挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
ランドシン伝記  (アーカーシャ・ミソロジー) 作者:キール・アーカーシャ

第0章  輪廻-編

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

12/66

    第Ω話  再誕 ⑫

 第Ω話  再誕 ⑫

「散ったか・・・・・・不死王レヴィストルよ」
魔王アセルミアはヴィルの猛攻を軽くあしらいながら、(つぶや)いた。すると、アセルミアの死角からティアの魔弾が迫った。
 対し、アセルミアは身を低くしてそれを(かわ)し、反撃に大量の刃をウィルとティアに向けて放った。
 ウィルは剣技・護衛陣で、ティアは結界で魔王の刃を防いでいくも、すぐに防御は打ち破られ、回避行動に移らねばならなくなった。
 執拗(しつよう)に追尾してくる無数の魔刃(まじん)、それらをウィルとティアは互いに交差するように動き、それぞれの背後に迫る魔刃を攻撃していくのだった。
 その巧みな連携により、魔刃の数は激減していった。
 これを見て、魔王アセルミアは何の動揺も無く、再び体内から新たな魔刃を出現させるのだった。

 ・・・・・・・・・・
 一方で狂戦士ローとドワーフのギートは、不死なるゼアを相手にしていた。今、ゼアは何百体にも分身し、高笑いをあげながら、ロー達に魔弾を放ってきていた。
 それに対し、ローは魔刃で次々と魔弾を弾き、さらにゼアの一体に肉薄して斬り裂くも手応えを感じていなかった。
『ハハッ。駄目、駄目。その程度の呪詛じゃ僕を殺せないよ。僕は呪いの(かたまり)だからね』
 そう告げ、ゼアはローに迫った。
「クッ」
 とっさにローはゼアを切断するも、ゼアの手がローの腕に触れた。次の瞬間、無数の呪詛(じゅそ)がローの体に流れこんでいった。
 さしものローもこれを喰らい、絶叫をあげるのだった。
 刹那、ギートが斧でゼアの腕と体を吹き飛ばしていった。
 これにより、ローは解放されたが、彼の肉体と精神は呪詛により激しく(むしば)まれていた。
 しかも、ギートが倒したのはゼアの一体に過ぎず、未だ何百体ものゼアが奇妙に揺らめいていた。
 そんな中、竜マニマニがレーザーをゼアに向けて放ち、ローに近寄った。
『マニュッ!』
 心配そうにするマニマニに、ローは答える事が出来なかった。
 すると、突如として大量のゼアがマニマニめがけて襲いかかってきた。ゼアはマニマニのあちこちに取り付き、呪詛を流しこみだした。これにマニマニは悲痛な声をあげるのだった。
「オオオオオオッ!」
 ドワーフのギートは次々と群がるゼアを打ち砕いていくも、多勢に無勢であり、ついにはマニマニはローの隣で動かなくなった。
 憤怒(ふんぬ)するギートは鬼神のごとくにゼアを粉砕していく。
 しかし、相手をする気が()せたのか、ゼア達は影の中に吸いこまれるように消えていった。
「このッッ!貴様、出てこいッ!正々堂々と勝負をしろッ!」
 と、血の涙を流しながらギートは叫んだ。
 すると、ゼア達は地面から浮かび上がってきた。
『言っておくけど、戦いに礼儀なんてありはしない。こそこそと戦うのが僕のやり方なんだ。でも良いよ。そんなに言うのなら、きちんと相手をしてあげるよ。君くらいなら、問題ない』
 そして、嫌な笑い声をたて、ゼア達は一斉にギートに襲いかかった。ギートは斧で次々にゼアを打ち倒していくも、次第に手を足を掴まれ、呪詛を流されるのだった。
「ガァァァァッッッ!」
 全身に発狂する程の痛みが走るも、ギートはゼアに対する攻撃の手を緩めなかった。たとえ、それが全く通じなかったとしても、それでも、それでもとギートは腕を振るい続けるのだった。
 しかし、とうとう限界が訪れ、全身を呪詛(じゅそ)(くろ)()げにしながら、ギートはゆっくりと崩れ落ちるのだった。
『ハハハッ、不死なる者に(かな)うものかッ!』
 とのゼアの嘲笑(ちょうしょう)が響く。
「なら・・・・・・試してみるか?」
 そう、かすれたローの声が掛けられた。
 見れば今、ローとマニマニの魔力が融合し、高まっていた。
『どんな凄い攻撃も僕の霊体を貫く事は出来ない』
「貫くんじゃ無い。消滅させるんだ」
 と言い放ち、ローは魔力をさらに解放していった。そして、ローはマニマニを撫でながら言うのだった。
「マニマニ・・・・・・ごめんな、ジイジも一緒だからな」
『マニュ・・・・・・ジイジ、好き。いっしょ』
 気づけば周囲一体は激しく鳴動をし出していた。
 これにはさしものゼアも焦燥(しょうそう)(にじ)ませた。
『ハ・・・・・・アハハ。こんなの付き合ってられるか』
 そう言い残し、ゼアはその姿を地面に消そうとした。
 しかし、ゼア達は体が動かなくなるのを感じていた。
 今、ゼア達は魔力により拘束されていたのだった。
『なんだ、これ。まさか』
 すると、ギートの微かな笑い声がした。瀕死の中、ギートは最後の力を振り絞り、命削りし魔力を通しゼア達を麻痺させたのだ。
「今じゃ・・・・・・やれ。ロー」
「すまないッ・・・・・・。やるぞ、マニマニッ!」
『マニュ』
 そして、マニマニとローの最後の一撃が放たれた。
 共鳴した巨大なレーザーがゼア達を一瞬にして焼き尽くしていく。
『アァァッァッ!クソッ、ドワーフじゃ無くて、あいつらを先に殺しておけばッ・・・・・・ッ!』
 ゼアの断末魔(だんまつま)虚空(こくう)に響く。
 そんな中、ローとマニマニは力なく倒れ()くのだった。
 さらに、ゼアが完全に消滅したのを見届け、ギートは達成の笑みを(たた)え、永遠の眠りにつくのだった。

 ・・・・・・・・・・
 その頃、不死王テレ・ネアは明らかな苛立(いらだ)ちを(いだ)いていた。
 彼女は合理主義者であり、逃げる事を()としていたが、今、立ちはだかるポポンに対しては、背を向ける事を良しとは出来なかった。
『消えろよッ!私の前から消滅しろよッッッ!』
 感情的に叫び、テレ・ネアは三種の精霊の力を合わせ、極大魔法をポポンに放った。
 しかし、ポポンはその攻撃を自動回避するのだった。瀕死のカシムはポポンに自動回避の力を付加させていた。
 結果、ポポンは空中のテレ・ネアに迫り、二連の蹴りを叩きこんだ。
 これにより、テレ・ネアの首と腹部がヒビ割れていく。
 だが、それだけであり決定打にはなりはしない。
 一方、ポポンは今の攻撃の代償として、両足を失うのだった。
 光と化して消えていく両足。ポポンは体勢を崩し、成すすべも無く落下して行く。
 この時、テレ・ネアは勝利を確信した。だが、そういう時に限り、意図せぬ事態が起こるのである。
 突如、足を無くしたはずのポポンの体が、何かの力で浮遊し出したのだ。さらに、ポポンはテレ・ネアに向かい上昇していく。対し、テレ・ネアは忌まわしげに顔を歪める。
 その時、彼女は気づいた。下方で倒れこむカシムが最後の力を振り絞り、ポポンに浮遊術を掛けている事を。
『大人しく、死んでいろッ!』
 テレ・ネアは容赦(ようしゃ)なく、光輪をカシムに向けて神速で飛ばした。刹那(せつな)、カシムの頭蓋(ずがい)を光輪は貫通し、脳漿(のうしょう)が巻き散る。
 しかし、命の灯が消えようと、カシムは尽きなかった。
 カシムは残る魔力を予め自動化しており、死してなおポポンの体をテレ・ネアのもとへと飛ばすのであった。
『このッ!』
 さらなる光輪をテレ・ネアはポポンに放つ。それはポポンの左胸に吸込まれていった。心臓を破壊されるも、ポポンは気合いで意識を保っていた。
「ヌオオオオオオッッッッ!」
 咆哮(ほうこう)し、ポポンは思い切り、テレ・ネアの額を()()きするのだった。
 次の瞬間、テレ・ネアの頭部はあまりにあっけなく砕け散っていった。今ここに二体目の不死王が死を迎えたのだ。
 しかし同時に、ポポンの首から上も光となりて消え去っていくのだった。

 戦闘が終わり、静寂が(あた)りに満ちた。
 さらに突如として雪が降り出す中、一匹の巨大な犬がよろつきながら歩いて来た。この犬こそポポンが最初に乗っていた子であり、ケルベロ君とポポンは呼んでいた。
胴体のみとなったポポンの死体をケルベロは見付け、キョトンとした。しかし、物言わぬポポンを見て、全てを理解し涙を(こぼ)すのであった。
 ケルベロの悲哀(ひあい)なる遠吠(とおぼ)えが何度も響く。しかし、答える者は誰も居ない。
 空間の欠片(かけら)なる雪は激しさを増す。世界の終焉(しゅうえん)が近づいているのだ。それを知ってか知らずか、ケルベロはポポンの(そば)に身を寄せて、うずくまるのだった。
 ケシャ、カシム、ポポン、ケルベロ、それに今まで散っていった全ての者達を雪は等しく包んでいった。

 ・・・・・・・・・・

+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ