挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
異世界のんびり農家 作者:内藤騎之介
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

99/325

とある魔王のつぶやき 前編



 私は魔王。

 ガルガルド魔王国の魔王。

 娘がビーゼルと出掛けると聞いて、無理矢理についてきた先で驚いた。

 ドラゴンが居たのだ。

 人間の姿をしているが、その魔力は隠せない。

 しかも、竜王ドースだ。

 その周囲にもドラゴンが居るが、決して弱くは無い。

 正直に言おう。

 漏らすかと思った。

 だが、耐えた。

 私の下半身、凄い。

 まあ、不意打ちだったしな。

 覚悟が出来ていれば、挨拶ぐらい出来る。

「竜王ドースか。
 お目にかかるのは初めてかな?」

「当代の魔王か。
 まあ、喧嘩する気は無いから揉め事を起こさぬようにな」

「うむ。
 揉め事は私も遠慮したい」

 よーし、よしよし。

 私って凄い。

 ユーリ、見てたか?

 パパの勇姿を!

「ぶふっ!」

 ユーリを探して周囲を見回し、思わず噴いてしまった。

 居ちゃ駄目な人がいた。

 俺の近くにいたドースも気付いたようだ。

 だが、流石はドース。

 俺とは違って苦笑する程度とは。

 少し格の差を感じて落ち込むが……落ち込んでられないその居ちゃ駄目な人が近付いてきた。

「そ、宗主ヴァルグライフ!」

 人間の住む地域で最大勢力を誇る宗教、コーリン教のトップ!

 常に若く、年老いない生きる人神。

 その正体は、極めて一部の者しか知らない吸血鬼の始祖。

 魔王に就任した時に、代々の魔王から引き継がれる極秘事項の一つ。

「やあ、魔王。
 元気にやってるかい」

「え、ええ」

「ははは。
 固いよー。
 ああ、初対面だっけ?
 ごめんごめん」

「ええ、初対面ですが……その、私の事は?」

「君は有名だからね。
 姿絵とか出回ってるし、つい知り合いと思っちゃったよ」

「そうですか。
 その、光栄です」

「ははは。
 何言ってるの、光栄なのはこっち。
 いやー、魔王に会えるなんてラッキーだなぁ。
 そう思わないかいドース君?」

「そうですな」

 竜王ドースをドース君?

 二人は知り合い?

 いや、知ってても不思議じゃないか。

 なにせ吸血鬼の始祖だもんな。

 すっげぇ。

 直接、会った魔王って他にいるのかな?

 いやいや、驚いてばかりではいけない。

 一応、魔王。

 一国を預かる身。

 主張すべき事は主張せねば。

「ところで宗主殿。
 昨今のフルハルト王国の勇者の蛮行はどう思われますか?」

「ははは。
 なかなか痛いところを突いてくるねぇ。
 関係無いって言いたいけど、関係者になっちゃうからね。
 まあ、言っちゃうけど。
 あれってフルハルト王国支部の暴走で、こっちも困ってるの。
 一応、ガルバルト王国支部が討伐隊を準備しているよ。
 ところでフルハルト王国、ガルバルト王国、それにガルガルド魔王国って名前が似すぎじゃない? もうちょっと捻ってよ」

「す、すみません。
 地名由来ですので……それより討伐隊?
 良いのですか?
 そんな情報を私に流して?」

「良いの良いの。
 言ったでしょ。
 こっちも困ってるの。
 奇跡の安売りは誰の得にならないからね。
 ああ、勇者を倒しても教団本部は動かないから安心していいよ。
 立場があるから抗議文ぐらいは出すけど、無視していいからね」

「……情報、ありがとうございます」

「ドース君もね。
 そっちに行ったら遠慮しちゃ駄目だよ」

「すでに一組が来た。
 無礼だったので、追い返したがな」

「追い返したの?
 ドース君は優しいね。
 叩き潰せば良いのに」

「恨まれると迷惑だからな」

「あははは。
 確かに。
 まあ、近いうちになんとかするよ」

 なんとかしてくれるのか。

 助かる。

 勇者は本当に面倒だからな。

 被害も無視できないレベルだし。

 ああ、早く何とかして欲しい。

 それと……

 ひょっとして、この後。

 ずっとドースや宗主殿と一緒に居ないと駄目なのかな?

 ……

 ビーゼル、助けて!


 ビーゼルはユーリと共に、村人と楽しく会話していた。

 村人をよく見れば魔族。

 あれ……どこかで見た気のする娘だが……伯爵か侯爵の娘じゃなかったかな?

 私の記憶違いだろうか。

 それともソックリさん?

 そのどちらかだよな。

 本物が村娘の格好で、料理を手伝ったりしないよな。

 ああ、あれは知ってる。

 ビーゼルの娘、フラウレムだ。

 この村の代官だったな。

 しっかりやっているようで、なにより。

 ……あー駄目だ。

 フラウレムが村娘の格好をしているから、まわりの魔族が知り合いの娘さんに見えて仕方が無い。

 しっかりしろ、私。


 予想通りというか、ドースや宗主殿の近くに席が用意された。

 救いはビーゼルやユーリも近くに居る事だ。

 ユーリはドースの横に居るドラゴンに気楽に話しかけているが、相手が誰かわかっているのだろうか?

 あー……胃が痛い。

 そしてビーゼル。

 どうしてお前はそんなに慈しむ顔を私に向けている?

 まるで、そこは私の通った道ですと言っているように感じるのだが?

「ライメイレンです」

「あ、はい。
 魔王ガルガルドです」

 ユーリが話していた相手がわかった。

 南の台風竜だ。

 そしてドースの奥さん。

 最近、情報が来てた。

 そうか。

 ライメイレンさんか。

 ……

 ドースより凶暴って言われているドラゴンじゃないか!

 もうやだぁ。

 そしてビーゼル。

 優しい顔をやめろ。


+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ