挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
ランドシン伝記  (アーカーシャ・ミソロジー) 作者:キール・アーカーシャ

第0章  輪廻-編

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

10/66

    第Ω話  再誕 ⑩

 第Ω話  再誕 ⑩


 ウィルとティアは、魔王アセルミアの待ち受ける《深淵(しんえん)(とう)》へと意外にもすんなりと入る事が出来ていた。

 それは明らかにアセルミアの意志であるように思えた。
 すなわち、罠である事が(うかが)えるのだった。
 しかし、時が無い今はそれに乗るしか方法が無かったのだった。

 塔の内部では、時間と空間と重力が(ゆが)んでおり、ウィル達を混乱させた。
 しかし、それ以外にウィル達を(はば)む者は存在しなかった。

 無人の迷宮なる塔内をひたすらに進むうちに、ウィルとティアは上下の感覚すら失っていた。
 そんな中でさえ、ウィル達は魔王アセルミアの禍々(まがまが)しい魔力をはっきりと感じ、その方向へと迷わず進むのだった。

 今、決戦の時は近かった。


 ・・・・・・・・・・

 一方で、剣聖シオンの息子シオネスは、天魔の力を解放した不死王テレ・ネアの波動を遠く感じ取った。

「これは・・・・・・」

 それに対し、眼前の不死王レヴィストルは言い放った。

『テレ・ネアめ、もう力を解放したか』

 これを聞き、シオネスは目を見開いた。

「クッ。皆が危ない」

 この時、レヴィストルはシオネスに一気に大剣を振るった。
 それを二刀で受け、シオネスは衝撃で後方に飛ばされた。

『他人の心配をする余裕があるのかッ?おいッ!ハハッ。なら、いいさ。俺も見せようか?天魔の力をッ!』

 と叫び、不死王レヴィストルは、不死王テレ・ネアと同じように天魔の力を解放するのだった。
 すると、天より突如(とつじょ)として暗雲が生じ、黒き雷がレヴィストルに()(そそ)ぐのだった。

 そして、黒き(いかずち)(よろい)をまとったレヴィストルが降誕したのだった。

『さぁ、始めよう』

 次の瞬間、レヴィストルの姿は消えた。
 シオネスは(かん)を頼りに、襲い来る神速(しんそく)の攻撃を次々に(ふせ)いでいった。

 それらの攻撃はさながらに迅雷(じんらい)(ごと)くであり、周囲にはレヴィストルの通った残像の(あと)幾条(いくじょう)にも見受けられた。

シオネス自身も相当に素早くはあるのだが、さすがに雷に準じる速さとまでは言えなかった。

「クッ、ならッ!」

 シオネスは魔力を全解放し、周囲の全てを炎の海で()()くしていった。
 しかし、それを避ける事は今のレヴィストルにとり、さほど難しくはなく、瞬時に高層-建造物の屋上へと駆け上がり、眼下(がんか)の炎を楽しげに(なが)めていた。

『どうした?手詰(てづ)まりか・・・・・・ん?』

 その時、レヴィストルに何かが迫った。
 レヴィストルは後方に避けるも、その何かは屋上をコロコロと転がるだけだった。

『なんだ?()()?』

 レヴィストルが(ひろ)おうとした瞬間、それは突如(とつじょ)として爆発した。
 とっさにレヴィストルは上方に(かわ)していたが、そこには白い風船がいくつも待ち構えて居た。

 白い風船達は機雷の(ごと)くに(はじ)け、レヴィストルを襲った。

『クソッ。何だ、これはッ!』

 レヴィストルの皮膚はこれらの攻撃により、弱冠(じゃっかん)、焼けただれていたが、瞬時に超再生していくのだった。

『お前の力か・・・・・・』

 レヴィストルの刺すような視線の先には、小人族のモロンが居た。
 モロンは遠方の高層-建造物の上で、術式を発動していたのだった。

 すると、レヴィストルの周囲に再び白い風船が出現していった。

(くだ)らないんだよッ!ガキがッッッ!』

 レヴィストルが魔刃(まじん)一閃(いっせん)するや、風船達は全て断ち斬られ消滅していった。
 そして、レヴィストルはモロンへと瞬時に迫った。

 しかし、その刹那(せつな)、レヴィストルの体はあらぬ方向へ(はじ)かれていった。
 シオネスの剣がレヴィストルを(はば)んだのである。

(見えずとも、向かう先の軌道が分かって居れば
打ち返せる。銃使いを相手する要領(ようりょう)で)

 と、シオネスは空中で思いながら、レヴィストルへと追撃を開始した。
 しかし、レヴィストルの対応は意外なものだった。

『近接戦だけが得意と思うなよッ!』

 レヴィストルの言葉と共に、暗雲より(おびただ)しい数の雷がモロンとシオネスに向けて、降りしきるのだった。
 これらの無数にして神速なる雷撃(らいげき)を避ける事は二人にとり不可能だった。
 そして一瞬の閃光(せんこう)の後に、重なる雷鳴(らいめい)無慈悲(むじひ)(とどろ)きわたった。


 ・・・・・・・・・・

 狂戦士ローとドワーフのギートは、不死王アーバインの前に屈しかけていた。
 アーバインの強さは3体の不死王の中でも最上とされており、いかな強者であるローとギートと言えど、太刀打(たちう)
出来ないのは当然である。

 しかし、相手がどれ程に強大であろうと、ロー達はしぶとく何度も何度も立ち上がり続けるのだった。

『その不屈の闘志(とうし)賞賛(しょうさん)(あたい)する。だが・・・・・・』

 次の瞬間、不可視の攻撃が多方向からローとギートを襲った。
 それらはアーバインの放った拳撃(けんげき)であり、霊体の巨大な手ほどの威力(いりょく)は無かったものの、非常な速さを誇っていた。

 ロー達は()すすべも無くそれらの攻撃を()らい、(ちゅう)を舞っていくのだった。

『悲しいかな。想いが叶うとは限らぬのだ。この世界は』

 そう告げるアーバインはどこか(うれ)()であった。
 もしかしたら、今の言葉は過去の彼自身に対し(つぶや)いたのやも知れない。

 ローとギートは地面に倒れ、血を吐いていた。
 すると、竜マニマニが黒いレーザーを不死王アーバインへと放った。
 それをアーバインは(みぎ)(こぶし)で易々と(はじ)くのだった。

『いいのか、そちらを無視して?』

 とのアーバインの言葉にマニマニはハッとした。
 こうしている(あいだ)にも、周囲の騎士達は異形(フリークス)達と戦い、命を散らしていくのだった。

 マニマニは騎士達を守るために、アーバインでは無く騎士達に群がる異形(フリークス)達に対しレーザーを放つのだった。

無垢(むく)そのものだな、あの幼き竜は。竜に(めん)じ、貴様らを見逃そう。魔王アセルミアのもとに侵入者が到達しているようだしな。あまり気乗(きの)りはしないが、いい加減そちらへ向かわねば』

 そう言い残し、アーバインはロー達に背を向けた。

「待てッ・・・・・・」

 ローは(かた)(ひざ)をつきながら、声をあげた。
 しかし、アーバインは足を一瞬止めただけで、再び歩き出すのだった。

『待ってよ、アーバイン』

 その時、異形の声が響き、地面より黒い何かが浮かび上がった。
 黒い何かは粘体であり、その姿を人型に変えていった。

『ゼア・・・・・・』

 不死王アーバインは、その者の名を口にした。

『王には()れなかった不死の僕だけど、こいつらをいたぶるくらいなら出来る』

 そう言い、不死なるゼアは低く笑うのだった。

『好きにするが良い。どうせ何を言っても、お前は聞かないのだから。以前も今も』

『分かってるね。短くない付き合いだしね』

 とのゼアの言葉に、アーバインはフッと笑い、一瞬にして姿を消した。

『ハハッ。じゃあ、()わりに僕と遊ぼうかッ!ヒト達よッ!』

 そう凶悪に叫び、不死なるゼアは黒く(ゆが)んだ波動をまき散らしていくのだった。


 ・・・・・・・・・・

 団長ウィルと竜ティアは、ついに魔王アセルミアの待ち受ける玉座(ぎょくざ)()の前に辿(たど)()いた。
 その巨人族ですら小人のように(うつ)るであろう高大(こうだい)な扉は(ひと)りでに開き、ウィル達を中へと(まね)くのだった。

 ウィル達が(うち)の暗闇に足を()()れるや、青い炎が次々と奥に向かって燃え上がり、その()を照らした。
 そして、その最奥(さいおう)に位置する禍々(まがまが)しい玉座には、呪詛(じゅそ)の布を身に(まと)った魔王アセルミアが不敵な笑みを浮かべ、ウィル達を見下(みお)ろしていた。

『ようこそ、至高なる冒険者達よ。いや・・・・・・もはや、貴様らは冒険者と呼ぶにふさわしくない。別の名を与えよう。元々、私は冒険者という称号に違和感を覚えていた。そうだな、なら、こう呼ぼう。探求者と。始まりの冒険者クル・フィネスも探求者と呼ぶにふさわしい。そうは思わないかね?』

 とのアセルミアの長舌(ちょうぜつ)に、ウィルは露骨(ろこつ)に顔をしかめ、袋から布に(つつ)まれた闇のオーブを取りだした。

「これが何か分かるか?」

 闇のオーブを結界(けっかい)()しに握り、ウィルは魔王に見せつけた。

『もちろんだとも。我が半身、いや本体とでも呼ぶべき(コア)だ。運んでくれた事、感謝しよう』

「感謝するいわれは無いさ。もう、これで全てが終わるんだからな」

 そして、ウィルは右手で器用(きよう)に背の霊剣(れいけん)を引き抜いた。
 ティアはウィルの右手に、左手を重ねた。

 ウィルとティアの魔力が《共神(きょうしん)》の(ごと)くに重なり響いていく。
 魔王アセルミアは目を細めながら、それを興味深(きょうみぶか)げに(なが)めているだけであった。

虚無(きょむ)よッ!」

 ウィルとティアの叫びに呼応(こおう)するかに霊剣(れいけん)は強く鳴動(めいどう)だした。
次の瞬間、霊剣は(うろ)なる波動を発し、全てを時空の彼方(かなた)へと(ほうむ)()らんとした。

 玉座(ぎょくざ)()の何もかもが、その刹那(せつな)、消滅するのであった。


 ・・・・・・・・・・


+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ