挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
ランドシン伝記  (アーカーシャ・ミソロジー) 作者:キール・アーカーシャ

 第1章  エストネア逃亡-編

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

28/66

第15話 巨人殺し

 第15話  巨人殺し

 ヴィル達は-いよいよ安らぎの森から旅立つ事となった。
ヴィル「テヒシ、ありがとな。本当に助かったよ」
 と、ヴィルは木人(きひと)のテヒシに対し、礼を言うのだった。
テヒシ「気にするな、ヴィルよ。また、いつでも来てくれ。
    我々は、お(ぬし)らをいつだって心待ちにしておる。
    大地と雨の恵みが-お主らに与えられん事を」
 そう言って、テヒシは大きな手をヴィルに対し、
差し伸べた。
 その大きな手にヴィルは手を重ねた。
ヴィル「さぁ、行こう」
 そして、ヴィル達、ヒヨコ豆-団は先を進むのだった。

 ・・・・・・・・・・
 一方、白百合-騎士団は地元の人々の協力を得て、広範囲に
ヴィル達を探索していた。
ミリト(奴らは必ず、港町を目指す。すでに近辺の港町は封鎖して
    あるが、それでも万一、港町に入られ、秘密裏に
    漁船にでも乗られたら、手が出せなくなる。とはいえ、
    古の森には我々も手が出せない。故に、奴らが出てきた
    所を捕まえる)
 と、心の中で確認していた。
 すると、ミリトの乳母であり、副隊長でもある聖騎士エリー
が-やって来た。彼女は-恰幅(かっぷく)の良い中年女性で、ミリトと違い、
華麗さや洗練さは見られなかった。
エリー「ミリトお嬢様。護衛(ごえい)(みん)の隊長殿が-お見えです」
ミリト「分かった、今、行く。それと、エリー。お嬢様は
    止めなさい」
エリー「失礼しました。聖騎士ミリト様」
ミリト「さ、早く会いに行こう」
 そう言って、ミリトは護衛民の隊長に会いに行くのだった。

 そこには頬に傷のある護衛民の男が待っていた。
ミリト「お待たせしました。聖騎士ミリトです」
護衛民「これは聖騎士ミリト様。お噂は-かねがね。私は-この
    近辺、つまり、イゼロックの治安を任されておる、
    レイヴンと申します」
ミリト「では、レイヴン殿。さっそくですが」
レイヴン「ええ。捕縛(ほばく)する対象が(いにしえ)の森に
     居るとの事ですが、そこから港町に出るとなると、
     以下のルートが考えられます。そして、私なら、
     このルートを選びます。
     ここらは獣道が-しっかりしており、地元の民が
     良く利用する道です。そのヴィルという男、中々(なかなか)に、
     曲者(くせもの)なら、この道を通るでしょう」
ミリト「なる程。しかし、このルートだと、港町まで-かなり
     迂回(うかい)する事になりますね」
レイヴン「確かに、おっしゃられる通りです。しかし、ここらは
     高低差が激しく、むしろ、迂回(うかい)してでも、
     高低差が少ない道を行く方が、逆に近道となります」
エリー「なる程、〈急がば回れ〉、という事ですね」
レイヴン「ええ。聖騎士エリー殿の-おっしゃられる通りです」
ミリト「では、我々、白百合-騎士団が-このルートを押さえる
    という事で-よろしいでしょうか?」
レイヴン「ええ。お願い-いたします。その冒険者-達は、かなり
     の手練(てだ)れとの事。我々では対処できぬ可能性が
     (おお)いにあります」
ミリト「なら、決まりだ。エリー。すぐに支度(したく)を」
エリー「ですが、ミリト様。もう少し、作戦は練った方が良い
    のでは?」
ミリト「今は時間が勝負だ。急がねば-ならない」
レイヴン「まぁ、何か-あれば、連絡いたしますので」
ミリト「ありがとう、レイヴン殿。よし、出発の準備だ」

そして、白百合-騎士団は結果的に、ヴィル達に迫っていく
のだった。

 ・・・・・・・・・・
 ヴィル達は獣道を進んでいた。
トゥセ「いやぁ、団長も良く、こんな道、知ってますね」
ヴィル「まぁな。だけど、この道は、地元だと有名だからな、
    もう少し-したら、道を外れるぞ」
トゥセ「了解」
 そして、ヴィル達は道を進んでいくのだった。
 すると、豪快な歌声が-どこからか響いた。
トゥセ「な、なんだぁ?」
カシム「この声・・・・・・。ドワーフのものですね」
アーゼ「ドワーフ。こんな所に」
ヴィル「・・・・・・まさか、この歌声。すまん、ちょっと、
    見てきていいか?」
トゥセ「団長?」
ヴィル「いや、聞き覚えのある声でさ」
アーゼ「じゃあ、俺が-ここで待ってますから、トゥセでも
    連れて、偵察に行かれたらどうです?」
ヴィル「そうだな。じゃあ、ここらで休憩していてくれ。
    三時間しても戻らなかったら、先に進んでいて
    くれ。まぁ、なるべく-すぐに戻るから」
アーゼ「了解」
ヴィル「トゥセ、行こう」
トゥセ「了解、了解」
 そう言って、トゥセはヴィルの後を付いていくのだった。

 しばらく、森を歩いて行くと、ヴィル達は泉に出た。
 そこではテントが張られており、その横で一人のドワーフが
たき火でしており、肉を焼いていた。
ヴィル「・・・・・・ギート。ギートじゃないのか?」
 と、ヴィルは-そのドワーフに声をかけた。
 すると、ドワーフは一瞬、怪訝(けげん)そうな顔をするも、ヴィルを
見るや、目を見開き、駆けてきた。
ギート「ヴィル殿?おお、ヴィル殿じゃあ無いかッ!なんだ?
    おお、本当にヴィル殿か?」
ヴィル「ああ。ギート、久しぶりだな」
 そして、ヴィルとギートは抱擁(ほうよう)(かわ)した。

 ヴィルとトゥセとギートは-たき火を囲んでいた。
ギート「ほら、肉だ肉。食え食え」
トゥセ「い、いいんすか」
ギート「当たり前だ。たくさん、食え、若いの」
トゥセ「ありがとう-ございます」
 そして、トゥセは骨付き肉をほおばった。
トゥセ「うめーッ!メッサうめー!」
ギート「そうか、そうか」
 と言って、ギートは破顔した。
ヴィル「ギート。申しわけ無いが、俺達は今、急いでてさ。
    追われてるんだ。あまり、長話できない」
ギート「なんだ。なんだ?穏やかじゃ無い話だな。話して
    見てくれ」
ヴィル「・・・・・・実は」
 そう言って、ヴィルは-ためらいがちに事情を話し出した。
 それをギートは何度も相づちをうちながら聞き入るのだった。
ヴィル「というワケなんだ」
 それに対し、ギートは『ウゥム』と(うな)った。
ギート「しかし、これも運命やも知れぬな。よし、ヴィルよ。
    ワシも協力するぞ」
ヴィル「いや、だけど。命に関わる事だし」
ギート「なぁに、今のワシは故郷にも戻れぬ、根無し草よ。
    むしろ、ワシが協力せずして、どのドワーフが
    協力する?ドワーフは-お(ぬし)に対する恩義を決して
    忘れぬぞ。『巨人殺しのヴィル』よ」
ヴィル「照れるな・・・・・・。でも、本当に良いのか?」
ギート「気にするな。しかし、お(ぬし)も面白い奴よの。
    まさか、ゴブリンの少女を助けるために、
    命を張るとは。とても、正気とは思えぬぞ」
ヴィル「はは、我ながら-そう思うよ」
ギート「しかし、だからこそ面白い。それでこそ、英雄ヴィル
    だ」
ヴィル「ギートはゴブリンを憎くは無いのか?」
ギート「フム・・・・・・。これが、巨人が相手なら話は別だが、
    ゴブリンからは直接の被害を受けたワケでは無い
    しのぅ。とはいえ、ヴィルよ。お(ぬし)の理念には
    賛同できるのだよ。ワシは大陸を放浪して感じた。
    この世界は危険な状態であると。魔族を激しく
    憎む国ほど、内部での種族問題が顕著となって
    居る。そんな気がするのだ」
ヴィル「そういう所は-あるかもな・・・・・・」
ギート「このエストネア皇国(おうこく)も-そうであるし、サーゲニアなど
    ヒドイものだ。あの国には二度と行きたいとは思わぬよ」
トゥセ「サーゲニア・・・・・・」
 と、トゥセは暗く(つぶや)くのだった。
ヴィル「どうした、トゥセ?」
トゥセ「え?あ、いや。何でも無いっす。どうぞ、話を
    続けてください」
ヴィル「・・・・・・ギート、本当にいいのか?君が来てくれるなら
    正直、とても助かる。心強い味方だ」
ギート「はは、そう言われて、断るワシだと思うか?」
ヴィル「・・・・・・そうだったな。じゃあ、よろしく頼むよ」
ギート「ああ」
 そして、ヴィルとギートは握手を(かわ)した。
 すると、指笛が聞こえた。
トゥセ「今のってッ」
ヴィル「まずいッ、アーゼ達が危ない」
ギート「よく分からんが、急ぐか?」
ヴィル「ああ」
ギート「よし、なら行こう」
 と言って、ギートは火を一瞬で消し、荷物を持った。
ヴィル「テントは-いいのか?」
ギート「こんなもの要らんわ。急ぐぞ」
 と言って、先に駆け出して行ってしまった。
 それをヴィル達は追う形となるのだった。

 一方、アーゼ達は白百合-騎士団から逃げ出していた。
アーゼ(クソッ、これじゃ、トゥセの言ってた夢の通りじゃ
    ないかッ)
 と、思いながら、木々を殴りつけるのだった。
 すると、木々は次々と折れていき、障害物となって、
女騎士-達の行く手を(はば)んだ。
カシム「ヴィルさん達-の気配が近いです。あと少し、頑張って
    くださいッ!」
 との言葉に、アーゼはゴブリンの少女レククを抱え、一気に
ペースをあげるのだった。
 そして、アーゼ達とヴィル達は開けた場所で出会った。
ヴィル「アーゼッ!」
アーゼ「団長ッ!」
 そして、アーゼはヴィル達のもとへと駆けて行った。
アーゼ「そちらのドワーフは?」
ヴィル「味方だ」
 と、短く-やり取りするのだった。
 しかし、気付けば、ヴィル達は完全に白百合-騎士団に
包囲されていた。
トゥセ「ヒィ、正夢じゃねぇかよ・・・・・・」
と、トゥセは身震いした。 
すると、聖騎士ミリトが歩み出た。
ミリト「大人しく投降しろ。反逆者の諸君。我が名はミリト。
    聖騎士ミリト。諸君らが投降を約束すれば、命の保証
    は確約しよう」
ヴィル「どういう事だ?」
ミリト「お前はヒヨコ豆-団の団長であるヴィルか?」
ヴィル「その通りだ。お前の言っている事が本当だという
    証拠は?」
ミリト「信じてもらうより他に無い。しかし、せめて誠意を
    示すため、真実を話そう。私達は-そのゴブリンの
    捕獲を命じられている。あくまで捕獲であり、危害
    を加えるつもりは全く無い」
ヴィル「信じられない話だ」
ミリト「だが、本当だ。ある事実が判明したのだ。それは、
    そのゴブリンが王の血をひいている-という事だ」
ヴィル「王の血を・・・・・・」
トゥセ「じょ、冗談だろ?レククが-お姫様だって言うのかよ?
    なぁ、ジイさん」
 と、トゥセは黒猫に言うのだった。
黒猫「・・・・・・真実じゃ。確かに、レククは、いや、この方は、
   センル族の王ヤン・ファトの忘れ形見で-あらせられる
   のじゃ」
 との言葉に、ヴィル達は-唖然(あぜん)とした。
トゥセ「ま、まじかよ・・・・・・。でも、ジイさんは、こういう
    冗談は言わねーもんな・・・・・・」
 すると、ヴィルが口を開いた。
ヴィル「だとすると、レククを人質として、利用しようと
    いうのか?」
ミリト「端的(たんてき)に言えば、その通りだ」
 とのミリトの言葉に、ヴィル達は-ざわついた。
 そんな中、黒猫に憑依(ひょうい)した老人ゴブリンのトフクと、
ゴブリンの少女レククは、ゴブリンの言葉で話をして
いた。
ミリト「さらに、もし大人しく投降すれば、貴様らの処遇も
    悪くはしない。むしろ、無罪放免となる可能性すら
    あるだろう」
 とのミリトの言葉に、トゥセ達は顔を見合わせた。
ヴィル「レククはどうなる?」
ミリト「レクク?ああ、そのゴブリンの名か。それは、私の
    あずかり知る所では無い。しかし、人質として、
    丁重(ていちょう)に扱われるだろう」
ヴィル「子供を・・・・・・それも、女の子を人質にとるつもりかッ!」
ミリト「子供?汚らわしいゴブリンだぞッ!分かっているのかッ!」
ヴィル「・・・・・・お前は何も知らないんだな。レククは、とっても-
    良い子なんだ。とても、心優しくてさ。花とか、
    蝶々(ちょうちょ)とか好きでさ。辛い旅も文句、一つ言わずに、
    言う事を聞いてくれる。そんな子を人質にするだと?
    それで、貴様の騎士としての誇りは傷つかないのか?」
 とのヴィルの言葉に、ミリトは顔をしかめた。
ミリト「騎士の誇りだと?聖騎士の位を剥奪(はくだつ)され、あまつさえ、
    反逆者に墜ちた貴様がッ、それを(うた)うかッ!」
 と、叫び、ミリトは抜剣した。
 それに対し、ヴィル達や、騎士団の面々は緊張を高めた。
 すると、ゴブリンの少女レククが前に歩み出た。
ヴィル「レクク?」
 レククは目に涙を浮かべながら、口を開いた。
レクク「ごめん、なさい・・・・・・」
 と、たどたどしい言葉で、謝り、騎士団に投降しようとする
のだった。
 それを見て、ミリトは-フッ、と笑った。
 しかし、ヴィルは後ろからレククの肩に手を当てた。
ヴィル「言ったろ。お前を守ると。騎士として誓うと」
 とのヴィルの言葉に、レククは困ってしまっていた。
トゥセ「うおおおおッ!もう、知るかッ!団長、やりましょう!
    こんなのって無いっすよ!どうせ、こいつら、レククが
    エルフとか人間とかの女の子だったら、こんな事、
    しないんすよ。それって、やっぱり差別っすよ!」
アーゼ「まぁ、こいつらを信用するのも-どうかと思いますしね」
カシム「ヴィルさん。私は貴方の決断を誇り高く思います」
 さらに、茶猫のケシャも(うなず)いていた。
ヴィル「お前ら・・・・・・」
 すると、黒猫に憑依(ひょうい)したトフクがヴィルに頭を下げた。
トフク「ヴィル殿・・・・・・どうか、頼みます。レクク姫を、
    ククリ島へ・・・・・・、どうか」
ヴィル「ああ、分かってる。そういうワケだ。悪いな」
 そう言って、ヴィルはミリトに剣を向けた。
ミリト「愚かな・・・・・・。なんて、愚かな。せっかくの恩情を
    無駄にすると言うのか・・・・・・」
 その言葉に、ミリトは魔力を高めた。
 すると、聖騎士エリーがミリトを制した。
エリー「ミリト様。危険です。あの者達は並の者では-ありません。
    ミリト様が前に出られ、万一の事があれば」
ミリト「エリーッ!あんな反逆者どもに私が劣るとでも?
    あんな無名の元-聖騎士に私が劣るとでも?」
 との言葉にエリーは困ってしまった。
 すると、予期せぬ人物が前に出た。
 それはドワーフのギートだった。
ギート「お嬢さん、今の言葉は聞き捨てならんよ。ああ、
    聞き捨てならん」
ミリト「何だ、貴様は?見たところ、ドワーフのようだが、
    関係無い者は引っこんでいろッ」
ギート「フム。まぁ、落ち着きなされ、お嬢さん。ワシはな、
    名乗る程では無いが、ギートと言う者だよ」
 との言葉に、聖騎士エリーは少し反応するも、あえて、
何も言わなかった。
ギート「今、お前さんは、ヴィル殿の事を無名と言った。
    だがな、お嬢さん、この(かた)はドワーフの国、
    ストルヘイブにて、英雄と称されておるのだよ」
ミリト「何を冗談を」
ギート「やれやれ、本当に知らぬのか。(なげ)かわしい事だ。
    しかし、何と言う事か・・・・・・。異国にて英雄と
    称され、本国では無名とは、皮肉なモノだ」
ミリト「・・・・・・この反逆者が英雄だと?冗談も休み休み
    にしろ」
 とのミリトに対し、ギートは黙って-にらみつけた。
 すると、ミリトは-その威圧感に気圧(けお)され、口をつぐんだ。
ギート「では、話してやろう。そう、あれは獣魔-大戦が終わり
    世界が-ようやく復興へと向かっている時の事だった。
    そう、今より七年前、我が祖国-ストルヘイブに突如
    巨人族が襲ってきたのじゃ」
 そう言って、ギートは目を(つむ)った。
ギート「ワシらは必死に対抗するも、そもそも、獣魔-大戦にて
    多くの勇士を失っており、不運な事に、第78代-国王
    ゴーフィス陛下も崩御なされた矢先の事で、国がまと
    まっておらんかった。そして、一つ、また一つと、
    砦が落ちていった」
 そして、ギートは静かに目を開いた。
ギート「ワシらは、近隣諸国に支援を要請した。しかし、誰も
    助けてくれなんだ。もちろん、ここエストネア皇国に
    も使者を送った。しかし、返答は色悪いモノだった。
    やれ、経費が-どうだの、やれ、戦死者がどうだの、
    そう言った事ばかりで、結局、贈呈した最上級の
ミスリルだけもらって、何も支援してくれなんだ・・・・・・」
 と言い、ギートは悔しそうに唇を()んだ。
ギート「ワシら-は絶望しておった。既に国土の2割は早くも
    奪われており、このまま女子供だけでも、難民として
    逃がそうかと言う案すら出ていた。そんな最中だった。
    一人の冒険者が噂を聞き、駆けつけてくれた。
    それが、このヴィル殿だ」
 と言って、ギートはヴィルを見た。
ギート「お主らに分かるか?確かに、ヴィル殿は-たった一人、
    たった一人であったが、ワシら-が、どれ程、どれ程
    嬉しかったか・・・・・・。お(ぬし)らに分かるかッ!」
 と、ギートは目に涙をにじませ叫んだ。
ギート「そして、ヴィル殿は剣技や戦術を分かりやすく丁寧に
    ワシらに授けてくださり、さらに、最前線で指揮まで
    されたのだ。その結果、我らドワーフは未曾有(みぞう)の危機を
    脱し、再び、平穏を取り戻したのだッ!
    貴様らは本当に聞いた事が無いのか?
    巨人殺しのヴィルの名をッ!その名をッ!」
 とのギートの言葉に、白百合-騎士団は、うろたえた。
ミリト「・・・・・・巨人殺し。聞いた事がある。確かに、一人の
    人間が、ドワーフと共に多くの巨人を倒したと。
    しかし、その名は・・・・・・確か、巨人殺しのヴォル、
    では無かったか?」
ギート「・・・・・・・あれ?」
 と、ギートは首をかしげた。
ヴィル「なんか、こっちでは間違った名前で広まっちゃってて
    さ・・・・・・」
ギート「何と言う事じゃ・・・・・・」
 と、ギートは頭に手を当てた。
 すると、聖騎士ミリトが耐えられないように口を開いた。
ミリト「話は分かった。なら、その実力を示してみろ。
    決闘だ。一対一での決闘。
    ヴィル。巨人殺しのヴィル。
    私と決闘をしろ。
    もし、お前が勝てば、この場を見逃す事を
    騎士として約束しよう」
 と、ミリトは剣を向けながら宣言するのだった。

 ・・・・・・・・・・

+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ