挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
愛のモノリス 作者:稲葉孝太郎

最終章

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

15/17

決裂

「かぐやさん! しっかりして!」
 神楽とルナは、目を覚まさないかぐやをドラム缶から慎重に引きずり出す。
 脈と呼吸を確かめ、彼女の生死を確認した。
「気絶しているだけのようです」
 ルナの診断に、神楽はホッと胸を撫で下ろした。
「それにしても、まさかスタート地点に隠すなんて……」
「盲点でした。入口を探していた以上、ドラム缶の下は調べても、中は調べませんから」
 ルナはそう言うと、眠る神楽を砂上に下ろし、しばらく様子を見た。
「熱中症?」
「いえ、まだドラム缶は温かくなっていません。工場跡が消えてから、時間はそれほど経っていないようです」
 神楽は、炎天の太陽を振り仰いだ。工場跡くらいは残しておいて欲しかったと、日陰を求めて周囲に視線を彷徨わせる。
「神楽さん、意識が戻りました」
 神楽はかぐやの前に屈み込み、彼女の様子を伺う。確かに、うっすらと瞼を上げ始めている。瞳の露出が次第に増え、かぐやはスッと目を覚ました。
「……ここは?」
 ぼんやりと神楽を見つめてくる少女に、神楽はにっこりと微笑み返す。
「良かった……。ここは、あなたの思い出の中よ」
「私は……ずっと夢を見て……」
 かぐやが腰を上げようとする。足下がふらついていた。
 神楽は無理をさせないよう、彼女を支えて立ち上がる。
「月から地球を眺める夢でした……私は、いったい……?」
 夢見心地から醒めやらぬかぐやに、神楽は真相を語らなかった。いつか知ることになるとしても、今はそのときではない。そう考えた神楽の後頭部に、固い何かが当たった。
 銃口。神楽は、その物体の正体を瞬時に悟る。
「……ルナさん、何の真似?」
「両手を上げて、かぐやさんから離れてください」
「……システムを破壊して、私は用済みってわけ?」
「両手を上げて、かぐやさんから離れてください」
 神楽はおとなしく両手を上げ、怯えるかぐやの前から横歩きに去った。かぐやは今の状況を理解できないらしく、ルナの銃口を見つめながら震えている。
 一方、神楽は努めて冷静だった。
 それを不審に思ったのか、ルナがは唇を動かす。
「どうしました? 諦めましたか?」
「いいえ、諦めてないわよ。あなたはまだ、私をログアウトさせられないはずだから」
「……では、試してみましょうか?」
 引き金にわざとらしく指をかける音がする。
 それでも、神楽は態度を変えなかった。
 そして、ルナもまた、引き金を引かない。
「……なるほど、どうして分かりました?」
「単純よ。システムを破壊してから、私を排除する時間はいくらでもあったわ。それを先延ばしにする理由がない限り、とっくにログアウトさせられているはずよ。あなたたち、最初からルールを守る気なんてなかったんでしょ?」
 背中を向けている神楽からは見えないが、ルナの気配は何となく感じられた。動揺こそしていないが、神楽の洞察を少しばかり意外に思っているようだ。
 神楽は、先を続ける。
「思い出の中で暴力を振るわないなんて、ただの口約束ですものね。警察や司法が介入してくるわけでもなし」
「そこまで分かっていて、なぜ勝負を引き受けたのですか?」
「それは単純よ。私も、西条静と同じ考えだから」
 神楽の台詞に、一瞬ルナは口を噤んだ。
 やはりこの少女には、曖昧な物言いを理解する能力が欠けている。感情に乏しい分、ユーモアや皮肉を感じ取ることができないのだ。そのことを確信した神楽は、少しずつ話を進めていく。
「要するに、私もリスクを取ることにしたのよ」
「そのリスクが、少しばかり大き過ぎたようですね」
「あら、そうかしら?」
 ルナは何も言葉を返さない。
 神楽は、ゆっくりと唇を動かす。
「結局、あなたは私を撃たないじゃない? どうしてなの? ……いいわ。ちょっと推理してあげましょう。あなたは博物館で、西条静にこう言ったわね。かぐやさんは、記憶を改竄されたフリをしてたって。要するに、かぐやさんは記憶改竄を受けたことを自覚しながら、演技をしてたってことでしょう? ところが、憧夢へやって来た彼女は、完全な記憶喪失になっていた……」
 神楽はそこで言葉を区切り、隣にいるかぐやを眼差した。
 少女もそれを見つめ返し、ふたりの視線が交差する。
「真相はこうでしょう? かぐやさんは、記憶改竄されたフリをして、研究所から脱出の機会を伺っていたのよ。そして、改竄されたフリをするには、当然、西条かぐやの記憶も残っていたことになる。つまり、かぐやさんは、優秀な科学者の記憶を保ちつつ、別の人格を有する状態になっていた。彼女は科学者としての知識を利用して、研究所を脱出、その際に自分の記憶も封印してしまったのよ。ある鍵を残してね……」
 神楽はじっとかぐやの目を見つめる。自分の考えに気付いてくれと、祈るような思いで沈黙を守った。
 しかし、かぐやが気付いてくれた気配はない。そこへ、ルナが口を挟む。
「やはり、鍵の在り処をご存知なのですね」
「……ええ。そして、それが私をこの空間からログアウトさせない理由でしょう? あなたたちは、かぐやさんがその鍵を覚えているのか、それとも一切を私たち思い出屋に託してしまったのか、そこまでは突き止められなかった。全体の様子から、かぐやさんは鍵も一緒に忘れてしまったものと判断し、あなたたちは私をここへ連れ込んだってわけ」
「……そこまでお分かりでしたら、結構です。説明の手間が省けました。鍵はどこに?」
「それを見つけてどうする気なの? 西条かぐやの思い出は消えたんでしょ?」
 神楽の台詞に、かぐやは少しばかり動揺を見せた。彼女はここまでの経緯を全く知らされていないのだから、当然と言えば当然の反応である。
 しかし、神楽はそれを無視して、ルナの返事を待つ。
「……それは、あなた方とは関係のないことです」
 神楽は目を閉じ、考えをまとめる。記憶の再生は、八割方クライアントの性格と知性で決まる。それが彼女の持論だった。そして今、その仮説が試されようとしている。
 彼女の考えでは、西条かぐやの思い出は消えていない。ただ、暴走を止めただけなのだ。記憶が脳という物質的な構造と関連している以上、思い出の内側からそれを簡単に消し去ることはできないはずである。神楽は、そう推測していた。
 だとすれば、ルナの目論みも見えてくる。彼女は、他人の記憶を奪う忘れ屋だ。忘れ屋の仕事は、目障りな記憶を封印すること。消し去ることではない。ロスト・メモリーといえども、脳のどこかには残っている。では、何を封印する気なのか。それは明白だった。目の前にいるクローンかぐやの自立した人格を封印するつもりなのだ。結局、西条静にとって最大の誤算は、クローンが新たな人格を持ち、前世の記憶を拒んでいることなのだから。
 神楽は大きく息を吐くと、瞼を上げた。
「かぐやさんの手のひらに書かれていたわ」
「え……?」
 あっさりと口を割った神楽に、かぐやは喫驚を上げた。
「あ、もしかしてあのつ……」
 かぐやが言い終わる前に、神楽は大声を上げる。
「ねえかぐやさん、それを夢現化してくれない? もうこの状態じゃ助かりそうにないし、おとなしく従った方がよさそうよ」
「夢現化? あのい……」
「そうよ! あの板を出してちょうだい!」
「……板?」
 かぐやは、そこで首を捻った。
 頼むからバレないで。神楽は、ルナが他人の感情の機敏に疎いことを願う。
 それから数秒が過ぎ、かぐやは突然ハッとなった。
「わ、分かりました!」
 ルナの反応を、神楽は見ることができない。だが、この滑稽な茶番の裏を理解した気配は感じられなかった。
「かぐやさん、間違ったものを出すと、記憶暴走しちゃうから気をつけてね」
「は、はい……」
 一般人なら、少なくともここで異変に気付くだろう。
 神楽は緊張した面持ちで、かぐやの夢現化を待つ。思い出屋にできる二割はやり遂げた。後は、かぐやが彼女の作戦に気付いてくれるかどうかだ。それほど単純なアイデアではない。少女の前身が優秀な科学者であることに、神楽は一縷の望みを託す。
「ずいぶんと素直ですね」
 ルナの声に、神楽はどきりとなった。
 とはいえ、ルナが何かに気付いた様子はない。再び炎天下の静寂が戻る。
 神楽は視線を伸ばし、かぐやの夢現化を見守る。板状のものが、ゆっくりと具現化されている。その正体を、神楽も察していた。だが、ひとつでは足りないのだ。それにもうひとつのアイテムが必要になる。
 完成品を目の当たりにして、神楽は息を呑んだ。
「……できました」
 息を吐き、かぐやは汗を拭った。
 左手には紙に包まれた板が握られている。
「……それが鍵なのですね?」
 ルナは神楽の後頭部に銃口を添えると、右手を差し出す。
「確認します。渡してください」
「……」
 かぐやは両手でそれを握り締める。
「渡してください」
 神楽は、目でかぐやに合図する。不安げな眼差しが、神楽を捉え返した。
 しかし、意を決したように力強く頷くと、かぐやはそれをルナに手渡す。
 紙に巻かれた板を受け取ったルナは、急襲されないように五歩後退した。そして、左手で銃を構えたまま、右手でくるくると器用に紙を解いた。
「これは……?」
 ルナの呟きが聞こえる。
 バレたか。神楽は両目を瞑った。
「これは……ネームプレート……⁉」
 それは突然の出来事だった。ルナが悲鳴を上げ、砂を踏み荒らす音が聞こえる。
 神楽は咄嗟に振り返り、彼女に飛び掛かろうとした。
 だが、それは無意味であることを悟る。ルナは、完全に自制を失っていた。
「これは記憶暴走⁉ なぜ⁉ なぜこんな……ああッ!」
 ルナの叫び声が熱風に掻き消され、彼女は煙のように消えた。
 後には、ふたりの少女だけが残される。ネームプレートは砂地に半身を埋め、一枚の紙切れが宙を舞う。神楽は、それを器用に空中でキャッチした。
「ありがとう……私の作戦に気付いてくれて……」
 そう言って、神楽はその紙切れに目を通す。

 Project MONORIS

 そう題された論文が、神楽の手中で風になびいていた。
「合ってたんですね……良かった……」
「あなたの勘のよさのおかげよ……二組のロスト・メモリーが仕込まれてたなんて、さすがのルナも思い至らなかったみたいね……それにしてもかぐやさん、よく記憶暴走の仕組みを覚えてたわね。偽のメモリー同士は反応する……。確か健さんの車の中で、ルナとの格闘に言及したとき、ちょっと説明しただけな気がするけど……」
「あ、そういう怖いのは覚えてるんですよ」
 かぐやのとぼけた回答に、神楽は苦笑せざるをえない。
「でも、なぜルナさんに反応したんですか? 彼女は私じゃないのに……」
 少女の疑問に、神楽は答えを返す。
「それはこうよ。私とルナが初めて会ったとき、彼女はネームプレートを偽造して、私を騙したでしょ。でも、ルナは泰人とあなたがネームプレートを発見したシーンに立ち会っていないわ。考えられる可能性は、完全同調者が、クライアントの記憶域を一部共有しているってこと。だったら、記憶暴走も起こるんじゃないかと、そう思ったわけ……」
 神楽の解説に、かぐやは納得しつつも首を傾げた。
「あれ、じゃあ記憶暴走が起きなかったら……?」
「そのときはそのとき」
 ふたりの少女はお互いを見つめ合い、そして腹を抱えて笑った。極度の緊張から解放され、自分たちの幸運を祝福する、爽やかな笑いだった。
「で、これからどうするの? 私はあなたの意思を尊重するわよ」
「それはもう決めてあります」
 かぐやの即答に、神楽は少し驚いた顔を見せた。
「あら、いつの間に?」
「憧夢に行く前からです」
 かぐやの謎めいた答えに、神楽は目を白黒させた。
 そんな神楽に、少女は再び微笑みを返す。
「神楽さんの一言で思い出したんです。月の石……。あれは、この記憶領域で西条かぐやの記憶を解放し、同時に私自身の人格を確立するキーワードだったんです。私はもう、西条かぐやでもなければ、記憶消失の少女でもありません。西条かぐやを前世に持つ、普通の女の子です」
「そっか……最初から全部あなたの手のひらの上だったわけね……恐れ入ったわ……」
「いえいえ、神楽さんたちのおかげですよ……」
 自分ですら月代かぐやの手駒に過ぎなかったことに、神楽は憤慨を通り越して、何だか愉快になってしまう。ルナがこれを聞いたら、どんな顔をするだろうか。プライドを傷付けられて、顔を真っ赤にするかもしれない。いや、それでもやはり、あの鉄面皮を崩さないのだろうか。
 神楽の空想の中で、ルナの顔が歪んでいく。
「おっと」
 世界が揺らぎ始めた。ふたりは砂の上でバランスを取りながら、真剣さを取戻す。
「どうやら、連中が異変に気付いて、私たちを起こしにかかったみたいね」
「神楽さん」
 かぐやの呼びかけに、少女は再び視線を戻した。
 空が灰色になり、ぱらぱらと崩れては消えていく。
「本当に、ありがとうございました」
 ぺこりと腰を折り曲げるかぐや。
 神楽は、最後にもう一度だけ、口の端に笑みを浮かべた。
「……じゃ、帰りましょうか。日常へ」
「はい」
 かぐやの返事を最後に、世界は暗転した。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ