挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
ちびワルツ! 作者:あっきコタロウ
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

4/6

(*)事件


 控えめに食器の触れ合う音が響く、静かなティータイム。穏やかな午後のひととき。
 少しだけ西にかたむきはじめたおひさまが、大きな窓から部屋のなかへと笑いかけて。

 ポットにお湯を注ぐと、上へ下へと茶葉がはしゃぐ。今日のお茶もうまく淹れられた。あとは少し蒸らすだけ。カップもじゅうぶんに温まっている。マリクが紅茶を用意する後ろで、カミィはフォークを握ってうさちゃん林檎をシャクシャク。

「あのねぇ、マリク」
「なんだ? 茶はもう少し待てよ」

 ふいにかかった言葉にマリクが振り返ると、奥様は無邪気に首を横に振り、

「そうじゃないの。あのね、お尻は、いれたり出したりするところでしょ?」
「ああそうだ……な!? いや待て、違うだろ。出すところではあるが、いれるところじゃねえ」
「でもね、昨日の夜、ジュンイチくんが」
「ストップ! ストップ。それ以上は言うな」

 奥様は素直にお口チャックもぐもぐ。まん丸桃色お目々がキョトン。なぜとめられたのかも理解していなさそう。

 マリクは肩を落とした。
 あんまりではないか。

 静かな時間も悪くはないが、会話によって静寂が破られることもやぶさかではない。やぶさかではない、が、話題があんまりではないか。
 おやつとはいえ、なぜ、食事中に尻穴の話を……いや、それよりも!
 尻に、いれる話……だと!? 一体どういう経緯でそうなった!?

 マリクのなかにひとつの可能性が浮かび、その結論に、沸々と怒りがわきあがる。その温度、淹れたての紅茶よりも熱い。

「ちょっと待ってろ」

 カミィには聞かせたことの無かった低い声が自然と漏れる。スラムの王と呼ばれていたころのことが、頭の片隅に蘇った。
 マリクは怒りにかまけてドアを蹴飛ばし、廊下へ飛び出した。ジュンイチの元へと急ぐ。

 尻穴は出す穴かいれる穴か。
 日常においては、出す穴だという認識のほうが大きい。
 だが確かに、尻をいれる穴として使用する場合がある。

 性商売だ。

 マリクが長年生きてきたスラムという場所では、生きるために自分のからだを売らなければならない人間がいる。職業として、自ら誇りをもってするのならば良いだろう。
 だがスラムでは必ずしもそうというわけではない。他に何もできないがゆえに、やむなくやらざるをえない状況があたりまえのように転がって。

 そしてそれは、女性のみならず、男性であっても。
 男性がからだを売ろうとした場合、女性のような穴がついていないので、口か、尻をつかうしかない。マリク個人の感覚としては、それは心身ともにかなり苦痛をともなう行為であるように思える。少なくとも自分は、同性とそのようなことをするなど、想像するだけで尻の穴がピリピリする。

 実際、マリクの部下にも居たのだ。彼が拾う前に、望まぬ身売りをしていたものが。彼らの表情は一様に陰を持ち、笑顔ですらどこか闇を含むものだった。
 仕方のないことだとは思う。そこに身を置くことが悪だとも思わない。そのようにうまれてしまったことは受けいれるしかなく、そこから抜け出す道は自ら切り開くしか無い。

 けれど。

 そんな世界を、カミィには知ってほしく無かった。
 ただでさえ、一度は命を失いかけるほどの裏切りを経験した彼女。それでも、柔らかくあたたかな世界を今もまだ信じ続けて、幸せそうに笑う姿。そこに暗い色を混ぜて、濁らせてしまいたくはなかった。
 夫婦揃って迷惑千万ではあるが、ここまで来れば乗りかかった船。自分の目が届くところでは、せめて夢を見続けさせてやりたい。

 だというのに、一番近くで彼女を守るべき存在のジュンイチが、どうしてナイフのように冷たい現実を突きつけたのか。
 いや。どうして、などと考えるのは詮無いこと。彼は現実を現実のままに捉えてしまう。けれど、カミィに対しては過保護なほどに庇護しているように見えたのに。その部分に関しては、多少の信頼を置いても良い、と思っていたのに。


 ノックもすっ飛ばしてジュンイチの書斎のドアを開けると、彼はいつもと同じようにゆっくりと椅子をまわして振り向いた。

「何か用?」
 いつもとかわらぬ気だるそうな話し方。今ばかりは癇に障る。

「お前、昨日の夜カミィに何を話した」
「昨夜はカミィちゃん少し熱を出していたから、ほとんど話をしていないよ」
「熱!? 熱があるヤツにわざわざスラムの話なんかしたってのかよ!」
「スラムの話なんてしてないよ。する必要がないし。坐剤をいれてあげて”比較的”安静にさせたよ?」


「……は。坐剤」


 坐剤。別名座薬。
 尻の穴から挿入する薬。

「それがどうかした?」
「い、いや、なんでもない。すまん。あとで茶を持ってくる」

「うん」
 という返事を背に、マリクは自らの短絡的思考を恥じた。坐剤。その可能性は考えていなかった。ついカッとなった、というしかない。



 あまりに突飛な勘違い。穴を掘って隠れてしまいたい。
 マリクは戻って、冷めてしまったお茶をいれなおすのだった。


 おしまい。

挿絵(By みてみん)
なおR-18外伝ではカミィの尻(自粛)

※今回の話において、一部の性的嗜好を持つ方、及び、同性愛における性行為を攻撃する意図は一切ございません。
本編「そしてふたりでワルツを
設定資料&イラスト集What is Waltz?
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ