挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
ランドシン伝記  (アーカーシャ・ミソロジー) 作者:キール・アーカーシャ

第0章  輪廻-編

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

11/66

    第Ω話  再誕 ⑪

 第Ω話  再誕 ⑪


 浮遊する魔王城を大きな()れが(おそ)った。

『これは・・・・・・』

 至高(しこう)なる不死王アーバインは足を止め、(つぶや)いた。

『何の魔力も波動も感じられぬ。それでいて、塔の中枢(ちゅうすう)が消滅している。これこそが霊剣(れいけん)の誇る虚無の力か』

 アーバインは(かす)かな狂喜(きょうき)を見せながら、そう口にするのだった。

『魔王アセルミアの安否も気がかりではあるが、その前に片付けねばな・・・・・・』

 と言い、アーバインはおもむろに背後を振り返った。
 そこにはダーク・エルフのトゥセと、片腕を失った格闘家のアーゼが魔力を高めていた。

「さぁ、第2ラウンドと行こうぜ」

 そうトゥセは不敵に言い放った。

『何度やっても同じだ』

 と答え、不死王アーバインは目を閉じ、静と動の構えを再び示すのだった。


 ・・・・・・・・・・

 一方で人型に変化した茶猫のケシャは、胸を貫かれても何とか生きていた。

『へぇ、獣だから心臓が二つあるのかしら?アハハッ!面白い、面白いわね。すっごく!』

 そう不死王テレ・ネアは叫び、ケシャへと無数の魔弾を放っていった。
 ケシャはこれを(たく)みに(かわ)し、テレ・ネアへと真空の(やいば)を放つのだった。
 しかし、テレ・ネアはフッと笑い、魔力で真空の刃を打ち消すのだった。

『でも、その体、避けづらいんじゃないかしら?』

 次の瞬間、テレ・ネアの周囲に(かず)()れぬ白い球体が出現し、それぞれの球体から無数の白い(いばら)がケシャを(つらぬ)かんと伸び迫った。
 対し、自動回避により空中を華麗(かれい)(かわ)し続けるケシャをテレ・ネアは楽しげに見つめていた。
 今、白い(いばら)の自動追尾とケシャの自動回避は完全に拮抗(きっこう)していると言えた。

『なる程ね。なら、これはどうかしら?』

 そして、テレ・ネアは先程の光輪(チャクラム)を、右腕と左足を失い立ち上がれずに居るカシムに向け放った。

「ッ!」

 ケシャは何の迷いも無く、カシムを守るため光輪(チャクラム)に立ちはだかった。
 何とかケシャは光輪(チャクラム)(はじ)こうとするも、ケシャの力ではそれは止まらず、ケシャの残った心臓を無慈悲(むじひ)(つらぬ)くのだった。

 これにより光輪は軌道を()らし、カシムの心臓のわずかに横を通り過ぎ、建物に突き刺さっていった。

『ア・・・・・・』

 全ての心臓を貫かれ、ケシャは力なく倒れた。
 さらに変化(へんげ)が解け、ケシャの体は元の小さな体に戻っていくのだった。

 茶猫ケシャの体からは止めどなく血が(あふ)れ、もはや命の(ともしび)は尽きようとしていた。
 一方で、カシムも心臓に直撃こそしなかったが、胸を貫通しており、口から血をこぼしていた。

「ケシャ・・・・・・ケシャ・・・・・・ッ」

 それでもカシムは身を引きずりながら、ケシャのもとへと()っていくのだった。
 しかし、カシムの声にケシャは答える事はなく、その体からマナの光を天に散らしていくのだった。

 後にはカシムの慟哭(どうこく)が響いた。
 それを不死王テレ・ネアは嘲笑(あざわら)うのであった。

『アハハッ!猫が死んだくらいで何ピーピー泣いてるのかしら?何て愚かなのかしら、アハハハハッ」

 その時、テレ・ネアは後方よりただならぬ殺気を感じ、思わず横に()びずさった。

(今のは恐怖?ありえない、この私が・・・・・・)

 戦慄(せんりつ)するテレ・ネアは、その正体を見極めるべく視線を向けた。
 そこには歩道橋に寄りかかりながら(たたず)む大男のポポンの姿があった。

『今のはお前?』

 と、テレ・ネアは指差(ゆびさ)し問いかけた。
 しかし、ポポンはジロリとテレ・ネアを(にら)むばかりで、何も答えようとしなかった。

『今のはお前かと聞いているの』

 不死王テレ・ネアはポポンの眼前へと瞬間移動し、そう(たず)ねた。
 すると、ポポンは首を横に振り、口を開いた。

「よくねぇ、よくねぇよ」

『何が良くないのかしら?』

 わずかに浮遊するテレ・ネアはポポンの顔を(のぞ)きながら聞くのであった。

「不死王さんよぅ。あんたは人だった頃の情も捨て去っちまったのかい?今、俺は怒り狂う所なんだろうが、あんましにもブチ切れちまったんで、逆に落ち着いちまってるよ」

『あらそう。それで?』

「あんたみたいに精神年齢が低いと人を小馬鹿にしか出来ねぇのかも知れないけどよ・・・・・・。愛っていうのは、もっと深いものなんじゃねぇのか?」

 とのポポンの言葉に、テレ・ネアは怒りでその身を震わせた。

『ハハッ、アハハハッ!この不死王に対し、悠久(ゆうきゅう)の時を超えし神にも(ひと)しい存在に対し、薄汚(うすぎたな)い人間ごときが、説教を(ほどこ)すとはッ!』

 そして、テレ・ネアの周囲には天をも()るがす膨大(ぼうだい)な魔力が吹き荒れた。
 しかし、ポポンは一歩も動じる事は無かった。

「だが、その体。いいな」

 とのポポンの突然の言葉に、テレ・ネアは微笑(ほほえ)みを浮かべた。

『何?今更(いまさら)おだてたって無駄よ』

「いや、外見が化け物だと殴りやすい。女相手だとちょっとな」

 それを聞き、テレ・ネアは一瞬キョトンとし、すぐさま(いか)りの形相(ぎょうそう)を見せた。

『殺すッ!』

「お前もなッ!」

 次の瞬間、ポポンの(こぶし)がテレ・ネアの顔面に突き刺さった。
 そして、テレ・ネアの体は大きく後方に飛ばされていった。

『ウ・・・・・・ア・・・・・・何で、私の体。攻撃が通って』

 見れば、テレ・ネアの(ほほ)から大きなヒビが顔面(がんめん)一帯(いったい)に広がっていた。
 しかし、この攻撃にポポンも無事ではなく、代償として殴りつけた腕が光と化して散っていくのだった。

 これによりポポンは両腕を失った事となる。
 しかし、それでも彼には()る事も()()く事も出来るのだ。

「来いやァァァァァッ!」

 と血を()きながらポポンは叫び、最期(さいご)の戦いに身を投じていくのだった。


 ・・・・・・・・・・

 気づけば団長ウィルと竜ティアは不可思議な空間に居るのだった。
 霊剣の力により確かに彼らは虚無へと消えたはずであったが、今、彼らは実在していると言えただろう。

「ここは・・・・・・」

 ウィルは(あた)りを見渡し(つぶや)いた。

 そこは世界の全てであった。
 星の総体(そうたい)と言えた。
 連綿(れんめん)と広がる三千大千世界の情報の一端がそこには存在した。

『アカシック・レコード。それが、この場の名だ』

 声のする方向を振り向けば、そこには魔王アセルミアの
後ろ姿があった。

「何故、生きているッ!」

 ウィルは腰の愛剣を引き抜き、叫んだ。

『生きては居ない。しかし、死んでも居まい。あの玉座はアカシック・レコードへの接続点であった。だが、そこには魔女の王による封印が施されていた。その封印をお前の霊剣が解除してくれたのだよ』

 とのアセルミアの説明に、その言葉の全てが分からずともウィルは愕然(がくぜん)とした。

「そんな・・・・・・俺は・・・・・・」

『案ずるな。逆に言えば、貴様らも死んでは居ない。私はあくまで公平(フェア)だ。さぁ、このアカシック・レコードの所有を賭け、()()おうでは無いか。ウィル・ザ・ハーケンス、そして(せい)(りゅう)ティアナトーよ!』

 すると、魔王アセルミアの体内より無数の魔刃(まじん)が突き出ていった。

『言っておくが、霊剣はもはや存在しない。()の剣は力を失い砕けていった』

 アセルミアの言葉に対し、ウィルはギリッと奥歯を()んだ。

『さぁ、始めよう』

 両手を(かか)げるように広げながら、アセルミアは告げるのだった。
 それに対し、ウィルとティアは共に叫び声をあげ、魔王へと果敢(かかん)に立ち向かうのだった。


 ・・・・・・・・・・

 不死王レヴィストルは漆黒(しっこく)(いかずち)(まと)いながら空中の高みに浮遊していた。
 眼下には()()げた小人族のモロンと剣帝シオネスの姿があった。

『やれやれ。さぁ、続きをしようか。剣聖の息子、剣帝シオネスよ。あの冒険者達の中では、お前以外ではカード使いの男くらいしか俺の相手をしてくれそうに無いからな』

 そう言い、レヴィストルはシオネスに対し大剣を向けた。
 対して、シオネスは答えた。

「お前は勘違(かんちが)いをしている。。ヒヨコ豆-団で最強なのは俺でも
トゥセさんでも無い」

『ほう。なら誰だ?言って見ろよ。ウィル・ザ・ハーケンス
は無しだぜ』

 しかし、次に(つむ)がれるシオネスの言葉は意外なものだった。

「モロンさんだよ」

『人を馬鹿にするのも、いい加減にしろッ』

「馬鹿にしているのはお前だ。感じないのか?エヌの力を」

『エヌだと?』

 その単語にレヴィストルはギョッとした表情を浮かべた。

「モロンさん・・・・・・すいません。俺ごと奴を滅ぼしてください」

 そのシオネスの言葉と共に、モロンがゆらりと立ち上がった。

「ごめんね・・・・・・。じゃあ、始めるよ」

 そして、モロンはソッと(まなこ)を閉じ、魔力を高めその全身を光輝(ひかりかがや)かせていくのだった。

『オオオオオオオッッッ』

 との(うた)うようなモロンの声が響きわたり、彼の頭上には天使の(ごと)()が出現した。

『なんだ、なんだッ!何だよ、それはァァァッ!』

 突然の強敵の出現に、レヴィストルは狂喜(きょうき)の笑みを隠しきれなかった。
 しかし、(ふく)れあがるモロンの魔力を感じ、徐々に危機を覚え始めた。

『な。馬鹿な・・・・・・嘘だろ?おい、おいおいおいッ!それはヤバ過ぎるだろうがッ!』

 その時、レヴィストルの足をシオネスの(むち)(しば)った。

「逃がしはしない」

 とのシオネスに対し、レヴィストルは獰猛(どうもう)に叫んだ。

『発動する前に殺しゃ関係ねぇッ!』

 そして、レヴィストルは一気にシオネスに大剣を突き立てた。
 今、シオネスの体を大剣が貫通(かんつう)していた。

『お前・・・・・・何で避けようとしない』

「やっと捕まえた」

 そう告げ、シオネスはレヴィストルの両肩を(つか)んだ。
 次の瞬間、レヴィストルの体ごとシオネスの全身は燃え上がりだした。
 シオネスの背後には常に精霊なるターニャが守護しており、彼女もまたその身を焼いていくのだった。

『私は置きましょう。発火する聖具(せいぐ)の上に、()しき魂を』

 そのシオネスと精霊ターニャの(つむ)ぎ重なる(おん)(れい)と共に、
聖なる炎は激しさを増していった。

『ふざけるなッ!貴様ら(ごと)きが、この不死王レヴィストル
をッ!』

 この時、モロンの詠唱が唐突(とうとつ)()んだ。

「レクク、ニョモ、ガイン、リコリスさん、ロイスさん。それに(みんな)・・・・・・今、行くね」

 その刹那(せつな)、聖火と悪しき魂ごと、エヌの波動による光の柱が全てを飲み込んでいった。

『アアアアアアッッッ!そんなッ。この俺が、
不死王なるこの俺がッ。アァァァァァッ!』

 そして、超再生も追いつかず、不死王レヴィストルはこの世界から消滅していった。
 光の中それを見届け、シオネスは満足そうに目を(つむ)り、ターニャの魂に包まれる中、散っていくのだった。


 気づけばモロンは花畑に横たわっていた。
 体を起こし、立ち上がり、フト横を向く。
 その先には会いたくてやまなかったヒト達が居た。

「モロンッ!」

 そう声をあげ、ヨチヨチと可愛(かわい)らしく駆けてくるのは、
可愛らしいゴブリンの少女のレククだった。
 天寿(てんじゅ)をまっとうし先に()った彼女は安らかなる世界で彼を待ち続けて居たのだ。

「レククッ!」

 そして、二人は抱きしめあった。

「僕、僕、頑張ったよ。頑張ったんだよ」

 涙をこぼしながら、モロンは言った。

「うん、見てたよ。ずっと、見てたよ。
とっても格好(かっこ)()かったよ」

 すると、「ニョモッ!」という声が足下から響いた。
 見れば、半透明の小さな子であるニョモがモロンにピトッとしがみついていた。

「ニョモ・・・・・・」

 と、その名を(つぶや)き、モロンはニョモの頭を優しく()でた。
 そして顔を上げると、花畑の向こうにはロイスやリコリス、ガインといった死した仲間達が手を振っていた。
 さらに、シオネスとターニャも手を(つな)微笑(ほほえ)みを(たた)えていた。

 モロンとレククは互いに顔を見交(みか)わし、ニッコリと笑顔を浮かべ、それぞれニョモの小さな右手と左手を握り、三人で彼らのもとへと駆けだして行くのであった。


 ・・・・・・・・・・


+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ