挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
愛のモノリス 作者:稲葉孝太郎

最終章

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

17/17

人生が2度あれば

「いやー、しかし今回の件はヤバかったですね」
 泰人が好物のチーズバーガーにかぶりつき、口泡を飛ばしてそう言った。
「ま、最終的に解決したし、いいんじゃない?」
 神楽はバニラシェイクから唇を離し、あっけらかんとそう答える。
「そういう問題じゃないと思うんっすけど……」
 泰人は何かぶつぶつと呟いたが、神楽には聞き取れなかった。
 聞き直す必要もないかと思い、神楽は泰人の隣に座る小柄な少女に話し掛ける。目付きの鋭い性格のやや悪そうな子供だ。
「フブキ、こっちの入金は確認してくれた?」
「ええ、まいど。っと言いたいところだけど、月代さんに支払わせたわけ?」
 高校生に向かってタメ口をきくフブキ。
 神楽はそれを気にせず、自分の右隣に座るかぐやへと視線を向ける。
「いいえ、西条静からの報酬で穴埋めしたわ」
 その説明に、かぐやは申し訳なさそうな顔をする。
 あの後、西条静は結局息を吹き返さなかった。警察から事情聴取を受けたものの、健老人たちの助力と、西条静が病死以外に考えられないという理由から、三人はあっさりと解放されたのである。数日経って口座を確認してみたところ、見たことのないような金額が振り込まれており、神楽は気絶しそうになった。払込人は、西条の経営する金融コンサルタントのひとつであった。
「代金を払ってもらったのはいいんすけど、どうやって振り込んだんでしょうね?」
 泰人が、もぐもぐと口を動かしながら尋ねた。
 その場の視線が、神楽へと集中する。
「これはただの予想だけど……西条静は、博物館を訪れる前に、あらかじめ会社にそう指示しておいたんでしょうね。自分が亡くなったら、憧夢の口座へ一定の金額を振り込むように、って」
「え? じゃあ西条は、始めから失敗を予期してたってことですか?」
 驚く泰人に、神楽は首を左右に振った。
「予期してたっていうより、保険をかけたんじゃないかしら。忘れ屋が失敗したら、最初からあの博物館で死ぬつもりだったんだわ。だってあそこは……彼の妻との、思い出の場所なんですものね……」
「……」
 四人のテーブル席を沈黙が覆った。
 皮肉屋のフブキも、さすがに空気を読んでいる。
「ま、というわけで、西条からの報酬としてもらっておいたわ。ちょっと税金が怖いことになってるけど……それでかぐやさんの穴埋めは簡単にできるから、万々歳よね」
「すみません。私の分は、将来必ず払いますので……」
 謝りながらコーヒーをトレーの上に置くかぐや。
 神楽は、慌ててそれを否定する。
「いいのよ。西条からの報酬だけでも、目の玉が飛び出るくらい黒字だから。とりあえず、一条橋さんのところに住み込みさせてもらえるんでしょ?」
「はい。メイドとして働かせていただくことになりました。それに、神楽さんと同じ高校に通わせていただけるそうです」
 この情報には、さすがの神楽も驚きを隠せない。
「え、無縁坂高校に来るの?」
「はい」
「一条橋さんは菅ノ宮でしょ? 泰人とも一緒だし、そっちの方が……」
 ごにょごにょと理屈をこねる神楽だったが、決まってしまったものは仕方がない。彼女は説得を諦めて、再びシェイクのストローをくわえた。
「ところで……名前はどうするのかなと……」
 泰人が小声でそう尋ねた。
 誰に向けられた問いなのか、女子三人はお互いに顔を見合わせる。
「あ、かぐやちゃんの名前なんですけど……これからも月代かぐやなのかな、と……」
「ああ、そういうこと」
 納得した神楽は、隣の少女を見やる。
 かぐや自身は、特に迷いのない顔をしていた。
「はい。私はこれからも、月代かぐやです」
 にこやかにそう答えたかぐやは、はっきりと口元を結んだ。
「そう……まあ、今さらどんな名前を考えても偽名になっちゃうしね……」
「ええ、それに……これは私を作った西条静がつけた名前です。ですから、父からもらったものと考えて、そのままにしておきます……」
 かぐやは、そこでコーヒーに視線を落とした。ミルクの波が、過去を映し出すように渦を巻いている。
 神楽は、西条静の最期の言葉を思い出す。娘をよろしくと、彼はそう言い残した。彼は、死を迎えるにあたって、自分の作り出したクローンを娘と認識したのだ。それにどんな意味が込められていたのか、神楽にはまだ理解できないでいる。
「それじゃ、かぐやちゃんは九月から転校生扱いなんですね。分からないことがあったら、神楽先輩に聞くといいっすよ。結構成績もいいですし」
 泰人のアドバイスに、神楽が笑い始める。
 それにつられて、かぐやとフブキも笑った。
「な、何か変なこと言いましたか?」
 神楽は目元の涙を拭いながら、泰人を諭す。
「月代さんは、西条かぐやの記憶を受け継いでるんだから、博士号持ちの科学者なのよ。私が教えられることなんかないでしょうに」
 泰人はアッと声を上げ、それからかぐやに頭を下げる。
「どうもすんません……」
「いえいえ、私は日本で学生生活を送ったわけじゃないですし、いろいろ教えてもらうこともあると思います。よろしくお願いしますね、神楽さん」
 かぐやの気さくな頼みに、神楽はしたり顔で答える。
「そうねえ……とりあえず、恋愛関係の相談には乗るわよ……」
「恋愛……関係ですか? またどうして?」
「だって月代さん、男運が悪そうだもの」
 顔を真っ赤にするかぐやに、神楽が慌ててフォローを入れる。
「ごめんごめん。でもさ、今回の件で思ったんだけど、結局パートナー探しなんて半分運みたいなものよね。というか、人生自体運みたいなところがあるし……。十二年前、もしあの火災事故が起こっていなかったら……また違った世界が開けてたんでしょうね……」
 そう呟いてからシェイクを飲み干した神楽は、カップをトレイに置く。
「さてと、明日は月曜日だし、そろそろ宿題しないとねえ」
「ああ先輩! それ思い出させないでくださいよ!」
 泰人の悲鳴に、他の三人が爆笑する。
「じゃ、また新学期に会いましょう。あなたはこれから自分の人生設計とか、いろいろあるだろうし、邪魔はしたくないから」
 神楽はトレイの上を片付け、席を立つ準備をした。
 そこへ、かぐやが声をかける。
「もう進路は決めてあります。前世では月に行けませんでしたから、今度こそ宇宙飛行士になって、月の石を持って帰ります。そしてそれを……西条静の墓前に捧げようと思います」
 少女の決心に、神楽は微笑み返す。
「……そうね。西条静も喜ぶと思うわ」
 神楽は腰を上げ、残りの面子もそれに続いた。トレイを所定の場所に戻すと、店員の挨拶を背にファーストフード店を後にする。
 見上げれば、青空。
 月の思い出に浸るには、真夏の太陽が、あまりにも眩し過ぎた。

【完】
ここまでお読みいただき、誠にありがとうございました。
ポイント、感想など下さった方々にも、厚く御礼申し上げます。

手探りの中で執筆した小説ですので、細部にいろいろと綻びもあるかと思いますが、
お楽しみいただけたなら光栄です。

反省点としては、ルナさんの能力が強過ぎたことでしょうか……。
「他人の感情を読み取れないので、思考パターンに欠陥がある」という設定で、
バランスを取ったつもりなのですが、はてさて……。

この思い出屋シリーズ、今後も続けていきたいと思います。
実はルナさんがお気に入りなので、ルナさんのお話を書くかもしれません。
組織の名前など、考えてありますので……。

では、いつかお会いできる日を、楽しみにしております。

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

この小説をブックマークしている人はこんな小説も読んでいます!

Vermillion;朱き強弓のエトランジェ

【DEMONDAL】――硬派すぎるゲームシステムの北欧産VRMMO。スキルもレベルもインベントリも便利なギルドも存在しない、その無駄なリアリティは最早VR生活シ//

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全84部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/11/05 11:55
剣と血のウォークライ ~戦乱の古代魔術世界で人型兵器のパイロットになった場合~

 守りたいものがある! 虎二郎は決意した。必ず、かの邪知暴虐な敵国の侵攻を排除しなければならぬと決意した。虎二郎には戦は分からぬ。虎二郎は異世界からこの地に流れ//

  • 空想科学〔SF〕
  • 完結済(全60部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2015/08/30 23:55
革のかばんに原稿用紙

あらためて短編小説の書き方を、考えてみる底辺作家。 「こう書くべき」ではなく「自分はこうやって書いてます・こんなとこに気を付けてます」といった報告です。 ゆ//

  • エッセイ〔その他〕
  • 完結済(全21部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2016/02/12 13:26
0から始める小説の書き方徹底講座!

「小説を書きたい」あなたへ捧げる執筆技術向上講座です。  想像を膨らませて物語を考えるのはとても楽しいことですが、それを他者へ伝えるにはちょっとした技術が必要に//

  • ノンジャンル〔ノンジャンル〕
  • 連載(全61部分)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2016/03/13 14:43
詰みかけ転生領主の改革(旧:詰みかけ転生領主の奮闘記)

享年29歳の男――人生をドロップアウトするには早すぎる死だったが、気が付けば領地を持つ上級貴族の息子、ソラ・クラインセルトとして転生していた。 ――主人公の両親//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全243部分)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2015/04/10 23:00
Zwei Rondo

VRMMOゲーム『ナインスオンライン』をプレイする高校生・柳楽(なぎら)和人(かずと)は、ある日ゲーム内でクラスメイトの望月(もちづき)莉世(りせ)と出会った。//

  • VRゲーム〔SF〕
  • 完結済(全121部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2013/10/27 18:00
絶対無敵の盾

 冒険者。  各分野のスペシャリストであり、また、各種様々な事件を解決するトラブルシューター。  そして前文明の遺跡から、様々な工芸品や美術品などの宝物や遺産を//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全97部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2015/03/12 00:00
小説家になろう あなたが信じる『評価数』・『ブックマーク数』を――『ぶっ壊す』。2016改訂版

 今日のお話は、短いながら前回のエッセイより『どぎつい』ので、  下記四点が守れない方は、ここでブラウザバックお願いします。  【注意事項】  1.私が必ず//

  • エッセイ〔その他〕
  • 完結済(全7部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2015/03/09 21:36
盾の勇者の成り上がり

盾の勇者として異世界に召還された岩谷尚文。冒険三日目にして仲間に裏切られ、信頼と金銭を一度に失ってしまう。他者を信じられなくなった尚文が取った行動は……。サブタ//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全850部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/11/14 10:00
完全装鋼士 : レベル0

唐突に異世界へと放り込まれた少年、ナナシ。神の加護によって成り立つこの異世界では、別世界の住人である少年は、あまりにも無力な存在であった。名前を失い、レベルも上//

  • ノンジャンル〔ノンジャンル〕
  • 連載(全64部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2016/04/05 11:00
エルシエル・クロニクル

元戦記ジャンル出身現ハイファンタジージャンル所属のライトノベルと本格戦記の真ん中らへんでふわふわしてる長編作品。現在連載三年目。読者いわく属性はパッション。作者//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全180部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2016/10/26 21:03
ブラックホーク‐アライヴ

これは「スロリア紛争」の前年、辺境の小国で発生した死闘の記録。 当初は一時間程度で終わる筈だった反政府武装勢力制圧作戦。その過程で起こった一つの波乱は、戦場と//

  • その他〔その他〕
  • 完結済(全22部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2013/04/28 00:00
VRMMOをカネの力で無双する サブアカウント

カネの力の番外編集だよー

  • VRゲーム〔SF〕
  • 完結済(全49部分)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2015/01/01 23:47
この世界がゲームだと俺だけが知っている

バグ満載のため、ある意味人気のVRゲーム『New Communicate Online』(通称『猫耳猫オフライン』)。 その熱狂的なファンである相良操麻は、不思//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全239部分)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2017/04/01 23:59
異世界駅舎の喫茶店

《異世界に転移した夫婦が“駅舎の喫茶店”を営むスローライフ・ストーリー》 とある事情で異世界に転移したタクミとニャーチは、辿り着いた駅舎で出会った“駅長”に誘//

  • ヒューマンドラマ〔文芸〕
  • 連載(全164部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/10/04 12:00
マギクラフト・マイスター

 世界でただ一人のマギクラフト・マイスター。その後継者に選ばれた主人公。現代地球から異世界に召喚された主人公が趣味の工作工芸に明け暮れる話、の筈なのですがやはり//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全1713部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/11/19 12:00
サモナーさんが行く

リハビリがてらで。 説明を碌に読まずにゲーム始める人っていますか? 私はそんな傾向が強いです。 βテストを終え本スタートを開始したVRMMOに参加した主人公。 //

  • VRゲーム〔SF〕
  • 完結済(全1280部分)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2016/12/11 00:00
Avenger ~斬剣伝~

 三年前、とある事件で王都を追放された若き傭兵シュレン。彼の処分が解ける事から、物語は始まる。不可視の《疾風の剣》により立ちはだかる全てを斬り伏せる彼が、久方ぶ//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全17部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2013/05/05 19:00
ドラグーン

これは、一人の脇役が自分の役割を放り出し竜騎兵(ドラグーン)を目指す物語。 剣と魔法のファンタジー世界で脇役ルーデルに与えられた役割は、悪徳貴族の馬鹿息子、主//

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全167部分)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2016/06/04 00:00
青雲を駆ける

※ヒーロー文庫より書籍化出版中※ 中世よりもはるかに古い、青銅の時代、一人の鍛造鍛冶師が活躍する古代ファンタジー。 何の変哲もない寂れた農村に、一人の身寄りのな//

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全115部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/08/06 20:50
永遠の戦士

戦いに全てを捧げた主人公の物語

  • ノンジャンル〔ノンジャンル〕
  • 連載(全125部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2015/04/29 13:15
異世界に行ったら世紀末だった

高梨優は自分の身長にコンプレックスを懐く19歳の予備校生。ある日事故で死んでしまうが、事故に係わった神様から異世界に来ることを誘われる。高身長とチート能力を貰い//

  • ノンジャンル〔ノンジャンル〕
  • 連載(全33部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2014/01/29 12:06
ばいめた!~楽師トールの物語(サガ)~

 ヴァイキングメタルを愛するギタリスト、熊倉トオル。だが自分に才能が無いことを思い知った時にはすでに遅く、手持ちの金も先行きの当ても無い。晩秋の霧の中、そんな彼//

  • 歴史〔文芸〕
  • 連載(全102部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/04/03 14:21
明治蒸気幻想パンク・ノスタルヂア

【業務内容】護衛、あるいは殺人。【週休】不定期、あるいは無し。【月額報酬】平均十三円。 ――明治中期、国内最悪の治安を誇る島に住まう主人公・井澄は、異能の術師や//

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全97部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2014/05/23 10:13
書籍化作家に聞いてみた。面白いものを書くための15の質問+1

どうしたら面白いものが書けるのか。 面白いものを書いている人と、評価されていない人との違いは何なのか。 面白いものを書く人は、どんな意識で書いているのか。 面//

  • エッセイ〔その他〕
  • 連載(全33部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/07/11 22:29
異世界で冒険者ギルドに入ったら、そこはマフィアだった

ヤクザに殺され異世界にワープした主人公は金髪美少女の冒険者に出会う。しかし、その世界の冒険者ギルドは縄張り争いや抗争、闇金経営に賭博業まで行うマフィアかヤクザま//

  • ノンジャンル〔ノンジャンル〕
  • 完結済(全24部分)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2015/07/25 00:00
VRMMOをカネの力で無双する

 ツワブキコンツェルンの御曹司、石蕗一朗は、すごいお金持ちである。

  • VRゲーム〔SF〕
  • 完結済(全118部分)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2013/11/10 07:33
異世界転生騒動記外伝 岡左内伝

守銭奴、キリシタン武将、数寄者、そんな評判の裏で誰よりも戦を愛した戦国武将がいた。 岡左内定俊――あの直江兼続が上杉にもっとも必要な人物と評した男である。

  • 歴史〔文芸〕
  • 連載(全2部分)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2015/01/22 21:22
異世界迷宮の最深部を目指そう 《一章~七章》

「異世界に迷い込んだ少年は見覚えのない暗い回廊で目を覚まし、魔物にも人間にも殺されかけてしまう。その後、彼は元の世界へ帰還するために、迷宮の最深部を目指すことに//

  • ヒューマンドラマ〔文芸〕
  • 連載(全373部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/06/02 17:46
破壊の御子

現代日本で、ごく普通の高校生でしかなかった木崎蒼馬は、ある日突然、何者かによって異世界に召喚されてしまった。人間が亜人類を征服して虐げているその世界で、蒼馬は//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全255部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/11/06 00:13
無職転生 - 異世界行ったら本気だす -

34歳職歴無し住所不定無職童貞のニートは、ある日家を追い出され、人生を後悔している間にトラックに轢かれて死んでしまう。目覚めた時、彼は赤ん坊になっていた。どうや//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全286部分)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2015/04/03 23:00
謙虚、堅実をモットーに生きております!

小学校お受験を控えたある日の事。私はここが前世に愛読していた少女マンガ『君は僕のdolce』の世界で、私はその中の登場人物になっている事に気が付いた。 私に割り//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 連載(全299部分)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2017/10/20 18:39
辺境の老騎士

大陸東部辺境のテルシア家に長年仕えた一人の騎士。老いて衰え、この世を去る日も遠くないと悟った彼は、主家に引退を願い出、財産を返上して旅に出た。珍しい風景と食べ物//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全184部分)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2017/01/01 00:00
出版前夜祭 ~超低ポイント作者が、商業作家になるまでの体験記~

 ブックマーク数267件 総合評価 871pt(2016年8月末時点)  この、なろうでは低ポイントの部類に入る作品に、突然舞い込んできた『書籍化のオファー』?//

  • エッセイ〔その他〕
  • 完結済(全12部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2016/10/10 07:00
黄金の帝国

 黒井竜也はちょっと中二病気味な、ごく普通の高校生。だがある日突然異世界に転移してしまう。言葉も通じず何の力もない竜也はその世界で奴隷にさせられる。それでも何と//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全65部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2014/10/04 02:36
現役編集者が「小説家になろう」で受ける作品と受けない作品を分析してみた

現役の編集者が、ここに投稿されている小説を50作品ほど読んでみた。その中で感じた、受ける作品と受けない作品の違い。※作品名は出しません。

  • ノンジャンル〔ノンジャンル〕
  • 完結済(全3部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2015/05/25 19:52
↑ページトップへ