)(はん)し、あまりに愚鈍(ぐどん)だ。悪いが私にも使命があるのだ。次からは心苦しいが、避けさせてもらうぞ』

 そう人間の言葉で古代龍は告げるのだった。
 この事からも、古代龍がウィル達に戦場における敬意を示しているのが(うかが)えた。

()くぞッ!』

 そして、古代龍は魔力を速度に変換させ、先程以上の速度で空を突き進むのだった。
 竜マニマニとティアもそれに合わせ、必死に速度を上げて回避行動を(おこな)うも、それで精一杯(せいいっぱい)であり、攻撃に転ずる事がなかなか出来ないのだった。

『ウィルッ!私が奴の動きを止めるから、その隙にッ!』

 と念話で告げるのは、狂戦士ローであった。

『頼むッ!』

 そうウィルが答えるや、ローは魔刃(まじん)渾身(こんしん)のマナを(そそ)ぐのであった。

()け、魔刃(まじん)よッ!』

 との言葉を発し、ローは本日2度目となる究極剣技《(かみ)()刃裂(じんれつ)》を発動した。
 その平面にわたる大規模な攻撃は古代龍をとらえ、一瞬、硬直させた。
 さらに、マニマニは古代龍に体当たりをして、大量の手で古代龍を(つか)んだ。

『やれ、ウィル!私達ごとッ!』

『マニュマニュッ!』

 との二人の覚悟に、ティアとウィルは(こた)えるのだった。

『オオオオオオッッッ!』

 と叫び、ウィルとティアは《共神(きょうしん)》の一撃を放つのだった。
 その火球はゆるやかに古代龍へと向かった。

『そこをどけ、この馬鹿者がッ!』

 古代龍は必死にマニマニを振りほどこうとして、腕を振り下ろした。
 しかし、マニマニは《(やわ)らかい結界》を展開し、それを(はば)んだ。

 とはいえ、次第(しだい)にマニマニの拘束(こうそく)は解かれようとしていた。
 その時、ローは古代龍に跳び移り、古代龍の右眼に魔刃を突き立てた。

()(つらぬ)け、魔刃よッ!』

 ローは全身の魔力を(やいば)にこめ、究極なる剣技を発動した。
 放たれた剣撃は古代龍の眼球から脳内へと入りこみ、その内部を反射しズタズタに斬り裂いていった。

 しかし、竜の脳は二重に出来ており、脳の内に《脳核(のうかく)》が存在し、それさえ無事ならば基本、問題は無いのだった。
 《脳核》は球体の硬い竜骨に覆われており、ローの一撃もそれを貫く事は出来なかった。
とはいえ脳を破壊され、古代龍は苦悶(くもん)の声をあげていた。

 ただし、魔刃は諸刃(もろは)(つるぎ)
 (たましい)()らう呪われし(やいば)酷使(こくし)した事により、ローの全身は深く傷つき、血を流しながら力なく天を落ちていった。

『マニッ!』

 思わずマニマニは叫び、古代龍を縛る力を(ゆる)めてしまった。
 その一瞬の(すき)に、古代龍はマニマニを殴り飛ばした。
 結果、マニマニとローは同じ方向に落ちていくのだった。

しかし、まさにその時、必殺の火球が古代龍にチリッと小さな破裂音をたてて、触れた。

『しまッ』

 そう言葉を発する事も許さず、神話級の炎は古代龍を焼き尽くすのだった。

 だが、それでも古代龍は耐えた。
 耐え抜いたのだ。
 その半身が()(ずみ)と化す程に傷ついていたが、不屈の闘志で意識を保ち、瞳に強い光をたたえていた。

 一方で、ウィルとティアも二度の《共神(きょうしん)》で、肉体と霊体に深い傷を()っていた。
 撃ててあと一発。
 それがティアとウィルには分かっていた。
 もしかしたら、次を放てば自分達の命は尽きるかもしれないという予感もあった。
 しかし、二人は構わずに深く波動を重ねていくのだった。


 一方で、飛翔艇の中において、信じられない動きが生じていた。
 砲塔(ほうとう)には弾では無く別のもの、ダーク・エルフのトゥセ、格闘家のアーゼ、ドワーフのギートの三名がそれぞれ入っていた。
 それはさながらに人間砲弾と言えた。

「あ、あの・・・・・・本当によろしいのですか?」

 と部下のドワーフがおずおずと尋ねた。

「構わんッ、やれい!」

 そうドワーフのギートは砲塔(ほうとう)の中から叫び返すのだった。
 この命令を聞き、ドワーフ達は発射の準備を進めるのだった。

「おいおい。うちのドワーフは、とんでもない事を考えてくれるぜ」

 トゥセは(ほう)口内(こうない)で、そうぼやくのだった。

「言うな。これしか方法が無いんだから」

 そう答えるアーゼに対し、トゥセはため息を()くのだった。

『カシム、結界を俺達の周りにちゃんと張ってあるだろうな?そうじゃなきゃ俺達、点火の爆発で焼け死んじまう』

 と、トゥセはカシムに念話を送るのだった。

『任せてください。ケシャと一緒に結界を重ねがけしてますから』

 そう答えるカシムの横では、茶猫のケシャが共に結界を構築しているのだった。

「ギート様!いつでも行けますッ!」

 との部下の声が響いた。

「よーしッ!発射じゃッ!」

 砲塔の中からのギートの命令に、ドワーフ達は『オオオオオッ!』と声をあげ、発射ボタンをポチッと押すのだった。

 次の瞬間、足下に爆風が起き、トゥセ達の体を天空に向け-すさまじい速度で放つのだった。
 そして、人間砲弾は何とも上手く、古代龍に命中していった。
 この時、ギートとアーゼは魔力を前方に展開し、衝突の勢いを利用し、古代龍を攻撃しているのだった。

 一方で、トゥセの人間砲弾だけは狙いを外れ、古代龍の足の下を通り過ぎようとしていた。
 しかし、トゥセは驚異的な動体視力と勘を発揮し、連結するカードを放ち、古代龍の足に何とか(つか)まった。

『チクショウッ!こんな事だろうと思ったぜ!』

 と、トゥセは古代龍の足にしがみつきながら、叫ぶのだった。

『いいから、やるぞッ!』

 そのアーゼの言葉と共に、三人は古代龍に攻撃を直接、(たた)()むのだった。

 それを見て、団長のウィルは思わず口を開いた。

『お前達ッ、何をやってるんだ!』

すると、すぐさま念話が返ってきた。

『団長!俺達に構わずやっちゃって下さい!』

 と、トゥセは声を張り上げるのだった。

『お願いだ、団長!俺達は少しでも団長の役に立ちたいんだ!』

 そうアーゼが。

『団長、世界を頼みますぞいッ!』

 と、ギートが最後に叫ぶのだった。

 彼らの想いを無碍(むげ)にする事は、ウィルには出来なかった。

『分かった・・・・・・先に向こうで待ってろ』

 そうウィルは告げ、《共神(きょうしん)》を開始するのだった。

 古代龍は必死にトゥセ達を振り落とそうとするも、トゥセは無数のカードを古代龍を覆うように放ち、それらを基点(きてん)に束縛の結界を構築した。

 これを受け、古代龍は動きを封じられるのだった。
 さらに、ギートとアーゼは全身の筋肉がはち切れんばかりに力をこめ、斧と拳を叩き込んだ。
 二つの衝撃を受け、古代龍は動きを硬直させるのであった。
 その間に、《共神(きょうしん)》の火球は古代龍に迫るのだった。

眼前の火球を見て、古代龍はとっさにその背に第三、第四の翼を生やし、上方に羽ばたくのだった。
 これこそ、古代龍の切り札であった。

 ただでさえ小さな火球が下方で、さらに小さく点のようになりながら-さまようのを見て、古代龍は安堵(あんど)の表情を浮かべた。
 しかし、真の恐怖は古代龍の右方から迫っていた。
 そこには人の拳ほどの大きさしか無い、非常に小さな火球があった。
 だが、それこそが《共神(きょうしん)》の火球なのだ。

 下の火球は偽物(にせもの)であり、普通の炎に過ぎなかった。
 上から迫る-さらに小さな火球こそ《共神(きょうしん)》の力を秘めているのだ。

(おとり)》との言葉が古代龍の脳裏に浮かぶ頃には、神聖なる炎が彼の全身を(ほね)(ずい)まで()()くさんとするのだった。

 極大なる爆発が古代龍を包んだ。
 しかし、それは同時にトゥセ達3人をも滅ぼす事を意味していた。

「トゥセ・・・・・・アーゼ・・・・・・ギートッ」

 ウィルは家族とも言える仲間達の名を声を震わせながら口にするのだった。
 自身の手で彼らを殺したとなれば、その悲しみもひとしお強かった。

 その時だった。
 竜ティアの上に、何かが出現した。
 (ゆが)んだ時空から現れたのは一人の魔導士だった。
 その魔導士は何と、爆炎に飲まれたはずのトゥセ達3人を魔法で抱えていた。

 彼こそ、サーゲニア皇帝の元-親衛隊(しんえいたい)である異端(いたん)の魔導士シーレイであった。
 かつては敵であった彼が、トゥセ達を助けたのである。

『貸しは返したぞ』

 そう念話で告げ、シーレイはトゥセ達を竜ティアの上にぞんざいに放り投げた。

「お前達ッ!」

 ウィルは痛む体の中、3人に駆け寄った。

「無事・・・・・・なんだな。良かった。本当に良かった」

 そう口にするウィルの瞳は涙でうるんでいた。

「団長ッ・・・・・・」

 トゥセ達3人も感極(かんきわ)まり、声を震わすのだった。
 そして、彼らはヒシッと抱きしめ合うのだった。

「ありがとう、シーレイ」

 ウィルの心からの感謝の言葉に、シーレイは『フンッ』とそっぽを向くのだった。

 その時、下方から竜マニマニと狂戦士ローが飛翔して来た。
 二人は海面に激突するギリギリの所で浮上して助かったのだ。

『マニちゃん、ローも』

 竜ティアは二人に向け叫んだ。
 それに対し、マニマニとローは手を大きく振るのだった。

 すると、《共神(きょうしん)》の(ばく)(えん)が晴れ、見るも無残(むざん)な古代龍の姿が現れた。
 その体の大半は(すみ)と化し、あちこちからは骨が突き出しており、青い血が(いた)(ところ)から()()しているのだった。
 しかし、痛ましいその姿であっても、その尊容(そんよう)(いま)だ失われていなかった。

『見事だ・・・・・・。極大なる力を持ちし竜と竜騎兵よ。そなた()の名を教えてくれぬか?』

 古代龍は口から青い血をあふれさせながら言うのだった。

「俺の名はウィル・ザ・ハーケンス」

『私の名はティアナトー』

 と、それぞれ(おの)が名を口にするのだった。

『そうか。我が名はグレゴリオ・エルトシア。そなた()の名を胸に刻み、冥府(めいふ)へと(おもむ)こうぞ』

 そう言い残し、古代龍グレゴリオ・エルトシアは、その身を
灰に()していくのだった。
 霧散(むさん)した後には、古代龍を構成していた金色(こんじき)(ひかり)(かがや)くマナが、(あお)き天空に(のぼ)っていった。

『古代龍グレゴリオ・エルトシア。彼は優しい心を有していた気がするわ。私達の2回目の攻撃が、マニちゃん達に当たりそうだった時、マニちゃんを攻撃して遠ざけていたもの。誇り高き古代龍が、幼い竜が死ぬ事を望んでいるはず無いわ』

 (ひかり)()る幻想的な光景の中、竜ティアはウィルに言うの
だった。

「そうかもしれないな・・・・・・」

 ウィルは強敵であった古代龍を(しの)びながら答えるの
だった。

 その時であった。
 天に暗雲が渦巻(うずま)き、そこより魔王の禍々(まがまが)しい声が響いた。

(くだ)らぬ。情に流され、結果、敗北するとは。その力、返して(もら)おう』

 次の瞬間、古代龍の最期(さいご)を踏みにじるように、魔王は空中を舞う古代龍のマナを回収するのであった。
 今、古代龍の魂とも言えるマナは、無惨(むざん)にも魔王の化身(けしん)たる暗雲へと吸い込まれていくのであった。

 それを見て、ウィルは怒り叫んだ。

「アセルミアッッッ!貴様は、貴様だけは許しはしないッ!」

 すると、魔王の嘲笑(ちょうしょう)が聞こえた。

『ならば、降り立つが良い。我が(てん)居城(きょじょう)へ』

 気づけば、魔王城は眼前にそびえていた。
 そして、ウィル達、ロー達と飛翔艇は魔王城に向け突き進むのだった。


 ・・・・・・・・・・


+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ