挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
愛のモノリス 作者:稲葉孝太郎

最終章

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

14/17

秘密の花園

「ようこそ、私の思い出の中へ。お待ちしておりましたわ」
 女の台詞に、神楽は眉をしかめた。かぐや本人でないと分かった今、もはや気遣いは無用だ。そう考えた彼女は、ルナの出方を伺いつつ、とりあえずちょっかいを出してみた。
「あなたの、じゃなくて、月代かぐやさんの、でしょ?」
 防衛システムに喧嘩を売るのはまずいかもしれない。
 だが、目の前の女から殺気は感じられなかった。それどころか、彼女は神楽たちを待っていたと言うのだ。事情を把握できない神楽は、目の前の女が答えるのを待つ。
「うふふ、私の思い出なのか月代かぐやの思い出なのか……どちらも同じことですわ」
「同じ……?」
 神楽はちらりとルナを盗み見た。ルナは、例の無機質な表情で佇んでいる。
 取り立てて疑問を抱いている様子はなかった。まるで神楽だけが大切なことを伝えられていない、そんな状況だった。
「まだお分かりでないのね……」
 女はそう言うと、再び椅子にもたれかかり、ぼんやりと虚空を見つめた。
 爽やかな風が吹き込み、草花と木々の梢を揺らす。
 神楽の後ろで束ねた髪も、流れるように左へとたなびいた。それに誘われるかのように、神楽は意味もなく唇を動かし始める。
「だって、あなたは、月代さんの思い出……⁉」
 神楽の脳裏に、これまでの全ての情報が流れ込む。

 西条かぐや……遺伝子保存計画……記憶の研究をする男……

 少女は、ある恐ろしい結論に達した。
 そのことを見透かしたかのように、女は先を続ける。
「そう、私が本物の月代かぐやなのです」
「ということは、月代さんは……あの少女は、西条かぐやのクローン⁉」
 正解に辿り着いた神楽に、女は、いや西条しずかは祝福の笑みを与える。
「その通りです。彼女は私のクローン……。モノリス・プロジェクトは地球上に存在する生物の遺伝子を多様に保存することを目的としていました。そして、人間のDNAには、私のサンプルが含まれていたのです。私の夫は……西条静は、それを使って私を再生しようとしました……」
「そして、西条静は記憶の保存に関する研究をしていた。そのサンプルの中にも、あなたの記憶があったってわけね?」
 西条かぐやは静かに笑うと、答えを返さずルナの方に向き直った。
「ルナさん、あなたは、どこまで話を聞かされているのですか?」
「……」
 ルナは沈黙した。女がやや不快そうに口元を歪めた瞬間、彼女は唇を動かす。
「ほぼ全てです」
 ルナの返答に満足したのか、女は例の微笑に戻る。
「夫は、あなたたちにこの計画を打ち明けたのですね?」
「はい。クローン再生から記憶の移植まで、全て。西条静氏は、我々に情報を隠して発生するリスクを忌避しました」
「……あの人らしい考えだわ。プライバシーよりも、成功の確率を優先するのね」
 女の悲し気な呟きに、ルナは答えなかった。
 そのとき神楽は、ルナが背中に手を回して何かしていることに気が付く。
 ……夢現化(ドリマライズ)だ。形はまだ定かでないが、銃器に見える。ここで一気に防衛システムと片を付ける気なのだろうか。
 神楽は、どちらに味方すればよいのか分からない。
 自分の命を狙ってくる防衛システムと、敵を自称している忘れ屋の少女。
 そもそも、防衛システムの、すなわち西条かぐやの亡霊の目的は何だろうか。それを突き止めるため、神楽は会話に割って入る。
「かぐやさん……敢えてこう呼ばせてもらうけど……あなたの目的は何? 西条静は、あなたをこの世に蘇らせようとしているんでしょう? なぜこんな迷宮を作って、記憶の再生を妨害するの?」
 神楽の質問に、女は深い溜め息を吐いた。
 ロッキングチェアーを揺らし、空を振り仰ぐ。
「生き返りたくないからです」
 女の返答に、神楽は衝撃を受ける。
「生き返りたくない……? なぜ?」
「分かりませんか?」
 女は神楽の瞳を見つめ、からかうようにそう呟いた。
 しかし神楽には、西条かぐやの真意は見えてこない。少女は、沈黙を守る。
 神楽が回答不能なことを察したのか、女は再び空を見上げた。
「月代かぐやは、死んだのです……あのときの事故で……。仮に私と瓜二つの同じ記憶を持つ少女が生まれたとしても、それは私とは何の関係もないことですわ……」
 そうだろうか。神楽は、女の言葉に疑問を抱く。
 人間の肉体と精神は、常に新陳代謝を繰り返している。子供頃の肉体は、その成分に着目すれば大人のそれと全く別物なのだ。もしそれを統一するものがあるとすれば、それは個々人の記憶しかないだろう。魂とは、記憶のことなのだ。
 そしてその魂を、西条静は保存することに成功した。だとすれば、それは月代かぐやそのものを保存したとも言えるのではないだろうか。神楽は、そんなことを考える。
「かぐやさん、それならあなたは、これからどうするつもりなの?」
 神楽は、相手の存在意義の核心に触れた。女がいくら復活を拒んでも、彼女は既にこの空間に存在してしまっているのだ。そして、クローンである月代かぐやの人格と分離し、全く独自の活動を営んでいる。
 神楽は、女の返答を待った。
「……私は、もう疲れました。永遠の眠りにつくことにします」
「死ぬってこと?」
「さあ……私は今こうして生きているのでしょうか……? 私はクローン体の中にいる記憶の塊に過ぎません……。肉体から見れば、ただの夢のようなもの……。それに……」
 女は、そこで言葉を区切った。そして、ふと目元に光を宿す。
 涙だろうか。神楽は罪悪感を覚えながらも、先を促した。
「それに?」
「……西条静は変わってしまいました。昔から打算的なところはありましたが、今の西条は私の知っている彼ではありません……」
「それは、あなたの死が原因なんじゃないかしら?」
 神楽の一言に、女は瞳を閉じた。
「……そうかもしれませんわね」
 感傷的な空気が流れる。
 その間も神楽の視線は、ルナの手元を盗み見ていた。
 拳銃が握られている。
 防衛システムに与するか、ルナに与するか。それとも両者と袂を分かって第三の道を模索するか。早く答えを出さなければ。神楽は、思考をフル回転させた。
「……」
 ルナがシステムに襲い掛かる気配はない。そもそも、ルナの使命は、月代かぐやをこの世に復活させることだ。だとすれば、防衛システム、すなわち彼女の思い出を破壊することはできないはずである。神楽は、そう推測した。
 だがそうなると、ルナはここで何をするつもりなのだろうか。神楽は、ルナの次の行動を読み取ることができなかった。
「……」
 神楽はルナの行動を読むことを止め、自分の作戦を立て始める。かぐやが揺らすロッキングチェアーの音が、メトロノームのように彼女の思考を導いていく。
(私のクライアントは、あくまでもクローンのかぐやさん……。目の前にいる月代かぐやの記憶体じゃないわ……)
 神楽は、ルナの拳銃をもう一度盗み見する。
 トリガーに指を掛けてはいるが、未だに動きは見られない。
(この記憶体が自分で消滅したがっている以上、もう私の権限を離れてる。それに、もしこのまま記憶体が残れば、クライアントであるクローンかぐやさんの方に、何らかの悪影響が出るかもしれない……。彼女は、既に自立した人格を持ってるわけだし……)
 そこまで考えて、神楽は決意を固めた。
 西条かぐらの記憶体は、製作者である西条静の手に委ねる。そして、自分はクローンであるかぐやの本体を、何としてでも死守する。
(でも、どうやって……? 連中がクローン体を諦めるとは……)
 そのときだった。ルナが突然腕を上げ、銃口をシステムに向けた。
 これには、神楽も驚かざるをえない。
「何をしてるの⁉」
「神楽さん、落ち着いてください。このシステムは、既にコントロール不能です。破壊する以外に手がありません」
「は、破壊って……あなたの任務は、西条かぐやの記憶を移植することじゃないの?」
 神楽の問いに、ルナは冷静に答えを返す。
「西条静氏は言いました。もし防衛システムが狂っているようなら、それを破壊し、クリーンインストールし直すと。ですから、このシステムにはダウンしてもらいます」
 ルナの説明に、神楽は青くなった。
 再インストール。その可能性を考慮していなかったのだ。玩具のように人格を再生産すること自体が、彼女の頭からすっぽりと抜け落ちていた。
 しかしそれと同時に、神楽はルナの説明に違和感を覚えた。何か辻褄が合わない。その正体を突き止める前に、ルナが先を続けた。
「神楽さん、彼女は死にたがっているのです。ですから、ここで……」
「うふふ……」
 女は笑い始めた。微笑はだんだんと大きくなり、高らかな哄笑にとって代わられる。
「……何がおかしいのですか?」
「ごめんなさい。夫が、そこまで狂ってしまったとは思わなかったので……。仕方がありません。ふたりともシャットアウトしましょう」
 女の唇が閉じる前に、ルナは引き金を引こうとした。
 その瞬間、彼女の手首に蔦が絡み付き、拳銃を取り上げる。
「⁉」
 見れば、神楽の体にも植物が巻き付き始めていた。
 書き換えが完了したのだろうか。女の悠長な喋り方も、もしかするとプログラムを書き換えるための時間稼ぎだったのかもしれない。神楽は、己の軽率さを呪う。
「かぐやさん、まだ話し合う余地はあるわッ!」
「いいえ、もう時間切れです。この茶番を終わらせることにしましょう」
 ルナは全身を縛り上げられ、身動きが取れなくなっている。神楽も、両手足を拘束されていた。逃げようとしても、弾力のある蔦は、彼女の肌を放してくれない。
 もがき苦しむふたりの前で、女は椅子から腰を上げた。
「では、全身の骨を折って、苦しみのうちにログアウトさせてあげましょう」
 女は右手を上げ、指を軽く折り曲げた。
 その動きに合わせて、蔦がきつく絞まる。
「くッ!」
 神楽は呻き声を漏らし、辛うじて動く首でルナを見る。もしこの状況を挽回できるとすれば、彼女の夢現化能力しかない。神楽は、敵に一縷の望みを託した。
 ところが、ルナは抵抗を止め、ただ防衛システムの方を見据えている。
 諦めたのだろうか。神楽が声を振り絞ろうとしたとき、それは起こった。
「……こ、これは? ち、力が……ッ⁉」
 木漏れ日の中で、西条かぐやが苦しみ始めていた。
 必死に指を折り曲げようとする彼女だが、震えるばかりで思うようにいかない。
 その顔は苦痛に満ち始め、女はついに雑草の海へと膝を崩した。
「これは……これはいったい……ッ⁉」
「計算通りですね」
 そう呟いたのは、ルナだった。
 神楽は、少女の横顔を覗き込む。
「あなた、何をしたの?」
「ワクチンの注入です」
「ワクチン……?」
「覚えていませんか? 私がしばらくいなくなったときのことを?」
 神楽は、屋敷の中でルナの姿が一瞬消えたシーンを思い出す。
「……あのとき、何か細工をしたのね?」
「工場跡でもそうです。先に目を覚ました私は、西条静から見せられた図面通り、ワクチンを夢現化させ、それをこの世界に注入したのです」
「あなた、最初からそれを……?」
 神楽の問いに、ルナは答えなかった。
 しかし、これが計画的犯行であることに疑いの余地はない。
 神楽がさらに言葉を継ごうとしたところで、女が叫んだ。
「どうして⁉ なぜ私を殺すの⁉ 静! 静ッ!」
 女は地面に倒れ込み、上体を野菊の園に埋めた。
 一瞬大きく仰け反ったかと思うと、女はそのまま動かなくなる。
「……システムはダウンしました。これで安全です」
 違う。殺人だ。神楽は、ふとそんなことを思う。
「神楽さん、どうしましたか?」
「いったい……いったい何が西条静をここまで……」
「……それは、クライアントのプライバシーです」
 ルナはそう言い残し、女の死体に歩み寄った。
 いや、死体というのは正確ではない。それは、壊れたホログラム映像だった。壊れた液晶画面のように、ところどころショートを起こしている。
「そっか……防衛システム自体は、実体を持っていなかったのね……」
「そういうことです。ですから、この庭園も……」
 ルナが全てを言い終わる前に、景色が霞み始めた。
 周囲の木々は色合いを失い、足下に砂の感触が伝わり始める。
 世界がフェードアウトすると、そこは砂漠だった。
「ここは……始めの工場跡?」
「そのようですね。ただ、工場は見当たりませんが……」
 そのとき、ふたりは遠方にある円筒形の物体に気が付いた。
「あれは……?」
「……少し近付いてみましょう」
 ふたりは、足首まで埋もれそうになる砂と格闘し、その物体へと向かった。
 何かのアイテムだろうか? それとも、西条かぐやの墓標?
 だんだんと近付くにつれ、物体はそれらと全く別の形状を露にする。
「ドラム……缶……?」
 神楽が唖然とする。
 ふたりを待ち受けていたのは、あの廃工場で彼らが動かしたドラム缶であった。
 それは半分砂に埋まった格好で、地面から突き出ている。
「どうしてこれだけ残ってるの?」
「……開けてみますか?」
 ルナの誘いに、神楽は首肯した。
 ドラム缶の異様な重さを、神楽はまだ覚えている。
「バールのようなものが必要ですね……しばらくお待ちを」
 ルナは目を閉じ、夢現化を開始する。
 ただの鉄の塊であるバールは、すぐに具現化された。
「では、開けてみましょう」
 ルナはドラム缶に向かい、蓋の隙間に器具を挿入した。
 そして、テコの要領で一気に体重をかける。
 金属缶特有の音が鳴り、蓋が勢いよく跳ね上がった。
 ふたりは、恐る恐る中を覗き込む。そして、神楽が叫んだ。
「かぐやさん!」
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ