挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
ブックマークする場合はログインしてください。

インサイダー

作者:深月咲楽
『45○×、決戦は木曜日、外資系に買収、9万株、3000円』

 武久からのメールを見ながら、四季報をめくる。

「45○×、45○×……あった、棚沢製薬か」

 業界大手。株価は1500円台。

「信用買いってか? しかも倍やんけ。すっごい儲けになるな」

 俺は微笑みながら、ネット取引のページを開いた。

「お早う」

 デスクでパソコンを立ち上げていると、隣の席の良太に声をかけられた。

「おう、お早う」

 画面から目を離さずに返す。

「買ったか?」

 良太が席に着くなり、小さな声で尋ねて来る。

「おお、がっちり」

「俺もや。速攻」

 良太が笑う。

「今度もオイシイ思い、させてもらえんねんなあ。明日が楽しみやわ」

「ああ。喜美子様様やな」

 俺もつられて微笑んだ。

「利用してもうて、悪いような気もするけどなあ」

「本人は気付いてへんねんから、大丈夫や」

「そう言う問題なんか」

 良太は鼻で笑うと、俺の方を見た。

「ほんで、肝心の武久は?」

 言われて振り返ると、ヤツの席はまだ空いたままだ。

「あいつ、昨日まで出張やったしやしな。大方寝坊でもしてるんちゃうか」

 始業時間まで、あと3分。俺はメールのチェックを始めた。

 俺と良太、それに武久は同期入社の仲だ。お互い株をやっていることもあって、本当に気が合った。

 そして、俺達は今、いけない遊びにはまっている。

 最初の数字は銘柄。「決戦」は「高騰」、「土砂降り」は「下落」。次の項目は理由で、次が購入株数。そして最後が目標株価。これが、俺達の暗号だ。

 インサイダー取引。それはちょうど一年前、武久の一言から始まった。

「最近付き合い始めた女、社長秘書やってんねん」

「えっと、弘恵ちゃんやったっけ?」

 俺は聞いた。

「ちゃうちゃう、それは2人前の女の名前や。今のは、喜美子」

「で、社長秘書ってどこの?」

 良太が煙草を灰皿に押し付けながら尋ねる。

「中山証券」

「中山証券言うたら、業界最大手やないか」

 俺と良太は顔を見合わせた。

「どこで知り合うたんや?」

 良太が身を乗り出す。

「合コンや。30目前で相当焦ってるし、イチコロやったわ」

「男前はええわなあ」

 俺は溜息をついた。何とかいう二枚目俳優にそっくりな武久は、入社当時から女子社員の人気を独り占め状態。「食った」女は数知れず。生まれてこの方、モテたことのない俺にとっては、まさに羨望の的だ。

「で、美人か?」

 良太がにやにやしながら尋ねる。

「いや、十人並みやな」

「なんや、年増の上に並みか」

 武久の答えに、良太は一気に興味を無くしたようだ。

「せやけど、ごっつい金持ってるで」

「なるほどな。金目当てってわけか」

 武久はかなりの面食いのはずだ。俺は納得して頷いた。

「それが、や。持ってるのは金だけちゃうねん。情報もばりばりや」

「情報?」

 俺が聞き返すと、武久はにんまりと笑った。

「中山証券、M&Aも手掛けてるやろ? 買収やら合併やら、色んな情報が事前に入ってくんねん」

「お前、それって……」

 良太が驚いたように武久の顔を見る。

「ああ、わかってる。せやけど、今みたいにちまちま投資してたって、儲けられる額はしょぼいもんや。そうやろ?」

 武久が俺達を見回す。

「そんなん言うたかって、そう簡単には情報もらしたりせえへんやろ?」

 俺は煙草をくわえた。

「まったく。これやからモテへん男は困るわ。女なんてもんはなあ、惚れた男には何でも話してまうもんやねん。その上、結婚でもちらつかせてみ。ばっちりや」

 武久に呆れたように言われ、俺は肩をすくめた。

「喜美子には、株やってることは言うてへんねん。やってるってわかったら、話してくれへんようになるやろ? あいつの前では、株には関心ありませんって顔しとかなあかん。――そこで、お前らに頼みがあんねん」

 俺達は何となく顔を寄せ合った。

「お前らも儲けさせたるさかい、俺の片棒、担いでくれへんか?」

「――つまり、お前の情報に基づいて、俺らが取引するってことか」

 俺の言葉に、武久が頷く。

「儲けた分を3人で山分け。どうや?」

 俺と良太は顔を見合わせた。

「どうや? って言われても」

 良太が困った表情を浮かべる。

「ほんなら何や、お前はこれから先もへいこらへいこら、取引先のおっさんらに頭下げて生きていくんか。ほんで、スズメの涙みたいな給料もらって、細々と歳をとっていく……そんな人生、俺はまっぴらゴメンや」

「そら、俺かってそうやけど……」

 良太は泣き出しそうだ。

「その、喜美子ちゃんとやらの情報はたしかなんか?」

 俺が尋ねると、武久は嬉しそうに頷いた。

「おお。ごっつい信任を得てるみたいでな。社長にぴったりくっついてるわ」

「そうか」

 一生、金の心配をしながら生きていくなんて、俺だって絶対にイヤだ。俺の気持ちは決まっていた。

「その話、乗るわ」

「おっしゃ。良太は?」

 武久が尋ねる。

「喜美子ちゃんって子に悪くない? ほんまに結婚する気あるんか?」

「あるわけないやろ。結婚するなら、もっと若くて可愛い女がええわ。ある程度儲けさせてもらったら、そこでサヨナラや。当ったり前やんけ」

 武久が良太の方を見る。

「上手いことやってくれや。儲けもせえへんうちに、通報でもされたら仕舞いやからな」

 俺は煙草の火を消した。

「ほんで、良太はどないすんねん」

「――確実に儲かるんか? それに、もしバレたら……」

 良太はまだ不安そうだ。

「大丈夫やって。とりあえずやってみようや」

 武久の自信ありげな言葉に、ついに良太も頷いた。

 やり始めてみれば、それは実に簡単だった。

 最初はほんの遊び程度だったが、そのうちに動かす額はどんどん跳ね上がっていった。それに伴い、手にする額も何万から何十万、何百万になっていく。先月から信用取引を始めた俺達ひとり分の儲けは、ついに1千万を越えた。

 信用取引では、証拠金を入れるだけでその何倍もの額を動かせる。確実な情報を手に入れられる俺達にとっては、余りにもオイシ過ぎる金儲けだ。

  初めはしぶしぶだった良太も、今では情報を待ちわびるほどになっている。

「ついに億に手が届くかもしらんな」

「おお」

 牛丼屋で昼飯を食いながら、俺と良太は皮算用を始めた。車を買い替える。良太はそんなことを熱く語っていた。

「そうや、武久、まだ来てへんねんて?」

「ああ。携帯にも出えへんねん」

 俺は良太の顔を見た。

「昨日のメール、たしか夜の9時頃やったよな。結構早くに帰れたってことやろ? 寝坊したっていうのもちょっとなあ……」

 良太が、空になったどんぶりの上に箸を置く。

「たしかに俺も気にはなってんねんけど。――今度の儲けで、会社なんてどうでもよくなってもうたんちゃうか?」

 俺は茶をすすりながら答えた。

「上がるのは明日からやっちゅうねん。気の早い話やなあ」

 良太が笑って続ける。

「まあ、俺かって、近い内に退職届出して、世界一周旅行へ出発するけどな」

「お前、車買うんとちゃうかったんか?」

 俺も笑いながら、良太の脇腹を小突いた。

+++++++++++++++

 取引先を回り終え、駅へと急ぐ。ゲンキンなもので、これから大金が手に入ると思うと、頭を下げるのも全く苦にならない。

「今日は直帰するか」

 時計を見ると午後6時を過ぎている。連絡しようと携帯を手にしたまさにその時、着メロが鳴り始めた。

「なんや、びっくりするなあ」

 良太であることを確認して、電話に出る。そこから聞こえてきた言葉は、信じられないものだった。

「大変や。棚沢製薬が、倒産した」

「何やて?」

「ほんまや。それに……」

 何か言いかけた良太の言葉を無視して携帯を切ると、俺は駅に向かって走った。

 売店で夕刊を手にする。どの紙面を見ても、棚沢製薬倒産の文字が踊っていた。

「嘘やろ……」

 心臓の音ばかりが響き、声も出ない。

 倒産した会社の株価はゼロ。俺は一瞬にして、1億5000万近くの借金を抱えたことになる。

 ――もう、首をくくるしかない。

 気持ちの収拾を付けられないまま、手にした夕刊を見つめる。と、殺人事件を報じる小さな記事が目に入った。

「これは……」

 被害者の写真と名前を見て再び言葉をなくす。それは、紛れもない、あの武久だった。

 死亡推定時刻は、昨日の午後7~8時頃。警察は、付き合っていた女性を犯人と断定し、その行方を捜査中。

「ほんなら、あのメールを出したのは……」

 ――景色が、揺れた。

 しゃがみ込む俺を、雑踏が蹴飛ばしていく。口々につかれる悪態を聞きながら、俺はいつまでもそこにいた。


<了>

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ